Hatena::ブログ(Diary)

大池だより  このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

「武陵桃源」(「桃花源記」より)

orion10142004-04-22

[]美しい色♪

ようやく咲いたクレマチス。いや、育てたのは家内なのですが(笑)

[]NY前市長ジュリアーノ氏の「東京講演」

今朝は久しぶりに、長年自分の身体を預けている主治医の先生の処へ出かけた。
ま、話は、「最近、どうよ?」てな感じで、世間話と、ここ数ヶ月の自分の飲食生活の状態と、最近の身体のことをチラっと話す程度で、大層な話しするでもなく、主治医への顔見せみたいなものではあるのですが(笑)
主治医の先生は、長年の顔見知りとは言え、忙しい日とそうでない日があるので、忙しくない曜日・時間等を選ばないと一応ご迷惑にもなる訳ですが。
キレイな花が飾られ、モーツアルトを流し、落ち着いた病院の待合室で、「読売新聞」手にしたら、先月のニューヨーク前市長の「東京講演会」の模様が2ページにも亘って詳しく紹介されていた。

9.11のテロの時の危機管理能力の対応はもちろんのことではあるのですが、市長在任中のジュリアーノ氏の、目覚ましい行政手腕とその成果は賞賛に値する。
今回の講演は、やはり「治安再生と危機管理」だったそうであるが、全米、というより世界でワースト1と言ってもいい位の犯罪都市を、ジュリアーノ氏の仕事によって見事に都市再生させた事は他都市のモデルにもなりうる事であるだろう。
仝ゝ鵑茲衙蛭判纏襦Х抻,良床全霆爐禄祥茲ら検挙率。しかし警察の役割とは逮捕者の数を増やすことでなく、地域に平和をもたらすことにあること。
∩反ゲ革:NY市は、市警、住宅警、交通警と3つに分かれていた警察をひとつに整理統合したこと。
「破れ窓理論」:かっての米国の失敗は、小さな犯罪を見過ごしてきた。私警に、そのストリートレベルの小犯罪を取り締まらせた。小さな犯罪の積み重ねが大きな犯罪を生むという考えで、小さな窓のガラスの破れを直す。あるいは、地下鉄の落書きを、消して消して消し続け、それを徹底し根絶させた。
ぁ峩杁浚浜室」:テロ対策含め、異常事態についての対応を日ごろから準備しておくこと。

以上、待合室の拾い読みなのでキチンとは書けていないかも知れませんが、のジュリアーノ氏のような実行力のある人の話は、とても興味深くて面白い。
敬愛する 発汗さんのblogでも都市犯罪の話しを、体験的に語り続けられ大変興味深く拝見しました、が。


[]U−23ギリシア遠征「対ギリシア代表戦」

TV東京の事情は我々にはわからない部分なのですが、中継の不具合で多少の映像中断があったにしても、ゲームを最後まで放映しなかったのは、局としてサッカーを愚弄し舐め切っているとしか思えない。

通信契約時間の打ち切りに至る問題なのか、編成局の次の番組上の問題なのかはともかく、例え親善試合であっても、ロスタイムが5,6分あることを想定できない幹部の責任は大きいといえよう。
今回、打ち切られた後、得点シーンがなかったからいいようなものの、伝統的にサッカーに理解ある局、と信じていただけに残念である。
結果は、1−1のドロー

私としては、平山、大久保田中達也の3トップの組み合わせがどう働けるのかと、急増守備陣である3バック陣とGKが当たりの激しいギリシアの攻撃をどう防ぐのか、に注目していました。
さて、
攻撃陣では、得点とアシストの関係もあったようにここ数試合やってきた平山、田中の2人の連携の良さが本番でもハズせないことがわかったこと。特に、田中達也の動きと決定力は目についた。この2人に大久保も含めた3トップの、スペースの使い方や連携など熟成する時間がもう少し欲しい気はした。
個人的には、後半出場して守備では活きていた高松に、もう少し頑張って欲しいのだが。
全体としては、チームのまとまりよりも、選手の生き残りをかけたサバイバルゲームの方に目がいってしまったのだが。
あとは、森崎兄が入ってからさすがに中盤のボールの落ち着きが見られたこと。
急増3バックは、慣れない雑草みたいな芝の上で、茂庭も北本も局面では良くやっていたと思うが、これまで一度もやってない組み合わせだし、ま、あんなものだろう。
ゲームでは、なんと3バックの中央やらされていたが、私は、茂庭キャラにも好感を持っているので、今後は彼にも頑張って欲しい。
この世代、前線に好素材多く、選手選考は難しいだろうが、山本さんも今後迷うのはこの点か。

これにオーバーエイジを追加するとなると、
GK、左サイド、ボランチか?
ボランチは、阿部、青木の使い方ひとつで不要かもしれないが、昨日は、後ろから前線へ鋭いボールを蹴れる
選手がいなかったので、中田浩二が懐かしくはなった。
彼がいれば、右の石川に目の覚めるようなロングが飛ぶのにと。
OAからバック陣をとなると、宮本、森岡、中田浩二の3人からしか自分は、考えられないが、
実際それは現実的ではないだろうし、中央はやはり阿部に任せた方がいいのかも知れない。
お気に入りの闘莉王もいるけれども。
そうなると、OAからボランチが欲しい。もちろん”こういうときの明神 ”しかいないのだが。
本人は受けないだろうけど、ここは左は名波さんにお願いしますか。

このままでは五輪ではメダルは難しい気もするが、いずれにしても、この世代の将来が段々と楽しみになってきた。

2004.3.31〜
Connection: close