Hatena::ブログ(Diary)

大池だより  このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

「青年は荒野をめざす」

orion10142004-05-14

[]悩ましいけど贅沢な山本さん「OA考察その1」

オーバーエイジ枠の議論は少し収まっているように見えるが、そろそろ山本さんも五輪に対するチーム作りを決めないといけない時期にきている。
多くの手ごまと持ち駒から選ぶことになるのだろうけど、山本さんがどのようなサッカーがしたいのか、どういうチームでアテネ五輪大会を戦って行くのか。
トルシエ監督時代の「ナイジェリアユース⇒シドニー五輪⇒アジア杯⇒02年WC」という長期的視野と展望に適ったチーム作りとは違って、今回のアテネ五輪は、違った意味で興味深い。
さて、引き出しを数多くもってらっしゃるケット・シーさんはどのように考えるのだろうか興味深い。
この時点で、まずは「私の候補」としてMF小野+FW柳沢+GK曽ケ端の名前を挙げたのだが。
オランダのチームが、中心選手を五輪のために離すかどうかが決め手になるでしょうが、本人は希望しているとの情報もあるがU23代表では弱点と見られている左サイドに「小野が入るかどうか」は、今回の五輪代表にとっては決定的な選手になると思う。
ポストもできて前線ゲームも作れしかも平山や高松を活かせるヤナギが入ることよりも、精神的にも主将としてチームをまとめることができる小野の、その存在は、このチームにとっては何より大きい。
山本さんの強い想いと、日本サッカー協会の交渉力が求められるが。
私は、これまでのDF面のひ弱さをオーバー枠でカバーできないか、と考えている。宮本、森岡、田中誠中田浩、のいずれか一人。いずれも山本さんとは繋がりもあるし、チームのまとめ役として中心になれる存在である。DFは、できればロングフィードに長けた選手が欲しい。
今の時点では、可能性は別にして、山本さんなら、ということで、小野明神宮本の名を挙げよう。
U−23世代は、パサーが不足しているが、攻撃面ではなかなかのタレント揃いだと思うし、やはり本番は守りの強化が重要な気がする。
できれば、GKも欲しいけど。そちらを優先すれば、小野宮本、曽ケ端か。
宮本版ラインディフェンスに小野が絡めば面白いゲームが作れる。
3人が入ればジーコジャパンにだっていい試合すると思うのだが。
これに戸田・明神入れて、そのままこのチーム主体でドイツ目指しても結構ですが。


[]高すぎる年棒がチームの首を絞める

というより、若手を育てることよりも、他チームの主力を札束で移籍加入させた方が手っ取り早いし、先の見通しを立てれない幹部が、ある種”マネーゲーム”に陥っていることが原因でもあるのだが。
もうひとつは、多すぎる試合数もその悪循環の要因。そのために選手層を厚くする必要があるし、資金が流動しにくい現在の世界経済情勢からみれば、試合数は減らすべきだろう。大切な愛すべき選手たちの立場よりも自分の首が可愛い、しかも財務に疎いFIFAを始め欧州各国のリーグ幹部じゃそんなことはできないだろうけど。

フィオレンティーナの例をとるまでもなく、イタリアのセリエAで赤字にあえぎ財政的に瀕死の状態なチームは非常に多いけど、今では、リーガプレミアもどちら様も同様で。
中には株式上場してるチームもあるけど、優勝争いするような上位にあるチームであればある程、その株主たちから見て、健全な株式会社運営を継続してやり続けることは至難の技だと思う。
CLで準決勝以上に進出したり、カップ戦で優勝したり、もちろんリーグ戦で優勝すると大金が転がり込むから、ある意味チーム運営は賭けでもあるのだろう。
リーグで中位に位置しじっくりチーム作りやれる方が、チーム運営としては安定してくるのかもしれない。
国内においても、J2川崎は、そういう意味では3年計画を掲げ、しかもJ1に上がれそうで上がれなかったお陰で資金的に無理することなく、この間チームの基盤をしっかり作ることができているように思う。
運良くJ1に上がって、またスグ落ちるようなチームと比べても、川崎経営的な安定基盤は感じる。

ところでわがバルサも赤字にあえいでいる。これまでのチーム作りのツケがきているのだが。このチームの恒例行事でもあるが、オフになれば愛すべき選手たちの出入りの激しい話題が待っていそうである。
いずれも高すぎる年棒が大きな要因であるが、そういう契約やチーム作りをしてきたのはチームなのだ。

どうやら、ルイス・エンリケは引退。パトリッククライファートは、年棒問題で放出。ミヒャエル・ライツィハーは、年俸を半分で契約か放出。マルク・オーフェルマルスも年俸ダウンをのませる模様。

シーズンオフに、日本やアメリカで資金稼ぎに来る理由はそういうことだ。国内でボカやインテルゲームを見れることは嬉しい事ではあるけれど。
そういう意味では、違った次元で、浦和やFC東京がオフを利用してプレシーズンマッチしに欧州へ遠征することは、本当の意味でチーム力強化に繋がるだろうし、選手にもいい経験にもなり、素晴らしいことだと思う。


[]いいなと思えるタイ人の行動

5月29日、タイ代表はトルコ代表と戦います。
タイ在住の日本代表サポーターの”blog”こちらには毎日覗いているのですが。
「いいなと思えるタイ人の行動」

その1。
バス車内がどんなに混んでいても
“自分から”車掌さんに料金を払おうとすること。
その2。
次の人のためにドアを開けて待っていてくれること。
(イギリス流?)
その3。
エレベーターに乗ったら
「チャンナイ(何階)?」と聞いて、行き先階を押してくれること。
最近ボクも真似してタイ人に聞いてます。

なんか、スグにタイの人とは友だちになれそうな予感(笑)


[]悩める君へ

こちらのblogを通して知り合った大学院生K君とのやり取りをここに紹介します。

>何とか内定をいただいて、A新聞かN新聞かで揺れているところです。おかげで若干五月病気味です(笑)
> 福岡大好き人間として、福岡で福岡のために働くか、大きいところで全国(チャンスがあれば海外)を舞台に勝負するか悩んでいます。
> 中央>地方という考え方は好きではなくて、地方独自の文化、視点、価値観があって、それを伝える、掘り起こすことに故郷を愛する人間として携わって行きたいという思いがあります。地方の時代には地方のジャーナリズムがしっかりしていなければならない、それに携わりたいという思いがあります。
> でもせっかくチャンスを掴んだのだから、Aというでかいところで、いろんな人間がいるところで勝負してみたいとも思います。昔から特派員にあこがれていて、これはAじゃないと出来ないことだしと、悩んでしまいます。

> よろしければ社会人の先輩としてアドバイスいただけないでしょうか。長々と、しかも図々しくてすみません。

なかなか贅沢なお悩みで(笑)
アドバイスにはならないけども。少しだけ(笑)
あ、でも軽く読み流して下さいね。

1.「どちらの社風が自分に合うか、あるいは馴染めるか。」
意外や、「社風」は、”長く”仕事する上では「どんな仕事をするか」よりも大切なような気もします。

家でいえば、家風、学校でいえば校風。かって会社の先輩方が作ってきた「職場の習慣や雰囲気」のことでしょうか(笑)サラリーマンストレスの要因は実はこれによるものが大きいのですが、コレ実はほとんどの方が気づかないことなんですけどね。

2.この機会にこれまで「どんな先輩方を輩出していったか」を知ることも大事ですね。これは社員としての誇りに繋がります。
福岡に縁深い方の名前をあげると、Aでは、緒方竹虎でしょうか。この人の書をある料亭で見て驚愕した!ことがあります。大変な人物だったんだろうなと思えるような「書」でしたが。緒方は、軍医であった祖父が緒方洪庵に姓を頂いたそうですが、私は偉大な保守政治家とみています。全共闘でゲバ棒にヘルメット被っていた私がいうのもおかしいですが(軟弱にもスグに転向・笑)

中野正剛も緒方の友人ですが、A出身の故郷が誇るべき立派な人物だったと思います。東条内閣打倒の急先鋒であった中野は、東条に追い詰められて何の言い訳も繰言もいわず黙って自ら腹を切って割腹死した”ラスト”サムライでもあります。私は、中野は、福岡の武士(サムライ)であり福岡の誇りだと思っています。

もちろんN新聞社も立派な人物を数多く輩出しています。特に地方や郷土を愛し、そのために命を張って頑張った人々は数多くおられます。
私は身の回りのできごとや身近なできごとを拾い集めて地域の人の豊かな暮らしのために働くことはとても崇高な仕事のように思います。どんな大きなことも小さなことの積み重ねである訳ですから。
私の身近にもいましたが、大尊敬する亡くなったオジは清廉潔白を地でいく立派な人物であり保守政治家でしたが、生前は、これまでの保守系福岡市長たちや国会議員たちを陰で支えてきました。彼は誇りを持ったNの出身です。青年政治家の頃の山崎拓氏もオジに教えを請いにきていました。若い頃、厳しく拓氏が叱責されていたのを目にした事があります。近くに叱責する人がいなくなると人間駄目ですけどね(笑)

決めるのはKさん自身だと思いますが、
将来どういう人物になりたいか、という絵があるなら、自己研鑽のために”それに沿って”判断。
まだ自分をそこまで思い描けてなく仕事面だけ考えているなら、それはそれで仕事を通して自分を”広げ、深める”職場をおすすめします。

マスコミ志望のK君の未来に、幸多かれと祈る
ちなみに、私は長年のAの購読者です(笑)



*写真は、雨上がりの、皐月の風吹く野間大池公園

tropicalmandaratropicalmandara 2004/05/14 20:13 ということですと『そーたさんは香港の人たちとは<すぐには>お友達になれないでしょう(笑)

gorinovitchgorinovitch 2004/05/14 21:17 柏サポの自分としてはOAには是非”明神”を入れていただきたい。

2004.3.31〜
Connection: close