オリオンえほんのブログ

2014-03-20

3月20日(木)

今日は、雨脚が強くなるとの天気予報。

そのせいか、こじんまりとしたおはなし会になりました。


でも、ベビーちゃんのときから来てくれていた

Yくんが、卒園式が終わったのでと参加してくれました。

もう、一年生になるのですね〜。

感慨ひとしおです。


読んだ絵本は・・・

f:id:orionstarbook:20140320125936j:image:w360


『ぎゅうぎゅうぎゅう』

新刊絵本です。

はたこうしろうさん・おーなり由子ご夫妻の

「赤ちゃんとのあそび絵本」シリーズ第2弾。

おひさで読んであげるのにぴったりな、

あかちゃんへの愛情あふれる絵本です。


『つかまえた!』

こちらも新刊絵本。

たんぽぽのわたげをつかまえたちっちゃなてんとうむし。

そのてんとうむしをとかげがつかまえ、

そのとかげをねこがつかまえ・・・

だんだんスケールの大きな展開になっていって

とても楽しい絵本です。


『おべんとう』

梅の花も咲いて、お散歩びよりも間近ですね。

お弁当を持ってピクニックへ行ったり、

幼稚園や保育園にあがるお子さんは、

初めてのお弁当だったり。

お弁当の新刊絵本がでたりで(?)

ノルテ店ではおべんとう絵本フェアを展開中。

その中から今回は定番人気絵本を読みました。

できたてのおかずの湯気がたった感じが

リアルに描かれていて、ほんと、おいしそうです。


で、この絵本のあと、つたないパネルシアターで、

みんなと「おべんとうばこのうた」を歌いました。

f:id:orionstarbook:20140320130133j:image:w360


最後に、作家の苅田さんが、編集をされていたころ

最初にてがけられたという、まめうし(作・あきやまただし)の

ボードブックを読んでくだいました。

ありがとうございました。


次回、30日のぷちプチおはなし会は、

おりがみのイベントもあります。

ぜひ、ご参加ください♪

2014-03-15

ぷちプチワークショップ やります♪

3月30日(日)のぷちプチおはなし会で

ぷちワークショップを開催します。


ノンタンの遊べるおりがみで、

ノンタンのおはなしや、おりがみ遊びを

ぷっちり(ちょっぴり)楽しんでもらえます。

f:id:orionstarbook:20140315172412j:image:medium

f:id:orionstarbook:20140315172409j:image:medium

いつもの0歳のお子さんでも、大丈夫。

ママがちょこちょこっと折れば、いないいないばあ遊びが

できる折り紙も折れちゃいます。


ご参加が決まっていらっしゃる方は、ぜひ、事前にお電話・店頭にて

お申込みください。

当日参加も大歓迎です。


日 時  3月30日(日) 10:30〜

会 場  オリオン書房ノルテ店 児童書コーナー奥

参加費無料

対 象  0歳〜 大人の方まで(ご興味のある方はどなたでも)

      保育士さん、学童の先生もぜひ、見にいらしてください。

予 約  できるだけ事前にご予約ください。

      当日参加も大歓迎です。


オリオン書房ノルテ店 TEL 042-522-1231 

2014-03-13

新しい植物図鑑です。

・・・なんて。


表紙の画像だけを案内でもらったとき、

ほんとに植物図鑑だと思ってしまいました。


f:id:orionstarbook:20140313222340j:image:medium

『ボンバトゥス博士の世にも不思議な植物図鑑』


まんまと、作者の策略にはまったかっこうに。


200年前に、植物学者 ボンバストゥス博士が出した、植物図鑑。

古いので、見返しにやや赤カビのようなものが。

植物名には、それぞれ学名も付記されています。

もちろん、アルファベット順。


例えば、「馬車カボチャ 学名Cucubita currus」の解説をみてみると、

このカボチャは、かならず真夜中にならないうちに収穫しなければならない。

さもなくば、(中略)どてカボチャとなりはてる。

と、あります。


この絵本の楽しいところは、このウイットに富んだ解説のほかに、

絵をよ〜く見ていると、図鑑以外のところで、

おはなしが展開しているところ。


こういう、絵を見てたのしむ絵本ってほんとはまってしまいます。


ここでも、作者の策略にはまってしまったわたしです。

2014-03-10

3月10日(月)

今日も寒かったですね〜。

にもかかわらず、ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。


今回読んだ絵本は・・・


f:id:orionstarbook:20140310182230j:image:w360

『はじめまして』

自己紹介が歌になった絵本です。

例えば、椅子。

「いすやま かけお」というネーミングや

「みんなのおしりにぴったりです」なんて、

ユニークな自己紹介でごあいさつ。

今日は、はじめてご参加の方もいらしたので読んでみました。

新学期のおはなし会にもおすすめの1冊です。


『だーれかな だーれかな』

足跡と足音、ちょろっとのぞいているしっぽを見て、

だれが通っていったか、わかるかな?

シンプルな絵と繰り返しが楽しい絵本です。


『いろいろバナナ』

山岡ひかるさんの「いろいろシリーズ」も7作目です。

今回は子どもたちの大好きなバナナ。

まず、一房のバナナが、すっぽーんと一気に皮から飛び出してくる様子に

お母さんたちから笑いが。

チョコバナナやバナナクレープ

今回もおいしそうなスイーツに変身するバナナが

切り絵で描かれています。

山岡さんの切り絵は、すごく技巧を凝らしてるっていうのとは

ちょっと違うと思うのですが、

より食べ物に近い色の紙をつかっていらっしゃるのか、

シンプルなのに、おいしそう〜と感じさせる技が、すごいな〜と思います。

でも、実際のお料理はあまりお得意ではないそうです。

なんだか、ここで親近感をかんじてしまいました(笑)

他にはこんな絵本を読みました。


『のせてのせて』


3月に入り、来月から保育園に入るのよというちびっ子や、

職場復帰されるお母さんとかいらして、

ちょっぴり寂しい季節になってきました。

でも、土・日にあたる日は来るからね〜と言ってくださり、

ありがたいことです。

何歳になっても顔を見せにきてくださいね〜。

新しい出会いも大歓迎!! 次回は20日(木)です。

2014-03-07

今月のこどものとも

2014年4月号 こどものとものラインナップは・・・

0.1.2 『いいとこいくの』 片山健・作。おもちゃたちが「いいとこいくの〜」と

                  どこかへ出かけていきます。どこへいくのかな?


年少版 『こぶたのぷーちゃん』 いたずらっこ、こぶたのぷーちゃんのおはなしは、

                      本田いづみ・文  さとうあや・絵


年中版 『ひもがいっぽん』  いっぽんのひもを見つけた動物たちが

                    それぞれ、いろんな遊びを思いつきます。

                    リズミカルなテキストがおはなし会にもおすすめ。

                    安江リエ・文 絵は100%ORANGEの及川賢治さんです。


こどものとも 『カレーライスまねきねこ  頭痛がして休んでいるおかあさんの代わりに

                              みきちゃんは、ご飯をつくることにしました。

                              すると、置物のまねきねこカレーライスを作ろうと、

                              助っ人を「招いて」くれます。

                              まねきねこのお友だちは、それぞれ、カレーの材料を持って

                              遊びにきてくれます。

                              まねきねこのお友だちも実は置物だったんですねぇ、

                              ということに、裏表紙の絵を見て気づきます。

                              苅田澄子・文 飯野まき・絵

         ※著者の苅田さんのご好意で、部数限定で『カレーライスまねきねこ』の

          カレンダーをお付けしてます。

          お早めにどうぞ。


ちいさなかがくのとも『おなかをみせて』 昆虫やカエル、とかげや、亀のおなかを見てみると・・・

                           赤いナナホシてんとうのおなかは、真っ黒、

                           アカハライモリは、逆に背中は茶っぽいのにおなかは真っ赤。

                           おりこみふろくには、作者・島津和子さんが、

                           いろんな生き物のおなかを観察したときの苦労話と、

                           おなかを見るコツを伝授してくださっています。


かがくのとも 『くさむらでみつけたよ』  まだまだ寒いですが、もう少し暖かくなれば、

                          この絵本を見ながら、虫観察するのもいいですね。

                          得田之久・文 たかはしきよし・絵                        


たくさんのふしぎ 『貨物船のはなし』 サントリー アンクルトリス生みの親で

                         船舶大好き 柳原良平さんんによる、

                         船の歴史、図鑑とも言える作品です。

                         月刊誌とは思えない充実の内容です。

                         巻末には4月号らしく、お花見すごろくがついてます。