Hatena::ブログ(Diary)

脳内お花畑

2013-09-13

2013-09-08

模試の解答問題間違えた…。

2013-09-06

ふぁっきんくれいじー

昨日塾でチューターさんに質問に行こうとしたら、
なんかスイーツっぽい女子が休み時間中ずっとチューターさんに話しかけてて、
マジくそ邪魔だと思ったんですが、
その女子がすごく短いスカートはいててパンモロだったんで許します。ortamです。

そういえば終業式の日に学校の子とlunchに行きましたー。
修学旅行以外で学校の事と食事なんて両手の指で余裕なくらいしかないです。
それで人と話すの苦手なんだけど、友達は欲しいみたいな話したら訳分からないって言われた。


あと映画もう2本みたー。

アイ・アム・デビッド [DVD]

アイ・アム・デビッド [DVD]



アイ・アム・デビッド
第2次世界大戦後のブルガリア収容所で育った少年の話。
この映画は私公開当時劇場で見た記憶がありますね。ほとんど覚えてねえけど。
収容所の外の事をほとんど知らなくて自分が誰だかも分からないような少年が生きるために脱走してデンマークを目指すってのが大まかな筋。
旅の話なのでとりあえず色んな国の景色がすごく綺麗です。
あとは旅先で出会う人達とのふれあい?みたいな。
いい人も悪い人もいて。
ストーリーを単純に解釈すると人生に絶望した少年が様々な人と出会って希望を取り戻しましたグッドエンドめでたしめでたし!なんだろうけど、
個人的にはもう少し暗い解釈も出来ると思うんだよね。
地獄のような収容所から徒歩と密航ヒッチハイクで楽園を目指すってストーリは一見希望の象徴みたいだけど、逆に考えるとそれは近代社会のすぐ隣に地獄みたいな場所があるって事実が前提にある訳じゃん。
それから途中で出て来るソフィーってばあさんが「ほとんどの人はみんないい人で家族があって日々を一生懸命生きているのよ」みたいな事を人間の悪い面しか知らない主人公に説く場面があるんだけど、
そこがあまりにもわざとらしいというか、何か含みがあるんじゃないかなと思って考えてみたんだけど、
じゃあ主人公たちを迫害してた連中が皆その例外の悪い人なのかというと、そうではないと思うんだよね。
その人たちの大半は家族があって日々を一生懸命生きてて平和な社会だったら善良な大衆に属してた人たちだと思うんだよね。
ただそういう大衆は概して環境で変わってしまうんだと思う。
だからこの映画自体単純に希望に向かってくグッドエンドストーリーってだけじゃなくて、
希望のすぐ隣に絶望があって、しかもその二つを構成してるのが似たような人間だっていう現実をほのめかしてるんだと解釈することもできると思うんだよね。
飛躍し過ぎてる気もするけど。
でもデビッド一人救われたからって現実が変わるわけでもないし、
それだけでめでたしめでたしするのも浅い気がするんだよね。
それでこの映画見て調べたんだけどブルガリア民主化したのって90年頃になってかららしいんだよね。
ブルガリアヨーグルトは親が子供の頃からあったらしいけど、そんな事も知らずに「明治ブルガリアヨーグルト♪」とか言ってたと思うとなんか腹たってくるやん。
なんかそういう事なのかなと。
あと主人公の友達のヨハンってキャラがイケメン過ぎて震える・・・。
「外には美しい世界がある、昔確かに見たんだ」みたいなセリフが1回見たあとに思い返すとすごい響く。
ちょっとはまともな感想書こうと思ってたらやたら長くなってしまった。
もはや作品の感想じゃない気がするし。
通学時間をフルに使って書いたんだけど、もう時間無いから他の1本の感想は今度書くわー。
あとネットでレビュー見てみたら「これは迫害をテーマにしたドラマじゃなくて脱走スペクタクルだ」みたいな感想書いてた人もいたから見方って本当人それぞれだなと思いましたまる
おやすみー。(寝ない)

2013-09-04

あれはいいサボリだった

ヤバいわー。
これはヤバいわー。
マジヤバいわー。
熱が7度2分もあるわー。
(昨冬インフルと診断されながら6度8分しかなかった人。)
寝るわー。

2013-09-01

キリ番を自分で踏んでしまった

一昨日くらいからTwitterで宿題がなんだったか質問してるんですが、
誰も相手にしてくれなくて辛いです。ortamです。
まあそんなもんか。
というか今日中に予定表見つけないと明日何時に行くのかが分からないです。
個人的にメールで訊く勇気はない。



今年は受験だし映画はあんまり見ないようにと思ってたんですが、
親が借りまくってくるので結果的に何本も見てしまいました。
おかげで家に帰ってから勉強ろくにしてない。
逆に唯一見ようと思ってた『風立ちぬ』は親が前売り券なくして見に行けてないww。
見つからなかったらレイトショーかなんかで見に行こうww。
どうせだから見た作品あげとくと、

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

ギルバート・グレイプ [DVD]

ギルバート・グレイプ [DVD]

レオン 完全版 [DVD]

レオン 完全版 [DVD]



個人的な感想を言うと、他の5本はすごい好みだったけど、
ニューシネマパラダイス』はあまり好きじゃなかった。
なんか最後の方ぐだってるのと、地味にテーマが重くて耐えられないのと、主人公と相棒のおっさんがどっちも好きになれないので(これが1番でかい)。
でもラストはこれが1番良かったなー。
あと作中に出て来る映画知ってたらもっと楽しめただろうなーって思う。
知らなくても雰囲気だけで結構わくわくはするんだけどさ。
『激突』はスピルバーグと原作の小説書いた人マジ天才だと思った。
最強の低予算ホラーだと思う。
モンスターもゴーストも出てこないんだけど、心理的にはホラー。
自分美的感性決して高くないけど、それでもカメラワークすげーと思いました。
ギルバート・グレイプ』はデップ様マジイケメェェェェェン!!!!!!!!フォォォォォォ!!!!!!(細かな感想がこれにより全て吹き飛ぶ。)
ライフ・イズ・ビューティフル』はすごい笑えるし泣ける。
テーマは暗いんだけどそれを明るく美しく描く(美化するという意味ではなくて)のがとても力強いんだよね。
『今日は 姫様! 昨日は一晩中君の夢を見たよ!』のところで主人公ぅぅ!ってなった。
リトルダンサー』は何度も見てるんだけど、
すごくよくまとまってるのでとても見やすいと思う。
あと画面が全体通して綺麗。
舞台は炭鉱の町だし、登場人物もだいたい小汚いんだけど、そこが逆に魅力的というか。
あとパブリックスクールの制服超萌える。
あと罵倒語覚えるのに役に立つ。
レオン』はひたすらおっさん幼女に萌える話だった!(それだけで十二分)

…大学生になったら映画の感想をちゃんと書ける人になりたいです。
まあ今回あんまじっくり見れなかったから!(苦し紛れの言い訳)
どうでもいいんだけど洋画見てて思うのはさ、
英語覚えたけりゃひたすら英語の番組字幕付きで見続ければいいと思うんだよね。
マジ学校の勉強意味あるのかなーって最近思い始めた。
まあある程度分かるから言えるのであって、全く分からない状態からでは無理かなとは思うんだけど。
あと受験で絶対必要だから学校でやらないといけないんだろうけど・・・何かなー。