備 忘 録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-02-23

iPhoneのカレンダーに天気予報を自動的に表示させる方法

Google SyncがiPhoneに対応して、GoogleカレンダーiPhoneのカレンダーが自動同期できるようになりました。今までも「NuevaSync」やアプリ「さいすけ」などで同期は可能でしたが、Google純正の機能だけで同期できるようになったのは便利です。

私もカレンダーの同期をMobileMeからGoogle Syncに乗り換えました。これで自宅のMaciCal、会社のWindows、出先でのiPhoneの3つの環境でのカレンダーの完全相互自動同期が実現しました。

設定の仕方はここが分かりやすいです。

iPhoneとカレンダーを同期 Google Syncを試す

これを利用して指定した地域の天気予報をiPhoneのカレンダーに自動で表示するように設定したので備忘録。

仕組みは簡単で、Googleカレンダーに天気予報カレンダーを作ってGoogle SyncでiPhoneと同期するだけです。

Googleカレンダー純正の天気予報を使う場合

 1.Googleカレンダーの左側の「マイカレンダー」の「設定」をクリック。

 2.「全般」タブの「場所」に天気を知りたい地域をローマ字で記入(例:tokyo)。

 3.「現在地の天気を表示」で「℃」にチェックを入れる。

 4.「保存」をクリック。

以上でGoogleカレンダーに「天気」というカレンダーが作成され、今日から4日分の天気予報がカレンダーに表示されます。そのカレンダーをGoogle SyncでiPhoneと同期すれば、iPhoneのカレンダーに自動的に天気予報が表示されるようになります。



Googleカレンダーで表示(クリックで拡大)

Google天気


iPhoneに同期して表示

f:id:os_x:20090223232317p:image


個別の表示

f:id:os_x:20090224001804p:image


 

livedoor 天気情報を使う場合

livedoorの天気情報はiCalフォーマットのフィードデータを公開しています。これをGoogleカレンダーに読み込めば天気予報を表示できます。

iCal天気 - Weather Hacks - livedoor 天気情報

 1.このリンク先のiCal天気フィード一覧から、天気を知りたい地域のicalフィードURLをコピー。

 2. Googleカレンダーの左側の「他のカレンダー」の「追加」>「URLで追加」をクリック。

 3.URL欄に1.でコピーしたURLをペースト。

 4.「追加」をクリック。

以上でGoogleカレンダーに「○○の天気- livedoor weather」(○○は1.で選んだ地域名)というカレンダーが作成され、今日から一週間分の天気予報がカレンダーに表示されます。そのカレンダーをGoogle SyncでiPhoneと同期すれば、iPhoneのカレンダーに自動的に天気予報が表示されるようになります。


Googleカレンダーで表示(クリックで拡大)

livedoor天気


iPhoneに同期して表示

f:id:os_x:20090223232533p:image


個別の表示

f:id:os_x:20090224001843p:image



Googleの方は、iPhoneでは何故か気温しか表示されません。livedoorの方が表示が見やすく内容も詳しく一週間と長いので、私はlivedoorを使っています。

ショッピング枠 現金化ショッピング枠 現金化 2010/01/25 11:54 こりゃ便利だ

風俗 品川風俗 品川 2010/03/06 10:07 たしかに

住み込み住み込み 2010/03/16 10:06 iPhone買おうかなぁ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/os_x/20090223/1235400833