原田治ノート

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2005-04-21 ココット

osamuharada2005-04-21

この小さな卵用ココットは、島根県湯町窯で昔からつくられています。英国のスリップウェアーの手法を日本に取り込んでいるので、どこか洋風の感じがする民芸窯です。ぼくは子供の頃からこれで半熟の卵を食べるのが大好きでした。じかに弱火にかけて、まわりが白くなりかかったところで火を止め、後は余熱で黄身が半熟になるのを待ちます。塩を少々振り、熱々のところをスプーンですくって食べます。島のアトリエにいる時はほとんど自炊なので、今もおおいにこのココットを活用しています。島のほうれん草や、庭に勝手に生えているアシタバなどを摘んできて、下に敷き、上から地卵を入れて蒸し焼きにしたり、とちょっと工夫したりもしています。材料さえ良ければ、旨くてしかも簡単な卵料理ですよ。これはパンにもゴハンにもよく合います。

ぼくの子供の頃(昭和30年代)は、東京でも民芸のブームがあった頃で、よく爺さん婆さんに連れられて、箱根の「木賀の里」という温泉宿へ泊まると、朝には決まってこのココットで卵が出ました。その頃は、ぼくのおふくろもすっかり民芸づいてしまったのか、諸国民芸品店の草分け、銀座「たくみ」で食器やら布製品あれこれを買いあさり(昔は民芸という名の通り安かったので)、我が家にも民芸ブームがおこりました。なので、このココットで食べる卵は、ぼくには懐かしい「おふくろの味」でもあるわけです。写真のは大きい方で、卵だけなら2個入ります、それとこれより小ぶりの1個用もあって、ぼくは両方、愛用しています。湯町窯の英国ガレナ釉を模したこの黄色が、またぼくは好きだということも手伝って、いつまでも飽きのこない理由でもあります。この色って食欲が湧いてくる色だと思いませんか?現在でも銀座「たくみ」では定番商品になって売っています。

銀座たくみ http://www.ginza-takumi.co.jp/

2005-04-15 地下鉄のザジ

osamuharada2005-04-15

作品集「オサムグッズ スタイル」の、5ページに載っている、ノートブックの絵柄は、フランス映画『地下鉄のザジ』('60)を、ぼくなりにキャラクタライズしたものです。80年代はじめの頃でしたか、オサムグッズのヌーベル・キャラクテール(新キャラ)としてフランス調のデザインで登場させました。しかしその頃は誰もこの映画を知らないか忘れていて、フランス趣味のカルトもまだ流行らず、ちょっと早すぎたのかもしれません。で、ぼくの作ったザジも、失われたまぼろしキャラクターになってしまいました。(そんなわけで今度の作品集にはあえて入れておきました)

そもそもぼくがこの映画をロードショーで観たのが大昔、高校生の時で、ルイ・マル監督はすでにヌーベル・ヴァーグの旗手として知られ、ぼくには『死刑台のエレベーター』('57)『恋人たち』('58)と続き、モダンでカッコイイの代名詞のような大好きな映画監督でした。それでもこの『地下鉄のザジ』だけは日本ではヒットせず、ある映画評論家などは今回は失敗作といってけなし、大衆からも映画通からも相手にされなかったので、この映画で生まれて初めて「可愛い」の洗礼を受けたような、ぼく(いっぱしの映画通のつもりだった)などは、たいそうくやしい思いをしたものです。ナンセンスとスラプスティック(どたばた喜劇)は当時の日本の映画ファンには受けが悪かっただけのことでしょう。世の中に、こんな可愛い映画は、それ以前も以後も絶無!と言いたかったよなあ、というような思い出の映画でした。

最近は一時絶版だったDVDが再びまた出たようです、良かった。ぼくは子供が主人公の映画はもともと嫌いでしたが、ザジの可愛らしさは、普通のコドモらしさが無いこと、それどころか大人なんてバカにした、コマッシャクレで生意気な女の子というキャラクターにあります。パリで伯父さんの質問に答えていわく「60歳になるまで学校へいくわ」それで?「先生になるんだ」、何故先生がいいんだい?「シゴいてやるの」(このときザジの嬉しそうな笑顔が最高!)「いつの時代にもシゴキがいのある子はいるから、怖い先生になって、黒板ふきを食べさせたり、コンパスで背中を突っついたり、冬はブーツでお尻を蹴っとばす」といったあんばい。全編を通じて大人をやり込める、かえってそこが可愛いいのでした。伯父さんちの家主の飼ってるオウムが、ザジの口癖“mon cul !”(クソ喰らえ!)を口真似するところもいい、ぼくのザジの絵では、そのオウム+モン・キュル!にも登場してもらいました。またこの映画で、当時十代のぼくは初めてParisに憧れを抱きました。撮影はアメリカの写真家ウィリアム・クラインです。ザジが夜のパリの雑踏を半分眠りながらふらつくシークエンスは、クラインらしい都会的タッチが良く出ている映像で、何度観てもウットリさせられる。パッサージュでの追いかけゴッコ、エッフェル塔での長いシークエンス、どこをとってもパリの魅力の映像ばかりです。「可愛い」と「Paris」が好きな方は、是非この映画をご覧ください。上の写真は、去年パリへ行った時、古本屋で手に入れた、映画シナリオ雑誌“CINEMA”の表紙のザジです。シネマのロゴを囲む吹き出しで「これがシネマさ!」とザジに言わせています。

2005-04-09 雀の小籐太絵巻

osamuharada2005-04-09

名古屋の帰りがけに、愛知県美術館へ行きました。万博の(多分余った)予算で借りることができたのでしょう、強烈な国宝・重文クラスが勢ぞろい。会期中は70点以上入れ替えで出るらしい。しかし土曜日というのに閑散として、というか万博会場へ人は行ってしまって、余計誰も見に来ないので、ぼくにはラッキー!なのでした。そこだけいいね、愛・地球博。そのお陰でユックリと堪能できました。俵屋宗達、伊藤若沖富岡鉄斎岸田劉生と好きな画家が目白押しの最高の展覧会でした。そんな凄い絵に混じって、サントリー美術館(現在休館中)から借りた、小さい絵巻物(幅がせいぜい20僂らい)の「雀の小籐太」(作者不詳)も素晴らしかった。小籐太という雀が主人公。ある日、自分の子供が蛇に食べられて、悲しんでいるところへ、全部で13種類の鳥がかわるがわるやって来ては、鳥の種類による掛け言葉などの、それぞれがウイットに富んだ弔問歌を読んでくれます。それに雀の小籐太が返歌をかえすというだけの単純ストーリー。白鷺やカラス、雉に鶴、ヒヨドリなどが次から次ぎへと、木にとまっている小籐太に話しかけてあげる。その顔や姿の表情の生き生きとした愛らしさにまず打たれます。絵は決してウマくはありませんが、実に素直でおおらかで客観的な表現です。現代のヘタウマ(ヘタを主観的にしたもの)とはまったく違います。自然のままの、なんのてらいも無い描きっぷりが、鳥達の純真無垢なたたずまいを感じさせています。そして全体の色彩のセンスと配分は見事なのです。大人のセンスです。こういう絵巻に出っくわすと、胸が熱くなって絵を見ていることを忘れて、物語の中に入っていってしまうのです。これが上巻で、下巻になると、小籐太もいよいよ人生に無常観を抱いたのでしょうか、墨染めの衣を着て、すげ笠を背負い、出家して一人諸国行脚の旅に出ます。いい話ですよね。最後は京都にたどりついて、粗末な庵をつくって隠棲するところで絵巻は終わりを告げます。それが雀の小籐太の物語。切ないけれど、また何という可愛らしさでしょう。これが室町時代、今から400年以上前の、昔の日本人のメンタリティーなんですね。万博で何時間も並んで、トランペットを吹くだけのロボットを見物しに押しかける、現代の日本人よ、大丈夫か?