原田治ノート

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2005-11-24 月の輪熊

osamuharada2005-11-24

先日NHKのハイヴィジョンで、世界の熊を取材した連続番組をやっていました。北極のシロクマは小熊時代が最高に可愛くて、大きくなると最強の熊になるので、さすがにちょっと怖くなってくる。ヒグマも同じ。そして我がニホンツキノワグマの出番。小熊の可愛らしさは格別で、親熊も小柄な体でなんとなくおとなしそう。黒い体の胸に白い三日月が、なんといってもグッドデザインです。山に住み、果物、草、アリなどを食べて、おもに夜歩き専門だそうです。人は襲わなかったのに、昔は逆に人間に襲われて、毛皮の敷物にされたり、熊の胆(クマノイ、強壮薬)にされて、現在は森林伐採で山を追われ絶滅の危機に瀕しています。

子供の時分、銀座松屋の裏あたりだったか、喫茶店の入り口横に金網を張ったケージがあり、その中に年老いた月の輪熊がいました。多分、店の客寄せのつもりだったのでしょう。宣伝広告用ですね。狭い箱のなかで、落ち着きの無い動作とその姿を見ると切なくなって、いつも前を通る時に悲しくなりました。今ならトラウマですね。暗い箱の奥でかすかに浮かんだ白い三日月。子供心にその喫茶店を呪いたくなりました。今思い出しても同じ思いに駆られます。

写真の月の輪熊の人形は、先日骨董屋さんの店先を通りかかった時に見つけました。雑然としたガラクタと一緒に半端ものとして、ほこりまみれで売られていました。端午の節句(こどもの日)、五月人形の金太郎さんと足柄山で相撲を取って、負けちゃった熊です。人形セットとして主人公の金太郎がいないから役に立たない、それで250円ナリ。木片の台を作って、ぼくの仕事部屋に飾ってあります。

2005-11-22 椿油

osamuharada2005-11-22

乾燥した季節になると、トシのせいか、髭剃り後はカサカサになり、老化した皮膚はところどころが痒くなり、髪もパサパサになってきます。こういう季節には椿油の出番です。これ一本ですべてOKです。男性用化粧品なるものは、もとより信用できませんから使ったことがありません。だいいち匂いが人工的でたまりません。昔、S社の高級育毛剤の広告用イラストを描かされたおりに、その担当者のひとが実はこれいくらつけても毛は生えない、と断言したのを聞いて以来、男性用化粧品を買わなくなりました。ブランドものなどは壜のデザインだけが良くて、中身は不明のまま。それに異常に高価なところが気に入らない。

春夏は天然の桃の葉化粧水をアフター・シェービング・ローションの替わりに使用しています。そして秋冬がこの椿油です。自然のままの椿油にはほとんど香りがありませんが、どこか冬の陽だまりのような、日なたくさい匂いがかすかに感じとられて、今年も冬の季節がやってきたなあと実感できます。島のアトリエ近くぼくの散歩コース途中に、油用の種を採集する椿の広い林があります。冬には赤い椿が満開になり眼を楽しませてくれます。自然の恵みこそが一番ですね。

2005-11-19 尾上松助

osamuharada2005-11-19

久しぶりに新橋演舞場歌舞伎を観てきました。同窓で十代の頃からの仲良し、尾上松助丈が一年ぶりの、大病を押しての出演です。体が不自由になったので板付き(幕があがるとすでに舞台に座す)です。その姿を見た瞬間、心配で胸が締め付けられました。しかし長いセリフにかかると、いつもと変わらぬ美声で、安心してその口跡に酔いしれました。聴いているうちに、彼の若い頃からの舞台の数々を思い出しました。世襲制が支配する現代の歌舞伎界(江戸時代は芸と人気が優先)にあって、継ぐべき家系の無い松助には脇役が多かったのですが、どんな役を演じても二百年の伝統が育んだ古風な芝居振りで、しかも洗練された江戸の気分が横溢した、素晴らしい役者です。友達であるえこひいき無しで、そう思います。

幕間に、一緒に観劇したやはり同窓のぼくの古いガールフレンド(といっても孫が三人あり)と、さっそく楽屋見舞いにいきました。楽屋入り口には、上の写真の「着到」(役者さんのタイムレコーダーみたいなもの)があって、ここからは江戸時代のままに、華やかな芝居世界への結界という感じがしてきます。舞台の裏が覗けるせまい通路を歩くと、芝居道具や衣装つづらが並んでいてタイムスリップをおこします。ご贔屓から贈られた、尾上松助丈さんへと染め抜いた美しい暖簾をわけて楽屋に入ると、疲れてはいるようだったけれど、冗談をいう元気もあって、いつもの明るさを湛え、いかにも役者らしい風情の漂う姿がそこにありました。楽屋は息子松也くんとの親子二人部屋。尾上松也は急成長して頼もしくなり、とてもいい役者になっていました。で、さらにオジサンとしては嬉しかったのであります。

追記 これを書いて一月あまり、残念ながら尾上松助は逝去しました。享年59歳。葬儀は12月30日、上野寛永寺にて。冥福を祈るばかりです。

2005-11-12 スージー・クーパーのデミタス

osamuharada2005-11-12

こちらは、同じクレヨンラインのデミタス。エスプレッソが恋しくなる寒い季節到来ですね。

2005-11-07 スージー・クーパー

osamuharada2005-11-07

1902年生まれ、イギリスの陶芸家Susie Cooperといえば、花の絵柄で有名ですが、ぼくは抽象的図柄の「ウェディングリング」(3色の同心円の帯状柄)シリーズや、ポルカドットのかわりに小さい米印のような柄が散ったシリーズを愛用しています。(男としてはさすがにブーケの花柄皿を使う勇気?はありません)そしてこの「クレヨンライン」と呼ばれるシリーズが一番気に入っている絵付けです。裏にスージー・クーパーのサインとCROWN WORKSの文字 、さらに窯のあったBURSLEMという地名があります。1934年のデザインです。この手描きのラインは、下絵具を固形のクレヨン状にしたもので描き、上に透明釉をかけて高温で焼いてあります。工房のペインターの手描きですが、青色と濃いオリーブグリーンのラフな線がのびのびとしています。それでいて2色の線の間隔がきっちりバランス良く保たれているところは、同じ職人として何度見ても感心させられます。青い線のシリーズは特にブルー・チョークと呼んでいたらしい。この青色もいいし、また陶土の地肌の淡いクリーム色も柔らかくて好きです。「いい仕事、してますねェ」と思わず言っちゃう。

「クレヨンライン」は英国でよりアメリカで好まれたそうです。ところでこの真ん中で二つに分けられた深めの皿というかボールは、Divided Vegetable Dish というものらしい。ぼくはパーティなどで、野菜スティックをつまんで隣のドレッシングなどにディップしたりするんじゃないか?と勝手に考えて使っています。日本式にカレーとご飯に福神漬けでは、エレガントで美人だったスージー・クーパーさんが可哀そう。食器として使わない普段は、喫煙具や小物入れに便利です。