原田治ノート

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2014-04-22 パイナップルケーキ

osamuharada2014-04-22

気にいった台湾緑茶を手に入れてみると、次にはそれと相性がよい〈茶うけ〉をどうするか、が閑人にはモンダイなのです。中国式の微発酵の緑茶では、茶うけの菓子も日本の煎茶と同じようなわけにはいかないのね。

台北の、あちこちの店で見かけたのは、台湾名物【パイナップルケーキ】でした。大流行している。早速これならきっと台湾緑茶にあうはずだ、といくつか試してみた。しかしどこの店でも、ケーキの生地にバターではなく豚のラードを使うから、例の〈台湾臭〉が感じられ、ぼくの好みじゃない。中国の「月餅」や、沖縄の「ちんすこう」同様で、ラード生地の臭み堪えがたし。

そして肝心の中身の餡は、台湾産パイナップルでつくられているはずなのだが、これがどうもパイン味がはっきりしないのね。冬瓜を加えた餡などもあり、砂糖甘いだけで酸味が希薄。餡の色は濁った茶色で、見た目もよろしくない。またしても「名物に旨いものなし」か、はたまた「看板に偽りあり」なのか。

ついでに、台湾産パイナップル本体の味はどうなっているんだろうかと気になって、台北で大人気のフルーツパーラー『百果園』にもいってみた。ところが、これまた実物なのにパインの味覚がはっきりしない。フレッシュネスがまったくない。薄味というのも変だが、どうも台湾の風土がパイナップル生産には合っていないのかもしれないな。茶葉を育てるにはよく合ってるけれど。

沖縄に戻って、今年はじめ那覇にできたばかりの『 沖縄県産パイナップルケーキ専門店:KUKURU 』で〈茶うけ〉に試してみたところ、これがすなわちヤツガレには究極の味でした。細かくきざんだパインの歯ごたえを残し、沖縄名産シークワーサーの酸味が隠し味になっている爽やかな餡。ケーキ地のほうは、しっとりとしてしかも軽く、生地にバターと卵、アーモンドを使用。これなら台湾臭フリーだ。契約農家が作るパイナップル。材料を吟味することに徹底していて頼もしいかぎり。

さて本日の、微発酵の台湾緑茶は、台北市『永康茶館』。無添加100%台湾産とある「碧螺春緑茶」。花柄の茶碗は、前に書いた『茗泉堂茶荘』→id:osamuharada:20140304 この茶と菓子の組み合わせに、エキゾチック南国の風趣がありました。

2014-04-13 水丸グッズ

osamuharada2014-04-13

島のアトリエの帽子掛けには、安西水丸さんが昔くれたトートバッグが引っ掛けてあります。もう、三十年くらいも前のことになるだろうか。

当時は、オサムグッズで多種多様たくさんのトートバッグを自分でデザインしてはいたが、いずれも女のコ専用だから、四十代の男持ちにはもちろんならない。たまたま水丸さんが、たしか青山のスペースユイで個展を開いたときに出展したこのトートバッグをもらって、これなら使える、と以来ずっとぼくは愛用してきました。

幼い子供が描いたかのように見えて、ちょっとデザイン的な魚と、○に水サイン。黒と水色の二色刷りは、すっきりとしていて、これだったら男でも持ち歩けるかな、と思ったのでした。

しかしまだトートバッグを大の男が持つような流行が来てはいなかったので、自分としては最先端をいっているつもりが、逆に白い眼で見られるというようなことにあいなり、いつしか都内ではなく島内でおおいに用いることになったのでした。島の自然の中のほうが似合っているしね。

気にいって、何度も洗濯はしたけれど、便利でいまもまだ現役中の、水丸印トートバッグ。えッ、まだそれ使っていたの、とテレ笑いをしそうな水丸さんの顔が思い浮かんだ。これはぼくの一生モノですよ。

2014-04-12 アトリエ日記

osamuharada2014-04-12

前述した、クロちゃんの爪研ぎあとが残るイームズ・ラウンジチェア&オットマンは、事務所から引っ越して、現在がらんとした島のアトリエに置いてあります。もっぱら描きかけのアブストラクトなどを眺めたり、読書(おもに美術書)や、音楽を聴いてはノンビリくつろいでいます。この椅子は、そもそもイームズさんが《 現代生活のストレスを忘れさせてくれる 》ことを目指してつくられた椅子なのだそうです。それで、ノラ猫でさえもリラックスして爪研ぎなんかしていたわけね。

アトリエに置いてみると、この椅子はストレス解消というよりは、トシのせいか、ユッタリと芸術について思いめぐらすほうが今のぼくには向いている。都会の喧噪を離れて、鶯の声に聴き入りながら、心静かにすごすことができる椅子。愛用すること20年。かつては働き盛り四十代の仕事場用に購入しました。ハーマンミラー社のイームズ・ラウンジチェア&オットマンについては→https://www.hermanmiller.co.jp/Product/Eames-Lounge-Chair-And-Ottoman

先日、世田谷美術館で観てきた『岸田吟香・劉生・麗子 知られざる精神の系譜』展があまりに素晴らしかったので、その立派な書籍にもなっている展覧会カタログを、このイームズチェアに深々と座って、読み耽ってしまいました。明治維新とは学校の教科書どおりなんてことはありえない、との思いが深まった。そしてこの岸田吟香という偉大な自由人の親にしてこの子あり。劉生という天才は生まれるべくして生まれたのだ、ということが確かめられて嬉しくなってきた。

台北の故宮博物院に続いての、この岸田劉生の展覧会。ぼくには中国文人画と日本の文人画が、ピタリと重なって見えてきた。ますますこの東洋の「文人画」という藝術観にひかれてゆきます。

2014-04-08 築地ノラ猫情報

osamuharada2014-04-08

築地パレットクラブのアーケードに住まいするノラ猫は、現在2匹になりました。人なつこいクロちゃんは、パレットクラブを開けるとすぐ室内に入ってきて、2階に上がり徘徊します。もし1階の扉が閉まるとパニックを起こして固まっちゃう(この写真)。閉所恐怖症なのか悲鳴をあげる。外ではいつも元気に飛び回っているのにね。

こないだの夜は、ぼくがパレットクラブの電気を消し鍵をかけて帰ったのだけれど、暗がりでドアを閉める寸前に、外にいたクロちゃんは室内に侵入したらしい。真っ黒だから暗闇ではまったく見えない。一応「クロちゃんもう閉めちゃうぜ!」とことわったんだけれど、その時はニャーと返事もせず静かだったので、ああもう夜の散歩にでかけたんだなと思った。翌日、スタッフが来て扉を開けた途端、クロちゃんは鳴きながら転がり出てきたよし。一晩、心細い思いをさせてしまったようだ。

いつだったか、パレットクラブの1階横にあるぼくの事務所のほうにも入ってきたことがある。帰りぎわ閉めるまえに見回したが、シーンとしていたのでもう出ていったな、と帰ってしまったことがあった。翌日、事務所を開けるとクロちゃんが、不服そうな鳴き声を発してのっそりと出てきた。見るとイームズのラウンジチェアに座っていたらしく、革張りの部分にツメ研ぎをした跡がある。黒皮がささくれ立っていた。前の晩は、椅子も黒いからクロちゃん溶け込んでいて見落としたのだ。うっかり閉じ込めたのが悪いのだから、文句はいえない。いまも座るたびに革張り部分がちょっとひっかかって、思い出すと可愛くなる。

クロちゃんの夜の寝所は、お隣「喜多品」さん2階で、店を閉めて人がいなくなる時に、シャッターの下側を数センチほど開けておいてくれる。これなら閉じ込められない。喜多品さんは、その出入りの時にクロちゃんの額の部分が少しハゲてしまうのよ、と説明してくれた。シャッターとの間が狭いのでオデコがこすれてしまうらしい。どうも近頃 顔色が薄くなっているなあと感じたのはそのせいか。

もう1匹のアキオは、夜になると一ブロック先のお寺さんに寝泊まりをしている。前回書いたとおり(id:osamuharada:20130424)、墨染めの衣に身をやつし、母妹の菩提を弔っているらしい。昼過ぎになると食事のためにやってくる。相変らずの引きこもりだが、キャットフードを出す前だけはやたらに人なつこくなる。しかし食べ終えたら無言のまま、すぐまた寺に引きさがる。このごろは風格?もでてきて老僧の感がちょっとだけある。以上、築地ノラ猫情報でした。

2014-04-03 イラストの学校

osamuharada2014-04-03

水丸さんに教わることができた、最後の生徒さんたちになってしまいました。そのパレットクラブ スクール卒業制作展が開催中です。毎年この飾り付けだけは、世話役のぼくが一人でレイアウトを考えています。年々歳々、移り変わってゆくイラストの流行やスタイルを身近に感じられるので、いつも楽しい作業なのです。

作品を採点したり順位をつけたりすることはしない方針です。一般大衆の目にさらされて、初めてそこでイラストは評価されるものだからです。どうしたら多くの人々にウケるか、そのコツを指導するのがイラストの学校だと思っています。職業としてのイラストレーターや絵本作家を目指す人のための学校。

京都で30年間、東京で16年間。両方の卒業生を合わせたら5000人以上になるのかな。事の始まりは、ぼくが京都でイラストレーションの学校でもやってみたらどうかなと思いつき、水丸さん、新谷さん、ペーターを誘って4人でスタートしたのでした。現在は、48人の現役プロの方々に講師をお願いしています。後進が育ってゆかないと、この仕事のジャンル自体が衰退してしまうから、現在のプロにとっても大切な学校だと共鳴していただきました。

パレットクラブの卒業生であり、プロになって成功したイラストレーターや絵本作家もこの学校に戻り、こんどは講師として後進を育てています。ぼくにとっては、ちょいと勝手に自慢なので、ご興味ある方のためにご紹介しますね。

書籍や雑誌、映画で売れっ子の、いとう瞳さん→http://www.hitomiitoh.com

女性のライフスタイルを美しく描く、河村ふうこさん→http://www.ma-piece.com/fuko_kawamura/

現代女性のファッションを描く、吉岡ゆうこさん→http://www.atelier-fabrique.jp

水丸さんの直弟子で、文芸ものに大活躍中、信濃八太郎さん→http://www.shinanohattaro.com

お料理の専門家でイラストレーター、Wato さん→http://blog.watokitchen.com

子供たちが元気になる絵本をつくる、高畠那生さん→http://www.washizukami.com/nao/

絵本キャラクター「ほげちゃん」が大ヒット、やぎ たみこ さん→http://www.ehonnavi.net/author.asp?n=8058&pcf=1

16期生卒業制作展『私の好きな詩(うた)』は→http://www.pale.tv/index.html#sotsuten

今年の卒業生のなかには、なんと1990年生まれの優秀な次世代イラストレーターがいますよ。ほりはたまお さん→http://horihatamao.com/

前に書いた「イラストの学校」→id:osamuharada:20120527