原田治ノート

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2015-07-30 今日のデザインノート

osamuharada2015-07-30

東京のオリンピック運動会に興味はまったくないけれど、こんどのエンブレムデザイン盗作疑惑には、同業者としてちょっとだけ気にかかる。グラフィックデザインの著作権だの商標権なんかの争いごとは、ぼくのごときキャラクター屋にしても、ごく身近な問題ではあるわけね。こっちのほうはスケールが小さすぎて比較にならないが、法律的には同じ問題ってことになるでしょうね。

パクリかどうかは著作権の問題になるのだけれど、そもそもこの判定はすごく難しい。それに両者とも突出した個性のようなものがなくて、どっちも平凡でありふれたデザイン(とぼくには見える)だから余計に難しくなるかもね。文字のフォント(書体)だって、両者ともに同じ有りものデザインを使っているようだしね。ただしこの際、好きか嫌いかは問題にはならないのですよ。良きも悪しきも、芸術性(あるとすれば)も関係なし。似てるか似てないかだけのこと。

しかしあのベルギーの劇場がエンブレムの商標権を登記して持っていたら大問題になるでしょう。五輪側が何か物をつくって売ろうなどとするときには、ベルギー劇場側と訴訟が起るかもしれませんね。日本でも、よく不正競争防止法ってので争われている案件。あのデザインで、東京五輪Tシャツとか、五輪バイクとか、五輪饅頭かなんかの商品をつくって売ったとしたら、商法上は不正にあたる。ただ抜け道は、非売品のポスターだったらOKかもね。そもそも宣伝用のポスターデザインには著作権も何もはじめから無いからね。

いずれにしてもこの問題、勝っても負けてもダメージだけは残ることになりそうですね。まず例の生ガキ競技場デザイン問題で失点、次いでエンブレムデザイン盗作問題でも失点、これじゃデザイン界の金メダルは遠のいていきそうだな。どうでもいいけど、こんなことに税金を無駄に使われているのかと思うと腹立たしい。オリンピック好きな東京人と、電通&博報堂からだけ税金とれ!なんてね。

2015-07-24 森本美由紀 展

osamuharada2015-07-24

1980年代のはじめごろ、オサムグッズのデザイナーを募集していたときに、若き日の森本さんはぼくの事務所に面接にこられた。まだ岡山から東京へ出てきたばかりの学生さんだった。デザインの勉強も仕事もしたことがないという。デザイナーは無理そうだなとは思ったが、作品ポートフォリオを持ってきていたので一応見てあげることにした。デザインは一つもなく、女性を描いたスタイル画だけだったが、しかしこれが実にうまかったのです。二十歳くらいでこれだけ描けるんだったら、デザイナーなんかにならないで、もう絶対イラストレーターになったほうがいいよ、と勝手にぼくは決めつけてしまった。あとで聞いてみたら森本さんは半信半疑だったらしいが、ぼくはすっかり確信していて、しかもちゃんとそれが後に的中したのでした。ものすごい眼力でしょ。後年パレットクラブスクールで講師をしていただくようになったので、ぼくは会うとよくその自慢話をしたが、森本さんはちょっと恥ずかしそうに微笑むだけだった。

この展覧会にあわせてか、森本さんの作品集も出版されている。岡山に帰郷されてからのアトリエ紹介ページの小カット、窓辺に猫のオブジェと猫の写真が飾ってある。よく見るとその写真のほうは、築地パレットクラブのパッサージュ(自称)に住んでいた野良猫のホオズキちゃんではないか。胸をつかれる思いがした。二年前の森本さんが亡くなったころに、ホオズキちゃんも息を引きとっていた。

森本さんは、イラストレーターは職人である、ということではぼくと同じ考えの人だった。個性よりもイラストの持つ時代性や客観性を好むタイプ。森本美由紀は優れて職人技の人でもあった。生き生きとした筆使いにそれが現われている。まだイラストが躍動的で面白かった時代を、楽しみながら過ごせて幸福だったと思う。

   弥生美術館『 森本美由紀 展 』 7月3日(金)〜9月27日(日)   

   http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

2015-07-17 今夏の防暑計画

osamuharada2015-07-17

クーラーが苦手なので、島ではいつも風通しのよい部屋で猛暑をやり過ごすことにしています。樹木の間を通りぬけてくる海からの風は、木の葉が水冷式ラジエターになってくれるせいかヒンヤリとしている。それでも直射日光がさす窓辺周辺は、かなり暑くなるので、去年までは外に葦簀(よしず)を立てかけて日光を遮ってきました。

今年の六月頃から、くだんのリビングダイニングでは「事前措置」として、庭の柱へ勝手にからみついていた蔓草(つるくさ)を、軒下から左右に引き延ばしてみた。麻紐を張ったところに、蔓草をからませておくだけのことだけれど、みるみる成長して、ちょうどよい日除け棚をつくってくれました。これで真夏のギラギラ日光を室内に侵入させない「専守防衛」が可能になる。太陽を敵にまわし、外に出てお友達と一緒に闘いを挑むような「集団的自衛権」なんぞ必要ではない。何もしなくとも自然の蔓草がやさしく守ってくれている。しかもただの雑草だから「防衛費」もかからない(アベ総統閣下のせいで言いまわしが変になってきた)。

風情のある葦簀も好きだけれど、あれは風が強いと吹き飛ばされるから、天気予報を気にしながらの出し入れが結構めんどくさいのです。しかも葦簀は二、三年使うとボロくなる。蔦草のほうは雨にも風にも強いし、秋冬に枯れ葉が落ちても、また次ぎの初夏になれば再生してくれる。見るからに涼しげで、緑陰は美しくもある。名も知らぬ蔓草といえども、うまく自然利用すれば役に立っちゃうもんですね。あとは水を飲んで熱中症に気をつけましょう!

(拡大写真)→http://osamuharada.tumblr.com/   

葦簀の良さも捨てがたいけど…。→id:osamuharada:20080801

2015-07-13 深夜のテニス観戦

osamuharada2015-07-13

ついに大政翼賛 NHK が行った世論調査でさえも、アベ不支持は決定的になってきたようだ。当然ながら違憲のアンポ法案なんてものはほとんど反対されている。アホノミクスで無理しての2万円台なんて、ギリシャと中国のおかげでぶっ飛んでしまったしね。

それでもなおマインカンプ(我が闘争)の、厚顔無恥なアベなど見たくはないから、テレビはもっぱらWOWOWだけをつけています。昨夜は映画のほうではなく、テニス実況中継で爽快気分が味わえた。ウィンブルドンで、贔屓のジョコビッチフェデラーを破って優勝。最近日本のテニス報道はニシコリ君ばかりだからウンザリしていたが、今回は途中で消えてくれたので、久しぶりに二大スターの素晴らしい決勝戦を存分に楽しめました。

本場英国ウィンブルドンでは観客席の顔ぶれもまた嬉しい。映画俳優ではケイト・ウィンスレットブラッドリー・クーパーが、フェデラーを応援していた。ベネディクト・カンバーバッチも観戦していて、こちらはジョコビッチのファンだったらしく、優勝後の控え室ロビーでもカンバーバッチは直立不動で待っていて握手をもとめた。二人とも若いのに礼儀正しく爽やかだ。ワタシは思わず TV 画面に向かって記念撮影をしてしまったのだった(あくまでも自分用)。好きな役者と好きなテニスプレーヤーのツーショット。そのあと廊下の奥で一人たたずむ可愛いらしい若妻を、ジョコビッチはグッと抱きしめた。まるで映画のラストシーンだよね。

しかしスポーツ放送のアナウンサーや解説者は映画を知らないのか、せっかく世界的大スターたちが画面に写っているというのに、ぜんぜん気づかないらしい。観客席のカンバーバッチはサングラスをしていたけどすぐ分ったぜ。映画のWOWOWなんだから、もうちょっと気のきいた司会者はいないのかね。テニス観戦もエンターテインメントだってこと忘れないでほしいです。

テニスのこと書いたのは久しぶりだなと思って検索したら七年も前のことでした。→id:osamuharada:20080604

TV大画面で見ているYouTubeでは、いまコレがエンターテインメントとして面白いな。→ https://www.youtube.com/watch?v=WSroOlr3KyQ

2015-07-07 今週もリビングダイニング

osamuharada2015-07-07

長梅雨ですね。またリビングダイニングにて「引きこもり」中です。雨のなか外に出るのが億劫になり、ときどきルームランナーで歩き、ラジオ体操第一第二なぞやったりしています。風呂は午前中に入る長湯が好きで、夜は外国映画鑑賞。アトリエでは美術と歴史への興味も尽きませんが、「小人閑居して不善をなす」。仕事で働きたくなんかないし、世の中で何のお役にもたちません。ついBlogでひとりごと。

鬱陶しい梅雨どき、うっかりパソコンで国会中継など見たら、余計うんざりするから見たくなくなる。とにもかくにもアンポ法案を強行採決に持ってゆこうとするアベが見苦しいですよね。強引なる川内原発再稼動も狂気というべきか。こちらはアソーの利権(九州電力)がからんでいる。そしてその薩長政権の金儲けを覆い隠すかのように、マスコミは殺伐とした三面記事ニュースばかりをしつこく流す。新幹線で焼身する人もいれば、自宅に放火して子供を死なせる自衛隊の父親もいる。政治行政にしても、これが大のおとなのすることなのか?と疑うようなことが、世間ではごくフツーに連続してゆく。この長雨もまだ続くのかな。

  人 知 れ ず ふ け て 涼 し き 灯 な り け り  万太郎

自分だけが気に入っていれば良しとするリビングダイニング(写真)→http://osamuharada.tumblr.com/

2015-07-01 風刺漫画家 Siné

osamuharada2015-07-01

伝統的なフランスの風刺漫画家 Siné(シネ)は、今年で87歳になるはずだけど、その毒舌ブリはまだまだ現在進行形のようです。もとよりあのレーモン・クノー著『 地下鉄のザジ 』にイラストを描いた人でもあるし、そうとうな意地悪じいさんになっているだろうなと思って調べてみたら、やっぱりやらかしていました。

今年はじめ、イスラム過激派による、パリ銃撃事件で漫画家の四人が殺された雑誌『 CHARLIE HEBDO シャルリ・エブド』 にも、シネは2009年まではずっと風刺漫画の連載をしていたのだそうです。しかし雑誌をやめた理由がすごい。当時フランスのサルコジ大統領(ユダヤ人)を揶揄するネタで、ユダヤ勢力から脅かされ、ひよったシャルリ・エブド編集部から謝罪するようにと勧告されたところ、シネおやじは「あやまるくらいなら、俺のキンタマちょん切ってやるぜ!」と、謝罪拒否してクビになりました。それでもめげず逆に裁判にかけて勝訴。相手から9万ユーロだか勝ち取ったという、筋金入りの風刺漫画家なのでした。そして自ら『シネ・エブド』なるものを立ち上げて対抗している。かっこいい爺さんだよなあ。百歳まで頑張ってほしいです。

それにしても『シャルリ・エブド』は、反イスラムで襲撃されたんだから、一応は「リベラル派」なのかと思い込んでいたが、結局は反イスラエルではなかったわけね。ユダヤにだけは屈してしまった。これじゃ「言論の自由」などいう資格はまるでないでしょ。シネは、ユダヤ教徒イスラム教徒キリスト教徒が、三つ巴になって殺し合っている漫画も描いていますよ。おまけにシネの父親は、ばりばりのアナーキストだったよし。

私的写真ノートにも、いくつか Siné 保存させてもらいます。有名なシネ猫も。→ http://osamuharada.tumblr.com/

前に書いた Siné → id:osamuharada:20131027 id:osamuharada:20141226