原田治ノート

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2015-08-23 さよなら鎌倉近代美術館

osamuharada2015-08-23

【 美術ノート 】

あと半年ほどで閉館になるという、鎌倉の『 神奈川県立近代美術館 』へ。なくなっちゃうのは惜しいな。ここは川端実先生との思い出ある場所だった。一棟はすでに閉鎖、現在は二室のみでの展示中。第一室では、劉生の「麗子像」が他を圧して燦然と輝いている。岸田劉生こそは日本近代絵画の最高峰だと確信する。麗子の瞳に「永遠」が宿っている。外に出て二階の蓮池を望むカフェでは、「川端実展」( 1975年 )のときに先生と長々話をしたことなどが懐かしい。そして扉を開けて第二室に入ると、真正面に半世紀前の川端実作品(1961年)が掲げられていた。しばし感涙。純粋な生命力の発露、画品の高潔さで同時代の画家たちを凌駕しているのは一目瞭然。あるとき先生は「 画家が死んだあと、その絵が百年、二百年と持ちこたえるかどうかだな。」と話された。その言葉が今になってひしひしと感じられる。

【 イラストノート 】

上野から蓮の咲く池之端を通って『 弥生美術館 』へ。先年亡くなったイラストレーター「森本美由紀展」。伝統的ファッションイラストを描ける最後の人だった。フランスのRené Gruau(1909〜2004)を憧憬していた森本さんは、グリョーのサイン✳︎印とgの文字 を真似て、自ら「✳︎ m」と署名をしていた。「オマージュ」の表現であった。50年代 VOGUE 誌を嚆矢とするこのスタイルは世界中で流行したが、René Gruau の源流は Christian Bérard(1902〜1949)にあるとぼくは考えている。ファッションイラストの系譜。

【 デザインノート 】

東京五輪エンブレムデザイナー、とうとう「コピペ」常習が証明されてしまった。また誰かが〈おでん〉を使って傑作「パロディ」作品をつくったが、シャレのわからない五輪側はこれを恫喝してストップさせたよし。それにしてもマスコミは、生ガキ競技場デザインの件で「審査委員長・安藤忠雄」をさんざん叩いたというのに、東京五輪エンブレムデザインの「審査委員長・永井一正」のほうはまったく追求も取材もしていない。ひとり横尾忠則さんが、選んだ審査員側の責任問題を訴えられていた。審査にあたったこの広告デザイン利権グループは、親子兄弟、師弟関係でバッチリ繋がっているそうだ。広告費で食べているマスコミには歯が立たないのだろう。

元気いっぱいの孫の夏休みにつきあいながら、T V ニュースでパクリ疑惑デザイナー氏の釈明映像を眺めていたら、孫 (幼稚園児)が「このおじさん、まじ ヤバクない?」と突然つぶやいた。けだし名言、と祖父は思ったね。

2015-08-15 ぼくのデザインノート

osamuharada2015-08-15

【 ぼくのデザインノート 】

イラストレーターとデザイナーは別の職種なのですが、両方を兼ねることもできます。かつてぼくが自分でつくったキャラクターを自前でデザインしていた時期は、1970年代後半から’90年代前半までのことでした。年齢でいうと三十から四十半ばまでかな(ずいぶん昔のことで呆然)。

1992年頃には【 OSAMU GOODS STYLE 】という小雑誌をつくりました。自分で描いたキャラクターを自分で商品デザインして、さらにそれを自分で雑誌に仕立てる。つまりこれらがすべて自分流の「スタイル」というわけね。この雑誌づくりでは、表紙撮影や編集デザインも楽しみました。ほとんど遊び半分なのでしたが…。当時はデザインするにも、製図板や三角定規に鉛筆といった超アナログな時代です。大きな黒幕の張られたトレスコープの中にもぐり込んで、写真の縮小拡大や文字のレイアウトをしました(夏は地獄)。文字は自分でレタリングをするか、写真植字(写植屋さんに注文する)しかない頃でした。しかも製版代や印刷代は高額で、とても商売なんかにならなかった。

その小雑誌【 OSAMU GOODS STYLE 】の一部ですが、マイ Tumblr に保存(30点)してみました。おひまなときにご覧ください。→http://osamuharada.tumblr.com/

【 デザインのパクリ問題 】いま話題騒然の一件について。

専門的な話ですが(興味ない方はパスしてね)、誰かのデザインに「インスパイア」されて制作をした場合、どこか似たようなデザインになってしまう可能性もありますよね。注意点は、その誰かに損害をあたえるかどうかで、著作権法に触れちゃう場合があること。いま話題の東京五輪マークのデザイナーは、ベルギーの国立劇場マークなんぞ見たこともないから無罪であると主張している。見なければ「インスパイア」もされないから、偶然似ていたと言い逃れはできるかも。さてどうなることやら、同業者としてはちょいと気になる問題です。

「インスパイア」されても、当のデザインに対する憧れや尊敬で「オマージュ」として制作されたものは、出典を明らかにさえしていれば問題になることはないのです。相手にとっては「トリビュート」されたことにもなっちゃうしね。前掲の、ぼくの小雑誌「OSAMU GOODS STYLE」の表紙デザインは、アメリカの雑誌 LIFE への「オマージュ」です。週刊誌 LIFE(1936〜1972)の表紙デザインは、ながらくぼくの憧れの的でした。

出典が明らかでも、「パロディ」の場合は、風刺や諧謔が目的なので、相手から「名誉毀損」で訴えられる場合もあるし、逆に「表現の自由」で対峙することもあります。フランスのシネがいい例ですよね。→id:osamuharada:20150701

しかし「パクリ(盗作)」とは、出典を隠しておいて、こっそりパクっちゃうわけだから姑息だよね。しかもそれを自分の商売に利用したのであれば問題になるでしょ。ところで東京五輪デザイナー氏、こんどはサントリーの仕事で「コピペ」問題が発覚したという。ヤバくなると子分のデザイナーをシッポ切り(アベみたいだね)するとは、最高責任者のアートディレクターとしてプロ失格でしょう。今後「コピペ」は、デジタル時代のまったく新しい著作権侵害問題へと発展してゆきそうな感じですね。


〔8月30日: 追記〕小雑誌【 OSAMU GOODS STYLE 】には、もう一冊(6号目が)あったのを思い出しました。遅ればせながらTumblrに15点ほど追加します。この頃、キャラクターなしのデザインだけでオサムグッズもつくりました。しかもフランス語。何だったのだろう? http://osamuharada.tumblr.com/ (←拡大できます)

2015-08-14 OSAMU GOODS TRIBUTE

osamuharada2015-08-14

【 展示会のお知らせ 】

原宿にある BEAMS のギャラリーで【 OSAMU GOODS® TRIBUTE 】と題する展示会があります。オサムグッズのキャラクターを使っていただき(原画のみ提供)、ビームスのデザイナーさんや、ギャラリーの常連アーティストさんたちが、それぞれ自由に OSAMU GOODS をデザインして販売するという企画展です。

なかにはパレットクラブで講師をされている、ヒロ杉山さん(ENLIGHTNMENT)や伊藤弘さん(GROOVISIONS)もデザインに参加されています。またオリジナルの OSAMU GOODS の 展示( 非売です) は、土井章史さん(TOMS BOX)が集められたコレクションのなかから出展していただきます。土井さんは絵本の分野で著名なかたですが、実は強力なオサムグッズ・コレクターでもあられます。パレットクラブでは絵本の講師もお願いしています。今回は土井さん特選による OSAMU GOODS というわけですね。皆さんがどんなデザインと展示をしてくださるのか、ぼく自身が今から楽しみにしております。またトークセッション(よもやま話)もありますので、お気軽におでかけください !

    OSAMU GOODS ® TRIBUTE

8月28日(金)〜9月16日(水) : トーキョー カルチャート by ビームス(原宿)

2015-08-10 残暑お見舞い

osamuharada2015-08-10

記録的な連続猛暑にもやっと陰りがみえてきましたね。すでに島では涼風が吹いています。この老人もまだ何とか生息中です。くだんの蔓草をからませた日除け棚?も役に立ちました。(写真:http://osamuharada.tumblr.com/

夏休み中に聴く音楽は、狂気のアベ政権のおかげで、いつもの夏のボサノバやズークといったリラックス気分にはなれず、ソウルやジャズを大音量にて聴いています。リラックスというよりは憂さばらし。ジャズでは、弘田三枝子の’70年代もの。得意の黒人ソウルっぽさがはっきり出ていて、ポップス時代の「うなり」節が生きている。’60年代に、弘田三枝子の唸る部分は、演歌の都はるみに影響を与えて「はるみ節」を完成させた。子供の頃の弘田三枝子は、米軍のキャンプで歌っていた。同い年の伊東ゆかりも、同じ頃に米軍キャンプで歌っていたそうです。二人のリズム感と米国語がごく自然なのは、同じ経験がものをいっているんだね。伊東ゆかりちゃんの歌うジャズが RELAXING なら、弘田三枝子は SOULFULY という感じかな。

弘田三枝子ジャズを聴き進むうち、これぞ今の気分にピッタリというカバー曲があったのでハマりました。それは、いわずと知れたマーヴィン・ゲイの代表曲【 What’s going on 】。暑さをぶっとばすジャズとソウルを聴きくらべて楽しんでいます。ご存じない方のために、ちょいとYouTubeから拝借。字幕も出ているので解りやすいです。猛暑にめげず、自みん党の「そんなことしてたら就職できないぞ!」の脅しにもめげず、海へも山へもいかず、個々にプラカードを掲げ、デモ行進をしている高校生にも聴かせてあげたいな。

Picket lines and picket signs Don’t punish me with brutality Talk to me, so you can see Oh, what’s going on   What’s going on

D

2015-08-07 今日もデザインノート

osamuharada2015-08-07

ヤツガレもデザイナーのはしくれとして、一言いわせてもらっちゃおう。パクリ疑惑の東京五輪エンブレムデザイン。当のデザイナー釈明会見を聴いて、オヤッ?変だなと思ったのは、似てる似てないの主観的問題ではなく、デザインそのものの「解説」のほうでした。

ベルギーの国立劇場【 Theatre de Liege 】 には、【 T 】と【 L 】とに単純な必然性がある。誰にでも、ひと目であの劇場名だな、と意味が通じる。これに比べると東京五輪は、Tokyo の【 T 】だけはわかるけど、【 L 】になんの必然性もないではないか。結局デザイナーの言い分は、【 L 】のセリフ(文字のはね部分)のほうは文字ではなく、隠された日の丸の輪郭線であるというような解説をしていた。苦しい言いわけに過ぎない。何かのシンボルとしてのデザインというものは、一瞬のうちに内容が分るものでなければならない。それがデザインの基本というものでしょ。

もっとも、シンボルの裏に隠された意味があるとしたら、日の丸=大日本帝国ってことかしらね。いまのアベ政権下なら大いに有りうる。つまるところ、現体制にベッタリ盲従しないことには、生活が成りたたないデザイナーに悲哀を感じてしまうな。いままでに自国の国旗を、世界オリンピックのマークに使っちゃった例は、前の東京五輪(デザイナーは亀倉雄策)くらいで、他国はそんな馬鹿げた国威発揚デザインなんぞしたことないでしょう。今回は世界オリンピックの場を借りて、戦争のできる「日本をとりもどす」アベキャンペーンに利用されている。それがパクリ疑惑のせいでケチがついたといったところ。これ以上デザイン問題でダメージをうけたくなかったら、三波春夫の「東京五輪音頭」を復活させればよい。仲良く歌い踊れば、平和を愛する日本人らしくていいじゃないか。これ一発でダメージは払拭できると思うのですが。

2015-08-05 くずきり

osamuharada2015-08-05

いふまいとおもへどけふのあつさかな、とでも言いたくなっちゃうなか、猛暑お見舞い申し上げます。とくに同世代(老人)のおかたは、おたがい熱中症対策が肝心ですよね。

島では嫌いなクーラーはつけなくてすむけれど、都会にいたら無理だったでしょう。日陰と海からの風通しを工夫して、何とかヤリクリしています。あとは短い昼寝に、煎茶の茶ウケの「くずきり」(写真)にハマっています。氷水で冷やした葛きり(奈良県吉野産)は、のど越しに氷よりも涼感があるようです。つける黒蜜(沖縄産黒糖)もスッキリと甘い。

この記録やぶりの連続猛暑と夏休みの間、人々が暑さで何事も考えられなくなりそうな時期を見はからい、アベ独裁政権は「粛々と」(米国の御下命により)コトを運ぶつもりでいるらしい。「まさに」とアベの口真似をするなら、「まさに、鞭声粛々夜河をわたる。ではありませんか」

これは頼山陽が、有名な「川中島の戦い」を詠んだ詩の一節。上杉謙信武田信玄の機先を制するべく、夜中に山を下って、敵の寝ているすきを狙い、馬にあてる鞭の音(鞭声)も静かに、こっそりと夜の千曲川を渡って進軍したという、考えたらズルい戦略なのでした。まさに「寝首をかく」とでもいうことでしょうか。

小学生のころ、同級生 E 君が「べんせい〜しゅくしゅく〜う、よるかわを〜わたる。」と爺さんゆずりの詩吟を得意としていたのを思い出します。子供には意味不明でしたが、いまアベ政権下で身を以て体験しています。敵はこの八月をしおに、粛々(こっそり)と夜河を渡るのでしょう(戦争法案と原発再稼動)。鞭声(辺野古)のほうは今月だけ静かにさせておけばよい…。言うまいと思えど今日もまた。    葛きりの器は谷道さんの吹きガラス→http://osamuharada.tumblr.com/

    夏 の 夜 の ふ く る す べ な く あ け に け り   万太郎