原田治ノート

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2015-12-31 ゆく年くる年:半世紀前

osamuharada2015-12-31

50年昔といえば、ヤツガレも美大のデザイン科(いまやパクリで有名校)の頃です。アメリカンポップスで育ったような十代でしたが、《1965年》は、ビートルズブームの到来で、ヒットチャートも英国調に様変わり、こちらが聴く曲も変化しつつある頃でした。ビーチ・ボーイズの【 CALIFORNIA GIRLS 】のような米国青春モノもまだ流行ってはいたけれど、この年、ビートルズの【 HELP 】や【 YESTERDAY 】【 TICKET TO RIDE 】【 I’M DOWN 】 【 DAY TRIPPER 】【 WE CAN’T WORK IT OUT 】などが次々とヒットして、英国からの新しい波がやってきていた。ローリング・ストーンズなら【 (I can’t get no) SATISFACTION 】ですね。どことなく戦後イギリスの「怒れる若者たち」世代の雰囲気を帯びたロックが主流になりました。アメリカ側でも、ボブ・ディランがアコースティックからエレクトリックギターに持ちかえて、かの【 LIKE A ROLLING STONE 】や【 POSITIVELY 4TH STREET 】で反骨精神を謳いあげ、バーズはディランの【 MR.TANBOURINE MAN 】をカバーしてヒットさせた。ママス&パパスの【 CALIFORNIA DREAMIN’ 】も懐かしく、ライチュアス・ブラザーズが【 UNCHAINED MELODY 】をヒットさせていた年。この前年にはケネディ大統領暗殺があり、かつてのアメリカンドリームは消え失せ、ベトナム戦争は北爆開始で混迷が深まっていった。スプリームスの【 STOP! IN THE NAME OF LOVE 】が好きだった。キング牧師公民権運動、盛んなりし頃でもあった。

明けて《1966年》は、ヒッピ―時代の始まる頃だったかな。ビートルズは 【 YELLOW SUBMARINE 】【 PAPERBACK WRITER 】【 ELEANOR RIGBY 】などが大ヒット。ぼくがハマっていたボブ・ディランは【 JUST LIKE A WOMAN 】【 I WANT YOU 】 など、アルバム『 ブロンド・オン・ブロンド 』からのヒット曲が続出したが、日本じゃ一向に流行らなかった。というより誰も知らなかった。サイモン&ガーファンクルが【 THE SOUND OF SILENCE 】を静かに歌い、スプリームスの【 YOU KEEP ME HANGING ON 】、英国ダスティ・スプリングフィールドの【 YOU DON’T HAVE TO SAY YOU LOVE ME 】が胸に迫った。ヤツガレはやっとハタチになり、とにもかくにも退屈な日本脱出を夢想していた頃でした。さて、大晦日の紅白は今日が最後の森進一(歌手生活50周年)だけ聴けたらよし。あとは半世紀前の洋楽懐メロをYouTubeで勝手に聴くことにいたします。良いお年を!

D

D

D

2015-12-27 ゆく年くる年

osamuharada2015-12-27

去年にくらべて今年、世の中は笑劇のごときアベ独裁政権のおかげで、さらに終末感が深まったような気がしています。去年はコレでしたが→id:osamuharada:20141226

特にひどくなったなと実感するのが、マスコミの大政翼賛ぶり。新聞が売れなくなったので、新聞社は減税してもらうかわりに、喜んでアホ政権の宣伝をしちゃう。読者である国民の増税にはお構いなし。反体制的な発言をしたら即クビ、というのが常套手段になっている。「ジャーナリスト」もカネ次第、サノケン並みの「広告屋」に成り下がるとは情けなや…。気分転換に、時代を超えて先人の言説に耳を傾けてみよう、と古本を読みあさっている年の瀬です。

1955年、詩人・北園克衛のエッセイ。今の状況と同じようだなと思われることが書かれていたので、驚愕いたしました。なんとこれが六十年前の記述なのです。《 現代の日本のジャーナリズムの欠点は、真の知性というものを欠いているところにある。これは新聞や雑誌は言うに及ばず、ラジオに於いて、またテレビに於いても同様である。これはいったいジャーナリストが悪いのか、それとも大衆が悪いのか、それを簡単に決めることはできないが、おそらく、両方に罪はあるのであろう。》とあり、あの頃はテレビ放送が始まったばかりの時代でしたが、すでに《 テレビも同様であって大衆が自らの権利にめざめ、主張をしない限り、この音と光の暴力は際限もなく続くものと覚悟するより他はないであろう。》と明言していました。はたして六十年前の悪い予感は的中している。かつて社会評論家・大宅壮一が唱えた「一億総白痴化」は、1957年のこと。テレビ(新聞社が親会社)を受動的に視聴していると、自らの創造力や思考能力を失ってしまうことを危惧していました。今年からは、その言葉「一億」がクリティックではなく、むしろ政略のほうに反転して「一億総活躍」とあいなった。国民はもっと労働して納税をせよ! これがさらにゆき着く先は富国強兵となり、やがて「一億玉砕」が終着点でしょうか。北園克衛は、さらに《 NHKの愚劣さには、官僚と軍閥の凶暴な余韻が根強くのこっているのを感じないわけにはいかない。》とも書いていたのです。

さもあらばあれ、シネ漫画のある旨い自然派ワインを飲みつつ、過ぎゆくアホらしき時代をこれからも傍観していよう。個人的にはこのシネの絵に近い楽天的な一年を過ごすことができました。風刺漫画家 Siné→id:osamuharada:20150701

2015-12-20 お笑いデザインノート

osamuharada2015-12-20

今年は最後まで、東京五輪デザイン騒動で楽しませていただいた。

新国立競技場デザイン 】では、撤回されたザハさん(イラク出身)の「生ガキ」原案のかわりに、こんどは純国産にこだわり「和テイスト」に変更されたよし。A案は「法隆寺」をイメージし、B案はなんと「縄文文化」からヒントを得たのだそうだ。ヤツガレには両方とも興味が尽きない美術史上の主題だったので、それがただの大人の運動会に結びつくとは一瞬 意表を突かれたな。しかしあとでそのデザインを拝見したら爆笑したな。イメージの貧困もここまできたかと。そもそもそんな馬鹿げたことやっていないで、単なる運動会場なんだから、機能的デザインさえしっかりできてりゃ、それでいいんじゃないの。

【 東京五輪エンブレムデザイン 】では、昨日の記事でまた大いに笑えた。いわく《「密室」の審査に隠されていた不正が暴かれた。》として、《 佐野研二郎氏ら一部のデザイナーを優遇する“裏工作”が行われていたことが明らかになった。》のだそうだ。どう明らかになったかとゆうと、一部始終がDVDに録画されていたからなのだ。《 何かをささやく姿 》とミステリー調の小見出しあり、そしてついに事件はこうして暴かれたのであった。《 104点のエンブレム案が机上に並ぶ。審査委員に与えられた20票のチップのうち、10票を投じただけで椅子に座り、談笑していた永井一正審査委員代表に、組織委のマーケティング局長の槙英俊氏とクリエイティブ・ディレクターの高崎卓馬氏が近づき、何かをささやく。その後、高崎氏が1票しか獲得していない2点の作品を指さすと、永井氏はそこに自らのチップを置いた。こうした状況は1次審査を記録したDVD映像に残されており、不正を見破る“ 動かぬ証拠 ”となった。》(産経新聞) ちょっと「火曜サスペンス劇場」風でいい記事だよね。真犯人はぼくが推理(日の丸デザインへのこだわりが動機)していたとおり、やっぱり談笑していた「あの人」だったでしょ。「火サス」だと真犯人は必ず海岸の崖っぷちまで追いつめられて逮捕のはずだけど、この事件はそこまでカッコよくはいかないな。ともあれこのDVD拝見したいです。予想では三流のお笑いコントくらいにはなっていると思います。

さすがNETGEEKさんはここまで書く→http://netgeek.biz/archives/61814

追記:A案の競技場デザイン審査にも出来レース疑惑が。→http://lite-ra.com/i/2015/12/post-1814-entry.html ちなみにスガ官房長官の息子は大成建設、これも笑える。

2015-12-17 ジャーマン ベーカリー

osamuharada2015-12-17

デジタルリマスタリングされた小津安二郎監督作品を、大型テレビにて再見。 すでに何度も観て、見慣れた映像であっても、改めて見ると美術の細部までくっきり映し出されているから、小道具類もぼくには新鮮で見飽きることがなかった。

‘60年『秋日和』で、司葉子が 買って帰った洋菓子の包装紙が【ユーハイム】なのは前から分かっていましたが、昨日NHKで放映された ‘59年『お早よう』を観ていたら、おみやげに久我美子の買ってきた菓子折りは、【ジャーマン ベーカリー】の包装紙だったとついに判明できたのであります。家は大田区蒲田の多摩川沿いあたりと想定しているようなので、久我美子はお勤め帰りに有楽町か田園調布の駅前にあったジャーマン ベーカリーへ寄ったことにでもしたのでしょう。「GB」のロゴマークも確認。あの頃の東京では、確かにこのヨーロッパスタイルの二店舗はアカ抜けていたのです。さすが美術考証には徹底的にこだわる小津映画。

十代の頃の学校帰り、渋谷の東急文化会館にあったこの両店にはポン友たちとよくいきました。特に2階にあった【ジャーマン ベーカリー】のチーズバーガー(付け合わせのコールスローも旨かった)と、レモンパイ(上にメレンゲが乗っかっている)が好きでした。そして買ったパンを入れる紙袋(白地に黄色と紫のチェック柄とロゴ)や、菓子折り用の包装紙(映画で使われていた)のデザインが大好きで、スクラップして持っていました。また店で使われていたカップ&ソーサーは、円周に青いチェッカー模様の帯があり、「GB」のロゴが横についたものでした。のちにオサムグッズで陶器にデザインしたチェッカー模様は、ぼくなりのオマージュでした。

我々が高校生のとき、【ジャーマン ベーカリー】に本物のドイツ人のウェイトレスさんが入ってきました。このひとがいつも無愛想で、いかついオバサン(実は若かったのかも)だったから、すかさず「ナチス」とあだ名をつけては、みんなで恐れていたこともありました。つまりデザインといい店員さんといい、雰囲気にちょっとした外国風情があったわけね。

イラスト稼業についた70年代は、やはり古くからあった銀座4丁目の【ジャーマンベーカリー】のほうへ足繁く通いました。銀ブラの途中でも、仕事の打ち合わせでも、何かというとジャーマンでした。店はドイツというより五十年代アメリカ風で、ちょっとノスタルジックでしたがぼくには落ち着ける場所なのでした。そのうち新しいビルに建て替えられてしまい、がらっとセンスが変わったので足が遠のきました。有楽町店もあったけれどそちらはもとより気に入らず、横浜元町店には、デートでたまに横浜へ行けば必ず寄りました。いまはなき【ジャーマンベーカリ―】は、ヤツガレの十代二十代頃のフランチャイズなのでした。

オマケ:映画『お早よう』で新たに見つけたもの。よく見ないと分かりづらいけれど、佐田啓二沢村貞子の姉弟が住んでいるアパートの場面に、チラっと内藤ルネさんデザインの「座布団」が敷かれていたのを確認しましたよ。柄は白地に女の子と車や犬が藍一色で描かれている。多分、市販されていた浴衣用の布地だと思います。ちょっと年齢的にはありえないけれど、画面上の色彩的バランスとしては見事に調和していました。小津映画はどこをとっても完璧なコンポジション!

2015-12-11 邪馬台国にて

osamuharada2015-12-11

冬の沖縄本島南部は、今日も初夏の天候のようで爽快。Tシャツひとつで暮らせる。それにまったく暖房費と衣料費がかからない。魚介と野菜果物は地産地消ですむから食費もかさまない。ただ米に関しては、沖縄食糧が福島産米を食べて応援することにしたそうなので、外食には注意が必要になった。内食は熊本産のBIO米をネット購入。煎茶はいつもの九州産。写真は窓外の景色で、琉球石灰岩の大きな岩があり、その上には草木が繁茂している。沖縄は珊瑚が積もってできた石灰岩の島なのです。

ウチナーンチュ(沖縄人)のポン友は、辺野古デモに参加しているが、数で言えば老人組が圧倒的らしい。若者に関心がほとんどないところは、本土のヤマトーンチュ(大和人)と同じことなのか。 先週は、まず米軍キャンプ・フォスター(普天間の北西)を返還してくれたら、そこをデズニーランドにする予定だと官房長官が嬉しげに発表していた。ウチナーの子供たちも若者もやはり喜ぶのだろうか。いずれ政権が主導するカジノ法案が通れば、大人たちはギャンブル依存症にもなるのだろうか。

ともあれ1700年前、沖縄本島北谷沖の海底20mに、巨大地震の地盤沈下で沈んだと考えられる邪馬壹國(邪馬台国)。ヤツガレはすでにココだと確定するに至っています。その陸側にデズニーシーだかランドができたら、もう誰も海底遺跡や古代史になんかに興味はなくなるよね。もとより邪馬台国は大和にあったことにしておかないと、「日本書紀」が実は簒奪の歴史だったということがバレちゃう。卑弥呼が沖縄にいたなんて言おうものなら、ニュー大政翼賛会からも風評被害だと叱られちゃいそうだ。

もし古代史好きで、まだ読まれていない方は是非(ヒマつぶしに)こちらをどうぞ。ぼくの「沖縄邪馬台国論」まとめ→ http://d.hatena.ne.jp/osamuharada/searchdiary?word=%BC%D9%C7%CF%C2%E6%B9%F1 (スクロールして下段の2011年4月からお読みくださいね。)

2015-12-05 PATER’S GALLERY 三十周年

osamuharada2015-12-05

「ペーターズ・ギャラリー」が始まって、今年で三十周年目だと聞き、ひとり万感の思いにかられる。光陰矢の如し。

確か、最初の展覧会が「パレットくらぶ展」だったと思います(その後、毎年の恒例になりました)。古い木造の貸家が空いたのをリノベして、白ペンキで壁を塗り、ペーター佐藤の個人的なギャラリーがスタートしました。ペーター自身の作品展や、ペーターが好きなイラストレーターの展覧会をいくつも企画しました。そのうち、過去の作家の展示もしてみようということになり、拙著『ぼくの美術帖』から、宮田重雄の挿絵展を企画しました。ペーターと二人で、宮田先生の娘さんの洋子さん宅に伺い、主のいないアトリエにて、展示のための挿絵原画を選ばせていただいた。残っていた原画を次々と発見しているうちに、二人とも感動のあまり同時に身震いをしていた。そんな至福の時でした。その歓喜を引きずりながら展示をしたので、忘れられぬ展覧会の一つになりました。複写の写真は、その「宮田重雄展」にて、 ペーターと宮田洋子さんとぼくの三人。四半世紀前です。http://osamuharada.tumblr.com/

ペーターが亡くなる二年くらい前だったか、古いギャラリーを壊した跡地に、現在の建物を設計して新築。その初日もパレットクラブの仲間で、陶磁器に絵付けをして展示しました。その後、健康を害しても、なおまだ一緒に何かやろうね、と様々な計画をたててはいたけれど、ペーター佐藤はついに早すぎる死を迎えてしまいました。かにかくに、三十年は過ぎてゆきました。

ペーターズの三十周年記念展「アーカイブス」→http://d.hatena.ne.jp/paters/20151205

PATER'S SHOP & GALLERY →http://www.paters.co.jp

2015-12-01 映画と美術ノート

osamuharada2015-12-01

好きな【女優で観る】:英国のヘレン・ミレンの新作 WOMAN IN GOLD・ 邦題『 黄金のアデーレ・名画の帰還 』を観ました。好きではないが クリムト の絵がテーマになっているので、さらに興味津々。初日に予約して入った映画館はガラガラ(観客5人)でした。女優といっても70歳だし、画家クリムトを知ってる人も少ないから、まぁしょうがないかな。

エリザベス女王を演じたヘレン・ミレンが、こんどはオーストリアからアメリカへ亡命したユダヤ人の役。ヘレンは黒い瞳のカラーコンタクトで、セレブ・ユダヤ人女性に変身していた。映画のストーリーは実話だけれど、相も変わらぬ〈 ホロコーストもの 〉。ナチスに奪われた クリムト の絵画を取り戻した、というユダヤ人以外にはどうでもいいような話でした。それをあたかも「美談」のようにいわれても、あんまり感情移入できないのね。せっかくのヘレンの名演技がもったいない。

【絵画で観る】:それより冒頭のタイトルで、クリムト が「アデーレの肖像画」を描いているシーンが印象的でした。絵に金箔を貼るところから始まる。その肖像画のコスチュームを見て驚嘆した。着ているドレスの上から下まで、三角形ピラミッドに目玉の図柄がズラーっと並んでいるではないか。フリーメーソンのエンブレムや、アメリカ1ドル札の裏面にあるピラミッドに目、と同じく不気味なシンボルマーク。この意味するところが解れば、妻アデーレの肖像画をクリムトに描かせたパトロンの正体も想像がつくでしょう( Conspiracy 好きのかたはご自分でお調べくださいね)。

この絵は、めぐりめぐって現在ニューヨークの「ノイエ・ギャラリー」にあります。化粧品会社の社長ロナルド・ローダー氏が、ヘレン・ミレン演じたユダヤ人女性から、なんと156億円で購入(2006年)。実はこの社長さん、「世界ユダヤ人会議」の議長でもある(どんな組織かこれもご自分で調べてね)。そして今年、ヘレン・ミレンはその「世界ユダヤ人会議」から特別名誉賞なるものを受賞していたのです。美術も映画界も、ほとんどユダヤ人が支配しているわけですから、この映画も最初からアカデミー賞ノミネートを狙って作られたといえるでしょう。

そういえば、ついこないだ観たばかりの、ジョージ・クルーニー監督・脚本・制作・主演の映画 The Monuments Men・ 邦題『 ミケランジェロ・プロジェクト 』も、同じくヒトラー・ナチスがフランスから強奪した美術作品を奪い返すストーリー(実話)でした。好きな女優のケイト・ブランシェットと、アクションがうまいマット・デイモンが出演しているので、わざわざ映画館へ足を運んだのでした。ところが、あまりにつまらない映画だったので、観たことさえ忘れていた。今ことのついでに思い出しました。同じような話なら、むかし観た『 大列車作戦 』(1964年)の方が、エンターテインメントとしても、はるかに面白かったな。こっちは監督がジョン・フランケンハイマー。主演バート・ランカスターのアクションもので、フランス女優ジャンヌ・モローが出演していた。これもついでに思い出しました。

結局はユダヤの御用絵師だった クリムト について、前にちょっと書いていました。→id:osamuharada:20110725

ヤツガレの、好きな女優で観るリスト。→id:osamuharada:20130530 (後の追加分あり)

Connection: close