原田治ノート

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2016-01-30 邪馬台国日乗

osamuharada2016-01-30

また沖縄県立博物館へ。沖縄本島北谷(ちゃたん)の沖で発見された海底遺跡は邪馬台国である、という木村政昭先生の有力仮説を再確認。こんなに魅力的で、しかも論理的に首肯できる世紀の大発見を、完全に無視している博物館というのも珍しい。陸側の北谷周辺で発見された多数の線刻石版は「沖縄の謎」という投げやりなコーナーに展示されたままだ。海底遺跡はいまだに「遺跡」なのかどうか独自調査さえしていない。やる気ゼロの博物館。いつもガラガラで観光客ゼロなのは嬉しいけれど。今回もユックリ眺めていたら面白いことに気がつきましたよ。

① 線刻石版(右の写真)には、大型の帆船が上部にあり、いちばん下には高床式の建物が描かれている。長い柵状のものが中間に横断しているのは結界かな。よく見れば、絵柄の配置からして高床式建物は海底に沈んでいると思える。遠近法も知らないし、普通の景観であるならこういう布置では描かない。

この線刻石版は、陸側の「グスク」の祭儀場跡から発掘された。四世紀頃に地盤沈下した邪馬台国を、後々まで祭っていたものと思われる。祭儀を司るのは、いまも存続している沖縄の「ノロ」(女性神官)たちだ。【卑弥呼】=「アマミキヨ」の末裔ともいえる人々。

②縄文時代晩期から、沖縄本島で後世まで使われていた黒曜石(新石器)は、すべて九州佐賀県の腰岳で産出されたもの。展示パネルには、その腰岳黒曜石の流通ルートが示されている。それはヤツガレが考察した倭人伝の邪馬台国への道程とピタリ同じものだった。太古より慣れ親しんだ古いルートを、弥生時代にも踏襲していた。

すなわち、腰岳を背にした松浦(現在の伊万里)【末盧国】から東南陸行五百里で、佐賀県糸岐【伊都国】に出る。さらに東南百里の諫早湾内の一地点(弥生海退で広大な干潟だった)【奴国】に進む。次に東へ百里で有明海の出口付近(同じく弥生海退で干潟)【不弥国】に出る。そこから南へ水行二十日の船旅で薩摩【投馬国】に到着。そして、さらに南へ船出して水行十日と島伝いの陸行で、沖縄本島に到着。本島中部(金武湾も干潟だった)に、隣接していた邪馬台国群21ヶ国を合わせて陸行一月で巡り、いよいよ北谷の前にひろがる干潟に着く。満潮のときはエメラルドグリーンの海上にある邪馬台国が見えてきた。潮が引けば琉球石灰岩で白く輝く城塞【女王国・邪馬台国】まで歩いて渡れる。ここがいまは海面20m下にある海底遺跡(長径900m×幅200m)というわけです。「倭の地を参門するに、海中洲島の上に絶在し、或いは絶え、或いは連なる。」と倭人伝に書かれています。というわけで、邪馬台国へは腰岳黒曜石の流通経路そのままで行けちゃうのです。もともと海洋系縄文人が頻繁に行き交っていたルートだと考えられる。彼ら倭人が水先案内人として、魏の中国人を女王国まで連れて行ってくれたのです。腰岳黒曜石→id:osamuharada:20111126

③博物館の前庭には、線刻石版とそっくりな高床式の倉庫が建っていました。礎石は琉球石灰岩、これなら干潟でも木の柱を建てられる。2000年以上前から、ついこの間まで高床式建物は使われていたでしょう。

参考写真:http://osamuharada.tumblr.com/

帰りに那覇の大型書店で、木村先生の名著『邪馬台国は沖縄だった』がまだあるかなと探したら、本格的な古代史を揃える書棚にはなく、沖縄の人文地理学(マンガ本も含む)のせまい書棚の最下段に二冊だけありました。沖縄の本屋まで、やる気ゼロなんだ。その二冊をまた買って、晩ご飯を食べに行ったビストロ「プチット・リュ」のシェフに一冊さしあげた。しかしこの本の装幀デザイン、もうちょっと、どうにかならなかったのかしら。

邪馬台国は沖縄だった!―卑弥呼と海底遺跡の謎を解く

邪馬台国は沖縄だった!―卑弥呼と海底遺跡の謎を解く

ぼくの黒曜石ルート=倭人伝ルート説は、木村先生の考えられるルートとはちょっと違ってしまいました。九州の上陸地点【末盧国】=唐津という通説を木村先生は受けいれられている。これでは畿内説&九州説と同じ間違いをおかす。しかし薩摩(鹿児島)から邪馬台国(沖縄本島)までは先生と一緒です。  

2016-01-24 ブログ&タンブラー

osamuharada2016-01-24

この【 ブログ 】を書きはじめて、はや十二年目。

最初の2005年は、『 OSAMU GOODS STYLE 』を上梓する予定だったので、その出版のお知らせをかねて何か書いてみようかなと、ほんのデキごころ。当時はブログが流行り出したころでもあり、好奇心がつのって、やりだしてみたら面白くてクセになっちゃったわけね。好き勝手なことを書いて、それで嫌われようがそんなことはお構いなし。この自由度の高さが気に入っています。今までに書いた回数が、今日で793回目。塵も積もれば山となりました。

いまはパソコンよりスマホの時代だそうですね。しかしあれだと小さすぎてブログを書くのは大変そう。もっぱらタブレットを愛用しているのですが、これもメールを書くぶんにはいいけれど、長々しいブログは書きづらい。それに横組で文を書くのも苦手なので、ブログ用にはもっぱらノートパソコンのワードを使い、明朝体の縱組で書いています(それをブログ編集ページにコピペするだけ)。トシヨリにはこれがいちばん楽ちんなのです。

Twitter や Facebook といったインタラクティブなものは面倒なので、まだまだ一方的にブログだけ書かせていただく所存であります。ときどきヒマつぶしに覗いてみてくださいね。さて今年は、夏にオサムグッズの回顧展が予定されています。二冊のヴィジュアル本も出版依頼されていますので、おりおりに途中経過なども報告いたします。

自分用の写真アルバムとして(無料の)【 タンブラー 】も気に入っています。http://osamuharada.tumblr.com/ ブログより写真がきれいでしょ。

今日の写真は、久保佐四郎作、郷土人形の「写し」です。左が熊本玉名の「木の葉猿」→id:osamuharada:20101027 右が長崎古賀人形「馬乗猿」→id:osamuharada:20101005 (←こちらは古賀人形の実物です。)

2016-01-17 雑誌とトレンチコート

osamuharada2016-01-17

いまや雑誌は買わずに立ち読みですましていますが、70年代イラスト稼業についたころは、出版社が一度でも仕事をすれば毎月その雑誌を送ってくれるようになったので、買わずに定期購読者になっていました。大昔はイラストレーターといえども大切に扱われていたわけです(マガジンハウスは毎年お歳暮までくれましたよ)。そんなわけで、ちゃんと自分で、月刊誌を定期的に買って読んでいたのは、後にも先にもミステリーの専門誌「ヒッチコック・マガジン」くらいでした。ヤツガレ中学から高校にかけて四年間愛読していた雑誌。

この写真は、その【 ヒッチコック・マガジン 】1962年6月号の表紙。当時ぼくは十六歳の購読者。表紙にはいつもどこかにヒッチコックが(映画のように)登場していた。この号では、ひと目でこの店が銀座並木通りにあった【 チロル 】という輸入衣料品店のウィンドウで撮影したとわかりました。子供の頃から銀ブラをしていたので、当時のお洒落な大人がいく店だと心得ていた。スイスやオーストリア製の、登山やスキー用品に、セーターや靴などカッコいいものが勢揃い。高校生では指をくわえてウィンドウショッピングするしかありません。いつか自分で稼げたらココで何か買ってやるぞと考えていました。

ハタチの頃にはバイト代で、チロル・オリジナルのスェードの短靴を買いました。ゴム底が減るとチロルで張り替えてくれるので長年愛用できた。靴のお次は、オーストリア HOFER社製 のチロリアン・ジャケットにハマりました。グレーの霜降り、オリーブグリーン、紺色、チャコールグレーの四着。 そして三十代になり、やっとこの写真右側にあるトレンチコートを誂えることができたのです。チロルのオリジナル・デザインで、スイス製の生地は色もこの写真と同じ。コートの裏には、大きめの織りネームが張ってあり、番傘の一つ目小僧が一本スキーですべっている図柄なのでした。その絵の上にTIROLの文字。それまでが気に入りました。トレンチコートは、ヒッチコック・マガジンで見初めて以来、四半世紀過ぎてやっと注文できたわけです。

【 チロル 】へは、銀座店がなくなると、自由が丘店(店長さんがいい人だった)にも通いましたが、そこもいまはもうない。トレンチコートも、チロリアン・ジャケットも還暦までは着ていました。【 ヒッチコック・マガジン 】は編集長が小林信彦さん(雑誌のペンネームは中原弓彦)で、イラストは弟の小林泰彦さん。この雑誌がなければ、ぼくはイラストレーターにはなっていなかったと思います。表紙写真と同じ号の、小林さんのイラストも Tumblr にアップしました。ベン・シャーンの影響がまだ残っていたころですね。ミステリーの挿絵として、いま見ても惚れ惚れするな。トレンチコートの男も描かれていました。→http://osamuharada.tumblr.com/

2016-01-13 二〇一六年

osamuharada2016-01-13

週刊誌は買わないけれど、週刊文春の小林信彦さんのコラムだけは、いつも立ち読みさせていただく。しかし、以前は辛口の社会批評をたびたび目にしたが、このごろは映画とテレビドラマの話題ばかりになってしまった。古い映画の話などは、本にまとまってからユックリと読ませていただきたい。週刊誌では、たったいま社会で起きている事について、小林さんがどう思われているかを知りたいのだが…。

ネットの普及とともに、既存のマスメディアの果たしてきた役割が後退しているようにも思える。広告で賄われているマスコミは、広告主にタテ突いたら表現の自由もなくなる。売れなくなると、新聞・雑誌、テレビ・ラジオ、いずこもカネに困ってスポンサーの言いなりだ。貧すれば鈍する。つまらなくなって余計に売れなくなる。

そういえば、「週刊文春」の広告ページは、いつも新興宗教と饅頭屋がレギュラー・スポンサーのようだ。地方の街でテレビを眺めていると、「報道ステーション」では地元のパチンコ屋の広告がやたら目につく。

一昨日のニュースでは、沖縄米軍への「思いやり予算」が20兆円(通算)と騒いでいたが、パチンコの貸し玉料は、毎年20兆円 (以前は30兆)というのに、一度もマスコミで話題になったことがない。またNHKが主催するアイス・スケート競技の生中継をボンヤリ眺めていたら、スケートリンクの壁面に展示されたスポンサーには、パチンコ屋「MARUHAN」のロゴが堂々と並んでいた。業界一のマルハンは、一社で年間2兆数千億円の売上だそうだ。東京五輪にもカネを出すつもりだろうか? いつもヤツガレは「兆」を超える金額のメルクマールとして、このパチンコ貸し玉料(国民がバクチですったカネ)を用いているのであります。ちなみに、新聞社や、出版社の総売上は、それぞれ年間1兆数千億円にまで落ち込んでいて、マルハンたった一社にも負けちゃう。一億総活躍社会の実態は、上層は金融(バクチ)、下層はパチンコ(バクチ)で、みな活躍しているワケね。

古今亭志ん生の落語に、語源を知ったかぶりする年寄りが「バクチ(博打)ってぇのはな、その場で朽ちるってことだ」と若者にデタラメを教える小噺があったが、あながち間違いではないように思える。「その場」は金融の「相場」ともよめる。

2016-01-07 スター・ウォーズ

osamuharada2016-01-07

孫にせがまれて正月映画『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』を観にいきました。他には「妖怪ウォッチ」か「仮面ライダー」という苦しい選択肢しかないので仕方がない。3Dで日本語吹き替え版。お子チャマ映画などみたくはないが、これも付き合いというもので仕方がない。ヤツガレが幼稚園の時、生まれて初めて観た映画はジョン・フォード監督『駅馬車』だった。音楽も好きになった(主題歌は「俺を寂しい草原に埋めないでくれ」)。やたらと白人がインディアンを殺す映画だが、子供ゴコロに「西部劇」は楽しかった記憶があるので、孫にはスター・ウォーズだってかまわないだろうと安直に考えてしまった。

付き添いながら、さすがトシヨリには退屈で何度も居眠りした。名作『駅馬車』には遠く及ばない。立体映像も特撮やCGでこさえた画面では、もはや面白くも何ともない。かてて加えて物語が安っぽい。広大無辺の宇宙空間においても、なお戦争にばかり明け暮れている人間どもの愚かしさ。という観点があるわけでもなく、ただ不毛な戦意高揚ストーリーが延々と続く。人類の進化はその辺りまでが限界とでも言いたいのか。それに同じ親族間での確執や復讐が何世代も続くので、いい加減うんざりしてくる。宇宙を相手に矮小な個人主義では、あまりに世界観が狭すぎるだろ。どおりで、どこかの戦争好きな世襲総理大臣も、大晦日に喜び勇んでスター・ウォーズを観に行ったわけだ。今年もまた嫌な予感。

孫にはストーリーがまだ解らず、映像のみにハマって宇宙船団の絵ばかり描いている。「ライトセーバー」を作ってやったのだが、夜になるとチャンバラに付き合わされるハメになるのも仕方がない。 付き添いの方向きに、ライトセーバー (上の写真) の 超低予算つくり方伝授します : まず百均で買ってきた懐中電灯の先へ、筒状に模造紙を巻きつければできあがり。ジェダイの騎士用には、紙の裏側をマッキーで適当に青とグリーンに塗り、ダークサイド用は、ピンクにオレンジ色を塗る。子供に夜更かしさせないよう気をつけましょう!