原田治ノート

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2016-03-25 FASHION ILLUSTRATION 展

osamuharada2016-03-25

わが親友ペーター佐藤が逝ってから二十一年が過ぎました。80年代のニューヨークでは、ファッションイラストを描いて時代の先端を歩いていた。日本ではバブル経済でファッション界も大盛況といった頃、ペーター描く美人画は一世を風靡した感がありました。

いつだったか若い頃、二人で京都の丸太町通りにあった古本屋をヒヤかしていたら、50年代のヴォーグ誌が山積みに置いてあったので、ペーターは静かながらも興奮しつつ、抱えきれないほど買って帰ったことがありました。ぼくも運ぶのを手伝った。そのときの幸運な収穫を、嬉しそうに後々までも語りあったことが懐かしい。 ペーターからは欧米のファッションイラスト史について教えてもらった。ペーターはフランスのルネ・グリョーが好きだった。ぼくからは江戸期の浮世絵版画がファッションイラストの役目を負っていたことを教えて、一緒に研究をした。ペーターは春信や英泉が好きになり、鏑木清方に傾倒した。美術館と博物館めぐりもよくした。アメリカのピンナップイラストの歴史も共に考察したことがある。ペーターは特にジョージ・ペティの美人画に強く影響を受けて自身のスタイルを築いていった。

故・森本美由紀さんもルネ・グリョーに憧れて、ノスタルジックに60年代ファッションの世界を見事に再現していた。早くからペーターは森本さんの才能を認め、ペーターズギャラリーでの個展を企画しては売り込んであげていた。いつも森本さんのことをホントにうまい人だよねと誉めていた。ペーター亡きあと、パレットクラブスクールでは森本さんがクロッキーやデッサンを教えることになり、専属のモデルさんをたて本格的なファッションイラストの基礎を自らが楽しみながら教えていました。

どのような時代であれ「ファッション」が無くなるということはなかったでしょう。歴史上お洒落を楽しむ人々が絶えることはなかった。その風俗を描く画工たちの「ファッションイラスト」もまた連綿と続いています。 パレットクラブでは、故人となったペーター佐藤・森本美由紀と、現在もファッション分野で活躍中のイラストレーターたちとの【 FASHION ILLUSTRATION 展 】を開催いたします。

part 1(4月1日〜17日) : 網中いづる・飯田 淳・上田三根子・河村ふうこ・平澤まりこ・前田ひさえ・吉岡ゆうこ

part 2 (5月5日〜22日) : ペーター佐藤・森本美由紀

レセプション、トークショー、ワークショップなど詳細は、Palette Club News にて。→ http://www.pale.tv 

2016-03-19 肉食系です。

osamuharada2016-03-19

いまだに肉が好きで、これはトシをとっても変わらないのです。量はだいぶ少なくなってきましたが、そのぶんもっと旨い肉を食べたくなる。食の好みは人それぞれだけれど、オヤジも最晩年まで肉好きだったから遺伝なのかもしれないな。肉食の家系です。おもに牛と豚のどれも好きですが、こう書き出してみると、どうも動物愛護の精神からは、残酷で申し訳なくなる。しかし人類史を遡れば、人間は雑食を続けてきたからこそ生き延びてきたのだ。と自分をごまかすしかない。祖先はナウマン象だって旧石器で倒して食べていたのだと。

沖縄は、意外にも肉が旨いところです。この写真は、先週も食べた那覇の「BACAR」自家製県産生ハム三種盛り。左から本部(もとぶ)牛、県産豚、伊江島産合鴨。どれも絶品としかほかにいいようがない。いつもマルゲリータの前にこれを注文する。 ビストロ「PETITE RUE」では、お馴染みパテ・ド・カンパーニュとやんばる島豚のカツレツが気に入っています。 焼肉では、本部牛カルビ&ロースが旨い久茂地の「もとぶ牧場」が最高。 台湾では、好きになった自然食材の店「東雅小厨」、当店自慢の肉団子スープと豚肉キムチ炒め。これはもう食べるほどに元気が出てくると保証しちゃう。 このごろ東京の外食では、赤坂「東洋軒」松阪牛のビーフシチューにハマっています。ヤツガレの内食は、良い肉を選びステーキにして醤油、それにご飯です。家ではこれが一番簡単でうまいなと思います。 「BACAR」id:osamuharada:20150305 「PETITE RUE」id:osamuharada:20141123 「東雅小厨」id:osamuharada:20140315

2016-03-10 推理小説ファン

osamuharada2016-03-10

北欧ミステリー【 ミレニアム4:蜘蛛の巣を払う女 】を、あっという間に読み終わって、つくづく推理小説はまだまだ面白いなと思った。このミレニアム・シリーズは、最初に映画で見て気に入り、ただちに1、2、3と原作本を読んですっかり愛読者になった。こんどの4は、すでに亡くなっている原作者のあとを、別の作家が引き継いだものだが、もとの原作者が書いたと思えるほど見事に継承されている。読者の期待をまったく裏切らない。また次が楽しみだ。

ぼくの場合は、映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を見たのが先だったので、ヒロインの「リスベット・サランデル」役を演じた(好きな女優)ノオミ・ラパスが頭に入っちゃっているから、読みはじめるとすぐ彼女が目に浮かんだ。リスベットが NSA ( アメリカ国家安全保障局 )をハッカー攻撃するときの、相手に送る言葉《 国民を監視する者は、やがて国民によって監視されるようになる。民主主義の基本原理がここにある。》が、かっこいい。スノーデンや、ウィキリークスのアサンジが下敷きになっているのだろう。

雑誌ミレニアムの記者「ミカエル・ブルムクヴィスト」は、もとの原作者がモデルにし、映画でも実際に演じた俳優ミカエル・ニクヴィストしか思い浮かばない。リベラルなジャーナリスト役。リメイクのハリウッド版で同じ役を演じた(007の)ダニエル・クレイグはミスキャストだったと思うな。ストックホルムの街の景観も、すでに映画でインプットされてお馴染みだ。読むというより映像体験をしているようだった。書評はどれも評判がよいので何も言う必要はないけれどオススメしたい一冊です。ミレニアム1、2、3については→id:osamuharada:20100923に書いていました。

【 どふでもよゐ話 】ところで、ヤツガレがミステリー好きになった事始めはいつごろだっただろうか? とついさっき考えてみたら、小学生の頃のことだった。毎週土曜の夜に見ていたテレビドラマ【 日真名氏飛び出す 】で目覚めたのを思い出しました。調べたら、かの双葉十三郎さんが原案を書いていたと分かった。どおりで各タイトルからして翻訳ミステリー調だ。「バレリーナと拳銃」「スターへの脅迫状」「列車で逢った女」「幕をおろせ」「人を呪わば」「追いつめられて」「一枚の特急券」「アンブレラ作戦」「湖畔の銃声」「誰かが殺られる」「犯罪遠近法」などなど。洒落ていた。

当時は江戸川乱歩の少年探偵団が大嫌いで、名探偵・明智小五郎も気に入らない少年でしたが、テレビの名探偵・日真名(ひまな)進介氏は好きになりました。銀座の三共ドラッグストアが事務所がわりで、せっかちなカメラマン助手の泡手大作(あわて だいさく)がコメディ・リリーフ。ドラッグストアに勤めているお姉さんたちも美人ぞろい。蝶ネクタイの日真名氏は、いつもヒマそうにパイプをふかして登場していたが、事件が起ると俄然として冴えわたる。演じた俳優・久松保夫の低音の口跡がまたよかった。同じ頃に西部劇「ララミー牧場」のジェス役の声優としても人気が上がった。

中高生時代からの推理小説ファン歴は、早川書房の「ポケミス」と雑誌「ヒッチコックマガジン」から始まったということになる。短編ミステリーの名手ヘンリー・スレッサーが大好きだった。刑事モノではエド・マクベインの「87分署」シリーズにハマった。リーガルミステリーは E・S ガードナーの「弁護士ペリー・メイスン」シリーズを好んだ。ハードボイルドの私立探偵モノでは、通俗的な「マイク・ハマー」がまあ好きで、チャンドラーの「フィリップ・マーロウ」はちょっとキザな感じがしすぎた。客観性のない一人称モノはなんとなく退屈だった。ハマーは「俺」でマーロウは「私」の翻訳だったかな。むかしから推理小説を単なるヒマツブシとして読んできたのは、ヒマな日真名氏のせいだったのか、といまにして思いいたった。

2016-03-02 台湾の博物館

osamuharada2016-03-02

それからまた【国立台湾博物館】にも行ってきましたよ。去年に引き続き、台湾原住民族の「文身」(TATTOO:刺青)の展覧会が開催中。いまなお健在なパイワン族の女性を、新たに取材したビデオで構成されている。女性の手の甲に施されたタトゥー。その最後の、存命中の女性たちの肉声を記録した調査報告なのです。手の甲のタトゥーは、沖縄の織物をする女性たちのタトゥーとも共通していた。ほとんど同じ風習。沖縄=邪馬台国説で考察すれば、台湾原住民は魏志倭人伝にいう「倭種」にあたると思います。同じ黒潮海流のベルト上にある遠い親戚でしょうか。民族衣装と相まってタトゥーも違和感なく美しい。女性たちの顔貌は日本人にもよく似ている。いずれもどこかで出会ったような感じがするし、懐かしくもある。博物館内写真は→http://osamuharada.tumblr.com/

【TATTOO】にご興味あるかたは以前書いたこちらを。 去年の台湾博物館→id:osamuharada:20150217  ハワイの博物館→id:osamuharada:20120229 倭人伝とTATTOO→Id:osamuharada:20141204 聖徳太子とTATTOO→id:osamuharada:20150112 TATTOOの国→id:osamuharada:20150128

【博物館の建築】台湾原住民とはかけ離れた、この疑似ローマ帝国風建築が気になりませんか? 1908年(明治41)に建設されている。どうも怪しいなと調べてみたら、大日本帝国が台湾を植民地にしていたときの総督府・児玉源太郎と民政長官・後藤新平、このたった二人だけの名を冠した「記念館」として建てられたのだそうだ。しかし何故だかすぐ翌年には「台湾総督府博物館」と改称されている。ちょうど児玉源太郎と同じ長州の伊藤博文が暗殺された年だ。それにしても大日本帝国と豪語していた一国の建築物が、まったく西洋の模倣建築にすぎないとは笑止。明治の薩長政権が、実は欧米の傀儡政権であるとの証左を示している。とつい思っちゃう。長州には児玉神社まであるけれど、児玉源太郎といえばレオナール・フジタ藤田嗣治)→id:osamuharada:20110804 いまも続く薩長政権とは→id:osamuharada:20121208  台湾を植民地支配していた頃の日本もどこかの植民地か?→id:osamuharada:20110725