原田治ノート

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2016-08-27 Paperback のイラスト

osamuharada2016-08-27

スティーヴン・キングの長編推理小説『ジョイランド』の邦訳が、やっと今夏7月に出版された(文春文庫)。読み終わると、青春小説のような味わいが残る爽やかなミステリー。一人称 (ぼく)で語り、1973年にあった事件を回想するという仕組み。往時のアメリカ文化を時代考証的にも楽しめちゃう。オリジナルはスティーヴン・キング自身の希望でペーパーバック専門の Hard Crime Case 社から刊行されています。前にも「Paperbackのイラスト」としてこの表紙絵について書きました。→ id:osamuharada:20131212

オリジナルはペーパーバック本らしく、表紙のイラストまでが擬古的で、最初にニューヨークで見たときには、本物の古いイラストを使っているのかなと錯覚したほどでした。あとでノスタルジックな描法で描くイラストレーターがいると知って驚嘆しました。技術的にも考証的にもそうとうマニアックな人ですよね。 その 【 Glen Orbik 】 さんをサイトで調べると、ぼくも好きな美人画のエルブグレンに影響を受けているよし。正しくオマージュとして描かれているのがよく分かる。伝統を大切にするイラストレーターであるところが、とても好ましい。 美人画エルブグレンについては→ id:osamuharada:20051221 id:osamuharada:20080425 id:osamuharada:20090511

『ジョイランド』の表紙に、チャーミングな脇役「ハリウッドガールズ」を持ってきたところが実に巧妙なのです。推理小説ではネタバレさせないこともイラストレーターに課せられている。何を描くか、表紙のアイデアひとつでガラッと本の印象が変わるものなのです。( 日本版の文庫カバーイラストも同じアイデアを使っているが、女性の顔を完全にカメラで隠しているのでブキミになる。これを見てキングのおぞましいホラー趣味を期待して買った読者は、あとでガッカリすると思う。)

Glen Orbikさんは、1963年生まれ。惜しくも、昨年まだ51歳の若さで亡くなられたそうです。合掌。他の作品がいくつか見られます。→http://www.heavymetal.com/news/in-memoriam-20-paintings-by-glen-orbik-modern-master-of-pulp-cover-art/

Hard Crime Case 社のペーパーバックには、まだ何人かの常連イラストレーターがいますが、Glen Orblik さんのイラストには明朗さがあるのですぐに分かる。→http://www.hardcasecrime.com/books_bios.cgi

2016-08-23 オリンピックの顔と顔

osamuharada2016-08-23

「大人の運動会」も終わり、夏休みも終盤に入ったところ。競技やメダルに興味はなかったけれど、五輪の「開会式」と「閉会式」だけは楽しめました。なにしろ世界中のあらゆる人種が一堂に会する、絶好のチャンスなのですよ。白人、黒人、黄色人種モンゴロイド)がつぎつぎと歩いて出てくる。これを世界の「人種見本市」として眺めてみたら面白かった。

アジア人の顔も、各国さまざまな固有の風貌をそなえている。しかしなかでも驚くのは、日本人チームの顔なのです。アジア人のあらゆる顔が、日本人の顔にはすべて揃っていること。1万2千年前の縄文時代から、次々とアジア各地の民族が日本列島に混入して日本民族が形成されてきた。という歴史は、顔をみれば一目瞭然となる。日本民族はアジア人の集大成だね。日本人とは縄文人の上に、朝鮮、中国漢民族、蒙古、ツングース、東南アジア各国、インドネシア、ポリネシア、それに西アジア(アラブにユダヤ)など、すべてのアジア人が混じりあって勢揃いしているのです。子供のときから可愛かった福原愛ちゃんだって漢民族系の顔をしてる。中国でも大人気のわけだ。五族協和どころじゃない、日本人はみなアジアの同じ遺伝子を共有しつつ、すでに太古から混血している。アジア人とはみな遠い親戚筋にあたる。日の丸だけで国威発揚なんてバカげているとは思いませんか?

ついでに思ったのが、西欧人と比較して残念ながらアジア人には「洋服」が似合わないなということ。どうやっても白人黒人のようにカッコよくは着こなせない。体型の問題だけでなく、まず顔が洋服に似合わないのだ。やっぱり日本人ならキモノしかないのでしょ。新都知事だって(着付けはヒドいが) 着物姿で登場したところは、分をわきまえていた。來たる東京五輪の開・閉会式には、男女とも市松模様の浴衣がけが無難でしょう。なにも西欧人の向こうを張って、無理してまで最先端の洋服を着ることはない。それになにもアニメやゲームだけが日本文化(サブカルだけど)じゃあない。閉会式でウケるとデンツーに騙されたのか、でっかい土管から総理大臣 (満州族) がゲームのコスプレで登場するとは、世界中が失笑したはず。恥かくだけだから次の五輪までには消えて欲しいな。

上の図版は、中国清朝の初代皇帝ヌルハチ(満州族)です。どこかの世襲総理と似てるよね。 それよりいま渦中の人 SMAP 慎吾くんは、古代インダス文明をつくったドラヴィダ族。→ id:osamuharada:20100605

2016-08-17 残暑お見舞い

osamuharada2016-08-17

残暑お見舞い申しあげます。去年8月の当 Blog をみると記録的な連続猛暑と書いてありました。ノドもと過ぎれば、忘れちゃうもんですね。今夏はすこし楽なほうだったかな。東京の弥生美術館では、まだまだオサムグッズ展が開催中です( 9月25日まで)。→http://www.yayoi-yumeji-museum.jp

さて9月後半には『 OSAMU GOODS CATALOG 』というオサムグッズ作品集が宝島社さんから刊行される予定です。一般書店で発売いたします。ただいま製作の真っ最中なので、後日また詳細をお知らせいたします。さらに秋も深まる頃にはもう一冊『 ぼくの美術ノート』という、超個人的な美術趣味の本も刊行予定になっておりますので、乞うご期待!こちらは亜紀書房さんからです。これもまた改めて報告いたします。

真鍮製のブローチ(上の写真)はオサムグッズ初期の商品です。お盆休みで娘に会ったら、いまでもまだ愛用しているよと見せてくれました。ぼくはコレすっかり忘れていた。

2016-08-04 真夏の映画鑑賞

osamuharada2016-08-04

涼しくなる夏の夜は、もっぱら映画を DVDかWOWOW で観ています。たまに映画館で新作も観たりして、それで〆て年間400本くらいになるかな。いまどきの日本映画やアニメには興味ないのですが、洋画なら、韓流もふくめて文芸作品からミステリーやコメディ、それにB級だのアクション物だろうが何でもOKなのです。

小林信彦著『 おかしな男 渥美清 』を読み返していたら、後半の「見巧者」という章で、《 余談になるが、渥美清は日本映画にくわしかっただけではない。洋画とそれをめぐる情報にもけっこう通じていた。》とあり興味深い映画談義が続くのですが、小林信彦さんはこうも書いておられる。《 彼は名作・秀作ばかりではない。B級作品、失敗作、駄作も多く観ていた。娯楽が映画しかなかった時代に育ったマニアの多くはたいがいそうなのだが。》とありました。それでやっと腑に落ちた。渥美清さんや小林信彦さんより、ひとまわり以上は年下だけれど、ヤツガレも1950年代の子供時代には映画ばかり観まくっていた、「娯楽が映画しかなかった…」のクチなのです。それで気がついたら映画マニアのはしくれになっちゃったわけね。もちろん「見巧者(みごうしゃ)」といえるほどではないのですが。

韓国映画も好きでよく観ています。近頃の韓流スターでは男優【 ハ・ジョンウ 】が一番の贔屓。先月ロードショーで観た『 暗殺 』というアクション物がカッコよかったな。脇役の【 チョ・ジヌン 】も大好きで、この二人は『 悪いやつら 』での競演があまりに見事でシビレましたね。ハ・ジョンウには『 チェイサー 』の犯人役の存在感で圧倒させられ、主演作『 哀しき獣 』では、哀切の演技が素晴らしくすっかり大ファンになってしまった。朝鮮民俗の〈 恨 〉(はん) が、そこはかとなく滲みでていて、さらにココロ引かれた。自然にできたスタニスラフスキーの〈 メソッド演技法 〉という感じがする。『 暗殺 』は、大日本帝国の植民地支配に抵抗する朝鮮民族、という内容のエンターテイメント作品。1930年代の 満州 中国 朝鮮 をまたにかけたミッション・インポッシブル。韓国では大ヒット作品、しかしながら昨今のネトウヨ日本の大政翼賛会では話題にもできず、配給会社もマスコミも自粛し黙殺しちゃのうかな。ともあれ 存在感のあるハ・ジョンウ に、これからも期待しているのです。

上の写真はアトリエ3階からの眺め。昼間は明るすぎて映画鑑賞できません。YouTube:映画『 暗殺 』の予告編。

D

2016-08-03 冷やむぎ

osamuharada2016-08-03

真夏の昼どき、「冷やむぎ」だけはかかせない。コレなくしては、ぼくの場合は盛夏をやり過ごせない。というくらいハマっているのです。

もとより素麺饂飩冷麦も、原材料はまったく同じもので、ただ〈麺の太さ〉がわずかに違うだけの差ですが、どうしても夏の昼飯定番は、冷やむぎに限る(と勝手に決めている)のです。麺の太さとコシにこだわっているともいえますね。太さで味覚や清涼感まで変化するところが面白い。

備忘録を振り返れば、ちょうど十年前にも夏の冷やむぎ宣言をしていました(ヒマですね)。→ id:osamuharada:20060624  ヤツガレの還暦から古稀までの間。愛用の谷道さんの吹きガラスだって使い込んでからすでに十年。しかし好きな食べ物は、トシくっても、あんまりは変わらないもんなのですね。夏季限定ではあるのですが…。 この写真は、気に入っている冷むぎの銘柄パッケージです。徳島県と三重県産。手延べなので微妙に太さ長さが違っている。ひと夏分を、いつも箱買いしています。

   冷 麥 の 三 箸 が ほ ど の 涼 し さ よ   万太郎