原田治ノート

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2016-11-19 アメリカ地図のクッション

osamuharada2016-11-19

好きなアメリカの文化は、1950年代半ばから60年代半ばまでの、わずか十年間くらいのことかな。二十世紀のど真ん中。白人中心の「アメリカンドリーム」が実現した時代で、遥か海の向こうの超モダンな国として憧れ続けていた。美術、音楽、映画、デザイン、ライフスタイル、どれをとっても溌剌として輝いていた(食べ物だけはジャンクだが)。朝鮮戦争の終わりとヴェトナム戦争が始まるまでの、つかのまの平和な時代。世界でアメリカ白人だけが享受できたドリームというわけですね。

その夢から覚めて、70年代からのアメリカ白人文化は、凋落の一途をたどってきた。以来、軍事大国にはなったが、人心は荒廃した。いまや一般人が三億丁もの銃を持っているという恐ろしい国。人口は六割くらいが白人で、あとはヒスパニックや黒人その他およそ200種の民族が4割になっているそうだ。ほとんどが移民の、最大の多民族国家。じきに白人は半分以下に減っちゃうらしいが。

そのアセリが出たのか、今回の大統領選では過激な白人主義のトランプが選ばれたのでしょう。いわばドメスチックな民族抗争だね。日本のほうは、誰が宗主国の大統領になろうが、植民地であることには変わりない。いつもの忠犬アベ公です。早速トランプ様こそ、まさにアメリカンドリームではアリませんか!と電話でヨイショしていた。残飯ぐらいは期待できるのかもしれない。

写真は、アメリカ合衆国の派手な地図クッション。Made in USA 。大統領選は、これを枕に眺めていたのでトランプが勝つと先読みできた。ニューヨークの歴史美術館のお土産です。そのとき一緒にこの皿も買いました。→ id:osamuharada:20130718

女帝を目指していたヒラリーが、男に従属するだけの女としてヤリ玉にあげたのがタミー・ウィネット。それは大ヒット曲「Stand By Your Man」のせいなのです。女性カントリー・ミュージック界の大御所、この曲はぼくもベストワン。Stand by your man and show the world you love him keep giving all the love you can.

D

2016-11-10 アトリエむだばなし

osamuharada2016-11-10

アトリエのメンテナンス工事のため、庭のBARを倉庫がわりにして、一時キャンバスの仮置き場にしてあります。ついでに虫干しを兼ねて、むかし描いた絵を交互にBARの壁へ架けては、反省会をやっているところです。今後の(自分だけの)ベンキョウにはなるかもしれない。

イラスト稼業と違って、絵画(といってもアブストラクトですが)のほうは、売り物でもないし、締め切りも、完成させる必要もないので、いたって気楽な趣味の世界なのです。ああでもないこうでもないと、ひとり楽しむだけ。この写真の絵は二十年くらい前に描いたもので、我ながらどこか衒気が強く、鼻持ちならないところがあると感じたらしく、それでずっと裏返しにしておいた。いま見ると懐かしいけれど失敗作です。こうゆうのはもう描かないようにしよう、という自戒のつもりで、ちょっとだけ眺めているところです。これが楽しい反省会。

アトリエの奥からは、もっと古い、高二の時に描いたアブストラクトも出てきた。その絵は、当時ニューヨークのアートシーンで属目されていた Hard-Edge Painting にかぶれて描いたものです。いま考えると面白い高校生だったな。かの Kenneth Noland に触発されて描いていたわけだもんね。早かったな。しかし人に見せたって誰も興味がないだろうから、奥に仕舞ったままにした。それで残っていたのです。そもそもアブストラクトは中学生の頃から描き始めたので、足掛け五十五年。イラスト稼業の三十五年よりもずっと長い。さてと、アトリエに大型暖房機の取り付け工事がすんだら、心機一転、また初心に戻りアブストラクト再スタートするつもりであります。

2016-11-04 アメリカの皿

osamuharada2016-11-04

島の手づくりパン屋さんのパンが気にいったので、焼きたてをいつも買いにいっています。ナチュラルで旨いけれど、デカくて見た目が無骨なので、サンドウィッチを作ってもラフな感じに仕上がる。いつものロイヤルコペンやアラビアの皿では、ちょい不釣り合いだ。そこで、沖縄の古本&古着屋で見つけた MADE IN USA の皿に置いてみたら、これがピタリと合う、と思った。どうでもいい話ですが、アメリカ的な安っぽさというか、逆にダサい感じが男っぽくていい皿ではないか。

アメリカ中西部のサウスダコタ州にある、WALL DRUG というショッピングモール、そこのスーブニールの大皿。直径26cmで、チョコレート色の印判一色刷り。皿の真ん中にヒッチコック映画『北北西に進路を取れ』1959年のクライマックスシーンで有名になった、ラシュモア山が描かれている。観光名所となった、四人の大統領の巨大な顔の彫刻がある、あの山ですね。映画では、スタジオにつくられたラシュモア山のセット上で、ケーリー・グラントとエヴァ・マリー・セイントが敵に追っかけられた手に汗にぎるシークエンス。ヒッチファンとしては、まずこの懐かしきラシュモア山が目にとまったので、つい買っちゃった皿でした。島のパンに使えるとは思わなかったな。皿の全体写真→http://osamuharada.tumblr.com/

野牛バッファローと、WALL DRUG の看板である原寸大恐竜ディノザウルスなんかも描かれている。あとで調べたら、ラシュモア山は、インディアンのスー族の聖地だった場所。それを白人たちが戦って取りあげたそうだ。バッファローは殺して毛皮にして売ったわけだし、西部劇も歴史を知ると身もフタもなくなっちゃう。何処の国でも同じことかもしれないな。皿にそこまで責任を問うても仕方ないので、もっぱら田舎パン皿としてラフに愛用しているところです。

9日追記 : 大統領選、やっぱり貧しき白人のサウスダコタ州はトランプ支持でした。ラシュモア山にあの顔を追加しなくちゃね。

Connection: close