うさぎのふじこ闘病用メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-05-14 お世話になった病院 このエントリーを含むブックマーク

エキゾチックペットクリニック

外科手術


きち動物病院

エンセファリトゾーンをはじめとする神経症


ネイチャー・アニマル・ホスピタル

手術を除く、全般的な治療


エルム動物病院

鍼灸治療

2007-05-11 さようなら、ふじこ このエントリーを含むブックマーク

2007年5月11日3時50分。

お月様へと旅立つ。


※亡くなる前、体中にしこりができたことから、食滞や麻痺は、癌の再発・転移によるものだったのだと思われる。

2007-05-10 てんかん発作 このエントリーを含むブックマーク

ふじこを横に寝かせたところ、脇の辺りをさかんに毛づくろいしようとして、そのまま白目をむき背中をそらすようにして痙攣を起こす。(その前からマフマフあたりをずっと毛づくろいしていた)


ステラロールを0.25mlに減らしてから、元気がなく、食欲も減退していた。

てんかんを起こしたこの日は、盲腸糞も出ていない。


てんかん発作を何度か起こすと、肝臓乳酸がたまって乳酸アシドーシスになり、危険な状態になる。


ステラロールを1ml服用させ、様子を見る。


ステラロールの服用量推移

ステラロール

2007-05-07 内服薬の量の変更2 このエントリーを含むブックマーク

<内服>


・FBZmix(FBZ、バイオノーマ、アガリクス入)

 1日1回1包


グリセリン

 1日2回 1.0ml


ステラロール

 1日2回 0.25ml

→1日1回 0.25mlに変更


プリンペランmix

 プリンペラン…消化器運動改善剤

 ペリアクチン…食欲増進剤

 キモタブ…キモパパイン(毛球)

 バイオノーマライザー…発酵パパイン

 ガスピタン…3種の乳酸菌セルラーゼ


 →今回より追加。食欲がないとき投与。



※鍼治療の病院から処方されたマコモを朝服用させる。

2007-05-01 内服薬の量の変更 このエントリーを含むブックマーク

<内服>

FBZmix(FBZ、バイオノーマ、アガリクス入)

 1日1回1包


グリセリン

 1日2回 1.0ml


ステラロール

 1日2回 0.5ml

→1日1回に変更