「変人」は褒め言葉 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

はなごよみ公式ブログに、文藝同人サークル「はなごよみ」のイベント参加や新刊の告知があります。併せてご覧下さい。

2003-01-16

[][]「インターネットは別人格」ではない 「インターネットは別人格」ではないを含むブックマーク 「インターネットは別人格」ではないのブックマークコメント

 「インターネットは別人格」とか「仮想人格」とか言う人がいる。ふざけるな。

 お前は顔の見えない空き巣に物を盗まれたり、顔の見えない犯人にいたずら電話をされたり、顔の見えないストーカーに嫌がらせされても、顔が見えないから別人格だと許してやるのかと問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。お前、責任逃れしたいだけちゃうんかと。

 インターネット上だろうがインターネット外だろうが、悪口は悪口、犯罪は犯罪。確かに、所によっては無礼講も許されるかもしれぬ。「別人格」を装うことも可能かもしれぬ。しかし考えてくれ、「インターネットは別人格」などと言うのは、「クリスマスプレゼントはサンタクロースが持ってきてくれる」と同じ、おとぎ話である。

 なるほど、子供はサンタクロースがプレゼントをくれたと思っているかもしれぬ。しかし、デパートからプレゼント代金の請求が来た時、「それはサンタクロースという『仮想人格』が注文したものだから親の自分は払わなくていい」などと言えるだろうか。自分の行動の責任を取るのは他ならぬ自分自身であり、「仮想人格」のせいにすることなどできない。それに、電話線の向こうにいるのは「仮想人格」などではなく、自分と同じように実際に存在し、感情を備え持つ生身の人間であることを忘れてはならない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/osito/20030116/p