「変人」は褒め言葉 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

はなごよみ公式ブログに、文藝同人サークル「はなごよみ」のイベント参加や新刊の告知があります。併せてご覧下さい。

2003-02-06

[]“大麻は天然薬物だから安全”? “大麻は天然薬物だから安全”?を含むブックマーク “大麻は天然薬物だから安全”?のブックマークコメント

 はっきり言おう。一部の大麻解禁論者の主張している“大麻は天然薬物だから合成薬物と違って安全”というのは詭弁である。


 そもそも、合成だから害があって天然なら安全だというのは偏見であり、大きな誤解である。誰も天然だからといってフグ毒やトリカブトを好んで摂取しようという気にはならないだろう。たとえ天然であっても、人体に害を与える物質は結構多く、天然だからといって必ずしも安全とは言えないのである。いちばんわかりやすい例でいうなら、阿片は芥子(ケシ)から作られる天然麻薬だが、阿片の誤用が有害極まりないことは昔からよく知られている。

 大体、この種の主張をしている人は、天然の植物から作られたアルコール煙草の害は認めるくせに、同じ天然の植物から作られた大麻の害は前述のような言い訳をして認めようとしないのだ。ここからして矛盾している。


 確かに薬物は医療目的においては人間の役に立つ。しかし、薬物は用い方を誤ると大変危険な諸刃の剣であり、特に自分の精神をもてあそぶ玩具として誤用するのは危険なことである。医師が医療目的で麻薬成分を含む医薬品を処方する時には、薄められた必要最小限量を短い期間だけ服用するので、比較的御しやすい。しかし、トリップできるほど大量に摂取したり長期にわたって服用するなど、自己流で危険な用い方をするならば、もはや自分では御することのできない暴れ馬となって自分に襲いかかってくることになりかねない。言うまでもないことだが、麻薬・大麻・覚醒剤の所持や使用は法律によって厳しく制限されているので遵守すべきである。


(2006/02/04追加:初出時タイトルは「“大麻は天然麻薬だから安全”?」というものだったが、大麻依存者共は「大麻は麻薬ではない」と主張するのが常なので、訂正した。これは、「大麻は安全だ」とアピールしたいのと、法律上は大麻は麻薬及び向精神薬取締法の規制から外れている(代わりに大麻取締法によって規制されている)事が根拠だと思われる。それに、「麻薬」とは本来「痲藥」と書かれたが、当用漢字表に「痲」(しびれるの意)の字が無い為、似た字である「麻」を宛てたという歴史があり、「麻薬の『麻』は大麻の『麻』だ」という考えも間違いのようである。しかし、だからといって大麻は安全だという考えに結び付けるのは、論理の飛躍である。ヒロポンは狭義の「麻薬」でなくとも危険なのと同じで、大麻も「麻薬」と呼ばれようが呼ばれまいが、危険があることに変わりはない。改めて釘をさしておく。)

akkunnakkunn 2006/06/30 16:29 『“大麻は天然薬物だから合成薬物と違って安全”というのは詭弁である。』
これはおっしゃる通りだと思いますが、大麻解禁論者がそんな理屈をこねていたなんて知りませんでした。勉強不足です。

私の存じ上げる大麻解禁論者の主張は、『大麻の依存性、耐性が他のいわゆる「ドラッグ」と違い、少なく安全である。』という主張です。
たとえば↓のサイトのような。
http://www.bekkoame.ne.jp/~alteredim/marijuana/mj1.html

押井さんはこの主張に関してはどう思われますか。

ositoosito 2006/07/13 00:03 確かに、著名な大麻解禁論者は“大麻は天然薬物だから合成薬物と違って安全”と、直接は言ってないかもしれません。しかし、間接的には、そういうイメージを流布しているとしか思えません。
大麻の「自然な」「エコロジーな」イメージばかり殊更に強調して、それを「安全な」イメージに巧妙に結び付ける宣伝がされている事が多いように思えます。
この巧妙なトリックに気を付けろ、という事を私は言いたかったのです。

大麻解禁論は往々にして、大麻のメリットばかり大きく取り上げ、逆に大麻のリスクは申し訳程度にチョコッとだけ取り上げる、といった具合の論調が多いように感じるので、私としては、どうも疑問を持たざるを得ません。
特に最近、オランダで大麻の少量販売や個人使用が場合によっては罰せられなくなった事から、即、「ヨーロッパでは大麻の害が少ない事が認識された結果だ」などと安易に結論を出している人が多いように感じます。
確かに、他の麻薬より害が小さいのは確かで、身体依存も無いかもしれません。しかし、研究者によっては「精神依存がある事」「精神障害を引き起こすリスクがある事」をはじめ、いろいろデメリットも指摘しており、「天然で安全性が高い」とか「オランダでOKなのだから」などと言って手放しで薦めるのは危険だと思います。
情報が錯綜しているだけに、大麻解禁論者の意見だけ盲信するのは危険だし、逆に「ダメ、ゼッタイ」の意見だけ盲信するのも別の意味で危険です(生兵法は怪我の元)。
なお、先に挙げてくださった、麦谷尊雄氏の「大麻の安全性についての最新の科学的研究」ですが、一つの意見としては参考になるけれども、筆者は大麻解禁論者である事を認識する必要があると思います。

厚生労働省の見解(大きな害があるとする主張)
http://www.dapc.or.jp/data/taima/3.htm

メルクマニュアルの見解(大麻解禁論ではないが、害が少ないと主張)
http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?url=15/s195.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/osito/20030206