「変人」は褒め言葉 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

はなごよみ公式ブログに、文藝同人サークル「はなごよみ」のイベント参加や新刊の告知があります。併せてご覧下さい。

2003-11-15

[][]男女平等のため、男は女の上に立つ頭でよい 男女平等のため、男は女の上に立つ頭でよいを含むブックマーク 男女平等のため、男は女の上に立つ頭でよいのブックマークコメント

 近頃はジェンダーフリーの風潮のためか、「男は女より上位という考えは古臭い」と思われているようだが、洋の東西を問わず、男は女より目上のものと看做されてきた。

 はっきり言おう。私は「ウーマンリブ」だとか「ジェンダー・フリー」だとか「男女同権」だとか、そんな言葉聞いてると虫酸が走る。奥さんが旦那を「主人」と呼んで何が悪い。父親を家族の頭に立てることのどこが悪い。男がリーダーシップを取ることのどこが悪い。

 こんなことを言う私を、反動的だ、差別主義者だと罵ってつばを吐きかけるがよい。しかしその前に、私の話を聞いてくれ。


 生物学的には、男よりも女の方が強いものである。乳幼児の生存率からしてそうである。それに、フェミニストの言う男女平等が家庭内に行き渡ったところで、実際には逆に母親の方が父親より圧倒的優位の立場を得ることになる。困った時に「お父ちゃーん」と父親に泣きつく子供よりも、「お母ちゃーん」と母親に泣きつく子供の方が昔も今も圧倒的に多いことからしてもわかる。なぜなら、子供にとって母親とは、胎内にいる時からずっと親密な間柄であり、乳児の頃はいつもおっぱいを飲ませてもらい、その後も家にいる時間の長い母親といる時間の方が、父親といる時間と比べて圧倒的に長いから、父親より仲良くなってしまうのは当然だ。この点で、男は圧倒的に不利な、生まれついてのハンデを背負っている。

 女は子供を産んで育てて、家庭を守れて、仕事もできる、となると、男なんか要らない、男は家族のお荷物だ、厄介者だ、となってしまう。そうすると男は家庭から逃げてしまうだろう。だがそれは良くない。生物学的ハンデを、何かの方法で釣り合いを保つ必要がある。それを解決する手段として昔から取られてきたのが、社会的ハンデ、つまり「男を女の上に頭として立てる」という方法である。つまり、このままでは家庭内の仕事がなくなってしまう男に、「一家の主」という仕事を与え、否が応でも家庭に引っ張り込んで家族に貢献させるようにしたのである。「主」という権威付けも大切である。それがなければ、女の生物学的な強大な権威の下に、男は霞んで見えなくなってしまう。そうなると、ただの下男と同じ扱いだ。


 男を女の上に立てる意味は、単に生物学的ハンデを補うことにとどまらない。中学の社会科で三権分立について学んだことだろう。王様法律を決め、法律に従って国を治め、法律に従って裁くとなると、良い王様ならいいのだが、悪い王様なら、自分に都合の良い法律を決め、自分に都合の悪い人は法に従って殺していくという、とんでもない国になる。そこで、「立法」(法律を決める)「行政」(法律に従って国を治める)「司法」(法律に従って裁く)の三つを、独立した機関に分ける事によって、そのような事態を最小限に抑える工夫が、日本を含め今の多くの国にある。

 男と女では二人しかいないので三権分立は無理だが、しかし権力を分散するという考えについては、同じ事が言える。生物学的に子供と接する時間や家庭にいる時間が多い母親は、いわば「行政」である。しかし行政にはチェック機関も必要だ。父親は「司法」ということになろうか。「立法」については、両者が話し合って決めているという家庭が多いかもしれない。ただし、何もかも厳密に区分できるものでもないだろう。父親が行政を行う分野も時にはあるし、母親が子供を叱るというのは立派な司法だ。しかし、専門分野という点からするなら、先に挙げたような区分が近いかもしれない。


 もちろん、権威は圧政の免罪符ではないし、私は男が暴君のように女を扱うことをよしとしているわけではない。それでは、せっかく男に与えられた権威を濫用していることになる。そればかりか、圧政の不満が、行き過ぎた「ジェンダー・フリー」「男女同権」思想となって男に反撃する世の中、男にとって住みにくい世の中になり、結局自分自身の首を絞める結果となりかねない。最後にフォローしておく。

理系@自暴自棄理系@自暴自棄 2006/10/20 00:00
 まともなジェンダーフリーは適材適所を訴えているだけだと見えますが。母性も父性も全ては個人個人による適性で、適性あれば自衛隊幹部が女であろうと、幼稚園職員が男であろうと構わないと。
 私の通っていた小学校では「女の教諭はえこひいきをする」という認識が一般的であり、男性教諭の方が人気が有りましたよ。それに女が強いのは幻想ではないでしょうか。本当に女が強ければ夫に気兼ねして子の虐待を放置する女は居ないはずですし、飲酒運転のトラックにぶつけられて炎上する車の中の子を救出できずに泣き叫ぶだけ、という体たらくをブラウン管に晒すことなど無かったはずです(飲酒運転に反対する番組の最中に放送された映像です)。
 家族のあり方や過程の風潮は千差万別であるので、女の役割男の役割は各々が実情に応じて決めるのが好ましく、必ずしも女が男を立てる必要は無いのではと思います。
 とりとめない文章となりましたが、要するに、「性別から本人を見定めるのはよくない」と思うのです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/osito/20031115/p
Connection: close