「変人」は褒め言葉 このページをアンテナに追加 RSSフィード

はなごよみ公式ブログに、文藝同人サークル「はなごよみ」のイベント参加や新刊の告知があります。併せてご覧下さい。

2004-04-22

[][]イラク邦人拉致事件で浮き彫りになった、ネットのモラル イラク邦人拉致事件で浮き彫りになった、ネットのモラル - 「変人」は褒め言葉 を含むブックマーク イラク邦人拉致事件で浮き彫りになった、ネットのモラル - 「変人」は褒め言葉 のブックマークコメント

 先のイラク邦人拉致事件の直後、被害者3人の支援団体が「3人の若者たちを救うための100万人緊急行動を!」と題して、「自衛隊のイラクからの撤退を電話・FAX・電子メール政府に要望する運動を、あなたの友達100人に呼びかけてください」「100名がさらに100名に送れば100万人に届きます。これは緊急です」といった趣旨の、チェーンメールの呼びかけを行ったことが、インターネット利用者の反感を引き起こした。私自身のメールアドレスには届かなかったが、私が時々見ている掲示板に同じような趣旨でスパム投稿されているのを見て、こんな迷惑な運動をしているということを知った。

 さっき「迷惑な運動」と書いたが、こういったプロ市民団体の運動そのものが迷惑と言っているのではない。もっとも私個人の意見としては、このチェーンメールは被害者にかこつけて「唯一の解決方法は自衛隊撤退しか残されていない」という彼ら左派団体の主張を都合良く宣伝しようという下心が少し感じられてあまり快く思えなかったのは確かだ。それに、私が掲示板で見た文面では、自民党政権と自衛隊を声高に糾弾する割には、テロリストをまるで良く言っているような内容だったのが、非常に引っかかった。とは言え、確かに、自衛隊のイラク派遣は、軍事面でどっちつかずの生ぬるい態度を示している日本の立場という問題に始まり、様々な課題を抱えており、簡単にはい、はい、イエス、イエスと言い切れる問題ではない。反対意見もあることは理解できる。反対運動をやるのも自由だ。

 しかし、チェーンメールという手段だけは、是非とも止めていただきたい。

  • ネットワークの渋滞を引き起こし、メールサーバに必要の無い負荷をかけることになる。
  • Bcc:を使わないという送り主の不注意により、意図しない相手にメールアドレスを知られる危険性が往々にしてあり、特にチェーンメールでは人数も転送回数も多い、緊急性を煽る、素人が多いなどの理由から、その危険が増す。
  • 転送を繰り返す途中で内容に尾ヒレが付く危険がある。

 そのため、たとえ善意から出たものであっても、人命に関わる緊急事態であろうと、政治関連の話題用でない掲示板に自分の政治的主張を書き込んだり、自分の政治的主張をチェーンメールやスパム投稿のような方法で宣伝することには問題がある。スパム投稿について言うなら、中には「掲示板の趣旨に合わないようでしたら削除してください」と断り書きを付ければ許されると考えている人もいるかもしれないが、「趣旨に合わないと知ってて投稿するなんて、お前は嫌がらせのつもりか」と言いたくなる文句である。そんな言い訳がましい事は、最初から書かない方がまだましというものだ。

 一方、ネット上の右派言論は問題なかったかというと、そうとも言い切れない。「自己責任」について論じること自体は決して中傷ではないし、どう見ても不自然な犯行声明やビデオ映像に「自作自演疑惑」を持ち、それが本当に正しいかどうか検証するのも、必ずしも悪い動機からではない。しかし、正当な批判の範囲を超えて、「あの三馬鹿は早く犯人に焼き殺されてくれ」の類の悪口や、もっとひどい悪口も、すべての人ではないにしろ一部に見られたのは問題である。また、“今井氏が書いた「自作自演」を予告する掲示板投稿”との触れ込みで、捏造資料の疑いの限りなく高い怪文書も流れたりした。もしこういう極端な意見や悪口をキャーキャー言って喜んでいるとしたら、被害者に失礼であることはもちろん、それこそ左派言論に格好の攻撃材料を与えるだけではないか。

 チェーンメールも、悪口や怪文書も、左派運動や右派運動の暴走の結果と言えよう。この種の暴走は、翼の左右を問わずあるものだから、雰囲気に呑み込まれて暴走に乗ってしまわないよう、我々は十分気をつけなくてはならない。

[参考資料] とある地域情報掲示板に書き込まれたスパム投稿の一例。特に、「彼等は、テロリストというよりも、イラク人による、イラク人のための殺害行為である。」と主張してテロリストを擁護しているところに注目。彼らの叫ぶ“平和”とはガンジーのような非暴力主義だと誤解している人は多いが、実際にはそうでないことがよくわかる。

人質の命を守れ!自衛隊を即時撤退させろ! 投稿者:君津市 投稿日: 4月 9日(金)22時15分45秒

イラクバグダッドで8日、3人の邦人が人質になり、日本の自衛隊がイラクから撤退しなかれば、殺害すると宣告された。

戦争惨禍に見舞われたイラク人への献身的な活動を行ってきた人々である。

奥氏、井上氏もまた、献身的なイラク人への奉仕にもかかわらず、日本政府が自衛隊派兵を決める中で殺害された。

彼等は、テロリストというよりも、イラク人による、イラク人のための殺害行為である。

自衛隊派兵によって、日本人が平和の使者としてのイメージは失われたのである。

当然予想されたことであるが、自衛隊派兵の議論は自衛隊の安全であって、イラクに駐留する邦人の安全についての議論が無視されていた。

ましてや、世界中で活動している日本人への安全性議論ではない。

今までの日本人が汗水たらして、イラク人に対して、そして、世界に対して、奉仕してきた努力が、自衛隊派遣で、一瞬の内に水泡に帰したのである。

それ以上に、現在、イラクで奉仕している献身的な人々への危険を幾重にも広げてしまった。

少なくとも、今後、邦人は、イラクや世界で、無防備の奉仕活動は出来なくなる。

そのために、日本人は、昔のように兵隊に守られた、海外出張を行うのであろうか。

今や、邦人の全員引き上げ以外、邦人の安全を守るず術はない。

イラクでの自衛隊が武装して、安全を確保しようとも、世界中で、多くの邦人が危険に晒されては、何の意味もない。

むしろ、イラクでは、今まで、3人の法人の活動が維持される程度に、邦人がイラク人によって、受け入れられていた。

自衛隊派遣はそれを潰してしまったのである。

この歴史的犯罪の決定を下した、小泉はじめ、この決定支持を行った、政治家、そして、暗黙にこの事態を許してしまっている日本人の責任は回避することは出来ない。

じっくりと、反省しようではないか。

何をなすべきかを考えようではないか。

この事態を解決するべき、手立ては見当たらない。

自衛隊派兵を阻止できなかった、我々に残されている道は、一刻も早く、犯罪列島、軍事列島、米軍要塞と化した、日本列島をわが手に取り戻すことである。

今、日本には、その戦いが求められる

政府に,自衛隊の撤退を求めよう.

期限は,日曜日一杯である。

貴重な人命を,政府の意地のために失ってはならない.

みんなで政府に,要求しよう。 自分でできる限りの,あらゆる手段で,政府に求めよう。

「自衛隊を即時撤退させよ。人質の生命を守れ。家族の撤退の要求を受け入れよ」と・・・

<<今できること、参考>>

http://6922.teacup.com/projectinosisi/bbs

http://mj.mahito-production.com/sign/add_form.php

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。