ログイン
記事の一覧
4.前を表示|次を表示6.

2003-02-12

[]「障害は個性」か? 「障害は個性」か? - 「変人」は褒め言葉 を含むブックマーク Add Star

 何を勘違いしているのかと言いたい。障害は障害だ。欠陥だ。受け入れたくないのに受け入れざるを得ない、悲しい運命だ。「個性」だなんて、ちゃんちゃらおかしい。

 障害が個性だというのが慰めの言葉になるものか。考えてもみろ、近眼の人に「お前の視力0.01の目は個性だ」と言えば慰めになるものか。交通事故に遭った人に「お前の複雑骨折は個性だ」と言えば慰めになるものか。花粉症の人に「春が来るたびに鼻水ジュルジュルはお前の個性」と言えば慰めになるものか。かえって失礼ではないか。

 ただ誤解して欲しくないのは、身体に障害つまり欠陥があることと、人間の価値とは無関係だ。たとえ身体に欠陥があろうとも、ただネガティブに見て悲観するだけでなく、その欠陥ゆえの苦労を乗り越えて立派に生活している人を、どうして人間的に無価値という事ができようか。

 私としては、身体の欠陥を「個性」などと呼んで、まるで良い特徴であるかのようにほめそやす態度はあまり好きではない。誰も好きこのんで欠陥を持っているわけではない。むしろ、それを乗り越えようと努力している態度をほめるべきではないだろうか。障害は個性ではないが、障害という試練はしばしば人を鍛錬し、立派な個性を磨き上げることがある。

[]私は泣けない 私は泣けない - 「変人」は褒め言葉 を含むブックマーク Add Star

 たまに、自分が泣いている夢を見ることがある。何が悲しいのかは覚えていないが、とにかく、わあわあ大声を上げて号泣しているのだ。

 しかし目が覚めると、涙は全く流れていないし、泣く理由など無いことに気付く。そして、自分が何故泣いていたのかさえ忘れてしまう。

 よく悲しい本を読んだり悲しい映画を見ると泣いてしまうという人がいるが、私にはそんな経験がないし、うらやましささえ感じる。たまには、もの悲しい音楽を聴いたり悲しい映画を見て泣こうと思うのだが、せめて少々目が潤む程度で、涙が堰を切ってあふれてくることなど、全くない。

 聞くところによると、泣くとストレスを解消する物質が分泌されて精神を沈める役割があるという。つまり天然の精神安定剤である。本当に悲しい時は涙をこらえずに、気の済むまで思い切り泣くがいい。それが健康に一番いい。

 それができない私は涙が溜まりすぎて最近少々欲求不満に陥っているのだろうか。変な話かもしれないが、ああ、たまには思い切り涙を流してすっきりしたい。涙を流すのにとびっきりいいネタがあったら教えて欲しい。

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。
4.前を表示|次を表示6.
●ウェブ検索●