「変人」は褒め言葉 このページをアンテナに追加 RSSフィード

はなごよみ公式ブログに、文藝同人サークル「はなごよみ」のイベント参加や新刊の告知があります。併せてご覧下さい。

2013-02-24

[]ブログタイトルを変更しました ブログタイトルを変更しました - 「変人」は褒め言葉 を含むブックマーク ブログタイトルを変更しました - 「変人」は褒め言葉 のブックマークコメント

 ブログ開設の辞を書いた2005年11月以降、“「愛」も「萌え」も定義は広い。”のタイトルで続けてきた本ブログですが、今回から新しいタイトル“「変人」は褒め言葉”に変更しました。

 このブログを始めたばかりの頃は、今と比べると「オタク文化」が世間でそれほど理解されてなかった時代でした。「萌え」イコール「メイドさん」とか「萌え」イコール「ロリコン」の様に意味を狭く取られて誤解されがちだったので、「実は意味が広い言葉なんだよ、『愛』に恋愛も家族愛も博愛も含まれる様に」との意味を込めて名付けたタイトルでした。今ではオタクでない一般人に「萌え」と言ってすぐ通用する事も珍しくなくなりましたが(特に若年層)、まさに隔世の感です。

 タイトルは変りましたが、今後「萌え」について書く事を止めたわけではありません。今後も機会があれば書いていく予定です。


 さて、私は周囲の人に「どこにでも居る普通の人」と形容された事が一度もありませんが、逆に「変った人だね」と評価される事はしばしばあります。

 新タイトルの文句“「変人」は褒め言葉”通り、私もこの評価がお気に入りです。「人と同じ」とか「どこにでも居る普通の人」なんてのは私にとってむしろ悪い評価以外の何物でもありません。

 「人と異なる事を恐れるな」、これが私の人生のモットーです。それ自体悪い事でないのであれば、人と異なる事、変人である事を恐れる理由など、私にはありません。その事が人の役に立ったり、正しい事であるのなら、尚の事です。

 そして、その「人と異なる事」とは何なのか。それには色々ありますが、今後の記事で紹介していきます。

 それでは、今後も「変人」くまちゃんのはてなダイアリーをよろしく!


 最後に、今日の記事の「変人」な部分を明かします。実は今日の記事、歴史的仮名遣なのです。「あれ? すんなり読めたのに?」それでは、今日の記事の仮名遣を歴史的仮名遣に直してみてください。恐らく一ヶ所も直す部分が見当たらない筈です。

 歴史的仮名遣を現代の生きた言葉として使用する事は世間では「変人」とみなされがちですが、せめて文藝世界では、そんな表現をする場所があって良い。いや、是非ともあるべきだ。そんな私の信念から、全頁歴史的仮名遣の文藝同人誌正かなづかひ 理論と實踐」を発行したくまちゃんですが、本当は、歴史的仮名遣での文藝活動が当り前になって、ちっとも「変人」ではなくなる事が私の希望です。

 同人誌については、はてなブログ 歴史的仮名遣は生きてゐる - 「はなごよみ」公式ブログ も是非どうぞ。こちらは今後、同人サークル「はなごよみ」の公式リリースを掲載する予定です。そして、私の個人的な見解が多めの記事は(歴史的仮名遣に関する話題も含め)原則としてこちらに書く様、今後のダイアリー/ブログの棲み分けを変更予定です。

2011-12-06

[][][][]はてなブログ始めました はてなブログ始めました - 「変人」は褒め言葉 を含むブックマーク はてなブログ始めました - 「変人」は褒め言葉 のブックマークコメント

はてなの新サービス「はてなブログ」にて試験運用中です。

歴史的仮名遣は生きてゐる - 「はなごよみ」公式ブログ

http://osito.hatenablog.jp/

主に文芸同人誌正かなづかひ 理論と實踐(じっせん)」や関連誌について、および正字正かな(いはゆる「旧字旧かな」)に関する豆知識等を扱っていきます。

こちらのブログも宜しくお願ひします。

2010-11-17

[][][]文学フリマとコミケでマイマイ新子聖地巡礼本を出すよ 文学フリマとコミケでマイマイ新子聖地巡礼本を出すよ - 「変人」は褒め言葉 を含むブックマーク 文学フリマとコミケでマイマイ新子聖地巡礼本を出すよ - 「変人」は褒め言葉 のブックマークコメント

 12月は同人誌即売会「文学フリマ」および「コミックマーケット」にサークル参加する予定です。

 今回発行予定の新刊は、twitterで集まった有志(「マイマイ同人誌☆制作委員会」*1と称して)が原稿を持ち寄って、アニメ映画「マイマイ新子と千年の魔法」をテーマに、いわゆる「聖地巡礼」のレポートや、作品の評論や、イラストを載せた、(これまで発行してきた「個人誌」ではなく)正真正銘の「同人誌」です。

 写真もたっぷり載せる予定です。マイマイ新子の舞台となった防府の魅力は、是非ともカラーで伝えたいので、今回初めての試みとして、フルカラー本(文章ページの一部を除く)として作成中です。

f:id:osito:20101115000932j:image

 上が私が現在作成中の原稿。な、何だか小学生向けの図鑑みたいです。こんなんでいいのかなぁ?

 聖地巡礼がメインコンテンツなので「防府にイマココ!」という題名を予定しています。「防府なう」ではなく、あくまでも「防府にイマココ!」です。今回の旅は「Twitter」と「はてなココ」を駆使して実況したので、その紹介もちょっと入れてみます。

 他の方の原稿ものぞいてみましたが、防府在住の方の昔懐かしい思い出とか、東京から16日かけて防府まで自転車旅行された方の旅行記とか、「マイマイ新子探検隊」の漫画レポートとか、とにかく読みどころ満載です。乞うご期待!

第十一回文学フリマ

日時:2010/12/5(日) 11:00-17:00

場所:大田区産業プラザPiO

スペースNo:エ-03(小ホール)

頒布予定物:

1.マイマイ同人誌☆制作委員会著「防府にイマココ!」 新刊、700円(予定) フルカラー(一部ページ除く)/B5/28ページ

2.「どうして女の子のイラストばかり描くの?」 400円 表紙カラー、本文白黒/B5/36ページ

3.「どうしてカノジョをつくろうとしないの?」 400円 表紙カラー、本文白黒/B5/36ページ

4.萌えぎのエレン著「萌えはお菓子」 300円 表紙カラー、本文白黒/A5/28ページ

※すべて一般向指定です。

※文学フリマで初めて頒布する冊子は3冊までに制限されているため、申し訳ありませんが、上記の冊子のみ頒布します。萌えぎのエレン著「萌えはお菓子」拙著「どうして詐欺って気付かないの?」は、コミックマーケット79または通販にてお買い求めください。

コミックマーケット79

日時:2010/12/31(金) 10:00-16:00

場所:東京ビッグサイト

スペースNo:金曜 東P-48b

頒布予定物:

1.マイマイ同人誌☆制作委員会著「防府にイマココ!」 新刊、700円(予定) 定価 400円 イベント特価 300円 フルカラー(一部文章ページ除く)/B5/28ページ

2.「どうして女の子のイラストばかり描くの?」 400円 表紙カラー、本文白黒/B5/36ページ

3.「どうしてカノジョをつくろうとしないの?」 400円 表紙カラー、本文白黒/B5/36ページ

4.「どうして詐欺って気付かないの?」 300円 表紙カラー、本文白黒/A5/32ページ

5.萌えぎのエレン著「萌えはお菓子」 300円 表紙カラー、本文白黒/A5/28ページ

※すべて一般向指定です。

*1:念のため書いておきますが、この「制作委員会」というのは、あくまでも学校の「委員会活動」にインスパイアされて付けたお遊びの名前であって、参加会社で資金調達や利益配分をする、映画やアニメの「製作委員会方式」とは関係ありません。そのため、あえて「衣無しの制の字」(商品を作る「製作」ではなく、芸術作品を作る「制作」)を使っています。

DH98DH98 2010/11/17 21:40 二つのイベント開催年が2008年になってますよぉ。
私は文学フリマの方へいく予定です。
楽しみにしてます。

ositoosito 2010/11/17 22:09 はわわーっ、タイムスリップしてた!
教えてくださってありがとうございます。
是非いらしてください。