Hatena::ブログ(Diary)

このはずく医者の「よろず備忘録」

2019-01-01

暗黒物質(ダークマター)

16:07

暗黒物質で新理論 米学者、彗星衝突に影響も

世界的に著名な理論物理学者リサ・ランドール・米ハーバード大学教授はインタビューで、宇宙の大部分を占める謎の暗黒物質ダークマター)に関する新理論などについて語った。

同教授は暗黒物質は単一の粒子や物質ではなく多様な種類があり、一部は陽子と電子のように結びついて「暗黒原子」を作ると予想する。

暗黒原子などは銀河内で薄い円盤状に集まり、彗星地球衝突に影響を及ぼすという。

最近の観測で、宇宙の膨張速度が従来計算より5〜9%速いことが判明した。

このことについて「私たちのモデルは観測結果を説明するのに適している」と述べた。

 

欧州の大型加速器LHC」で、未知粒子の可能性を示すデータが得られた。

超対称性粒子」ではないかとの物理学者らの予想には「より詳しいデータが必要だが、質量の大きさから考えて超対称性粒子の可能性は低い」と否定的だった。

参考・引用一部改変

日経新聞・朝刊 2016.7.4


新理論が示す、ダークマターは湯川粒子に瓜二つ

https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/467_simp

暗黒物質」は存在しない? 大胆な仮説を提唱した物理学者の長き闘い

https://wired.jp/2017/04/02/case-dark-matter/

暗黒物質とは何か

http://www.nikkei-science.com/201809_052.html

・宇宙物理学者天文学者はこの宇宙の物質の大半が「暗黒物質ダークマター)」だと結論づけている。

私たちが通常の物質を見るときのような電磁気的な影響を通じてではなく,重力の効果からその存在が推論されている物質だ。

暗黒物質物理学のなかで最も単純明快な概念のひとつだが,私たち人間の視点のせいで不可解となる。

人間の五感はすべて,電磁相互作用がもとになっている。

例えば視覚は光に対する感受性に基づいている。

光はある周波数帯に属する電磁波だ。

ありふれた物質が目に見えるのは,それを構成している原子が光を放出または吸収するからだ。

それら原子のなかの電子や陽子が電荷を帯びていることが,視覚を可能にしている。

だが,物質が原子からできている必要はない。

宇宙の物質の大半は何かまったく別のものでできている可能性がある。

宇宙で観測できない95%の正体は「暗黒流体」であるという新理論が発表される(英研究)

https://gunosy.com/articles/Ryg20

ついに暗黒物質の謎が解明!?失われた95%に迫る新しい理論が発表 「暗黒流体として生まれ続けている」

https://news.nicovideo.jp/watch/nw4309712

2018-11-01

パーキンソン病に降圧薬が効果

06:18

パーキンソン病に高血圧薬が効果、iPS使い確認

https://www.asahi.com/articles/ASLBL4JL9LBLULBJ00K.html

高血圧の治療に使う薬がパーキンソン病に効く可能性があることを、慶応大と製薬大手エーザイのグループが突き止めた。

ヒトのiPS細胞人工多能性幹細胞)を使って病気の状態を再現することで確かめた。

研究論文が18日、米科学誌ステム・セル・リポーツに掲載された。

 

パーキンソン病ドーパミンという物質を作る脳内の神経細胞が減り、手足が震えたり、体が動かしにくくなったりする難病。

国内に16万人の患者がいるとされるが、根本的な治療薬はない。

 

岡野栄之教授らのグループは、タイプが異なる遺伝性のパーキンソン病の患者2人の細胞からiPS細胞を作り、病気の状態を再現。

1165種の薬を試したところ、高血圧の治療に使われている既存薬のベニジピン塩酸塩で、神経細胞が死ぬのを防ぐ効果があることを確認したという。

 

同大によると、パーキンソン病の患者の約9割は突発的に発症する「孤発性」。

様々な要因が関係するため、発症の仕組みを解明することは難しい。

遺伝性のパーキンソン病で、発症の仕組みや治療薬の候補が見つかれば、孤発性の治療法の開発にもつながる可能性があるという。

2018-07-12

牛・豚好む男性 糖尿病ご注意 発症リスク4割高く

牛肉や豚肉を多く食べる男性は、あまり食べない男性と比べ、糖尿病発症する危険が4割高くなるとの調査結果を、国立がん研究センターなどの研究チームがまとめた。

女性では違いが見られなかった。

牛肉や豚肉に含まれる鉄分などが、血糖値を下げるインスリンの分泌に悪影響を与えているらしい。

 

研究チームは、健康な45〜75歳の日本人男女6万4千人のうち5年後までに糖尿病発症した1178人について、食べた肉の量や種類別に発症との関係を分析。

 

男女それぞれ、肉の摂取量順に4グループに等分して糖尿病発症率を調べたところ、男性では、最も多いグループが、最も少なかったグループに比べ、1.36倍高かった。

さらに肉の種類を「牛肉か豚肉」「馬肉」「ハムやソーセージなどの加工肉」の三つに分けて調べた。

男性は牛肉か豚肉では最も食べるグループの発症率が、最も少ないグループに比べ1.42倍高かった。

鶏肉と加工肉は影響がなかった。

研究チームによると、牛肉や豚肉に多く含まれる鉄分膵臓などに炎症を起こし、インスリンの分泌などを低下させている可能性があるという。女性は元々男性より鉄分が少ないため、発症に影響がなかったのではないかとしている。          

参考・引用

朝日新聞・夕刊 2013.6.3

2018-05-16

タマラ・ド・レンピッカ

06:12

タマラ・ド・レンピッカ 時代を挑発した女

https://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2010/0627/index.html

機械や電気、自動車が都市の暮らしを飛躍的に変えた1920年代のパリで、官能的でありながら、同時にクールでりりしい新時代の女たちを描き、一躍脚光を浴びた女性画家がいる。

タマラ・ド・レンピッカである。

画家自身も時代の最先端を駆け抜けた格好いい女性だった。

女性が社会に進出し始めた時代、彼女はその美貌と才能を武器に、自ら成功を勝ち取って行く。

ロシアからの亡命者だったレンピッカは肖像画家としてデビュー、絵に自由奔放な同性愛や最新のファッションなど、時代の流行や人々のあこがれを巧みに取り込んでいった。

しかし、戦争へと進む時代の変化の中で、彼女の絵は見放され世間から忘れ去られていく。

タマラ・ド・レンピッカ

https://ja.wikipedia.org/wiki/タマラ・ド・レンピッカ:title=https://ja.wikipedia.org/wiki/タマラ・ド・レンピッカ]

タマラ ド レンピッカ 生誕120周年

http://www.googletop.info/?p=440657

美しき挑発 レンピッカ - NAVER まとめ

http://www.ntv.co.jp/lempicka/about/

[世界のGoogleトップロゴ観察:title=世界のGoogleトップロゴ観察]

http://www.googletop.info

f:id:osler:20180516061230p:image

2018-04-09

JRC 蘇生ガイドライン 2015

06:22

JRC 蘇生ガイドライン 2015:

心停止かどうかの判断に自信が持てない場合も、心停止でなかった場合の危害を恐れずに、ただちに胸骨圧迫を開始する。

なお、CPR に熟練した医療従事者が心停止を判断する際には呼吸の確認と同時に頸動脈の脈拍を確認することがあるが、市民救助者の場合、その必要はない。

傷病者に反応がなく、呼吸がないか死戦期呼吸が認められる場合、あるいはその判断に自信がもてない場合に心停止と判断することは理にかなっている。

市民救助者は,傷病者が心停止でなかった場合の CPR による危害を恐れることなく,心停止を疑った場合にはCPRを開始することを推奨する(強い推奨、非常に低いエビデンス)。

重要なアウトカムとしての有害事象について、院外において心停止でないのに市民救助者から CPR を受けた計762 名を対象とした観察研究が4件あった(非常に低いエビデンス:バ イアスのリスク、不精確さによりグレードダウン)。

このうち3件は、診療記録を元に、CPR を受けたことによる有害事象を調査し、うち1件では、その後の電話インタビューも行われていた。

これら3件の研究の対象者は計345名で、1.7%(95% CI 0.4~3.1)に骨折(肋骨と鎖骨)、8.7%(95% CI 5.7~11.7)に胸骨圧迫部位の痛みを認めたが、臨床的に問題となるような内臓損傷はなかった。

別の1件は、消防職員による現場での観察に基づいた報告で、 417名の対象者において外傷の報告はなかった。