Hatena::ブログ(Diary)

C++でゲームプログラミング

2012-02-01

[]vim-powerline に TweetVim の『入力可能文字数』を表示する

さて、先日 TweetVim がアップデートした際に

  • 入力可能文字数をステータスラインに表示

という機能が追加されたんですが、vim-powerline を使っているとこれが反映されないので、vim-powerline でも問題なく表示される theme をつくりました。


[Vimプラグイン]

NeoBundle "git://github.com/osyo-manga/TweetVim-powerline-theme.git"

f:id:osyo-manga:20120201000738p:image


[注意]

設定を反映させるために使用する前に必ず [:PowerlineClearCache] でキャッシュファイルを削除して下さい。

(または vim-powerline にあるキャッシュファイルを直接削除して下さい)


[設定]

" theme と colorscheme の設定
let g:Powerline_theme="distinguished_with_tweetvim"
let g:Powerline_colorscheme="distinguished_with_tweetvim"

上記の設定で使用する theme と colorscheme を変更します。


もし、自分で vim-powerline の theme をカスタマイズして使用している場合は、TweetVim-powerline-theme/autoload/Powerline/Themes/distinguished_with_tweetvim.vim の 81行目付近と TweetVim-powerline-theme/autoload/Powerline/Colorschemes/distinguished_with_tweetvim.vim の 9行目付近を追加して下さい。

コードを見れば何をやっているのか何となく分かると思います、多分。


vim-powerline の構造がいまいち理解出来ていないので実装するのに疲れた…初期設定がしんどすぎて…。

既存の theme に簡単に buffer とか追加したいですねぇ。

あと140文字以上になったら赤色とかでハイライトしたい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/osyo-manga/20120201/1328022568