ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

こんな映画は見ちゃいけない! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-09-01 DTC 湯けむり純情篇 from HiGH&LOW このエントリーを含むブックマーク

otello2018-09-01

DTC 湯けむり純情篇 from HiGH&LOW

監督 平沼紀久
出演 山下健二郎/佐藤寛太/佐藤大樹/新井美羽/駿河太郎/笛木優子
ナンバー 189
批評 ネタばれ注意! 結末に触れています

ケンカ自粛バイク安全運転。抗争に明け暮れた若者たちは見聞を広めるために小さな町を飛び出す。物語は、平和日常に退屈していた不良グループ3人組が旅先の温泉他人の役に立とうとする姿を描く。住み込みで働き始めた旅館女将美人シングルマザー、ひとり娘の気持ちを慮って番頭との再婚に踏み切れない。娘は亡くなった父への思いを吹っ切れず、素直になれない。番頭もいきなり多感な少女父親になる自信がなくプロポーズをためらっている。男同士の信頼や友情には敏感な3人組も男女間の恋愛や母娘間の微妙感情には疎く、頭で考えてわからない分行動で解決しようとする。不器用でもいい、駆け引きなんかいらない。ただただ女将と娘と番頭幸せを願う、そのストレートさがかえって潔かった。キレのあるダンスロマンティックな歌で始まるオープニングにはワクワクした。

旅行資金が尽きたダン・テッツ・チヒロの3人組は、女将マリ経営する旅館に雇われ忙しくこき使われる日々。マリと娘のメグミ番頭宮崎が新たな一歩を踏み出せないのを目の当たりにして、彼らの背中を押そうとする。

途中、公演ツアーに誘われていた縦笛兄弟ステージ飛び入り参加する3人。そこでは竹の子族風の振り付け即興歌詞で客席を盛り上げる。彼らの、男くささを前面に押し出しパフォーマンス昭和香りが漂っていた。その後、メグミ本心を探り出そうとダン彼女に接近、父との思い出を聞き出す。過去にとらわれすぎては未来へは進めない、そうメグミに納得させるダンのやさしさが身に染みる。

ネタばれ注意! 以下 結末に触れています

そして、今やすっかり仲間となった旧SWORD連中の力を借りて、マリとメグミサプライズを準備する3人。人生は素晴らしい、ひとりで悩んでいるよりも夢と希望を持ち続ければきっと幸運がやってくる。二本立て興行だったころの松竹人情喜劇と、黄金時代ミュージカルを融合させたアナクロな味わいが絶妙ミスマッチを生み、映画本来の楽しさを思い出させてくれる作品だった。

オススメ度 ★★★

↓公式サイト↓

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/otello/20180901