大友良英のJAMJAM日記

2005-04-04 ジャパンソサイティ2日目

otomojamjam2005-04-04

NY時間の4月2日の「ONKYOマラソン」2日目も、最後のセッションを除き非常に充実してました。台風のような嵐でしたが、1日目同様、たくさんの人が来てくれました。チケットは早い段階で完売。昨日は当日券もあまりでませんでしたが、今日は嵐のせいで当日並んだ人もはいれたんじゃないかな。これで、僕等の海外での集客力、わかってくれたでしょ。

2日目、わたしはターンテーブルフィードバックのみのソロを。自分でも手ごたえある演奏。建物に共振する周波数を選んで、体を震わせました〜。よかったと思いますよ。となりのマンションにはヤンンキーズの松井が住んでいるらしいのですが、松井さ〜ん聴こえました〜?

一楽儀光はNY初の「どらビデオ」を。これの受け方は尋常じゃないくらい。正直ここに出てくる反戦とかのメッセージ性みたいなものは、チープすぎてどうかなとも思うのですが(だいたい、こういうのを見る人達というのは、実際にもっとそれ以上のことを考えているので、そもそもプロテストみたいな意味では機能しない)、その部分ではなく、単純にドラムの音にリンクして勝新が動いたり、忠臣蔵がヘンに解体されたり、彼自身が出てきたり・・・みたいなほうが、たとえば最初期のヒップホップスクラッチが素朴に生理の部分で面白かったような感じで、面白くて、おまけにそこに、下世話なギャグ感みたいなものもはいるので、ギリギリかな〜と思いつつも、見るといつも大笑いしてしまうんですよね〜。いや、一楽さん、音響やらなにやらいろいろ経由してきてますが、やっと一楽さんらしいものを見つけましたね・・・なんて思ったり。彼のシンバル1枚のみの演奏もものすごく好きなんですが、多分どらビデオのほうが従来の一楽さんらしいなあって思います。一楽さんは「これ、わたしなりの、Ground-Zeroへの回答なんですわ〜」と言ってましたが、あ、このGround-Zeroはわたしが97年までやってたバンドのこと・・・うん、たしかにGround-Zeroにはこういう側面もあって、で、解散と同時にオレが切り捨ててしまった部分を一楽さんは好きだったんだなって、思います。自分自身ではもう2度とGrounz-Zeroの、こういった部分のことはやらないだろう・・・とは思うのですが(理由は上の括弧の中に書いた理由です)、でも他人が独自の解釈でやってるのを見るのは面白いもんです。まだ見たことない人は、ぜひ一度見てみるといいですよ。力技というか、もう、まじ笑えて面白いですから。

エリオットシャープのソロだけは残念ながらわたしのソロの準備をしていて聴けなかったけど、青木さん、オブラート、竹村、Sachiko M duo、どれも面白かった。今回「onkyo」という、もういまさら使うのもどうかな・・・って名前のくくりで、しかも実際の「onkyo」シーンというわけでもない人選で、始まる前は、どうかなとも思ったのですが、名前の是非はともかく、それぞれが同じ方向ではなくて、まったく別のことをやっていて、それが沢山あるってのは、確かに、数年前「音響」という言葉でいろいろな即興音楽がでてきた当時の混沌とした感じに近いかなって思います。ある言葉がある特定の音楽スタイルを示すというのは、面白くないもん。そんなわけで、カール・ストーンのキュレート、オレはとてもよかったと思います。

会場には、スーザン・ソンタグの追悼でNYに来ていた木幡和枝さんも。うれしくて思わずハグ! 木幡さんにほめられるのって、もうまじ嬉しいです。書いていいのかどうか、今、木幡さん、イギリスで出たばかりのデレク・ベイリー本の翻訳にかかってるみたいですよ。すごい楽しみ。

終わったあとは近くの居酒屋で(NYには居酒屋結構あります)普通に日本のように打ち上げ。もんじゃ焼きや炒飯、さば塩焼きが普通においしかった〜。ジャパンソサエティの美女ばかり数名のいるテーブルで、ほとんど下らない話に終始。なんか今回、始まる前の予想に反して、すごく楽しくやれたのは、スタッフにキュートな方が沢山いたからかもしれません。

教訓「ミュージシャンの機嫌をとるには、美味いメシと美女のスタッフ


え〜と、ま、それはともかく、多分いろいろな意味でこの先につながる企画だったと思います。通常オレと竹村さんとか、勝手に企画する側のほうで、違うだろうってことで、一緒に組ませること少ないのですが、やってる僕等の側には、そういう壁って、実はあんあまりないんですよね。オレ竹村さんの音楽好きだし。無意識に皆、ボーダーを作ってるんです。すご〜く進んでいるように見える人たちも。企画してる人や、見に来る人も、そして僕等本人も、すぐに無意識ボーダーを作っちゃうんですよね。オレにしても、始まる前は、ジャパンソサエティの人たちとの間にボーダー作っちゃってたし。でもそんなボーダー、なんぼのもんでもないし、どうでもいい。だから半野田くんや一楽さんと、竹村さんや青木さんが一緒にいて全然OKで、僕等は互いの全然違う、でもどこかでつながってる音楽を興味深く聴きあったりしてるんです。こういう混合はどんどんあっていいんじゃないかな。見る人たちが、そのひとそれぞれの好みで、アレは好き、こっちは苦手とか思うくらいの振幅がないと、皆が全部OKなんて気持ち悪いもん。日本国内の公的な機関では、こういう面白いこと、めったに起こらないし・・・なんてこと考えると、ここで起こったことは、欧州なんかのフェスで年中おこってるような出来事に近くて意味あったと思います。塩谷さ〜ん、これからもよろしく。


はしゃぎすぎたのか翌日はダウン。で夜はクリスチャン・マークレーとターキッシュレストランへ。ゆっくり話すのは3〜4年ぶりかな。彼来月来日するんですが、内容ものすごく面白そう。ここには書けませんが、Sachiko MとのDUOもこれまでにない実験的なものになりそうです。


あ、昨日疲れてテレビをつけたらちょうどヤンキーズの開幕試合で、しかもテレビをつけた途端、松井がホームラン。やっぱ聴こえてたのかな、オレの音・・・・(とか書いておきながら、野球のことは、幼少の頃好きだった王貞治と星飛馬・・字あってるかな、なんか違う気が・・・以外なにも知りません。球団名すら言えない。でも松井秀喜、なんとなく応援しちゃうんですよね〜。英語あまり出来ないのにあのでっかい連中の中でやってる姿見てるとね、なんか応援したくなるんですよ)


http://d.hatena.ne.jp/yukoz/20050403

ここに今回のイベントの日本語の評がでています。ひとつの見方ってことで。

JFKエアポートにて

これからSFに向かいます。今メールをみたらジャパンソサイティのTさんから。それによると竹村さんは、さきほど京都にもどって、1泊だけして、欧州にいくらしい。そいえば、竹村さんの写真のポスター、先々週いったスロベニアで見ました。人のこと言えないけど、お互い忙しい、体大切にしないと(苦笑。頑張れ〜竹村さ〜ん。 お互い、はやくビジネスクラスとかで呼ばれる身分になりたいもんです。

ちなみにTさん、打ち上げの席で、とっても怖い人のように書きましたが、ほんとは全然そんなことなくて、とってもやさしい人です〜・・・って書かないと、また怒られそう(笑

え〜と、NYのJSの皆さん、ほんとお世話になりました。ありがと。 

yukozyukoz 2005/04/04 23:34 大友さん、NY公演おつかれさまでした。大友さんの感想を読んで、大友さんは音楽全体とかミュージシャンのコミュニティ全体というのを、本当に大きな愛情をもってとらえているのだなと感じました。このイベントの感想、私は大友さんとはたぶん違う視点で見ていると思いますが、それでもこういう風に観客がたった一つの価値観に縛られずに様々に違う意見を持ち合えるイベントというのは、めったにないとても興味深い場だったと感じます。このようなジャンルや先入観にとらわれないイベント、日本でもこれから増えていくといいですね。

otomojamjamotomojamjam 2005/04/05 00:22 yukozさん、どもども、早起きですね。わたしは完全に時差ぼけのまま、今日も早起き(NY時間で7時くらいにおきました)、で時差をかかえたまま、これからまたSFに移動です。
2日間、いらしてくれてありがとう。やってる側と、見に来ている人の感想が違うのは当然で、今はブログとかで、それがほぼリアルタイムでわかるから面白いですよね。
愛情あるかどうかは別にして、自分の居場所の居心地はいいほうがいいし、その居心地も誰かに作ってもらうんじゃなくて、自分でつくらなくちゃ・・・とは常々思ってます。ジャパンソサエティ、きっとこれを機にってわけでもないでしょうが、面白い企画、この先もいろいろ出てくると思いますよ。またどこかで美味いもんでも、ではでは。

Yoko ShioyaYoko Shioya 2005/04/05 05:45 「塩谷さ〜ん、これからもよろしく」と、書かれたので、反応しています。
ジャパン・ソサエティー舞台公演部の部長(と書くと、なんだかサラリーマンのおっさんぽい。Directorです、つまり)の、塩谷陽子です。
気に入ってもらえて、ほんとぉぉに、なによりでした。

この場所で長々と書くのもナンですが、ちょっと解説したいことがありまして。

「面白いモノを企画すれば観客でいっぱいになる」というのは、(少なくともNYでは)80人〜120人がキャパのところまでが限界です。うちの劇場はキャパ300で、これを二晩やるとなると600人の集客です。いまNYで、600人観客を呼べる現代音楽あるいはExperimentalな音楽の催しは、ほぉんの数えるくらいしかないでしょう。おっそろしく観客が細分化してますから。今回のうちでセットした小さなスペースのキャパはロビーまで入れてMaxで180。二晩だから360人。100人を目当てにしたプログラム、200人を目当てにしたプログラム、300人異常を目当てにしたプログラム----それぞれ、マーケティングの方法も、その規模も、倍々ゲーム以上に違ってくるのです。

こんなに豪華かつエキサイティングなメンバーを呼んだからには、ぜったいコケるわけにはいかない---だからはっきりいって、内容もCarl Stornと練りに練って、地道に観客開発を行って、メディアの連中にもプレス・コンフェレンスなどもして、すごぉぉく丹念に作ったんですよぉ。そのかいあってか「TimeOut NY」には特集記事になり、タイムズには2度リスティングが載り、そして今日の月曜日にはタイムズに大きなカラー写真入りの後評が出ています。( → http://www.nytimes.com/2005/04/04/arts/music/04onky.html?)

我々のような、アメリカの民間非営利団体で、しかもこれくらいの規模(米国のしきたりでは「中型のNPO」というレベル)になりますと、かなり大規模な助成金調達と寄付金調達で成り立っていますから、こうして物理的に、大規模に人の目に見える効果をあげていかないと、「あそこはお金あげても、ウチワで何がやってるだけで、よくわからんねぇ」ということになり、寄付も助成も干上がって、資金ぐりに困ってツブれるのです。

実際、うちの組織でも、2ヶ月前に「効率・効果が悪い」ということで部署が一つ、つぶされました。つぶれたということは、その部署のスタッフも全員その場で「チョン」ということです。

というわけで、「身軽」でないのは本当に実際にそうなのですが、でも公的機関と違って、こちらも毎度毎度、一回一回の催しを自らの存続をかけて戦っているのじゃ(←大げさか?。笑)ということを言っておきたかったのでした。

巻上さんも書いてらしたように「Lower いいよね」というのがこの分野の音楽の観客の足が向かう方向でありまして、実際自分も「Lower & Downtown」に住んでそこらをもっぱら根城にしている身分としては、「ジャパン・ソサエティー? 遠いねぇ〜」と、正直、個人的には思う。ミッドタウンも敷居高いしなぁと、まったくもってそう思う。(なんせ、NYの住人の物理的行動範囲は異常に狭いから。下北沢に住んでいたら渋谷がせいぜい、新宿にもいかない・銀座なんか死んでもいかない---というくらいの狭さだから)。 だからこそ!、フンドシしめて(しめてないけど)とりかかった。大友さん&みなさんのしめてるフンドシと、同じくらいきつく締めました(しめたことないからわかんないけど。笑)。

身軽でない分、身軽でなくあれこれ画策するから、Mediaへの露出は身軽なところでのプレゼンテーションよりずっと大きかったと思うのです。だって「You deserve it!」ですもの、ね。

また来てくださいね〜。企画は常時受付中です。(今度は一晩で300人、埋める路線で考えましょう)。