大友良英のJAMJAM日記

2009-12-25 予想をちょっとだけ裏切って

otomojamjam2009-12-25

PITINN、思った以上の集客でびっくりでした。


せっかくのクリスマスイブだってのに、PITINNにきてくれたみなさん、ほんとありがと。泣けました。

でも、いい演奏だったでしょ。

10年代はこれで本当にPITINNをソウルド・アウトにするのだ(野望!


ちなみにイブの晩のわたしはですね、本番前の7時半にPITINN近くのらんぷ亭で、ひとり牛丼とトン汁を大急ぎでかっこみ、演奏が終わったあとは、メンバーやPITINNのみんなと深夜まで店でそのまま打ち上がり、その後は男3人で蕎麦屋にいって、さらには酔いつぶれて吐きそうになってる親友某(もちろん男)を

「たのむから車のなかで吐くなよ」

と励ましながらですねえ、明け方近くに彼の家まで搬送という、もうイエスさんの慈悲は絶対オレに・・・みたいな、超素敵なクリスマスイヴでありました。なんか20代のころから、オレ、同じパターンを生きているような気がするなあ。エターナルループ? or  無限地獄? いやいや人生、これでなかなか捨てたもんじゃない。生きて蕎麦食えるだけで見っけもん、ほんま。

彼女とふたりで素敵な夜をすごしたみなさん、勝手幸せになってください。

持つべきものは親友っす。



このトリオに、今ひそかな可能性を感じております。それはおそらくは、ONJOでやってきた方向が、インスタレーション仕事の中に包括されてゆくなかで、取り残された、しかしわたしにとってはなくてはならない根幹のような部分のコアがここにあるから・・・今はそんな気がしています。

インスタレーションを作ること、サントラ仕事をすること、そしてなによりも演奏すること、演奏をだれかとしていくこと・・・当たり前だけど、これらがオレの根っこなのだなあと、打ち上げ蕎麦を食いながら思った次第。

大友トリオ、次回は1月10日、京都shin-biで、関西初演です。


インスタレーション「ENSEMBLES」のほうは、まだ発表できませんが、昨年のYCAM、今年の街にでた東京、京都、水戸、大垣のゲリラ戦的な展示や特殊コンサートにつづき、来年後半に向けて非常に大きなプロジェクトが動き出しています。

内容、場所はまだ内緒

ただひとつ言えるのは2年つづけてきたENSEMBLES展をより推し進めたものになるってことです。今のうちから、出たばかりの本「大友良英/ENSEMBLES」を読んで(見て)、どんなものになるか想像をふくらませておいてくださいね。期待を裏切らない、いやそれ以上のものになると思います。

f:id:otomojamjam:20091009104031j:image

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901477501/hatena-uk-22/ref=nosim




で、あさって27日には、フランス大使館旧庁舎解体プロジェクトってことで、麻布のフランス大使館跡で、今年やった「ENSEMBLES 09 休符だらけの音楽装置」展の余韻GIGと題した4時間超特殊ライブもやります。最高のメンバーによる無料GIG。、無料だよ、無料デフレにもほどがある。

詳細は下につけておきま〜〜す。もう、こんなもんほかで絶対なってくらいめっちゃ渋く、かつゆる〜〜くいきます。あ、ゆるいけど楽器インスタレーション勝手にさわったり、いきなり演奏参加はしないでくださいね。一応これでも特殊とはいえコンサートだからさ。

f:id:otomojamjam:20091225183816j:image


さらに来年1月8日からは、京都でハイパー・ウィズアウト・レコードプレーヤーの展示もあります。

これ、YCAMテクニシャン三原聡一郎とのコラボです。

DJターンテーブルロボットといってもいいこのマシーン、これもめっちゃ渋くいうえに、その動き笑えます。渋くてハイパーなくせにどこかとぼけ三原くんキャラそのままのマシーンです。関連イベントもありますので、ぜひぜひいらしてくださいね。あ、オープニングは、ENSEMBLES展をもっとも深くみてくれている批評家でもあり、まるで梅津漫画おろち」に出てくるような超美人でもある作家の五所純子さんとの対談も用意されてます。もこれも詳細、下につけておきます。

f:id:otomojamjam:20080829223449j:image


2009年12月27日(日)14時ごろ〜 18時ごろ

<ENSEMBLES '09 休符だらけの音楽装置―余韻GIG>

会場:旧在日フランス大使館庁舎別館、

   東京都港区南麻布4-11-44

大友良英梅田哲也/堀尾寛太/毛利悠子/ Sachiko M芳垣安洋

2009 年の4月プレオープンに始まり、11月までの8ヶ月間にわたり東京、京都、水戸、大垣で展開した展示と特殊ライブ<ENSEMBLES '09 休符だらけの音楽装置>の一連のイベントの余韻ともいえる、今年最後の特殊ライブ。会場の特殊なロケーションをいかしつつ、展示ともコンサートともつかない、でもそのどちらでもあるような4時間

http://www.ima.fa.geidai.ac.jp/memento/info.htm

http://www.ima.fa.geidai.ac.jp/memento/event.htm

http://www.ambafrance-jp.org/spip.php?article3719

http://ayya.exblog.jp/9355364/





2010年1月8日fri.-1月31日 京都 shin-biギャラリー

入場無料 A.M.11:00〜P.M.9:00

大友良英 / hyper wr player - without records hi-fi version-」

YCAM委嘱作品)

大友良英/コンセプト、コンポジション

三原聡一郎 (YCAM InterLab) /制御システム制作デバイスデザイン

伊藤隆之 (YCAM InterLab) /システムデザインプログラミング音響

http://www.shin-bi.jp/modules/wordpress3/index.php?p=78


1月8日 19:00open 19:30start 京都 shin-bi

感覚を拡げる -対談 ENSEMBLESの思想-

大友良英×五所純子

予約1500円・当日2000円


1月10日sun.19:30open 20:00start 京都 shin-bi

大友良英 trio : 大友良英ギター)、芳垣安洋ドラムス)、水谷浩章ベース

Adv.2000円 Door.2500円


2010年1月31日sun. 19:00open 19:30start 京都 shin-bi

Filament:Sachiko Mサインウェーブ)、大友良英エレクトロニクス

Adv.2000円 Door.2500円

f:id:otomojamjam:20091225183120j:image

f:id:otomojamjam:20091225183257j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/otomojamjam/20091225