大友良英のJAMJAM日記

2015-04-12 NYから〜ブログ版JAMJAM日記10年目

ニューヨークからです。こちらは今は日曜の朝、時差ぼけ早起き。すごいいい天気で・・・たまには早起きするのもいいもんです。



気付いてみれば、このhatenaダイアリーでJAMJAM日記をはじめて10年。もともと恵比寿にあったクラブみるく」のフリーペーパーTokyo Atom」で月1の連載で「大友良英のJAMJAM日記」を始めてからは17年。1998年から2008年初頭までのものは河出書房で本になっているので、ご存知の方も多いとおもう。


気づいていたかたも多いと思うけど、2011年震災から数ヶ月たったあたりから、まめにブログで日記が書けなくなってしまっていた。書けなくなったのは、忙しくて時間が無くなってしまったのもあるけど、それ以上に、思ったことをぱっと書けなくなってしまったのだ。

そのかわりを務めてくれたのがTwitterだったんだけど、実際「あまちゃん」のときはTwitterが大活躍してくれたけど、自分の関わる作品のことは書けても、日々思ってることを手軽に書くようなことは震災数ヶ月後以降、本当に出来なくなってしまっていた。

言葉を簡単には見つけられなくなっていったとも言えるし、同時に、自分一人の言葉が、個人的見解をこえて一人歩きしかねない事態に、注意深くなって行ったとも言える。実際、私などではなく、もっと知識のあるはずの方たちの発言が及ぼす様々な影響を見ていて、本当にこれでいいのかなと思いながら、事態の深刻さは半端ないなと思っていたのも事実だし、耐えられないような言葉や不確かな言葉を投げつけられることに、あるいは投げつけているのを見ていて、ブログのようなところにその日の思いつきの文字を書く気持ちが萎えていた部分も確かにあったと思う。


そんなこともあってJAMJAM日記が、いつのまにか告知日記みたいになっていった。まあTwitterやFacebookもあるし、それでもいいのかなって思っていたんだけど、最近デジタルカメラを購入、なんとなく写真と一緒に文章を書くような日記をやってみたくなってきた。アジアにカメラマン石川直樹さんと行くことがおおくなって、彼の影響をほんの少しだけ受けたのかもしれない。

http://orchestra.ensembles.asia

ここのアンサンブルズアジアオーケストラのサイトに写真とともに旅行日記を書いてみて、なんだかそれがとっても面白くて、再び日記欲がでてきたのもあると思う。

同時に自分のオフィシャルウェブが出来たので、ここで写真日記みたいなのをやろうかなと思いだしたのだ。

震災後控えていた海外ツアーも、アンサンブルズアジアのプロジェクトをはじめてから解禁したことだし、実際この数ヶ月はほとんど旅暮らしみたいな状態なんで、写真付きの旅日記みたいになればいいかなって。まあ石川さんとは較べるべくもないけど、でもちょっとやってみたくなってきた。福島もインドネシアもNYも、男木島もベトナムも、別府も久慈も出てくるような、そんな旅日記だ。

誰に書けといわれてるもんでもないので、すぐに飽きてやめちゃうかもだけど、多分早ければ2~3日中に、遅くとも今月中に、要はわたしが、ここの日記をアップの仕方を覚えたと同時に、ここで新しい写真メインのJAMJAM日記をはじめられればって思っている。

わたしの新しいオフィシャルサイトは

http://otomoyoshihide.com

日記が始まったら、再びここで告知しますね。



Sunday 8AM NewYork Lower East Side

f:id:otomojamjam:20150411211002j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/otomojamjam/20150412