大人の科学マガジン編集部BLOG このページをアンテナに追加 RSSフィード

rss

2008-03-26

[]三鷹の国立天文台にて 三鷹の国立天文台にて - 大人の科学マガジン編集部BLOG を含むブックマーク

みなさまこんばんは。

いよいよ19号の発売日まであと2日となりました!

天体観測が苦にならない気温で、すっかりコートいらずの毎日になりましたね。


さてさて今日は19号の取材関連のお話を…。

今回は女優の中嶋朋子さんにふろくの望遠鏡で天体観測を体験していただきました。

せっかくなので大きな望遠鏡でも観測して、先生にいろいろ教えてもらおう!ということで、東京の三鷹にある国立天文台にご協力いただき、天文台情報センター長の渡部潤一先生にお話をうかがいました。

その様子は本誌記事にてたっぷり紹介してますのでお楽しみに♪


下の写真はそのときに撮ったもの。中嶋さんと息子さんのなっくん、渡部先生、観測を手伝っていただいた天文台の方々です。

この写真を撮った場所は、口径50cmの反射望遠鏡があり、月2回(第2土曜日の前日と第4土曜日)天体観望会を行っているそうです。

天文台の方によると、観望会は10年ほど前から行なっていて、晴れると200人くらい人が集まる、とのこと。

しかしながらこれで驚くなかれ。

過去最高人数は、なんと約3000人!!

2003年の火星大接近のときだったそうです。

3000人てすごいなあ。

写真からわかるように、もちろんドームにそんな人数は入りきらないので外に行列ができたんだとか。

星に興味がある人ってたくさんいるんですねー。


もし天文台で星を見たことがなければ、こんなに大きな望遠鏡で見られる機会ってなかなかないので、ぜひこういう催しに参加してみるのはいかがでしょう?

ちなみに次回は4/11。詳しくは国立天文台のホームページで!

f:id:otonanokagaku:20080222214130j:image