埋没していく日々の記録

2008-02-24 1000人スピーカー二回目に行ってきた

前回は聞く側だったが、今回は発表側。

自分の発表について 02:24

Javaプレゼンツールを自作してJava凄いよ!分散も並列も凄いよ!

というコンセプトでの発表。

基本的な分散、並列処理のお話からGoogleもどきを作る道具紹介までを話しました。

知らない方もいると思うのでここでも紹介

Hadoop : Google MapReduceのオープンな実装

HyperTble : Big Tableのオープンな実装

HDFS : GFSのオープンな実装

この三つと動かすマシンがあればGooleの真似事ができます。

まあ、まともに動かしたいと重うと2000台ぐらい必要になるんですが。

なので割と


「分散、並列やりたいけどそんなにマシンがねえよ!!」


という話を聞くのでAmazon ec2を紹介しました。

これはマシンを時間単位で借りられるサービスで一時間0.1ドルだったはず。

同じ構成のマシンを簡単に増やすことができるので分散の実験にはもってこいです。

事実、このec2ができたおかげでHadoopプロジェクトも活性化しました。


あと並列に関してはあんまり深くつっこまなかったのですが、

この本を読むと大体分かります。

難易度が高い並列プログラミングですが、使いこなせば強力な武器になるので頑張りましょう。

懇親会 02:24

あいからず、懇親会の濃さは異常でまさかN88-BASICについて語り合うとは思いませんでした。

というか自分のいるテーブルだけが他に比べて圧倒的に低レイヤーの話が展開されていた。

あとD言語が面白そうなので久しぶりに触れてみようと思った。

反省点 02:24

本当はプレゼン全てをJavaでやろうとしたのだが、冒頭の絶望なOP部分で力尽きてしまった。

正直画像と音声のタイミング合わせるのがあんなに面倒だとは思わなかった。

正直プレゼン制作時間がぎりぎりで満足いく発表ができなかったので、今回の経験を生かして

次はもっと面白く、深い発表にする!!と叫んでおいて自分を追いつめておきます。

というか皆喋るのがうまくて驚いた><。

まとめ 02:24

やっぱりみんなの前で喋るっていうのは体力を使います。その分新しい知識や今までの知識の確認が行えます。

だからみんなも喋ろうよ!ということで次回1000人スピーカーの紹介

http://ja.doukaku.org/wiki/index.php/1000speakers:3

みんな頑張ろうよ!!

あと今回の会場を貸してくれたミラクルリナックス様、ありがとうございました。