Hatena::ブログ(Diary)

otoshimono

2017-05-18-Thu

[]ブルボニアン

美術には印象派だのヴェネツィア派だの、音楽には古典派だのロマン派だのあるが、それなら俺はブルボン派を立ち上げようと思う。ブルボンのお菓子が好きな芸術家の集まり。

2017-05-17-Wed

[]2Days

今週末、ボクの所属するさいたまファンファーレクラブは2Daysで演奏します。1日目(5/20)は、亀戸文化センターにてグッドアップブラスアンサンブルとのジョイントコンサート、2日目(5/21)はさいたま市中央区の与野公園「ばらまつり2017」にて屋外ステージ公演です。どちらも入場無料です。

 

5/20のジョイントは、普通のブラスアンサンブル公演としても楽しめますし、SFCとGUBEのマニア(なんているのか?)には堪らない驚きのステージが繰り広げられます。

 

5/21の「ばらまつり2017」の演奏も、ほぼオリジナルアレンジでお届けするのでかなりオススメです(新曲もやるよ!)。

ぜひ遊びに来てください。

 

f:id:otoshimono:20170412091143j:image

Good-up Brass Ensemble・Saitama Fanfare Club

グッドアップブラスアンサンブル・さいたまファンファーレクラブ

第2回 ジョイントコンサート

JOINT CONCERT volume 2

日時|2017年5月20日[土]14:00開演(13:30開場)

会場|江東区亀戸文化センター

料金|入場無料・全席自由

問合|グッドアップブラスアンサンブル

    16ddh13500*goodupbrass.net

   さいたまファンファーレクラブ

    rappa*sfc-web.com

   (*を@に変換してね)

曲目|トランペットヴォランタリー

   第七旋法によるカンツォン第二番

   カノン

   「メロディアス・エチュード」より No.3 & No.4

   ムンドゥス・ユヴェントゥティス

   ファンファーレ・フォー・ “SFC” ~ ペガサス序曲

   「トロンボーンのための組曲」より 子守唄 & フィナーレ

   「高貴なる葡萄酒を讃えて」よりホック

   ジェラシー

   ボヘミアン・ラプソディ

   ロッキーのテーマ



ばらまつり2017 さいたまファンファーレクラブ演奏

日時|2017年5月21日[土]13:20開演

会場|さいたま市中央区与野公演 南側広場ステージ

料金|入場無料(屋外です)

曲目|お楽しみに!

問合|http://www.stib.jp/event/data/baramatsuri.html

2017-05-16-Tue

[]80

f:id:otoshimono:20170515120748j:image

子供の頃、学習雑誌の付録についてきた別冊の「まんがの描き方」が大好きで、今でも取っておけばよかったと思うのですが、その中にもプロット集みたいな章があったのを思い出します。

この本はそんなプロットのアイデアが80も入っているネタ本です。この本の内容をそのまま使うのはあまりにも芸がないですが、ストーリー運びの考え方や流れのコツを抑えるのには数をこなすことも大切ですので、漫画やラノベ書きを趣味にされている方には良い参考になると思います。

実は装丁のデザイン出しをしたのは数ヶ月前なのですが、やっと本が出来上がってきました。それにしてもこの本のタイトルもものすごーく長いです。

2017-05-15-Mon

[]記録集

f:id:otoshimono:20170519093259j:image

昨年行われた「さいたまトリエンナーレ2016」での市民プロジェクトの記録集を、公益財団法人 さいたま文化振興事業団からのご依頼でデザイン制作させていただきました。

開催期間中は多くのイベントが企画され、参加された方も大勢いらっしゃると思います。

表紙は市民プロジェクトで設定された「5つの発見」が溶け合いながら流れていく感じをビジュアル化し、紙面デザインにも反映させています。自治体や公共ホール向けの案内冊子ですが、さいたま市の皆さんは見かける機会もおありかと思いますので、ぜひお手に取ってみてください。

2017-05-14-Sun

[]こんなこと、怖くてクライアントに言えない・・・・

D

うん、言えない。

2017-05-13-Sat

[]凱旋ぱんだ(さくさく風味)

f:id:otoshimono:20170412091525j:image

上野発。ぱんだウインドのリハ見学で小一時間滞在。ジョナサンの指揮によるマッキーのシンフォニーは熱くも理知的でアメリカントラディショナルなウィンドシンフォニーの系譜に連なる素晴らしい音楽。スケジュールの関係で本番が聴けず、メンバーや作家陣に挨拶出来ず残念。

これから聴きに来る皆さんお楽しみに。予定空いてる皆さん、必聴! 帰りにさくさくぱんだも貰えるらしいぞ。

2017-05-12-Fri

[]GW返上のアリア

GW返上で頑張ったのにそれでも色々追いついてなくて皆さんに本当に申し訳なくてプラモ作れない。

2017-05-11-Thu

[]花吹雪

先日出かけついでに回覧板をお隣さんちに置きに行ったら、玄関前一面の花吹雪。周りにそのタイプの花木もないので変だなぁと思ってふと見ると傍に生協のものらしい発泡スチロールのケースが3箱積んである。

ここに回覧板を立て掛けておこうと近付いて気付いた。3箱縦に連なる大量の引っ掻きキズ。そう、それは花吹雪ではなくスチロール吹雪だったのだ。研いじゃったのだ気持ちよく研いじゃったのだニャーニャー研いじゃったのだ。

お隣さん、ドアを開けたら吹雪がフワァっとか舞って驚くだろうなぁ。

2017-05-10-Wed

[]銀河鉄道の夜

f:id:otoshimono:20170519092357j:image

tsuyoshi*graphics怒涛のCDリリース第2弾は、

Trio YaS-375 with Friends による「銀河鉄道の夜」です。

ブックレットにもイラストをたくさん描かせていただきました。

この超有名作品のパッケージを丸々手がけられることは

デザイナー(とくにブックデザイナー)冥利に尽きるわけですが

何と言っても

作曲と台本は石川亮太(ここから敬称略)

サクソフォンに山田忠臣、國末貞仁、 上野耕平、 須川展也、福井健太

ピアノとナレーションに小柳美奈子

と書き手と演奏者が豪華の極みです。 

サクソフォン5重奏とピアノによる音楽組曲というより

劇団の公演を観ているかのような気持ちになる1枚です。

是非ぜひ聴いてみてください。

===============================

5/19 豊洲シビックセンターホール 19:00

Trio YaS-375 第7回コンサート公演日より発売開始!

https://yyk1.ka-ruku.com/super-kids-s/seatSelect

===============================

「銀河鉄道の夜」

原作:宮澤賢治 作曲・語り用台本:石川亮太

 

演奏:Trio YaS-375

   山田忠臣(Alto Saxophone)

   國末貞仁(Soprano Saxophone)

   小柳美奈子(Piano & Narration)

 

   with friends

   上野耕平(Alto Saxophone)

   須川展也(Tenor Saxophone)

   福井健太(Baritone Saxophone)

===============================

I テーマ

II 活版印刷所

III ケンタウル祭

IV 銀河ステーション〜旅の始まり

V プリオシン海岸

VI 鳥捕り

VII 賛美歌320番

VIII リンゴの国

IX サソリの火

X フィナーレ

===============================

レーベル:On the Beat(OTB-170519)

定価:2,000円+税

===============================

*その他販売情報は追ってお知らせします。

===============================

2017-05-09-Tue

[]大学生の頃に描いたイラスト

f:id:otoshimono:20170519092226j:image

f:id:otoshimono:20170519092230j:image

仕事の資料を探してたら出てきた、25年前の大学生の頃に描いたイラスト。丁度、大学の吹奏楽部でデタラメな学生指揮者をやっていた頃で、アルバイトで「バンドピープル」という吹奏楽雑誌にイラストを描かせていただいてました。

数をこなしていない拙い学生の絵だなぁとつくづく赤面なのですが、それよりも当時の文字情報が何かと味わい深いのです。

そうだ、この年は故新井靖志さんが客演だったのだ(それはそれは素晴らしい演奏でした)。ヴァンデルローストのスパルタカスがまだまだ新曲だったのだ(J.ローストって誰やねん)。2年前に札幌の吹コンの全国大会で聴いた近大のオルフ曲がみんな忘れられなくて自由曲に選んだ(そして玉砕した)のだ、などなど。