Hatena::ブログ(Diary)

otoshimono

2016-09-26-Mon

[]どうにかなるサ

今まで遠い国の他人事みたいに思っていたことが自身の問題として立ち現れてきたとき、自分の拙さや愚かさを知ることになるのだが、かといって、後悔先に立たずとはよく言ったもので、一本しかない自分の道をどう精査したところで、その問題は「今」現れたことなのだから、クヨクヨしたって仕方がないし、人生に遅いも早いもない。雨の日もあれば晴れの日もある。調子の良いときほど油断してはならない。調子の悪いときほど楽しまないと。どうにかなるサ。

2016-09-25-Sun

[]デザイナーという仕事

デザイナーって「超横長の場所に丸を大きく配置してください」「全部目立つようにしてください」「親しみ易い高級感で」「ヨーロピアンな和風フォントでお願いします」「ビビッドなパステルカラーに変更してください」っていう無茶振りを鮮やかに切り抜けても、結果だけ見た人には「こんなん俺にでも出来るわ」「デザインにお金かけるなんて信じられない。一般公募で」「好きなことだけやってて幸せだよね」とか言われる仕事なので、きっと将来的には悟りが開けるのではないかと思います。

2016-09-24-Sat

[]SOUND CLOUD

さいたまファンファーレクラブの演奏をアップしているサウンド・クラウドの再生回数が1000を超えていて、ちょっとビックリ。多くの方々に楽しんでいただけると嬉しいです。

f:id:otoshimono:20151008193809j:image

J’z Craze Brass Ensemble Repertories - Saitama Fanfare Club

2016-09-23-Fri

[]ビープラ丼。

f:id:otoshimono:20160920202125j:image

通っていた大学の前にあるカフェの定番メニュー。

四半世紀食べてますが、相変わらず美味しゅうございました。

2016-09-22-Thu

[]トミさん

f:id:otoshimono:20160920143154j:image

それにしても、今年は私の人生の岐路で道を示していただいた方々が次々と天に召されてしまう。その中でもバンドピープル初代編集長・トミさんこと、冨田尚義さんは格別である。

私が学生だった当時、指揮の近藤久敦さんを通して吹奏楽雑誌「バンドピープル」のイラスト描きのバイトとして私を雇ってくださったのがトミさんで、私が就職留年していた頃にフルタイムで編集バイトで雇って頂いたのもトミさんで、やっと決まった就職先が大学卒業1週間前に倒産した(!)際、後に私のデザインの師匠となる志岐滋行さん(故人)を紹介して下さったのもトミさんだった。

当時、世の中に対して全く自信を失っていた私に「シモーノはデザイン向いてると思うよ」って後押しして下さらなかったら、師匠の超キビシー修行にも耐えられなかったと思うし、その後の出版関係の皆さんを始め、音楽家の皆さんとの出会いもなかった訳だから、本当に幾らお礼を言っても言い足りないほど。私の人生はトミさんとシキさんに拾って頂いたようなもの。

とはいえ今頃、天界の師匠の事務所に行って「シキちゃんさぁ、こっち来てみたらマシマさんもチハルちゃんもいるしさ、ついこの前はアライくんもきたし、バンピ、こっちで復刊しようぜ。またカンヅメにするけど、そこんとこヨロシク! ギッシッシ」って無茶ブリしてんじゃないだろうか。そしたら志岐さんも「うへぇ! そんじゃあジャックダニエルとホヤおごってね。クックック」って笑うんだろうなぁ。

2016-09-21-Wed

[]矍鑠犬

f:id:otoshimono:20160906144357j:image

mittenが本日13歳になられました。相変わらずワンワン走り回るしボールで遊ぶし落ち着きないんですが、以前より歯も弱ってますし、運動や興奮すると足腰がプルプルしますし、白内障も年相応に始まっており、やっぱりお爺様なのです。代謝が驚異的に良いので矍鑠(かくしゃく)としておりますが、春先の突然階段降りられなくなった事件(今は何事もなかったように降りている)なんかを思い返すに、そういう日々が増えていくのだと思うだけで涙目な私なのです。とはいえ、ご近所には23歳超え(!)の秋田犬様もいらっしゃいますし、これからもご長寿お達者倶楽部であってほしいと願っております。

2016-09-20-Tue

[]運行管理者試験

f:id:otoshimono:20160921155837j:image

いろんな本の装丁をさせていただくのですが、それにしても、世の中にはいろんな資格があるなぁと、その度に思います。

2016-09-19-Mon

[]沼袋にて

f:id:otoshimono:20160821124808j:image

沼袋・Organ Jazz倶楽部でジェイズ・クレイズのファンミーティングでした。今夜もバックアップ担当。グッズ売ったり、楽譜売ったり、写真撮ったり。沼袋って地名、最近どっかで見たよなぁと思ってたら、ついこの間、打ち合わせの移動で、椎名町の陸橋のところからバスに乗って中野に向かうっていうレアな体験をして、その時通ったのでした。

emixは終演後、成り行きからジェイズのメンバーやフリューゲルホルンのYUHKIさんと一緒にアドリヴ・セッションを演奏するはめになってしましました。しかもラッパではなくピアノで。アドリヴもウンウン言いながら弾いてましたが、サポートしている人々が一流なのでそれらしく聴こえました。インチキ・ジャズピアニストの誕生です。

2016-09-18-Sun

[]セットリスト

10/15の、さいたまファンファーレクラブ第21回演奏会、セットリストが固まりました。かなり面白いラインナップになりました!

フランク「英雄的小品」はかなり壮大です。「ロンドンの小景」は完全版で! ジェイズ・クレイズの「HOP」は2年ぶりのオフィシャル編曲新作。「Wrecker」「Smoke & Cloud」はSolid Brass のキレッキレなナンバーを村田陽一さんの許諾&監修の元、演奏させていただきます。お楽しみに!

f:id:otoshimono:20160708111956j:image

さいたまファンファーレクラブ第21回演奏会

日時|2016年10月15日(SUT)13:30開場 14:00開演 入場無料

会場|彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

   (JR埼京線・与野本町駅下車徒歩約7分)

曲目|志は気高く強く限りなく、峻しき峰の輝くがごとく(内藤淳一)

   戦いの組曲(ザムエル・シャイト)

   英雄的小品(セザール・フランク/マイケル・アレン)

   星空 より(廣田純一)

   ロンドンの小景(ゴードン・ラングフォード)

   Hawaii Five-0(モートン・スティーブンス/エムカミ 編)

   The battle of Jericho(伝承曲/ロジャー・ハーヴェイ 編)

   HOP(安部一城/下野恵美子 編)

   Wrecker(村田陽一/下野恵美子 編)

   Smoke & Cloud(村田陽一/下野恵美子 編)

   ※曲目は多少変更することもありますよ。  

後援|公益財団法人さいたま市文化振興事業団

問合|事務局(下野)https://www.facebook.com/tsuyoshi.shimono.1

   ホームページ http://www.sfc-web.com/

2016-09-17-Sat

[]親子のプライバシー考

10代の女の子、赤ちゃんの頃の恥ずかしい写真をFacebookに公開した両親を訴える(The Huffington Post UK | 執筆者:Sophie Gallagher)

いつかこういう問題が出てくるだろうと思って、最近、学生の後輩たちに「お父さんやお母さんが、君が子供の頃の写真を(顔にスタンプされたものを含めて)君に知らせずにSNSやブログにアップしていたり、親の顔写真の代わりに君の顔写真をアイコンに使っていたりしたら、どう思う?」って意見を聞いているところでした。

SNSを親の知人の限定公開にしているとしても、当人にとっては他人な訳ですし、かといって、親子の信頼関係はそのご家庭によって様々だと思います。逆に自分の変顔をアイコンに使って欲しいと勝手に親のスマホで設定してしまう愉快なお子さんだっていると思いますし。

また、表現の自由などの権利問題にも繋がりますので、一概に言えないことも多く、また、「もう何を信じていいのかわからないのでSNSもメールも全部解約してスマホをスカイツリーから叩き落として破壊します」というプライバシー保護に対する過剰な反応や、「それじゃぁラーメン画像以外何にもアップ出来ないじゃん」「子供はダメでお前のところの犬はイイのかよ!」とか、あらぬ方向にトバッチリが行くとどんどん話がヤヤこしくなることもありますから、まぁクレバーな日本人っぽく振る舞うには黙っているが一番なのかもしれません。とはいえ、何かしらの大らかなお約束ごとが形成されていけば、ネットリテラシーもより和やかになるのではいかと切に願っている一人でございます。