Hatena::ブログ(Diary)

otoshimono

2016-08-23-Tue

[]え、そうには聞こえない?

『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』みたいな態度や発言してる人ほど相手の術中にハマりやすい。自分の中のミステイクや矛盾を受け入れる、相手を認め許すっていう行為を『負け』だとジャッジしちゃうとボールはこの先もずっと手元には回ってこないよね。人の世なんてどっち転んだって出鱈目なんだからいつも呉越同舟でいいんじゃないのって思うワケですよ(飽くまでNHK大河ドラマ《真田丸》で石田治部少輔を観てての感想ですよ。え、そうには聞こえない?  うふふ・うふふふふh)

2016-08-21-Sun

[]代官山にて

f:id:otoshimono:20160823162455j:image

本日は J'z Crazeのライヴカメラマンで代官山《晴れたら空に豆まいて》にお邪魔しました。和風テイストの素敵なロケーションで居心地の良い会場でしたよ。

2016-08-20-Sat

[]本格化

f:id:otoshimono:20160820211235j:image

さいたまファンファーレクラブの演奏会も近づき、練習も本格化してきましたよ!

f:id:otoshimono:20160708111956j:image

さいたまファンファーレクラブ第21回演奏会

日時|2016年10月15日(SUT)13:30開場 14:00開演 入場無料

会場|彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

   (JR埼京線・与野本町駅下車徒歩約7分)

曲目|ロンドンの小景(ゴードン・ラングフォード)

   星空(廣田純一)

   「戦いの組曲」より(ザムエル・シャイト)

   英雄的小品(セザール・フランク/マイケル・アレン 編)

   Hawaii Five-0(モートン・スティーブンス/エムカミ 編)

   HOP(安部一城/下野恵美子 編)

   ジェリコの戦い(黒人霊歌/ロジャー・ハーヴェイ 編)

   SOLID BRASS SPECIAL(村田陽一/下野恵美子 編)

   ほか ※曲目は多少変更することもありますよ。  

後援|公益財団法人さいたま市文化振興事業団

問合|さいたまファンファーレクラブ

2016-08-19-Fri

[]それではコミュニケーションにならない

他者(個人や集団)の行動や成果に対する評価を生理的感情表現で締め括ってしてしまう言動を見かけると残念に思ってしまう。

生理的感情はあくまで個人的なものなので、つまるところコミュニケーションとしては議論や問いかけなどの対話ではなく、幼く強い一方的な自己承認欲求なんだろうと。アイツのやり方の云々如何はつまるところトリガーに過ぎず、それを「気持ち良い」「気持ち悪い」と感じている、まさに今の「俺の存在を認めてくれ」という話なんだろうと。

2016-08-18-Thu

[]刺激的な時間

f:id:otoshimono:20160818122316j:image

久しぶりにお会いしたかった方と食事をし、たくさん話をしました。文化事業の専門家として国内外問わず足を運びながら仕事に取り組まれている方です。

前にこうやってお話をしたのは何年も前でしたし、その間にお互い色んなことがあったのですが、基本的に語り合ったのは個人的な話より「この先の地域文化の在り方をどう共有し、どう育み、どう実現させていくか」ということ。お互いの知見や技術や人脈を駆使し、関わる人々の経済も成り立たせつつ、地域文化のより大きな面白い流れを生み出していくにはどうしたら良いだろうということ。とても濃く刺激的な時間でした。

写真はお土産で頂いた高級ポッキー。

2016-08-17-Wed

[]見本

f:id:otoshimono:20160818130612j:image

「中学生ブラバン天国」見本届きました。手前味噌ですが、超特急ながら紙面フォーマットを入念に作った甲斐があって、本文1色刷ながらオザワさんの文章と写真が相まって臨場感のある仕上がりになっていると思います。

吹奏楽部と括ってもそれぞれの地域・人材・教育事情によってその在り方や考え方は多種多様で、ひとつ&ひと時として同じ事例はありません。今回のオザワさんの取材先は、結果として読者の認知度が高い全日本吹奏楽コンクール上位成績校とその顧問の先生方へのウェイトが高いものの、それぞれが全く違う地域・人材・教育事情の中でそれぞれの問題を抱えながら取り組んでおり、「やっぱり全国へ行くような学校はどこも●●だよね」と言った決まり事なんてありません。ぜひお手にとっていただき、それぞれの「気づき」の糧としていただければと思います。

2016-08-16-Tue

[]VS

f:id:otoshimono:20160816104254j:image

持ってるソフビやフィギュアと風景を合成して特撮風画像を作って遊ぶのですが、ゴジラ2016(シン・ゴジラ)のソフビを買った話を友人にしたところ「母校を襲って欲しい」」とリクエストされ、作り始めてみたものの、何となく単調な仕上がりになる可能性が出てきたので、庵野監督つながりでドラマティックな展開にしてみました。

2016-08-15-Mon

[]冷やしフォアグラの真実

f:id:otoshimono:20160815173100j:image

海苔巻き風で出てきました。

美味しゅうございました。

2016-08-14-Sun

[]優しさ

f:id:otoshimono:20160813194701j:image

先日は、須川展也さんが埼玉大学吹奏楽部や東京大学吹奏楽部のパートトレーナーをされていた頃に学生だった方々や浜松北高のOBの方たちが中心となってもう29回(!)続けている「サクソフォーン発表会」に毎度毎度の押しかけカメラマンとして参加してきました。

それにしても感じるのが、この須川さんを中心としたファミリーの持つ温かさを優しさです。「人を思いやる心は力になるのだなぁ」と自分の普段の心の貧相さを改めて反省する貴重な年間行事でもあります。

2016-08-13-Sat

[]honey and lion

f:id:otoshimono:20160816153109j:image

「羽海野チカの世界展〜ハチミツとライオンと〜」観てきました。ボクが羽海野センセイについて話すと三日三晩語り尽くしてしまうので置いとくとして、それにしても素晴らしいのがこの図録(兼イラストカード)。開いたときのインクの香りまでディレクションしているであろう名久井直子さんのデザインと印刷への造詣の深さは隅々に至るまでデザイナーを三日三晩凹ます技が詰まっている。そして、それを実現させる凸版印刷の技術力の高さに舌をまく。

ずっと持っていたくなる・何かにつけては取り出して読んだり眺めたりしたくなる本やCDやパンフレット。そう言ってもらえる1冊を作るために今日も頑張る。