Hatena::ブログ(Diary)

ottuの月記

2012-11-08

株式会社 ウサギィ に行ってきました!

21:51

巷で「海鮮丼屋なのではないか?」と噂の絶えないウサギィ。


Twitterで「俺も海鮮丼食べたい!」って言った所、

中の人達から「おいでー」と言って頂けたので

無礼を承知でお邪魔させて頂きました。


発端はここら辺。


とか、

とか。


という事で、2012/11/07 PM1:00、

ホイホイとウサギィにお邪魔してきました。


ウサギィがある稲荷町タワー自体は上野駅から浅草通りを真っ直ぐ行った所の道沿いにあるので

簡単に見つかりましたが(といっても GoogleMap万能)、其処からがちょっとハードル高かった。

受付ロビーのお姉さん達に教えて貰いつつ、エレベーターに乗り、そして…



呼び鈴押したら、かずー氏がお出迎えして下さいました。

そのままフロアに通して頂き、まず町代表(@)とかずー氏(@)に改めてご挨拶。


もう玄関からオサレな会社でしたが、

作業スペースとなるメインフロアも白と黒のツートーンカラーで纏められてて

落ち着けるとても素敵な空間でした。だって熱帯魚泳いでたし。


そこから自分の雑魚アピールを一通りして、Delphi Disったり、

今の時代お金になる言語は〜とお話をしている間に女帝氏(@)*1もいらっしゃったのでご挨拶。


因みにお金になる言語、という話では

やっぱり何だかんだ言っても PHPは就職に強いという揺るがない事実と、

「ここ(ウサギィ)で働いてると忘れるけど、(業界的に)Ruby(の案件)は思ってる程多くはないんじゃないかな?」

というようなお話を頂きました。


あと、Web関係で仕事を探すなら Server Sideの知識は必要不可欠、

JavaScriptはその関係上いつか覚える事になる、

Javaで Webも出来るけど面倒くさい、とか

D言語は良い言語、

ゲーム業界なら C++は必須も必須、

今時 Delphiはねーよwww、とかそんな所のお話も。


皆様 Twitterで伺えるようにとても気さくな方々でしたが、直接お話してもやはり皆様凄い方達でした。

そこで改めて思った、自分の場違い感。

気にしたら死ぬと思って知らない振りしましたが。


そんなこんなで女帝氏と妹トークしてた所に、おもむろに差し出される噂のアレ。

か…海鮮丼のメニュー表…!!!

裏メニューの存在も仄めかされる中、そこに記載されているだけでも 59種類ありました。

(まだ注文した事ないモノもある(?)そうなので、見学者の皆様は狙っていきましょう)

そして悩んでいる間にも、頭上で飛び交う"コスパ"という言葉。

流石だな、と思った。


結局私はサーモンネギトロ丼をご馳走になりました。

噂に違わず、とても美味しかったです。

緊張してたので美味しいって全く表現出来てなかったのが悔やまれます、

本当に美味しかった…!


しかし海鮮丼化身たる代表がウニ食べられないって話を聞いた時には

なんか不思議な衝撃を受けました。

かといっても海鮮丼。代表、痛風にはお気を付け下さいませ…。


海鮮丼もぐもぐした所でインターンの学生さん(だと思う)がお二人いらっしゃって、

最終的にその日は町代表とかずー氏と女帝氏、あとお名前お伺い出来なかった↑の方々との

5名のお仕事を邪魔するという形になってました。


そして外も暗くなって来た所で、外出されていた代表もお戻りになり

皆様のお仕事もノってきた感じでしたので、一足先に退散させて頂く事に。

帰りは代表、かずー氏、女帝氏揃ってお見送りして頂きました。


過去にプログラマとして生きた事があったとしても、

主業界が違う事や、ブランクがある事もあり、

聞いた事があるだけのツール(jenkins等)が当然のように使われているのを目の当たりに出来たり、

やり取りしている会話に散見される話題の豊富さだったり、

突然の面白ネタ(その日は Linux Mint搭載の USBが取り出された辺り)に皆で笑えたり、

知ってる世界とは全然違くて、憧れたし、羨ましいとも思ったし、

自分が目指すはそんな次元の話なんだなって、ハードルの高さにちょっと怖くなったりもしました。


それらを知る大切な一日を、ウサギィにて過ごさせて頂きました。

ウサギィの持つ組織としての強さを、身に染みて感じました。

本当にお世話になりましたーーーーー!!!!!



あと最後に。

折角女帝氏に募集かけて貰ったので、是非よろしくお願いします :-)

*1:現所属はご本人のプロフにてご確認下さい。誤解を広める事になりかねないので一応。

リンク元