Hatena::ブログ(Diary)

近江温泉病院 総合リハビリテーションセンター・☆・おうみリハビリ便り

 

2018-11-06

★ハロウィンのドリンクフェア開催★

秋も深まり、今年も色々な場所でハロウィンのイベントが行われました。秋の行事として年々人気が高まっているそうです。近江温泉病院の回復期リハビリ病棟では、数年前より秋にはハロウィンイベントを開催しています。

今年は10月25日にハロウィンのドリンクフェアを開催しました。日々リハビリテーションを頑張っておられるみなさんに、日頃の疲れをリフレッシュしていただければと思い、手作りのお菓子とドリンクを用意しました。

f:id:oumiriha:20181106092353j:image

今回は、病棟デイルームをハロウィンの雰囲気に。患者さんがリハビリ中に作成してくれたおばけカボチャがポイントです。

f:id:oumiriha:20181106092337j:image

栄養科・料飲科の方に用意していただいたデザートのチョコとオレンジのムース、ゆずロールを中央に配置、スタッフが飲み物の注文を伺いデザートと共に配膳します。

f:id:oumiriha:20181106092319j:image

摂食・嚥下障害の方にも、安心して食べていただけるようにムースの下の生地にも一工夫がされています。飲み物は、抹茶、りんごジュース、ホットコーヒーから選んでいただきました。

f:id:oumiriha:20181106092410j:image

当日は平日にも関わらず、沢山のご家族やお孫さんたちが来てくださいました。小さな赤ちゃんも来てくださり、ご家族はもちろんのこと、周囲の患者さんも手を伸ばし、可愛い笑顔にニコニコ、ほっとした雰囲気になりました♪

f:id:oumiriha:20181106092420j:image

また、このイベントは、入院患者さんの食べる・・食べたい・・の思いを刺激し、このイベントを境に、摂食嚥下機能がより高まったり、食への意識が高まったりといった、様々なリハビリ効果ももたらしてくれる、当院回復リハビリテーション病棟の大切なイベントプログラムとなっています。これからも様々な工夫を凝らし定期開催していきます。お楽しみに・・・・・

2018-10-20

リハビリテーション・ケア合同研究大会 in 米子2018!

平成30年10月3〜4日に鳥取県米子市にて開催された、リハビリテーション・ケア合同研究大会に参加させて頂きました。当院からは、以下の2演題が採択されました。

回復期病棟における「近江就労支援・レディネスパス(on the jobに向けて)」』 

作業療法士 瀧沢幸美

当院では、復職・就労希望対象者の入院増加に伴い、経験少ない作業療法士でも回復段階に応じて必要な介入が求められることが多いため、パスを作成しました。今回、発表させて頂くことで、需要があるパスであると改めて感じました。今後、見直しを検討し、就労・復職後の経過も追っていきたいと考えています。

f:id:oumiriha:20181020110502j:image

『住み慣れた寺院で人生を振り返る 〜唯一無二の作業ストーリーに着眼した訪問作業療

法士の関わり〜』 作業療法士 高山琴音

本発表では、利用者様の『人生』を基盤とした、その人にしかない、たった1つの『作業ストーリー』に着眼し、関わらせて頂きました。生活を取り戻せるよう、動作指導や環境調整等に関わることに加え、利用者様の強みを知り、その人らしさを導き、引き出せるよう支援させて頂くのも、作業療法士の役割であるのではないかと感じました。また、このような視点を持って作業療法を展開していく大切さを、改めて再認識出来ました。

そして、人生初の鳥取県!ということで・・・

もちろん鳥取県ならではの食べ物、有名地も満喫してきました(^u^)♪

念願ののどぐろ!!!

f:id:oumiriha:20181020110518j:image

ゲゲゲの鬼太郎の電車も見つけました!スタッフも大興奮です!!!

f:id:oumiriha:20181020110532j:image

\ おい!鬼太郎!!! /

f:id:oumiriha:20181020110546j:image

当院スタッフの支えが励みになり、無事に発表を終えることが出来ました(^^)

f:id:oumiriha:20181020110600j:image

当院では、患者様の幸せに寄り添うリハビリテーションを実施出来るよう、理学療法士作業療法士言語聴覚士それぞれが研究活動を積極的に取り組んでおります。また、各病棟でリハビリスタッフ間のみならず、医師看護師介護士、入院相談員・・・など多職種連携を意識し、日々の診療に努めています。スタッフ間で、常に密なコミュニケーションを図っており、家族(Family)のように仲が深いことも、当院リハビリテーションセンターの強みであると感じます!

本発表を通じて学んだ経験を今後に活かし、作業療法士として更にステップアップ出来るように努めていきたいと思います。 作業療法士 瀧沢幸美、高山琴音

2018-09-19

「平成30年度 新入職スタッフからのメッセージ 〜入職から5ヶ月経って〜」

f:id:oumiriha:20180816173059j:image

今年度は理学療法士作業療法士合わせて10名のスタッフが入職しました。入職して5ヶ月・・・患者さんも担当して毎日頑張っています。そんな新入職スタッフからのメッセージをお届けします。

平成30年4月入職 理学療法士 竹村くん

私は、今年四月に入職し、初めて理学療法士として、患者さんと接するということに学生の実習の時以上の緊張感と不安を感じました。

実際の臨床では、介助が必要な方や、内科的疾患によりバイタルサインが安定しない方、認知機能・精神力の低下によりリハビリを進めることが難しい方などの学生の時には経験しなかった患者さんのリハビリを経験し、分からないことや、悩むことがたくさんありました。

しかし、先輩のセラピストの方々に相談をさせて頂くことができ、チームミーティングなどで一緒に考えて頂く機会もあり、日々の指導に支えられていると感じています。

先輩方の指導のおかげで現在では力不足ながらも責任感を持ち、日々の理学療法やその他の業務を実施することができています。もうすぐ1年目の下半期に差し掛かるため、日々研鑽に励み、信頼される理学療法士を目指していきます。

平成30年4月入職 作業療法士 岩崎さん

近江温泉病院には大学での評価実習でお世話になる機会があった為、一日の流れや病院内の雰囲気などは理解出来ていました。しかし、いざ作業療法士として働くとなると、診療に関する書類の書き方から一日の業務内容まで細かく覚える必要があり、本当に毎日が大変で、日々があっという間に過ぎて行きました。また、社会人として働くことの大変さや責任も改めて痛感する毎日でした。

忙しい中でも、先輩方の姿を見ながら、「私もあんな風になりたい。」と思い、患者さんとの接し方や作業療法プログラムの進め方、他職種の方々との連携の仕方など多くのことを学びました。「作業療法士としてこれでいいのだろうか?」と悩むことも多いですが、先輩方や同期に支えられながら、毎日の診療に取り組んでいます。

まだまだ一人前にはほど遠いですが、日々学びを重ね、“その人らしさ”を支援できる作業療法士になるためにこれからも頑張りたいです。

f:id:oumiriha:20180816173008j:image

2018-08-19

能登川博物館(能登川図書館に併設)で当院.作業療法のストーリーパネル多数展示‼️「作業療法へのいざない」‼️へ

8月22日水曜日〜26日日曜日まで、能登川博物館ギャラリー能登川図書館に併設)で、「作業療法へのいざない」開催❗️

当院での作業療法のストーリーパネルや作品が多数展示されています。今年で4回目の開催。パネルのほとんどは、新たなこの1年のエピソードパネルです。

f:id:oumiriha:20180819195407j:image:w360

f:id:oumiriha:20180820022442j:image:w360f:id:oumiriha:20180820022527j:image:w360

f:id:oumiriha:20180820022621j:image:w360f:id:oumiriha:20180820022656j:image:w360

f:id:oumiriha:20180819195307j:image:w360f:id:oumiriha:20180819195354j:image:w360

OTを目指している学生さん、中高生のみんな❗️市民の皆さん、就職活動中の皆さん❗️是非、足を運んでください‼️

8月26日は、10時20分から「人を幸せにする作業療法」と、題してわかりやすい作業療法のお話も予定しています‼️

f:id:oumiriha:20180815174256j:image:w360

講演は、事前申し込みをお願いしていますが、当日参加もOKです!できれば事前申し込みしていただければ、うれしく思います!❗️

また、展示したパネルエピソードは、このブログでも紹介させていただきます‼️

以前の開催の様子は、こちらで‼️

http://higashioumi.hatenablog.com/

2018-08-18

「涼夏」のドリンクフェア開催!!

今年の夏は、35度以上の厳しい猛暑日が続いています!!

回復期病棟では8月9日に、「涼夏」をテーマにしたイベントを開催しました。日々リハビリテーションを頑張っておられるみなさんに、涼しさを感じて頂けるようドリンクフェアを開催致しました。今回のテーマは「涼夏」暑い夏にぴったりのドリンクとデザートを用意しました。

f:id:oumiriha:20180818093301j:image

今回も、病棟デイルームを喫茶店の雰囲気に♪♪スタッフがデザートと飲み物の注文を伺い配膳します。栄養科・料飲科の方に用意していただいたデザートは、パンプディング・みかんのババロアです。摂食・嚥下障害の方には、安心して食べていただけるようにパンを一旦ペースト状にしてから調理する工夫がされています。飲み物は、当院医師がたてた抹茶、ミックスジュース、アイスコーヒー、アップルジュース、オレンジジュースから選んでいただきました。中でもブレンダーを使って作る生果物のミックスジュースは、1番人気でした。

当日は夏休みということもあり、沢山のご家族やお孫さんたちが来て下さって、リハビリ中には見ることができないほっこりした笑顔を見ることができました。

f:id:oumiriha:20180818093318j:image