Our Bubble Hour通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-08-05

our_bubble_hour2009-08-05

Cuushe / Red Rocket Telepathy


Our Bubble Hour vol.4に御出演頂いたCuusheさん。先月7月2日に自身初となるアルバム'Red Rocket Telepathy'をリリースされました。

間は空きましたが、それを記念してクロスレビューをやらせていただきたいと思います。

素敵な文章を寄稿頂いたのは、幾つかの商業誌にてディスクレビューをされていたこともあるゆりかさん、自身も音楽家であり音楽イベント"13complex"を主催されCuusheさんとの親交も深い牧野エリさん、そして泡3に御出演頂いたばかりかCuusheさんと泡を結びつけてくれたnakao:::さん、おまけで私と4名でお送りさせて頂きます。

それではどうぞ。


<夜から朝への乗り物>

cuusheの音楽には、真っ黒な、正確に言うと少し"群青色"をした夜空がとてもよく似合う。

ただし、ピーターパンとウェンディのように空を飛んだり、ジョバンニとカムパネルラのように銀河鉄道の旅、というわけではない。

舞台は、どこにあるか分からない未知なる惑星ではなく、この青い地球の上。

皮肉にも、現実の中にしか存在しない、夢の中。

"浮き足立った僕らは、いかれた夢の中"


<夜から朝への贈り物>

全11曲の"Red Rocket Telepathy"は、1曲目"From The Window On The Plane"で、現実でのあらゆる感情や懐かしい情景と寄り添いながら、僕たちの意識は地上から放たれる。

2曲目"Summer Night Sketch"からもうすでに非日常的な夜間飛行を楽しむことができ、4曲目"Hate You"からはまた少しずつ現実味おびた日常へ逆戻り。

そして、本作の真ん中の6曲目にあたる"Simple Complication"を境目に、"群青色"からだんだんとまばゆい光を帯びてくる。新たな扉を開けるようにはじまる8曲目の"Airy Me"。10曲目"Into The Future"はこのアルバムの中での一番光り輝くポップなナンバーで、夜間飛行中なのに昼間なのかと錯覚してしまうくらい。

電子音と日常音が混ざりあう中で、現実と夢が混ざりあう。

それが、"君"と"僕"がつながることができる、世界でひとつの赤いロケットのテレパシー。

"僕ら、今、同じ気持ちさ"


<夜から朝への語り物>

11曲目の"Dust Of Dreams"だけでなく、全編にわたって歌というよりは語りに近い形で歌うcuusheの声は、少しだけ透き通っていて、少しだけ淀んでいる。まっすぐではなく、少しだけねじれている。その歪みが、この地球上で生活をする"君"の耳を離さない、"僕ら"が存在する限り。

また、彼女の言葉たちは美しくありながらも、少しドロドロとしていて、"僕"という一人称が多く表現されていることで、"Strange Animal"が生息する夢現の世界を作り出す。

"すごい早さで世界は廻る"けど、"僕ら"は歩いていかなければならない。少しずつ、少しずつ。

そして、僕たちはいつのまにかその変化に気がつく。

"群青色は、朝のはじまりへ続く色"

牧野エリ http://makinoeri.velvet.jp/


京都出身の女性SSW「Cuushe」のデヴューアルバム。

日常と非日常を行き交うような、素敵なメロディに乗せて、Cuusheさんの透き通ったヴォーカルが入ってきます。

BOCフィッシュマンズなどを彷彿させられる部分もあるのですが、オリジナリティ溢れています。

フィールドレコーディングされた音が、ちょっと不思議にも感じるエレクトロニクスと絡み合い、絶妙な空間を作り出しています。

透き通って柔らかなヴォーカルやリリックにも耳を傾けてみると、世の中の平和な部分が感じ取れます。

特に最後の曲のポエトリーリーディング風なヴォーカルスタイルは、本当に、聴いていて心地よい空間です。全曲、それぞれにオリジナリティ溢れているのだけど、トータルで聴いてみると、自然と一体化している印象を受けました。

ゆりか http://bbpoqdd.seesaa.net/


ステレオタイプに過ぎるかもしれないけれど、若さとは明るく元気で前向きで勢いのあるばかりではないといまになって思う。

それは天井知らずの可能性に満ちていて、その先に描くものはどんなに漠然としていても輝きを湛えていたけれど、焦燥感のようなものは常に付きまとっていて、訳もなく不安だったりもした。

Cuusheさんの初めてのアルバム、Red Rocket Telepathyを聴くと、そんな在りし日の若々しい匂いを思い起こすのです。

柔らかな楽曲と、少し苦い青々としたコトバが詰まった素敵な作品です。

obh


夜になると、部屋はまるで別世界で、眠ったり、目が覚めたり、考え事をしたり、思いついたりしながら、あっという間に時間が経ってしまう。

"Red Rocket Telepathy"には、曖昧なものと覚醒的なものがぐるぐると飛び交っている。

混沌のなかにリズムが現れたり消えたり。

あっという間に時間が経ってしまいます。

nakao::: http://www.geocities.jp/nakaohou/


以上です。     f:id:our_bubble_hour:20090805114837j:image

そしてこのリリースを記念したツアーも予定されています。

彼女の楽曲はライヴでより一層輝きを増すこと請け合いです。ぜひお出かけ下さい。ホントおすすめ。


flau presents

"Red Rocket Telepathy Release Party"

(sun)09.Aug.2009 @ shibuya 7th floor

open: 17:30 / start 18:00

adv.2500yen (+1drink) / door.3000yen (+1drink)

live:

Cuushe (w.土屋貴史 and 城戸 紘志)

オルガノラウンジ + 松本力

The Young Group

Mit〓 Kuuluu (gutevolk + aus + itoken)


前売りチケットメール予約 event@flau.jp

お名前・連絡先・枚数を明記して上記のアドレスまでご送信ください。

予約特典として、cuusheの未発表曲、リミックスを収録したスペシャルCDをプレゼント!

■other schedule■

2009/8/15(土)@K.D ハポン/奈良

2009/8/16(日)@UrBANGUILD/京都

2009/9/5(土)@cafe sample/奈良

●INFORMATION

flau: http://www.flau.jp/

http://www.myspace.com/flaumusic

2009-05-26

our_bubble_hour2009-05-26

sanctuary / ラジオゾンデ

今回Our Bubble Hourにご出演頂く、青木隼人さんと津田貴司さんのデュオラジオゾンデ

今年3月にSTARNET MUZIKより1stアルバム「sanctuary」をリリースされています。

大変充実した内容で、その製作過程はアルバム製作ノートに津田さん自身の手で詳しく丁寧に綴られています。

なのでこれ以上なにをといった感じではありますが、アルバム発売を記念して久しぶりとなるクロスレビューをやってみようと思います。



ユニット名に冠されたラジオゾンデとは、「気象観測気球」のことだそう。気球から眺める音を音像化するという彼等の奏でる音楽には、流行や奇を衒ったりといった不必要なモノは一切介在していない。淡々と奏でられるギターやエレクトロニクスの持続音等と呼応しながら、柔らかく旋回する音達にジッと耳を傾けてみれば、ラジオゾンデの持つ世界観に引き込まれて行く事と思います。僕がそうであった様に。

                                      zu-hause


アコースティックギターの調べや、虫の鳴き声、ギタードローン、こんなキーワードを挙げると、風景を情景を喚起させる音楽などと言った手垢のついた表現を用いたくなるけれど、不思議なものでラジオゾンデの音楽からはより物理的で具体的な何かを想起させられる。

それもそのはずこのアルバムの製作ノートを見ると、ライヴ録音による音素材をほぼ原型に近い形でエディットしているらしい。

なるほど。これはある観測記とも呼べる録音なのかも知れない。まさにラジオゾンデ。名は体を(音を)表している。

日が昇って沈んで、気温が上がって下がって、空気が様々な形で流れて、一日という時間が過ぎる。その記録。写真のような音楽。

                                        obh


ラジオゾンデは、日に2回放たれる。

湿度や気圧を測りながら上昇。

約30kmの高さで気球は破裂し、観測器はパラシュートをひらいて、地上に降りてくる。

空の上のラジオゾンデは、静寂の中にいる。

空気とともに動くので風は感じない。

動いているのは自分ではなく、世界の方だ。

ラジオゾンデの行く先は決まっていない。

偏西風にのって海へ向かうものが多いが、最初に放たれた、もとの場所に戻ってくることもある。

ラジオゾンデ(気象観測気球)について書いていたら、そのままラジオゾンデの話になった。

これは彼らの、彼らと環境の合奏による、ファーストアルバムです。

                              西村佳哲(リビングワールド



今回はラジオゾンデとしてお誘いさせて頂きましたが、青木さん、津田さんお二人ともソロアーティストとして長く充実した活動を重ねておられます。

そちらの方もぜひチェックして頂きたいと思います。


青木 隼人 Guitar,Chromaharp, etc. 

f:id:our_bubble_hour:20090526235533j:image

ギター演奏を中心に、環境と共存する独自の音楽を展開。ライブ活動のほかにも、ギャラリーなどの展示空間にて会場や作家のために音楽を制作。2008年冬「NADA ART FAIR MIAMI」(米国マイアミ)にてサウンド・インスタレーションを発表。自主レーベル「grainfield」からCD『guitar solo # 1』『guitar solo # 2』『morning july』『morning october』を発表している。(photo:かくたみほ)

http://grainfield.net/aoki/


津田 貴司 Guitar, etc. 

f:id:our_bubble_hour:20090526235535j:image

90年代後半よりhofli名義でサウンドスケープに基づいた演奏を行なう。360゜records、commune diskのコンピレーション参加、アルバム『水の記憶』のほか、津田貴司名義で『湿度計』(STARNET MUZIK)リリース。サウンド・インスタレーションとして『湿度計』(益子STARNET RECODE)、『海の呼吸』(葉山haco)などを発表。空間との対話を重視した音楽活動を展開している。

http://d.hatena.ne.jp/hofli/

2008-10-26

our_bubble_hour2008-10-26

 郊外 / 山口晋似郎 [加筆修正版]

先日の泡にてとても素晴らしい演奏をして頂いた山口晋似郎さん。

国内盤としては初となる彼の最新アルバム「郊外」が10月25日にcherry musicよりリリースされました。

そこでこれを記念して、こちらでは2回目となりますクロスレビューをやってみようと思います。

前回に続き、同じくcherry musicから発表されている、Yannick Daubyのアルバム「Fevrier」にコメントを寄せているzu-hauseさん。大変僭越ながら俺obh。

そして山口さんとレーベルtwolinesを運営し、2人による音楽ユニットであるhuvaでも活躍されている浦裕幸さんからも特別寄稿頂いております。

どうぞご覧下さい。



やまがつくった「郊外」

中学生のときからやま、そう呼んでいる。

独特の間と虚無とは無縁のある種ポジティブな暗さ、

常に自分と対峙し、何をやろうと断固肯定し続ける覚悟。

「郊外」は、そんなやまの内面がたくさん詰まったCDだ。

        • 浦 裕幸 (TWOLINESゼネラルマネージャー兼ベストフレンド)


山口晋似郎さんのニューアルバム「郊外」

言葉で表すのがとても難しいです。

聞く、と言うだけにとどまらない、触覚を喚起させられる音楽。

いや、一口に音楽って言っちゃうのも若干抵抗があります。

ヘッドフォンで聞いていると、体内にその音が物理的に沁み込んで来て、充填されているかのような気がします。

CDプレイヤーだったら?その音が鳴っている空間が浸水してるかのように、山口さんの作り出す音で満たされていきます。それこそ隅々まで。満タンです。

それは水の中に居るのに、肺の中がその水で満たされているのに、なぜか呼吸ができているような、そんな感覚。

そういえばエヴァンゲリオンのコクピット内がそんな感じで表現されていましたか。

そしてその音は粘度が変わるように急に変化します。

聞いているのだから鼓膜には感度が伝わっているけど、肌や体内にまで何やら触感が生まれているような気がするのです。圧力だとか、引力だとか、いろいろ。

そんな摩訶不思議な感覚は、とても刺激的なものだけれど、不思議と静謐な質感が保たれていて、そこに山口さんの人柄が透けて見える気もするのです。

ああ。やっぱり言葉にするのが難しい。

でも未知なる物事に出会った時ってのは、そうなってしまうものなんだろう。きっと。

        • obh


山形を拠点にマイペース(なのが少々寂しい)な活動を続けるcherry music。

まだ10枚にも満たないカタログ数ではあるが、既に地にしっかりと足の着いた姿勢と匂いを存分に伺わせ、「フィールドレコーディング」をベースに良質な作品を送り出している。

そんなcherry musicが新たに提示すると同時に、フィールドレコーディングという概念に縛られない形でリリースされた山口晋似郎による、「郊外」と冠されたこの作品に触れてみる。

そこに現出する風景のギャップと合致とが交互に入り乱れ、なんとも不思議な足跡を残してくれる。

微細に響き渡る素っ気ない微ノイズの連続性からは、彼の真骨頂(?)が伺える。

例えば一曲目の提示の成され方は、自分の予想の範疇を軽々と凌駕し、レーベルの新機軸を高らかに宣言していると思うのと同時に、「らしさ」も違った角度からではあるが、否応にも感じ取れる瞬間にも度々遭遇出来た。

ハードコアと静謐な側面の、ある種の紙一重さを内包した、素晴らしい作品である。



以上になります。

また最近リニューアルされたばかりのcherry musicのsite上でもアルバム紹介のテキスト、並びに山口さんとバンド'Hello'でも御一緒されている川口貴大さん(彼も本当に素晴らしいアーティストです)からのコメントも記載されています。

ぜひチェックしてみて下さい。


f:id:our_bubble_hour:20081026135200j:image

山口晋似郎/「郊外」 cherry-004

定価:¥2,100(税込価格)


f:id:our_bubble_hour:20081026135201j:image

山口晋似郎

1983年12月30日生まれ。楽器と非楽器の演奏、作曲をする。手法にはこだわらず、 流れる時間に点を置いたり線を引いたりする「間隔」を大切にしている。 過去にはASAMO名義でいくつかの電子音楽作品を発表。 ソロ以外では川口貴大とのバンド“Hello”や浦裕幸とのグループ“HUVA”、 タブラとエレクトロニクスのトリオ“Tebla”等で活動をする。