Hatena::ブログ(Diary)

BMK AT RUSTCAGE

2018-11-09-Friday

チャリンコの大改訂00:42




先日通勤途中に車と接触しまして、おもっきし後輪を持ってかれました。

リムのフレ取りが終わったばかりだったので少しヘコみましたが、保険下りたのでこの際だから鋳造エアロスポークのものに変更することにしました。

で、同時にスプロケットボスフリーからカセットに変更となりました。

今回選んだのは11-42Tという結構ワイドレシオなもの。

本当は9Tとかにチャレンジしたいんだけど、諸々の理由もあってトップは11Tのままとしました。

現状がDnPの11-34Tだったので、ローで4T増しとなります。

フロントアウターは42Tなので実質1:1になるんですが、速度アップには繋がらないので、フロントディレーラーに対して挑戦するかしないかの選択をしなければならない状態です。

ちなみに、今のクランクのQファクタが大変低く、セッティングが出せてないのもあり、フロントは実質アウター固定状態です。

フロントをシングル52Tとかにしていまいたいのですが、そうすると1:1.23ぐらいになって上り坂では苦労してしまいますので、それは避けたいんですよね。

フロントディレーラーはリアとは違って大変シビアです。

どうしてもフロント3sに拘るのか、フロントを2sかシングルにするのか、というあたりで今まったく色々と決められない状態です。

要は、アウターからインナーに向かって斜めに動くガイドがチェーンリングの外径形状と一致している事がスムーズなシフティングの条件となり、モデル毎にこのあたりは精密に調整されているため、クランクセットも対応したものを使用するのが前提となっている訳ですね。

もう少し思案せねばならんです。

2018-10-08-Monday

GET, SET, 号。 01:12





2018年娘。の秋ツアーに参加中です、この週末は高松だけでしたがw

来週の座席バグっててちょっと自分が保てるか自信無いですが。



てな訳ですが、ツアーの感想文は保留して、今回どうしてもやりたい事の骨子を書きます。

f:id:outjustice:20181008005259j:image

これは、今回のツアータイトルロゴに描かれているファイターです。

これをフルスクラッチしたいなって思ってます。

で、デザインするにあたり、とりあえず3Dモデル作成しました。

f:id:outjustice:20181008010158j:image

f:id:outjustice:20181008005532j:image

f:id:outjustice:20181008003136j:image

バットモービルに翼が生えたような見た目になってしまいました。

ライブ途中でビジョンに出てくるやつとは違う機種です、今のところこいつがライブの場面に出てくる感じはありませんので、このロゴから構想を興さないといけない訳です。

私の勝手予測物事を進めておりますが、翼のマウント部分に繋がるジェットは恐らくメインの推進装置です。

ディエンドに見えるノズル状のジェットは恐らくターボかなと。

先端に生えてるのはレーザービームでしょうね。

コックピットと思われる部分の上の兜みたいな部分の機能はちょっと思いつきませんでした、アンテナシールド発生装置かな、ぐらいのイメージでw

角度的に見えてない後部に関しては殆ど創作しました。

推進ジェットは左右と中央に、これで航行の舵取りをするっちゅうイメージです。

形状はインペリアルスターデストロイヤとX-ウィングの間ぐらいな感じで。

3DBuilderで1時間半ぐらいでラフでもこんだけ出来る便利な時代になりました。

しかもなんか先日のアップデートオブジェクトのエディットが可能になってます、これはちょっと便利かも。



てな訳で、おやすみなさいえりぽん!!!

2018-09-13-Thursday

台風停電01:00





それなりに被害のあった地区でしたが、自宅付近については甚大な被害はありませんでした。

およそ13時間の停電で済んだのは奇跡としか言えません、近隣でも数日前まで停電してた地域ありましたから

以前から停電時の備えという部分では意識がありましたが、今回は母親用の懐中電灯を停電後暗闇の中で造る羽目になりました。

停電時に一番影響出るのは冷蔵庫冷凍庫

次に影響出るのが光源です。

冷蔵庫みたいなメガトン負荷は賄えなくても、光源程度なら数日稼働出来るぐらいのものは備えておきたいと考えてます。

で、以下のようなものを早急に造ろうかと思ってます。

f:id:outjustice:20180912210743j:image

まず、コンセントから給電する12Vと18Vの2系統DC電源を用意します。

12Vはリレー駆動用、18Vはバッテリーチャージ回路用です。

上の画像は平常時の状態

リレーは、バッテリーの+とチャージ回路がコイル通電時に接続する側でショートするようにし、比較的低い電流でチャージします。

だいたい250mAぐらいかな。

停電すると以下のようになります。

f:id:outjustice:20180912210953j:image

リレー駆動の12V、チャージ回路の18Vがシャットダウンして、リレーはコイル無通電時に接続する側でショートし、LED回路に繋がるという仕組み。

昼間の消灯のためにマニュアルスイッチも設置します。

リレーは1系統用意し、機械的リスクを最小限にします。

これの製造コストは恐らく10kぐらいです。

造る価値はあると考えます。