Hatena::ブログ(Diary)

Oyoの企み。

おひさしぶりです。Oyoです。
2008年の夏より長らくお休みしていましたが、戻ってまいりました♪

2008年7月〜2009年12月は、Mixiの日記を編集して掲載しました。

〓引越しのお知らせ〓
2010年からはお引越しをし、こちらで日記かいてます。
Oyoの企み。〜ブルキナファソ編
Oyoの企み。〜ブルキナファソ編へ

これからもよろしくお願いします。

らぶ。
Oyo。
2010/01/04

2007-11-16

とにかく、2週間目終了。


ふぃ〜〜〜。何とか、Montreal仕事生活2週間目、乗り切りました。そして、めでたく初給料。ぱちぱち。額面的には、前の仕事よりは多いので、満足かな。昨日は銀行に行き、いまの身分(Residentじゃないので制限結構ある)で可能サービス概要を聞き、チェック・セービング、それ以外にもちょっと利率がいいプラン適用して、口座のお金を整理。しばらくはお金を増やすべく、しっかり生活する準備をしてまいりました。(冬だし。たまにはありさんにならないと。キリギリスなもんですから、あたし。)


で、いまはあいている昼間の時間をどう活用するか、考え中。ちょっとしたボランティアや他にも企んでいるんだけど、仕事が夜(17時〜23時のフルタイム、日〜木曜日という、日本のclientに合わせたスケジュール)になったので、昼間何かしないと、ただの夜型人間になりそうなので・・・・。


ま、それはさておき。2週間目はね、ほんと、いろいろいろいろいろいろ・・・悩んだり考えたり、しました。

Parc La Fontaineまあ、今の仕事は・・・ええっと、言葉の面では苦労するけど、それ以外は、まあ、何とかなっているかもって感じかな。今週は上司出張から帰ってきて、がっちりいたから、いろんな意味ガチンコ対決彼女、頭いい。っていうか、弁が立つ。口ではかなわん。とはいえ、先週のアメリカ出張で、日本に関してなぜかいろんな理解をしてきたらしく、唯一の日本人のあたしをなんかちゃんと見てくれるようになった。なので、ある程度、自分のペースで仕事ができているし、あまり口も挟まれないので、まあ、いい感じ。


でも、基本的に、文化の壁はなくなっわけでもなく、「あ、あるのね」ってことが認識されただけで、ばばーんと立ちはだかったまま。だから、上司が日本語がわからないのをいいことに、一人で仕事している感が否めないし、みんなが帰った後に遅い時間に働いていると「いったい、自分何しているんだろう?!」って感じてしまう。家でもひとりの時間多いし、ね。おかげさまで今やっている「働きマン」のドラマ全部見ちゃったし、それだけでなく、アニメ版も全部見てしまった。

    • 仕事っていったいなんだろう?
    • 自分が満足する仕事の仕方って?
    • もし、日本にいたら、どうしていただろう?(←相当、無駄思考。)

いつも拝見しているこのサイトモチベーションって何からくるのかな…って考えたり、周りの人は何を考えて働いているのかな…って職場でも町でもいろんな人を観察しつてみたり。このサイトを見て一流の仕事って何だろう?って考えたり。そして、客観的に自分も観察しつつ。ってのも、やっぱりまだ知り合いは少ないから、「さびしい」とは感じないものの「孤独」はたくさんあるこの生活で生じる気分の浮き沈みがある。季節の変わり目でどんどん寒くなる日々。きっといまは試練の時かなあと、じっと耐えて考えてます

そんな感じで、2週間目が終了。今月も、あと半分。がんばれー。

人生はミスマッチ


はい。ぶっちゃけ、実際、後悔しています。ワイナリーの仕事をやめたことを。

ってのもね、あそこでの仕事は、「何をするか」の部分で、すごく満たされていた、と思う。なんだかんだでいろいろある職場ではあったけど、自分の好きなことのために仕事ができ、だからこそ、一生懸命になれたこともたくさんあったなあって、振り返ってみて思うのです。仲間にも恵まれていたので、あそこには自分の居場所があったなあって。


Mont-Royalでも、そうしたことも、ここにこなかったらわからなかったことだし、何よりも、ナイアガラを離れて旅をしたからこそ、見えたものがたくさんある。あのまま、あそこにいたら、安定した生活も仕事もできたかもしれないけど、たぶん、いたらいたで不満は抱えたままだった・・・と思う。(田舎過ぎたし、生活が単調すぎたしね。)だから、いまはあの時とは、また違った段階に来ているんだろうなあって思う。だから、さっきは「後悔」って言葉を使ったけど、私の人生においては、これは正しい選択だった、と信じている。(っていうか、自分らしいかな、と。)


人生では、って言うといいすぎかもだけど、やっぱり、ある程度「好きなことをする」「好きな仲間に囲まれている」ってことは、大切なことなのだってことを、学んだ。その2つの状況でも、もちろん、ある程度満たされない思いはあったのだけれど、やはり、自分が「好き」と思うものを知ってて、それを得る努力をすること。それは幸せを感じられることにつながるんだと思う。スナフキンは「大切なのは、自分のしたい事を自分で知ってるって事だよ」って言ってたけれど、本当だなあ、と。ほしいものをわかっているってことが、いかに大切なのかということ。それを実感しております。




意味不明になってきたけど。内田樹の研究室「人生はミスマッチ」を読んでいて、なるほどなあって思ったんです。

〜〜若者たちは「この広い世界のどこかに自分の適性にぴったり合ったたった一つの仕事が存在する」という信憑を刷り込まれる。

もちろん、そのような仕事は存在しない。

だから、「自分の適性にぴったり合ったたった一つの仕事」を探して若者たちは終わりのない長い放浪の旅に出ることになる。

就職情報産業は、若者たちが最初のマッチングで「適職」に遭遇することよりも、いくら転職を繰り返しても「適職」に出会えないことから利益を上げるようにビジネスモデルを構築している。

だから、「適職」という概念発明したことそれ自体リクルート奇跡的なサクセス秘密なのである

んだよね〜。もちろん、天職ってあると思う。「これをするために生まれてきた!」って思える仕事は、見つかる可能性だってあるだろうし、実際、そういう人にも会ったことがあるので、そういう人だって悩みを抱えながらも、いきいききらきらと仕事をしていらっしゃる姿は素敵だ。すばらしいことだと思う。


私も、以前は「自分にあった仕事があるはず!」って、「探して」いたけど。なんというか、言い方は悪いんだけど、それじゃ疲弊ちゃうんだなあって、いつの頃か、気づいた。ワーホリも「自分探し!」とか思ったけど、探して見つかるものじゃなし、むしろ「創る」ことが大事。きっと、人生って、そういう風にして続くものなんだろうなあって、いまは思っている。



さらに内田さんは続ける。


人生はミスマッチである。

私たちは学校の選択を間違え、就職先を間違え、配偶者の選択を間違う。

それでもけっこう幸福に生きることができる。

チェーホフの『可愛い女』はどんな配偶者とでもそこそこ幸福になることのできる「可愛い女」のキュートな生涯を描いている。

チェーホフが看破したとおり、私たちには誰でもどのような環境でもけっこう楽しく暮らせる能力が備わっているのである。

それでいいじゃないか。

「自分のオリジナルにしてユニークな適性」や、「その適性にジャストフィットした仕事」の探求に時間とエネルギーをすり減らす暇があったら、「どんな仕事でも楽しくこなせて、どんな相手とでも楽しく暮らせる」汎用性の高い能力の開発に資源を投入する方がはるかに有益であると私は思う。

そうなんだよね。どんな仕事にも、どんな経験にも、意味がある。なんらか学べることがある。後から活かせる・生きてくるってことが、あると思う。

だから、「やらされている」「生活のために仕方がなくやっている」って言う、受身発想をした時点で、なんか、 闇・病み・止み の世界に入ってしまうんだよね、きっと。


どんな仕事、人生においても、気の乗らない話だけどやらなければいけない事は存在します。閾値を越えて良い結果にありつくには、やらねばならない事がある。どうせやらないといけないなら楽しくやろう。工夫すれば何とか楽しくやれるはずという覚悟を決めて、それをいかに工夫をして楽しく乗り越えていくのか?これが「楽しさ創造力」だと思うんです。 〜「仕事を楽しくするスキル  楽しさ創造力とは?

そうそう。なるべく、楽しまなくっちゃね〜。どうせ、ミスマッチなことが、たくさん起こるんだもの。それはそれで、肯定的に捉えて、その上で、いまできることを一生懸命やる。楽しくする工夫をする。そうしてれば、なんか、きっといいことは起こるんじゃないかなあと。


だから、後悔するようなやり方をしたことに後悔する、ことだけは、避けたいと思う、今日この頃


今日のワインも、おいしいよ。


DSCN3129ぶるぶるぶる。今日は風も強かったので、マイナスのこの気温が余計寒く感じる、Montreal。おかげさまで、お散歩にも重装備が必要だぜぃ。プールに行く気持ちも、しぼんでなくなっちまったぜぃ。

ほんと、町のイルミネーションがすっかりクリスマス、ですなあ。だだっぴろい部屋に、ツリーを買って飾り付けをするか、現実路線をとって節約生活をするか・・・・そんな平和な悩みであわあわしてりますOyoです。

「酒はやめるー!」と豪語していたのですが、給料が出たら自分の発言記憶をなくし。結構いい感じの赤ワインを仕入れ、音楽を聴きつつまったりの週末。みなさま、いかがお過ごし?


※この写真、りすくんは何をくわえていたんだろうねえ???見せてくれなかった〜。

とにかく、2週間目終了。


ふぃ〜〜〜。何とか、Montreal仕事生活2週間目、乗り切りました。そして、めでたく初給料。ぱちぱち。額面的には、前の仕事よりは多いので、満足かな。昨日は銀行に行き、いまの身分(Residentじゃないので制限が結構ある)で可能なサービスの概要を聞き、チェック・セービング、それ以外にもちょっと利率がいいプランを適用して、口座のお金を整理。しばらくはお金を増やすべく、しっかり生活する準備をしてまいりました。(冬だし。たまにはありさんにならないと。キリギリスなもんですから、あたし。)


で、いまはあいている昼間の時間をどう活用するか、考え中。ちょっとしたボランティアや他にも企んでいるんだけど、仕事が夜(17時〜23時のフルタイム、日〜木曜日という、日本のclientに合わせたスケジュール)になったので、昼間何かしないと、ただの夜型人間になりそうなので・・・・。


ま、それはさておき。2週間目はね、ほんと、いろいろいろいろいろいろ・・・悩んだり考えたり、しました。

Parc La Fontaineまあ、今の仕事は・・・ええっと、言葉の面では苦労するけど、それ以外は、まあ、何とかなっているかもって感じかな。今週は上司が出張から帰ってきて、がっちりいたから、いろんな意味でガチンコ対決。彼女、頭いい。っていうか、弁が立つ。口ではかなわん。とはいえ、先週のアメリカ出張で、日本に関してなぜかいろんな理解をしてきたらしく、唯一の日本人のあたしをなんかちゃんと見てくれるようになった。なので、ある程度、自分のペースで仕事ができているし、あまり口も挟まれないので、まあ、いい感じ。


でも、基本的に、文化の壁はなくなっわけでもなく、「あ、あるのね」ってことが認識されただけで、ばばーんと立ちはだかったまま。だから、上司が日本語がわからないのをいいことに、一人で仕事している感が否めないし、みんなが帰った後に遅い時間に働いていると「いったい、自分何しているんだろう?!」って感じてしまう。家でもひとりの時間多いし、ね。おかげさまで今やっている「働きマン」のドラマ全部見ちゃったし、それだけでなく、アニメ版も全部見てしまった。

    • 仕事っていったいなんだろう?
    • 自分が満足する仕事の仕方って?
    • もし、日本にいたら、どうしていただろう?(←相当、無駄な思考。)

いつも拝見しているこのサイトでモチベーションって何からくるのかな…って考えたり、周りの人は何を考えて働いているのかな…って職場でも町でもいろんな人を観察しつてみたり。このサイトを見て一流の仕事って何だろう?って考えたり。そして、客観的に自分も観察しつつ。ってのも、やっぱりまだ知り合いは少ないから、「さびしい」とは感じないものの「孤独」はたくさんあるこの生活で生じる気分の浮き沈みがある。季節の変わり目でどんどん寒くなる日々。きっといまは試練の時かなあと、じっと耐えて考えてます。

そんな感じで、2週間目が終了。今月も、あと半分。がんばれー。

人生はミスマッチ


はい。ぶっちゃけ、実際、後悔しています。ワイナリーの仕事をやめたことを。

ってのもね、あそこでの仕事は、「何をするか」の部分で、すごく満たされていた、と思う。なんだかんだでいろいろある職場ではあったけど、自分の好きなことのために仕事ができ、だからこそ、一生懸命になれたこともたくさんあったなあって、振り返ってみて思うのです。仲間にも恵まれていたので、あそこには自分の居場所があったなあって。


Mont-Royalでも、そうしたことも、ここにこなかったらわからなかったことだし、何よりも、ナイアガラを離れて旅をしたからこそ、見えたものがたくさんある。あのまま、あそこにいたら、安定した生活も仕事もできたかもしれないけど、たぶん、いたらいたで不満は抱えたままだった・・・と思う。(田舎過ぎたし、生活が単調すぎたしね。)だから、いまはあの時とは、また違った段階に来ているんだろうなあって思う。だから、さっきは「後悔」って言葉を使ったけど、私の人生においては、これは正しい選択だった、と信じている。(っていうか、自分らしいかな、と。)


人生では、って言うといいすぎかもだけど、やっぱり、ある程度「好きなことをする」「好きな仲間に囲まれている」ってことは、大切なことなのだってことを、学んだ。その2つの状況でも、もちろん、ある程度満たされない思いはあったのだけれど、やはり、自分が「好き」と思うものを知ってて、それを得る努力をすること。それは幸せを感じられることにつながるんだと思う。スナフキンは「大切なのは、自分のしたい事を自分で知ってるって事だよ」って言ってたけれど、本当だなあ、と。ほしいものをわかっているってことが、いかに大切なのかということ。それを実感しております。




意味不明になってきたけど。内田樹の研究室「人生はミスマッチ」を読んでいて、なるほどなあって思ったんです。

〜〜若者たちは「この広い世界のどこかに自分の適性にぴったり合ったたった一つの仕事が存在する」という信憑を刷り込まれる。

もちろん、そのような仕事は存在しない。

だから、「自分の適性にぴったり合ったたった一つの仕事」を探して若者たちは終わりのない長い放浪の旅に出ることになる。

就職情報産業は、若者たちが最初のマッチングで「適職」に遭遇することよりも、いくら転職を繰り返しても「適職」に出会えないことから利益を上げるようにビジネスモデルを構築している。

だから、「適職」という概念を発明したことそれ自体がリクルートの奇跡的なサクセスの秘密なのである。

んだよね〜。もちろん、天職ってあると思う。「これをするために生まれてきた!」って思える仕事は、見つかる可能性だってあるだろうし、実際、そういう人にも会ったことがあるので、そういう人だって悩みを抱えながらも、いきいききらきらと仕事をしていらっしゃる姿は素敵だ。すばらしいことだと思う。


私も、以前は「自分にあった仕事があるはず!」って、「探して」いたけど。なんというか、言い方は悪いんだけど、それじゃ疲弊しちゃうんだなあって、いつの頃か、気づいた。ワーホリも「自分探し!」とか思ったけど、探して見つかるものじゃなし、むしろ「創る」ことが大事。きっと、人生って、そういう風にして続くものなんだろうなあって、いまは思っている。



さらに内田さんは続ける。


人生はミスマッチである。

私たちは学校の選択を間違え、就職先を間違え、配偶者の選択を間違う。

それでもけっこう幸福に生きることができる。

チェーホフの『可愛い女』はどんな配偶者とでもそこそこ幸福になることのできる「可愛い女」のキュートな生涯を描いている。

チェーホフが看破したとおり、私たちには誰でもどのような環境でもけっこう楽しく暮らせる能力が備わっているのである。

それでいいじゃないか。

「自分のオリジナルにしてユニークな適性」や、「その適性にジャストフィットした仕事」の探求に時間とエネルギーをすり減らす暇があったら、「どんな仕事でも楽しくこなせて、どんな相手とでも楽しく暮らせる」汎用性の高い能力の開発に資源を投入する方がはるかに有益であると私は思う。

そうなんだよね。どんな仕事にも、どんな経験にも、意味がある。なんらか学べることがある。後から活かせる・生きてくるってことが、あると思う。

だから、「やらされている」「生活のために仕方がなくやっている」って言う、受身発想をした時点で、なんか、 闇・病み・止み の世界に入ってしまうんだよね、きっと。


どんな仕事、人生においても、気の乗らない話だけどやらなければいけない事は存在します。閾値を越えて良い結果にありつくには、やらねばならない事がある。どうせやらないといけないなら楽しくやろう。工夫すれば何とか楽しくやれるはずという覚悟を決めて、それをいかに工夫をして楽しく乗り越えていくのか?これが「楽しさ創造力」だと思うんです。 〜「仕事を楽しくするスキル  楽しさ創造力とは?

そうそう。なるべく、楽しまなくっちゃね〜。どうせ、ミスマッチなことが、たくさん起こるんだもの。それはそれで、肯定的に捉えて、その上で、いまできることを一生懸命やる。楽しくする工夫をする。そうしてれば、なんか、きっといいことは起こるんじゃないかなあと。


だから、後悔するようなやり方をしたことに後悔する、ことだけは、避けたいと思う、今日この頃。


今日のワインも、おいしいよ。

awamoriguyawamoriguy 2007/11/18 05:18 次の段階に進めたから過去のことが見えてくるってよくありますよね。あの時の自分だと今のこういう事は考えなかったなって・・・。お互いに、今の精一杯の自分で前に進めたらいいですね。

紫音紫音 2007/11/18 09:47 こんにっちわ!!
学校も後一ヶ月で終了ですよー。。いやはや。。
カナダは寒いみたくてほんまに大変そうですが・・・NZも中々の気温の変化があって大変です。紫外線も痛いです。
それでもって、仕事って何だろうっていう記事を読んでいてほんまに改めてそうやなぁ・・・と思いました。私もNZで働きたいのか日本で働きたいのかわからへんのです。(まだNZで働いてないからですが;;)
でも、自分ももういい年齢なんできちんと決めるべきことは決めないといけないですよねー。こうやって改めて考えられるようになったのもNZに来て時間が持てたからかもしれません。
OLに戻ろうとまた調理師として働こうと仕事をする上では自分の本心を見せれないから苦しいんですよねぇ・・・。
でも、仕事ってこんなものなんでしょうか?
仕事に楽しさを求めるほうが無謀?!
といろいろNZに来て思っちゃいました。。
一生懸命やる。でも、無理はしない。っていうのが基本なんですよね・・・不器用な私にはなかなか難しい課題です・・・。
まだまだ修行が足りない・・・。

oyoblogoyoblog 2007/11/18 13:13 いつもコメント、ありがとうございます♪ 今日はもういっこお仕事をゲットしたので、いつもより高いビールでいい気分♪

>awamoriguyさん
そうなんです〜。あの時、ああしてれば・・・って思っても、あの時は、ああできなかった自分がいるんですもの。いまだから、宋思えるだけで。
なので、後悔するのはしょうがない、それを生かして次につなげる!って思うことにしました。そうした時に、「自分は最善を尽くしている」って思えれば、全部受け入れられるのかなって。
前に、進むべく、今日も・・・・おいしいものを食べて飲みましょう♪

>紫音さん
もうあと1ヶ月なんですね〜。早いもんですなあ。
NZは・・・ほんと、安定しない気候が続くものですよね。っていうか、いつもそんなものなのかも。苦笑
働くって、ほんと、永遠の課題です。社会とつながって痛いとは思うものの、どうしたらいいものやら。きっと、いつまでたっても、そのときそのとき、課題はいつもあるんだと思うんです。それを、必死に取り組んでいくのが、きっと一番正しいかなあと。
楽しく仕事って、可能だと思いますよ。楽しいって、いつもきゃー!っていうものじゃなく、なんと言うか、自分なりにいい状況に持っていければ、それで・・・。 自分自身に対して、一生懸命やれば、それでいいんじゃないかと。 修行・・・・するぞするぞ〜。笑

sMilesMile 2007/11/18 21:36 こんにちは!!仕事って一日の大半占めているから内容に満足しなかったり一緒に働く仲間やその他の人と合わなかったりすると辛いし悩みますよね。私は留学中、学校選びに結構悩みましたし、帰国後の仕事も英語を使った経験ないから思うような内容じゃなかったり、あんなにやりたかった通訳翻訳の仕事も2wayでなく1wayコミュニケーションで自分が主で進めていけなくて、よかったのかなと思ったりもするけれど、英語の面で学ぶ所はたくさんあるし、英語で意思疎通ができない日本人と外国人をつないでいるという実感を相手からも自分自身からも感じたときはよかったなと思います。色々悩むけれどやれるところまでやろうと思っています。どんどん欲が増えてきてしまって。ポジティブで一生懸命やって、色んなめんで向上してるなって感じてるので間違えはなかったなって思ってます。留学してから、仕事ばかりでなくプライベートの時間も充実できるようになって人生を楽しんで楽に生きれるようになりました。oyoさんもそうだけど、人から言われた決めたわけでなく、自分で最終的に決めたことなら後悔は少ないんじゃないかなって思います。頑張って!!

ohayo-canadaohayo-canada 2007/11/19 15:11 仕事となるとそれなりに時間も拘束される訳で、楽しい事ばかりじゃなくなりますよね。 今開いてる昼間の時間は拘束されたものを作るよりも散歩したり(寒そうですが^^;)自分の為にゆっくり使ってモントリオール生活を楽しむのが良いと思いますよ^^ 私がOyoさんの立場にいたら私もボランティアでもしようかと思いそうなところですが経験上いつもやりすぎて結果疲れてしまうので笑。 最近やっと生活を楽しむ事を覚えましたw

oyoblogoyoblog 2007/11/20 14:54

>sMileさん
コメント、いつもありがとうございます。
ですよね。仕事って、一日の大半を占めているから、生活そのもの、とまではいかないものの、やっぱり大事ですよね。sMileさんは、留学後になさっている仕事は、培った語学力だけでもなく、いま職場にある状況をしっかり活かして、ご自身なりに得ているものがたくさんあるんですね。よく「思っていたのと違うからやめる」ってありますけど、そもそも思い通りに行かないのが仕事ですもの。目の前のことを一生懸命やることが大事で、後で必ずなんらか意味が絶対でてくるんだなあって、思います。ポジティブ・・・が大事ですよね、おっしゃるとおり。
自分で決めたこと。確かに後悔は少ないかもしれません。とらなかった選択肢は、なんらか理由があってとらなかったんですもの。その自分の選択に自信を持てるようにするのが、選択の責任かな、って思ってます。がんばりまーす♪

>ohayo-canadaさん
そうなんですよね〜。フルタイムとなると、やっぱり一日の三分の一はとられるわけで、それに仕事じゃない時もつい仕事のことを考えてしまったり。うまくいっているときはいいけれど、ついつい考え込むことが多いです。苦笑
空いている時間・・・最近寝すぎでどんどん空いている時間が減ってきているのですが、なるべくお散歩したりを心がけてます。(せっかく素敵なMontrealに住んでいるんですものね。) 後は負担にならない程度に、他の仕事やボランティアをすることにしています。冬でもアクティブなケベコワを見習います♪

2007-11-08

働いてみてわかる、いろんな問題。


モントリオール会社員生活。とりあえず、一週間生き延びた。明日1日行って週末♪ ねえねえ、これって、なんかふつーの日本のOLの時と変わんなくね?人間心理仕事は仕事だからしょうがない感情?なんか、休憩時間を、週末を、待ちわびちゃってる自分最近ちょっとヤに感じます

基本的に、いまのシフトは、14時〜22時。半分はWest Coast、時差が3時間あるところとの仕事。半分は時差が14時間ある日本との仕事。だから、どうしてもこうなってしまうのよね、勤務時間が・・・。そうなると、朝がゆっくりでいいにはいいんだけど、あれ?お出かけとか、ぜんぜんできなくて。通勤は、バス電車→バスで30分。家でPCみてて、会社でもPCみてて。あれれ?なんか、生活、びみょー。これが生活者、なのかな?仕事中心で生活が終わる。ちーん。


ま、そういう生活面はおいておいて・・・。まだ一週間だけど、課題が盛りだくさん、なのよね。なので、この仕事、続けるかどうか、考えちゃう

(↓ちょい、長いっす。汗)

まず、言わずもがな語学問題。カナダに来て半年英語に関しては、意識してなにかしないと力はつかない時期だし、仕事でネイティブとの圧倒的な差に自信をなくし続ける。(しょうがないのはわかってるけど。)だから、これは何とかするべく、アクションを起こせばいいかな。

それに、ここの言葉フランス語。はっきり言って、やる気ゼロ。モントリオールで生活する人は、それなりにフランス語への思いがあってきているみたいなんだけど、ああああ、フランス語圏の中心に住んでるけど英語一応通じるし、仕事は英語でいいし。だったら、なんで、あたし、モントリオールにいるの?って感じですな。(こっちでは、bilingual=英仏。これができないと、カフェでも働けない・・・らしい。)




これらの、コミュニケーション手段問題に加えて、コミュニケーションの内容の問題って言うか。そういう部分。やっぱり考え方というか、文化の違い、かな。この一週間ですっごい感じた。っていうのは、やっぱり、ビジネスの場での、カナダ・アメリカの文化と日本の文化、ほんとに違う。同じことをするにも、日本相手だと、すっごい考えつくして作りこまなきゃいけないのに、こっちの会社相手だと・・・なんか、違う。昼間は英語でアメリカの会社と仕事しているので、「あれ?これって、こんなもん?」ってびっくりする感じで仕事が行われる。これは、こっちのやり方に従う。(おもしろいしね。) だから・・・ここでの問題は、あたしの英語力の足りなさ、のみ。これはクリアすべく問題は明らか。


で、もうひとつ、日本との仕事のこと。既存の日本のやり方ががっちり身についているあたしは、その考え方のしがらみから抜け出せないだけではなく、カナダ人が日本相手に軽い気持ちで何かをしようとするのが・・・ついていけない。ってうか「やってみて」って言われるんだけど、明らかにプラン不足だし、そこらへんを訴えても相手にされない。しぶしぶやってみるけど、案の定、失敗する。その状況を報告するけど、上司は解決策をなんら持ち合わせてないばかりか、問題すらわかってない始末。だから、結局議論は平行線(ま、あたしの英語力の問題もあるけど。)をたどり、時間が来る・・・っていう感じ。はあ、五里霧中。(変換、あってる?)


せっかく得た仕事なんだから、何らかの結果は残したい。(それに、ひそかに、自分なりにできるようになりたいことも、ある。気力が続くかわからないけどね。汗) ほんと、いろいろ、一筋縄じゃ、いかなそう。来週には、clientと一緒に海外出張に出かけた上司が帰ってくるから、うーん、clientとの板ばさみになるのは必須だし、彼女を説得するのは・・・至難の業だわ。(英語の問題もあるしね。涙涙)


そんな感じで。開始1週間だけど、いろんな問題に気づいてしまい、ブルーになりつつある今日この頃ピンチはチャンスと思う自分もいる。でも、迷っている自分もいる。ずっと続けたいって言うほどの情熱もあるわけでなく、かといって、転職するにもモントリオールには仕事は少ないからしがみつけーって言う事情もあるから・・・ね。(冬、越したいし!)ほんと、自分をどう管理していいものやら、不安定な気持ちでおります。いろんな意味修行の時でございます。ふぅ〜。

働いてみてわかる、いろんな問題。


モントリオール会社員生活。とりあえず、一週間生き延びた。明日1日行って週末♪ ねえねえ、これって、なんかふつーの日本のOLの時と変わんなくね?人間の心理?仕事は仕事だからしょうがない感情?なんか、休憩時間を、週末を、待ちわびちゃってる自分が最近ちょっとヤに感じます。

基本的に、いまのシフトは、14時〜22時。半分はWest Coast、時差が3時間あるところとの仕事。半分は時差が14時間ある日本との仕事。だから、どうしてもこうなってしまうのよね、勤務時間が・・・。そうなると、朝がゆっくりでいいにはいいんだけど、あれ?お出かけとか、ぜんぜんできなくて。通勤は、バス→電車→バスで30分。家でPCみてて、会社でもPCみてて。あれれ?なんか、生活、びみょー。これが生活者、なのかな?仕事中心で生活が終わる。ちーん。


ま、そういう生活面はおいておいて・・・。まだ一週間だけど、課題が盛りだくさん、なのよね。なので、この仕事、続けるかどうか、考えちゃう。

(↓ちょい、長いっす。汗)

まず、言わずもがな、語学問題。カナダに来て半年。英語に関しては、意識してなにかしないと力はつかない時期だし、仕事でネイティブとの圧倒的な差に自信をなくし続ける。(しょうがないのはわかってるけど。)だから、これは何とかするべく、アクションを起こせばいいかな。

それに、ここの言葉、フランス語。はっきり言って、やる気ゼロ。モントリオールで生活する人は、それなりにフランス語への思いがあってきているみたいなんだけど、ああああ、フランス語圏の中心に住んでるけど英語一応通じるし、仕事は英語でいいし。だったら、なんで、あたし、モントリオールにいるの?って感じですな。(こっちでは、bilingual=英仏。これができないと、カフェでも働けない・・・らしい。)




これらの、コミュニケーションの手段問題に加えて、コミュニケーションの内容の問題って言うか。そういう部分。やっぱり考え方というか、文化の違い、かな。この一週間ですっごい感じた。っていうのは、やっぱり、ビジネスの場での、カナダ・アメリカの文化と日本の文化、ほんとに違う。同じことをするにも、日本相手だと、すっごい考えつくして作りこまなきゃいけないのに、こっちの会社相手だと・・・なんか、違う。昼間は英語でアメリカの会社と仕事しているので、「あれ?これって、こんなもん?」ってびっくりする感じで仕事が行われる。これは、こっちのやり方に従う。(おもしろいしね。) だから・・・ここでの問題は、あたしの英語力の足りなさ、のみ。これはクリアすべく問題は明らか。


で、もうひとつ、日本との仕事のこと。既存の日本のやり方ががっちり身についているあたしは、その考え方のしがらみから抜け出せないだけではなく、カナダ人が日本相手に軽い気持ちで何かをしようとするのが・・・ついていけない。ってうか「やってみて」って言われるんだけど、明らかにプラン不足だし、そこらへんを訴えても相手にされない。しぶしぶやってみるけど、案の定、失敗する。その状況を報告するけど、上司は解決策をなんら持ち合わせてないばかりか、問題すらわかってない始末。だから、結局議論は平行線(ま、あたしの英語力の問題もあるけど。)をたどり、時間が来る・・・っていう感じ。はあ、五里霧中。(変換、あってる?)


せっかく得た仕事なんだから、何らかの結果は残したい。(それに、ひそかに、自分なりにできるようになりたいことも、ある。気力が続くかわからないけどね。汗) ほんと、いろいろ、一筋縄じゃ、いかなそう。来週には、clientと一緒に海外出張に出かけた上司が帰ってくるから、うーん、clientとの板ばさみになるのは必須だし、彼女を説得するのは・・・至難の業だわ。(英語の問題もあるしね。涙涙)


そんな感じで。開始1週間だけど、いろんな問題に気づいてしまい、ブルーになりつつある今日この頃。ピンチはチャンスと思う自分もいる。でも、迷っている自分もいる。ずっと続けたいって言うほどの情熱もあるわけでなく、かといって、転職するにもモントリオールには仕事は少ないからしがみつけーって言う事情もあるから・・・ね。(冬、越したいし!)ほんと、自分をどう管理していいものやら、不安定な気持ちでおります。いろんな意味で修行の時でございます。ふぅ〜。

わちわち 2007/11/09 16:12 占いやってみたよー。あ、でもアドレス違ってる見たい
http://www.koufuku.ne.jp/seimei/
これかな?
結果はそのうちmixiでー。

NorikoNoriko 2007/11/09 17:52 占いしてみました☆
ものすごいいい結果やったんで、驚いたけど
そういえばわたしの名前をつけたときにはおばあちゃんが字画で決めてたはずなんで、それもそうかなんて納得。
そして、そのキャンペーン わたしも乗ります!!
ぐぐぐ…とりあえずわたしは何をしよう…

for-the-futurefor-the-future 2007/11/10 10:48 >カナダ人が日本相手に軽い気持ちで何かをしようとする・・・それについていけない。
分かります!!!私はバンクーバーアイランドにいるとき、この犠牲者になりバンクーバーに戻りました。ま、このときは私が使っていたエージェント自体(スタッフは日本人)、理想ばかりを掲げて、何の準備もないまま人を送り、実際行ってみたら何もなかった・・・というパターンでした。カナダでカナダ人を顧客にビジネスするなら、こっちのやり方でも十分ですが、顧客が日本人である以上顧客のニーズに合わせたビジネスのやり方が必要なのに、何人も抗議したのに私のエージェントは変わりませんでした。そんな感じでけんか別れですよ 笑
このやり方でも学生は尽きず、エージェントとして成り立っているのが納得できませんが・・・。
英語の勉強・・・私も滞在半年を過ぎた今何か始めなきゃいけない。そう思いメルマガを再開しました・・・がそのくらいです。テレビはなるべく見るようにしていますが、ビジネス英語はどうしても好きになれず・・・続かないんですよ。
は〜いろいろ考える冬の始まりです・・・・。

☆chika☆☆chika☆ 2007/11/10 12:43 おひさ〜♪
モントリオールで頑張っていらっしゃるのですね☆
私は予定通りのんびり暮らしていますよ。
それにしても、お仕事大変そう・・・
とりあえず1ヶ月頑張ってくださいね!
私もちょうど英語強化期間に入ったところです。
何をどう勉強していいのか、まだ手探り状態ですが頑張ります。
お互い納得のいくレベルに達するまで挫折しないようにしましょうね♪

oyoblogoyoblog 2007/11/10 16:41
今週も無事、生き延びました♪ 先週より気持ちは少し、軽くなったかなあ?
ワインを飲んでいるみっどないと。

>わちさん
きゃああ!なんでリンク間違ってるんだろう?ご指摘、ありがとうでした♪
地味にあたってない?この占い。結構占いすきなので、またいろいろ載せますね。

>Norikoちゃん
そっかー。ちゃんと考えられた素敵な名前なのね、Norikoちゃん。
あたしも、それなりの筋(?)の人が決めた名前らしいのに・・・どぉいぅこと!?ま、気にしない気にしない・・・。
キャンペーン、なかなか好評(?)でいいことだわ。英語って、ほんと、ツールなんだなあと実感します。かといって、現場にいれば慣れる!できるようになる!っていう、甘いものでもなくて。地味にやらないとなあって思ってます。
計画、よろしく♪まねっこする!(また他力本願ぶり発揮。)

>for-the-futureさん
そうなんですよねー。なんというか、異文化に対して理解して、それにあった方法をとる・・・ってやってくれているのかもしれないですけど、なかなか難しいですよね、伝わるまでは。苦笑
お互い、微妙な時期ですよね。それなりにカナダ生活で得れるものはでてきているもの、英語はやはり永遠の課題ですね。
冬はいろいろと閉じ込められて落ち込んでしまう、とも聞きます。なるべく自分をうまくコントロールして、がんばりましょう、ね♪

>☆chika☆さん
きゃあああ。おひさしぶりっ!はい。あれから、またモントリオールに戻り、ここでしばらくがんばることにしました。フランス語・・・できなさ過ぎて、もう開き直りです。苦笑
おうちね、あのレンタカー会社から結構近いんですよー。朝使うバスで通って「あっ!ここで車借りた〜」と1ヶ月前のことなのに、すっごい懐かしくなりました。ちなみに、ねーさんから「あのプディンのお店は?」といわれているのですが、まだ発見できません。涙
英語、がんばりましょうね。納得できる日・・・いつか来るのかなあ?できるだけのことをしていれば、少しはましになってくると信じて、がんばりまーす。

awamoriguyawamoriguy 2007/11/11 00:16 僕もスピーキング、練習しないといけないかなって考えてました。話し相手に押されないようにするためにすばやく答える練習かな。特に複数の相手と話すとどんどん割り込まれるんで、なかなか最後まで話せない。あと、「ながら」でも聞き取る練習。やるんだったら遅れシャドーイングでしょうか。ちょっとでも音がクリアーじゃなかったら、(単語の一部が聞き取れなかったら)わからなくなるんですよね。日本語だと自然に推測して理解してると思うんですが・・・うーん・・・。手始めに自分のしゃべりを録音してアクセントチェックからします。

姓名判断しました。名前のバランス、Oyoさんとまったく同じでした。占いはいいことだけを信じるのが一番ですね。(^o^)

oyoblogoyoblog 2007/11/11 08:38
>awamoriguyさん
ほんと、「あなたは外国人だから、一生懸命聞いてあげよう」ってわかってくれようとする人に対して、って言う状況ではなく、普通の生活の場面で人に何か説明する、話題に入っていくって大変ですよね。ちょっとでも聞き逃したり、変な発音をすると、相手は即座に???となるなあってことが、最近かなり痛いです。涙
ろ、録音かあ〜。効果的とは聞くんですが、ダイエットで自分の写真撮るってやつと一緒で、どうも苦手です・・・。きゃー。
姓名判断。感じ名前を持つものの特権ですよね♪あら、でも、あわもりさんも?苦笑 ね、いいところだけ、参考にするのが楽しめるコツですなあ。

cozzicozzi 2007/11/11 09:58 すーーーーっごいお久しぶりです!!
自分の生活に自信がつくまでは他のワーホリ参加者?の方の情報をあえて絶ってた、数ヶ月(笑)
でも、生活が落ち着いたので、やっとここのぞけるようになりました(笑)
今休暇をもらってオタワに旅行で来てて、次はモントリオールです。
のんきに旅行してます。
旅行が終わったら西の果てのステイ先に戻るのですが・・・。
あたしとは全く逆の都会生活ですね!!
なんか・・・働きマン!!の主人公みたいって思っちゃいました(笑)。
でも、何一つ、無駄になることはないのだから。
自分を信じて、お仕事がんばってください!!

oyoblogoyoblog 2007/11/11 13:06
>cozziさん
うっそーーーーーーん!まじ、お久しぶりです。
同じ頃にカナダに来て・・・どうしているのかなあって思ってました。いまはオタワ?まじまじ?ってことは、モントリオールへもいらっしゃるんで????????? 土日だったら、まじ、古アテンドします。私と同じベット(ダブル)でよろしければ、泊まってください!(きわめて狭し。涙) 
何一つ、無駄になることはないと信じて、働きマン(ドラマ、見てないのですが・・)になろうかと思います。
また来てくださいねーーーー!

あやっちあやっち 2007/11/20 11:27 姓名判断の結果、Oyoと総合・愛情・仕事が一緒だ!
名前が一緒だからかな?

oyoblogoyoblog 2007/11/20 14:46
>あやっち
ありゃー。いらっしゃい♪
あれれ?やっぱ、名前が一緒だとそうなるのかな?
でも、なんか、人生、似ているところもあるけど、ちと違うような・・・?おいらには、あやっちみたいな愛情運はありませぬー!きぃ。

2007-11-05

出来るからやるんじゃない、やるから出来る


フラット、いや、シェアはいってから自分の部屋があり、机があり、ネットが通じるということで、ネット時間が増えまして。(つい、うっかり、日本のドラマ「SP」だけみちゃった!めっちゃ面白いね!!週に一度の楽しみだわ♪)会社でもアカウント発行してもらったし、もうすっかりAlways Online。


それはそれとして。仕事、とりあえず新しい週です。目標を1ヶ月(短すぎ?笑)と置いていること、できないことはできないって言おうと思っていること、いやならやめようと思っていること、誰も知らない場所で恥も掻き捨ててがんばろうと思っていること・・・・もいろいろあって、結構気が楽です。仕事を家に持ち帰ってまでやろうとも思ってないですし、ね。(日本でだったら、絶対やってる。けど、ここではやらない。そういう文化でもあるしね。)


そんなものですから、まあ、いまのところは何とかやってける・・・かな。(1週間後はどうなってるか、わからないんだけど〜)まあ、こんな弱気な訳は、ひとつの仕事はすべて英語なこと。調べることが英語なのはいいんだけど、一番まずいのは、お客さんに電話してヒアリングするってのが英語なこと。電話、苦手なのに、それが電話インタビューって、聞くことが決まっているとはいえ、かなりのチャレンジ。あと、もうひとつは、日本の企業文化がわかってない上司を説得してどううまく仕事を進めるか、ってことかな。上司だけならいいんだけど、お客さんが日本の人だったりするので、うーん、どういったらいいのかなあ。板ばさみ。上司を立てると、日本のclientが納得しないし、日本的なやり方をすると、雇われている会社のやり方でやってほしいといわれ(そう)。なので、日本語で日本の人と話す内容は全部上司には伝えないでやりつつ、でもやっぱり上司に相談しながら仕事を進める・・・って感じで。唯一一緒に仕事をやってくれそうな中国人の方は、週3日1日3時間しか来ないし、なんか、めんどくさいなあ〜って言うのが、本音かしら。苦笑


ま、それはともかく。ここで働くことも何かの縁。絶対何か訳があるはず。ってのも、おりしも、私が日本で「これは苦手かも」って避けてきた分野。いまは、状況が違うし、いろんなものを取り除いているので、ある意味気合一つで克服できる・・・・かもしれない。(あ、英語力の向上面、もね。)日本の正社員の仕事→NZの初めての英語での仕事→日本での英語環境での仕事→カナダでの現地企業の仕事。一応、すべての経験が、次でしっかり生きている。つながっている。確実に、ちょっとだけど、できることが増えてきている。(と信じる。笑) そう思って振り返ると、無駄な経験ってないし、やっぱりそれなりにがんばってやれば、できることが増えてくるんだなあって。

これを好む者は、これを楽しむ者に如かず。(論語:孔子)

なので。来週の今頃は、へたれいるかもだけど、できない自分を認めて。きっちり向き合って。モチベーションは自分でなんとか管理して、現状を精一杯楽しむ努力をする。とりあえず、がんばりまーす♪(と、ここで宣言してみる。自分を追い込むために。いつも、これ。苦笑)


ぼんそわ。仕事から帰り、お部屋でリラックス・・・の際にはやっぱりワイン飲んじゃうOyoです。(ほんと、まじ、生活考えないと〜。)

DSCN3110ってのも、寝るのが大体1時か2時。起きるのが8時ごろ。出勤が13時半ごろ。帰宅が23時ごろ。まあ、午前中が自由なんだけど、起きてコーヒー沸かしてのんびり飲んで、部屋でぼへーっとして、お弁当作ってランチ食べるともう出勤なんだよね〜。理想は目の前にあるジムに午前から行く・・・なんだけど。ちょいと様子見しよう。苦笑

※横の写真は私の机の一角。(見にくいけど。)新しく買った照明と熊バージョン、ロゼとミルキー。あたし、犬シック? 観葉植物はこれからも増やす予定♪クリスマスツリーも買おう♪

出来るからやるんじゃない、やるから出来る


フラット、いや、シェアにはいってから。自分の部屋があり、机があり、ネットが通じるということで、ネット時間が増えまして。(つい、うっかり、日本のドラマ「SP」だけみちゃった!めっちゃ面白いね!!週に一度の楽しみだわ♪)会社でもアカウント発行してもらったし、もうすっかりAlways Online。


それはそれとして。仕事、とりあえず新しい週です。目標を1ヶ月(短すぎ?笑)と置いていること、できないことはできないって言おうと思っていること、いやならやめようと思っていること、誰も知らない場所で恥も掻き捨ててがんばろうと思っていること・・・・もいろいろあって、結構気が楽です。仕事を家に持ち帰ってまでやろうとも思ってないですし、ね。(日本でだったら、絶対やってる。けど、ここではやらない。そういう文化でもあるしね。)


そんなものですから、まあ、いまのところは何とかやってける・・・かな。(1週間後はどうなってるか、わからないんだけど〜)まあ、こんな弱気な訳は、ひとつの仕事はすべて英語なこと。調べることが英語なのはいいんだけど、一番まずいのは、お客さんに電話してヒアリングするってのが英語なこと。電話、苦手なのに、それが電話インタビューって、聞くことが決まっているとはいえ、かなりのチャレンジ。あと、もうひとつは、日本の企業文化がわかってない上司を説得してどううまく仕事を進めるか、ってことかな。上司だけならいいんだけど、お客さんが日本の人だったりするので、うーん、どういったらいいのかなあ。板ばさみ。上司を立てると、日本のclientが納得しないし、日本的なやり方をすると、雇われている会社のやり方でやってほしいといわれ(そう)。なので、日本語で日本の人と話す内容は全部上司には伝えないでやりつつ、でもやっぱり上司に相談しながら仕事を進める・・・って感じで。唯一一緒に仕事をやってくれそうな中国人の方は、週3日1日3時間しか来ないし、なんか、めんどくさいなあ〜って言うのが、本音かしら。苦笑


ま、それはともかく。ここで働くことも何かの縁。絶対何か訳があるはず。ってのも、おりしも、私が日本で「これは苦手かも」って避けてきた分野。いまは、状況が違うし、いろんなものを取り除いているので、ある意味、気合一つで克服できる・・・・かもしれない。(あ、英語力の向上面、もね。)日本の正社員の仕事→NZの初めての英語での仕事→日本での英語環境での仕事→カナダでの現地企業の仕事。一応、すべての経験が、次でしっかり生きている。つながっている。確実に、ちょっとだけど、できることが増えてきている。(と信じる。笑) そう思って振り返ると、無駄な経験ってないし、やっぱりそれなりにがんばってやれば、できることが増えてくるんだなあって。

これを好む者は、これを楽しむ者に如かず。(論語:孔子)

なので。来週の今頃は、へたれているかもだけど、できない自分を認めて。きっちり向き合って。モチベーションは自分でなんとか管理して、現状を精一杯楽しむ努力をする。とりあえず、がんばりまーす♪(と、ここで宣言してみる。自分を追い込むために。いつも、これ。苦笑)

わちわち 2007/11/06 18:33 なんかおいしそーな鍋だなぁ。今18時30分でお腹がグーグー鳴るよ(笑)
照明もおしゃれだし、ワイン飲んでるし、なんか良い感じなんじゃない?とりあえずいろいろがんばってみよー

oyoblogoyoblog 2007/11/07 13:36
>わちさん
火鍋、覚えてる?CHCにわちさんとけいとさんが来た時、ダウンタウンで中華の鍋食べたよね?あれよ、あれ! あの時は辛くなかったけど、モントリオールの中華街のはかなりからかったよー!
今日は上の人と、いろいろ話し合ったんだ。なんかね、英語で北米向けの仕事を仕事するときと、日本語で日本マーケットに仕事する時は、なんと言うか、言葉のせいもあるけど、人格が変わるかも。苦笑 ほんと、やり方って、とことん違うんだなあとか、あたしの英語、よわよわだなあとか、一日の中でもいろいろあってかなり疲れた〜。でも、得るものはあるはずだから、うん、いろいろがんばってみるね!ありがとう♪

大龍ママ大龍ママ 2007/11/07 18:26 ご無沙汰してます。
前に書き込んだけど、ちゃんと表示されなかったんだ・・・。
今回は表示されるかな?

IKEAに行ったんだね!
日本のIKEAより高いの?
サンディエゴもそういえば高かった気がします。
消費税7.5%かかるし・・・。

火鍋、私が食べたらお腹壊すどころじゃすまないわ・・・。
昔、疲れているのにタイ料理を食べて、食中毒と同じ症状になりました(汗)

カナダでのOL生活頑張ってください!

oyoblogoyoblog 2007/11/08 00:24 天気が悪いとネボスケです。

>大龍ママさん
こんにちわー。寒くなってきましたが、体調は大丈夫ですか?
コメント、反映されなかったの、なんでかなあ?ごめんなさいね、せっかくいただいたのに・・・。

IKEA行きましたよ!どこのおうちにお邪魔しても、ふと見かけるのはIKEAグッズなので、私もー!って思ってたんです。で、行ってみたら、本当に大繁盛。つくりとかは日本のIKEA(私の場合、横浜ですが)と同じで、何かうれしかったです♪
で、お値段ですが・・・そうですね、物価の違いもあり、日本円に換算すると倍くらいになるんです!「これ日本で100円くらいだったのにー」ってのが税込みになると、倍以上。ついつい手が引っ込んじゃいます。とはいえ、普通のお店で売ってるものは、もっともっと高いので、一生懸命買おうかと。IKEA万歳!
火鍋・・・不思議なことにですね、お腹壊したと思ったら、次の日にはすっかり直ってて、それもお腹が妙にすっきりした感じで。(一緒に行った人も同じ。)もしかして、解毒作用があったのか!?と話してました。 辛いもの、上手に食べた方がいいですねー。

紫音紫音 2007/11/08 04:41 おはようです!
メール送りましたけれども届きましたでしょうか?
カナダは写真を見る限りめっちゃ寒そうですよね・・・(ぶるぶる)
NZは・・・夏やのに今週は寒いです。何で!?って感じだけれども紫外線の強さは健在です。
PCほんまに最近というかNZにきてから全くのローカル生活になってきました。日本にいた頃は数時間触ってたのに。
カナダの今の生活はまたリラックスできてるみたいでよかったです。
私もNZ生活四ヶ月目・・・でも英語はまだまだダメダメです。
もう開き直ってますが(苦笑)
お互いに充実した生活を送りましょう!!がんばるぞーー!!

oyoblogoyoblog 2007/11/09 15:11
>紫音さん
きゃー。ごめんなさい。お返事、書きかけで、まだメールボックスに残ってる〜。
そうなの。寒いの。もう雪っていうか、マイナスになります。これからが怖いけど、まあ、ある意味、こんな寒いのは、そうそう経験できないと思い、経験経験♪とがんばろうという心積もり・・・でいまはおります。笑
ね。ほんと、充実させる努力はしないとね♪ あ、英語も。汗

2007-11-02

oyoblog2007-11-02

新しい仕事、2日間のこと。


とりあえず、新しい仕事は2日終了。仕事始めるまでに、数日弱あったので、びびりな私は、担当フィールドについて調べまくる・・・はずだったけど、結局うじうじ家の中にいて、ちょびちょび出かけるだけで終わってしまい。(いつも通り、無駄ばっか。苦笑)本当に基本的な予習だけして、容赦なく、初日になったわけです。


11月1日。なんか、新しい感じの日なので、一生懸命早起き(っていっても7時半。)もぞもぞとおきだし、近所のカフェでワイナリーのみんなにもらったタンブラーに本日のコーヒーを入れてもらって家で飲む。(コーヒー豆かわにゃ。)その後、ハハと話をし(「最初から悲観的になるな」と励まされる。そうか〜。)たり、がっちり弁当作ったり、最後の悪あがきの勉強をして、午後に出社。うふ。そうなの。今回の仕事、基本2時から22時までなんだよね。休憩入れて。なので、なんか、ふにゃけてます。(金曜日だけ、他のプロジェクトに入って、朝8時半から17時まで!起きれるかな?)


ほんと、実際ね、あたし何をしたらいいんだか、わからなかったの。そもそも自分フルタイムなのかパートタイムなのかもいまいちわからぬ。(給料の額も)でもって、出社してから聞いてみるといまいち秘書のお姉さんもわかってない。直接の上司にきかにゃならんのだけど、彼女海外出張でやっと今日帰ってくるときた。そして、明日の夜からもまた一週間いない。汗

いろいろとあわあわしながら、諸手続きを済ませ、何とか上司と会えたんだけど。夕方から、Clientとのミーティングに巻き込まれたりして、終わったのが夜の10時。なかなかハードな一日でした。とにかく、一日中いろいろと話を聞き、自分の役割を聞き、夕方には日本から来たclientの方とと直接ミーティングができて、その人と最終的なゴールの合意・当面の課題、すぐにとるべきアクションが明確にできたから、まあ、よしとするか〜。 


正直、仕事内容は・・・なんでカナダでやるんじゃ?って感じのもの。はっきりいって、日本でやっていたことと、そう変わりない。(ひとつの日本プロジェクトの場合ね。特に時差があり、めっちゃ厄介!!)初日から一番役に立っているのが、やはり日本での経験かな?基本的な仕事に対する考え方の枠組みや、お客さんとの話の進め方。使っているテクニカルなビジネス用語。いままでやってきた知識をすべて動員してお話したので、久々に脳みそが活性化した、って感じですね。(英語でうまく出てこないのは、要修行!なんだけどね。)ほんと、役に立たない経験ってないのね〜、としみじみ思っていました。

で、ふとわれに返って考えてしまいまして。なぜ、いまさらこんなことをしているのかなー?とかって。もうこういう生活がいやで、せっかくカナダにきたのに、またあのサラリーマン時代に逆戻りって部分も多々あって。しかも、なんというか、カナダの人たちの場合、カナダマーケットに対して仕事しているならいいんだけど、日本相手だと、びみょーに文化の違いやり方の違いがあって、絶対にそんなやり方で大丈夫なんかい?って思ってしまったり。(ま、逆にカナダなりのおやり方が見えて、それなりに面白くはある、んだけどね〜)

なので、日本から来たクライアントさんとも話をしていたのですが・・・どこにモチベーションを持っていって、仕事をしていくかってことかなあ、当面の課題は。特に、あたしの場合、日本語でやる部分と英語でやる部分があるから、英語の部分は、めっちゃストレス。いろんな人種がいるけど、みんな基本カナダの人たち。なので、言葉の壁が・・・めっちゃ厚い。

その部分の克服を目標にすればいいのかもしれないなあと、ふといろいろ自分なりの目標を考えてみたりした。あとは、こういう現地企業で働けるっていう経験、かな? 長くやりたいか、はなはだ疑問ではあるんだけど、これはあくまでも仕事だし、割り切る部分も大事かなあとか。日本のclientの方とも「目の前のことに一生懸命になれない人は、何にも得られませんからね。お互い、ひとまずがんばりましょう!」って話してたことだし、1ヶ月くらいは本気でがんばってみなきゃなあ〜と思って帰ってきたのでした。



2日目。昨日寝たのが1時半なのに、7時半過ぎには出勤。さむー!!!

DSCN3092で、午前中は今度は違うプロジェクトに行きそこでの仕事だったのですが、うーん、あたしやっていけるのかなあ?と、早くも不安。昨日のプロジェクトは、自分なりにやってかまわないとお許しをいただいたのですが、今日のは日本が絡んでいるとはいえ、すべて英語のプロジェクト。ばっちり上司に見守られながらの作業。とにかく、これは初日だったので、基本的な調べ物をして終わりました。

ってのも、どうやら今日は全社イベントがあって。ランチ後、みんなで公園に繰り出し、キャンプとかでゲームを担当する専門の人が来て、なぜか、3時間、寒い中ゲーム。なんでも、チームビルディングとかコミュニケーション向上の目的・・・・らしく。どうも最近大量に人が入ったみたいで、人の名前を確認しながら、ゲームに参加。普通に疲れました〜。


月曜はポットラックランチらしい(あたしは遅く出社の予定なので行かないが。)し、なんか、ゆるいんだかきついんだか。よくわからないんですが、とにかく週末。おつかれー、自分。


ってことで、週末は、またお買い物三昧です。


ふにゅ〜。疲れたなりよんー。

やっと金曜の夕方。ふつー、これから遊びに行くだろうって時間に帰宅(もちろん、SAQ=酒屋経由。)して、シャワーを浴びて、珍しく甘めの白ワインでのんびりとしております。

ほんと、Montreal便利すぎ。駅から歩くだけで、何でもある。何でもあると、何も買えない・・・。なんじゃ、このパラドックスは?

とにかく、寒い。寒いのだー。当面しのぐためには、ブーツとタイツを買いに行かないとなあ。(これは室内履き。)

新しい仕事、2日間のこと。


とりあえず、新しい仕事は2日終了。仕事始めるまでに、数日弱あったので、びびりな私は、担当フィールドについて調べまくる・・・はずだったけど、結局うじうじ家の中にいて、ちょびちょび出かけるだけで終わってしまい。(いつも通り、無駄ばっか。苦笑)本当に基本的な予習だけして、容赦なく、初日になったわけです。


11月1日。なんか、新しい感じの日なので、一生懸命早起き(っていっても7時半。)もぞもぞとおきだし、近所のカフェでワイナリーのみんなにもらったタンブラーに本日のコーヒーを入れてもらって家で飲む。(コーヒー豆かわにゃ。)その後、ハハと話をし(「最初から悲観的になるな」と励まされる。そうか〜。)たり、がっちり弁当作ったり、最後の悪あがきの勉強をして、午後に出社。うふ。そうなの。今回の仕事、基本2時から22時までなんだよね。休憩入れて。なので、なんか、ふにゃけてます。(金曜日だけ、他のプロジェクトに入って、朝8時半から17時まで!起きれるかな?)


ほんと、実際ね、あたし何をしたらいいんだか、わからなかったの。そもそも自分がフルタイムなのかパートタイムなのかもいまいちわからぬ。(給料の額も)でもって、出社してから聞いてみるといまいち秘書のお姉さんもわかってない。直接の上司にきかにゃならんのだけど、彼女、海外出張でやっと今日帰ってくるときた。そして、明日の夜からもまた一週間いない。汗

いろいろとあわあわしながら、諸手続きを済ませ、何とか上司と会えたんだけど。夕方から、Clientとのミーティングに巻き込まれたりして、終わったのが夜の10時。なかなかハードな一日でした。とにかく、一日中いろいろと話を聞き、自分の役割を聞き、夕方には日本から来たclientの方とと直接ミーティングができて、その人と最終的なゴールの合意・当面の課題、すぐにとるべきアクションが明確にできたから、まあ、よしとするか〜。 


正直、仕事内容は・・・なんでカナダでやるんじゃ?って感じのもの。はっきりいって、日本でやっていたことと、そう変わりない。(ひとつの日本プロジェクトの場合ね。特に時差があり、めっちゃ厄介!!)初日から一番役に立っているのが、やはり日本での経験かな?基本的な仕事に対する考え方の枠組みや、お客さんとの話の進め方。使っているテクニカルなビジネス用語。いままでやってきた知識をすべて動員してお話したので、久々に脳みそが活性化した、って感じですね。(英語でうまく出てこないのは、要修行!なんだけどね。)ほんと、役に立たない経験ってないのね〜、としみじみ思っていました。

で、ふとわれに返って考えてしまいまして。なぜ、いまさらこんなことをしているのかなー?とかって。もうこういう生活がいやで、せっかくカナダにきたのに、またあのサラリーマン時代に逆戻りって部分も多々あって。しかも、なんというか、カナダの人たちの場合、カナダマーケットに対して仕事しているならいいんだけど、日本相手だと、びみょーに文化の違いやり方の違いがあって、絶対にそんなやり方で大丈夫なんかい?って思ってしまったり。(ま、逆にカナダなりのおやり方が見えて、それなりに面白くはある、んだけどね〜)

なので、日本から来たクライアントさんとも話をしていたのですが・・・どこにモチベーションを持っていって、仕事をしていくかってことかなあ、当面の課題は。特に、あたしの場合、日本語でやる部分と英語でやる部分があるから、英語の部分は、めっちゃストレス。いろんな人種がいるけど、みんな基本カナダの人たち。なので、言葉の壁が・・・めっちゃ厚い。

その部分の克服を目標にすればいいのかもしれないなあと、ふといろいろ自分なりの目標を考えてみたりした。あとは、こういう現地企業で働けるっていう経験、かな? 長くやりたいか、はなはだ疑問ではあるんだけど、これはあくまでも仕事だし、割り切る部分も大事かなあとか。日本のclientの方とも「目の前のことに一生懸命になれない人は、何にも得られませんからね。お互い、ひとまずがんばりましょう!」って話してたことだし、1ヶ月くらいは本気でがんばってみなきゃなあ〜と思って帰ってきたのでした。



2日目。昨日寝たのが1時半なのに、7時半過ぎには出勤。さむー!!!

DSCN3092で、午前中は今度は違うプロジェクトに行きそこでの仕事だったのですが、うーん、あたしやっていけるのかなあ?と、早くも不安。昨日のプロジェクトは、自分なりにやってかまわないとお許しをいただいたのですが、今日のは日本が絡んでいるとはいえ、すべて英語のプロジェクト。ばっちり上司に見守られながらの作業。とにかく、これは初日だったので、基本的な調べ物をして終わりました。

ってのも、どうやら今日は全社イベントがあって。ランチ後、みんなで公園に繰り出し、キャンプとかでゲームを担当する専門の人が来て、なぜか、3時間、寒い中ゲーム。なんでも、チームビルディングとかコミュニケーション向上の目的・・・・らしく。どうも最近大量に人が入ったみたいで、人の名前を確認しながら、ゲームに参加。普通に疲れました〜。


月曜はポットラックランチらしい(あたしは遅く出社の予定なので行かないが。)し、なんか、ゆるいんだかきついんだか。よくわからないんですが、とにかく週末。おつかれー、自分。


ってことで、週末は、またお買い物三昧です。

for-the-futurefor-the-future 2007/11/03 16:14 お久しぶりです!!モントリオールに戻られて、お仕事も始まり・・・なかなか忙しい日々ですね。
お仕事内容は・・・私には到底できそうもない内容ですが・・・でも私たちがカナダで経験すること全てが貴重で素晴らしいものなんだと思います。まだまだ始まったばかり、きっとそこでも忘れられない人との出会いや思い出が沢山できるはず!!

ふみふみ 2007/11/04 13:26 ワーホリでサービス業で働くことは多いですけど、Oyoさんのように現地企業でOLとして働く経験ってすごく貴重なことだと思います。
文化の違いから仕事面でも学ぶことはたくさんあるでしょうし。ただ、国が違うだけで、日本での生活と同じようなことにはならないように。
せっかくカナダにいるんですから(*^-^*)/

oyoblogoyoblog 2007/11/04 14:40 こんばんわです。今日はIKEAで半日過ごしたー!また明日も行こうかな?

>for-the-futureさん
モントリオール、めっちゃ寒いですー。結局1ヶ月くらいふらふらとした生活でしたが、やっぱり自分の部屋が落ち着きます。
新しい仕事・・・何というか、すごい自分を冷静にみてます。本当にやるべきかな?やるならがんばりたいけど、がんばれるかな、がんばりがいがあるんだろうか?って。こう考えちゃう時点で、結構考えすぎなんですけど。
そうですね〜。いい意味で忘れられない経験・・・になるといいなあと思ってます。意外とモントリオール生活厳しいなあと気づき始めたので、自分が楽しくあれるように、日々努力しますね♪いつもありがとうございます。

>ふみさん
そうなんですー。おっしゃる通り。貴重な経験ではあるんですが、さて。本当にやるべきか?日本のやり方を引きずって、同じような生活・状態になってないか、自分を冷静に見ながら精一杯やってみようと思います。
とにかくまずは今度はあと一週間。様子見ながら、がんばりますね。

2007-10-28

これも何かの意味があると考えて。


昨日はお休みの日!と設定したので、午前中はひとんちでぐーすかねてました。

で、午後は雨なのに、モントリオールでご家族を送ってきたChiに久しぶりに会うために、ダウンタウンへ。(Mitchの家からだと、バス電車で50分くらいかかるのよね。)彼女と会って、またいろいろと考えさせられた。

DSCN3038Chiとは、5月にビクトリアで出会い、10月に再会して2日から4日までアルゴンキンを一緒に旅した。あの時は車の運転にも慣れてなく、久しぶりの旅で、すごくわくわくしていた覚えがある。1ヶ月くらい前なのに、もう1年位前のことのように思えるくらいだ。彼女は、カナダの西から東まで、すべてくまなく旅を終えた、と言っていた。そしてまだグレハンの2ヶ月パスが残っているけど、一度トロントへ戻り、そして以前滞在した彼女の一番気に入っている町へ、大好きな仲間がいる町へ戻るって言っていた。

彼女の好きな町も、私の滞在した町と同じくらい小さい町。今日もいろいろと話をしたんだけど、やっぱりバックパッカーとして自由に旅することは楽しいけど、その隣り合わせにある困難さ、厳しさ。旅は旅でいいけれど、やっぱり1−2ヶ月が限度で、結局は落ち着ける仲間がいる場所に戻って暮らすのが一番安心する(まあ、安心しても、そこではまた何らかの不安や不満を抱いてしまう、のだけれど。)ものだねと、しみじみ話していた。

私は、利便性と、生活の変化を求めてモントリオールを選んだ。もう時間がたっているナイアガラには、もうきっと私の場所はないだろうから。あの時とはいろんなことが変化した。自分自身も、変化を求めて移動してきた。だから、寂しさや哀愁を感じても、前へ進まないといけない、と思っている。


DSCN227211月からの仕事に関しては、かなり不安だ。専門知識っていうのもあるけれども、やはり英語面。いままでの気軽なやり取りとは違う。ビジネスだから、こっちもプロ。お客さんもプロ。日本語でも怖気つくところだけど、これがまた英語。何よりも、一度逃げたビジネスの分野。いや、大学のときは、経済や経営、統計の分野からは逃げまくっていたから、それ以上のものかもしれない。だから、いまさら、またこうした仕事に向き合うのは、間違っているのかもしれない。あまりにも、Chalengeableすぎるのかもしれない。

でも、せっかく与えられたとりあえず1ヶ月。できる範囲でがんばろう、って思うけれども、どうなんだろう?がんばれば、満たすことができるんだろうか?できるだけ、多くを身に着けたいとも思うけど、やはり「仕事」である以上、何らかのサービスを、価値を提供しないといけないんだから、それなりの能力は求められるんだろうなあ。私のどこを気に入って雇ってくれたんだかわからないけど、いまはそうしたプレッシャー、いや、正確に言うと、自分の弱さとの戦い、な気がする。


DSCN3009きっと、この仕事にめぐり合ったのも、何かの縁。何らかの意味があるはず。カナダでも仕事をするうちにいろいろと考えてきたけど、いつも思考が止まるのは自分が「人材」なのか「人員」なのか、っていうところ。人員でいるのは、体力的に大変だけど比較的楽だけど、物足りないことがあったりする。けど、人材になりたいなら、精神的も能力的にも大変だ・・・

今回は、それなりのことが求められそうな仕事なので、これもいい機会なのかもしれない。何がしたいか、わからなくなってきている最近なので、まずは、全力を尽くしてみて、そこから考えてみようかな、と思っている。いつも逃げてばかりの卑怯な私。弱音をはかないで、「自分は海外で大学を出てない。Masterだってもってない。」とかの言い訳をしないで、とりあえず、全力でがんばってみよう。自分に負けないようにしよう。もし無理だったとしても、私という人間そのものが否定されるんじゃなくって、私の持っているものが足りなかった、もしくは私の行動・私と会社(業務)との相性、がかみ合わなかったと考えよう・・・。 

そんな風に、いろんなことを考えながら、あと3日。関連Webや書籍をいろいろと探し、そして新しい生活のものを用意し。足早に過ぎ去る10月をを見送ろうとしている今日この頃

これも何かの意味があると考えて。


昨日はお休みの日!と設定したので、午前中はひとんちでぐーすかねてました。

で、午後は雨なのに、モントリオールでご家族を送ってきたChiに久しぶりに会うために、ダウンタウンへ。(Mitchの家からだと、バスと電車で50分くらいかかるのよね。)彼女と会って、またいろいろと考えさせられた。

DSCN3038Chiとは、5月にビクトリアで出会い、10月に再会して2日から4日までアルゴンキンを一緒に旅した。あの時は車の運転にも慣れてなく、久しぶりの旅で、すごくわくわくしていた覚えがある。1ヶ月くらい前なのに、もう1年位前のことのように思えるくらいだ。彼女は、カナダの西から東まで、すべてくまなく旅を終えた、と言っていた。そしてまだグレハンの2ヶ月パスが残っているけど、一度トロントへ戻り、そして以前滞在した彼女の一番気に入っている町へ、大好きな仲間がいる町へ戻るって言っていた。

彼女の好きな町も、私の滞在した町と同じくらい小さい町。今日もいろいろと話をしたんだけど、やっぱりバックパッカーとして自由に旅することは楽しいけど、その隣り合わせにある困難さ、厳しさ。旅は旅でいいけれど、やっぱり1−2ヶ月が限度で、結局は落ち着ける仲間がいる場所に戻って暮らすのが一番安心する(まあ、安心しても、そこではまた何らかの不安や不満を抱いてしまう、のだけれど。)ものだねと、しみじみ話していた。

私は、利便性と、生活の変化を求めてモントリオールを選んだ。もう時間がたっているナイアガラには、もうきっと私の場所はないだろうから。あの時とはいろんなことが変化した。自分自身も、変化を求めて移動してきた。だから、寂しさや哀愁を感じても、前へ進まないといけない、と思っている。


DSCN227211月からの仕事に関しては、かなり不安だ。専門知識っていうのもあるけれども、やはり英語面。いままでの気軽なやり取りとは違う。ビジネスだから、こっちもプロ。お客さんもプロ。日本語でも怖気つくところだけど、これがまた英語。何よりも、一度逃げたビジネスの分野。いや、大学のときは、経済や経営、統計の分野からは逃げまくっていたから、それ以上のものかもしれない。だから、いまさら、またこうした仕事に向き合うのは、間違っているのかもしれない。あまりにも、Chalengeableすぎるのかもしれない。

でも、せっかく与えられたとりあえず1ヶ月。できる範囲でがんばろう、って思うけれども、どうなんだろう?がんばれば、満たすことができるんだろうか?できるだけ、多くを身に着けたいとも思うけど、やはり「仕事」である以上、何らかのサービスを、価値を提供しないといけないんだから、それなりの能力は求められるんだろうなあ。私のどこを気に入って雇ってくれたんだかわからないけど、いまはそうしたプレッシャー、いや、正確に言うと、自分の弱さとの戦い、な気がする。


DSCN3009きっと、この仕事にめぐり合ったのも、何かの縁。何らかの意味があるはず。カナダでも仕事をするうちにいろいろと考えてきたけど、いつも思考が止まるのは自分が「人材」なのか「人員」なのか、っていうところ。人員でいるのは、体力的に大変だけど比較的楽だけど、物足りないことがあったりする。けど、人材になりたいなら、精神的も能力的にも大変だ・・・。

今回は、それなりのことが求められそうな仕事なので、これもいい機会なのかもしれない。何がしたいか、わからなくなってきている最近なので、まずは、全力を尽くしてみて、そこから考えてみようかな、と思っている。いつも逃げてばかりの卑怯な私。弱音をはかないで、「自分は海外で大学を出てない。Masterだってもってない。」とかの言い訳をしないで、とりあえず、全力でがんばってみよう。自分に負けないようにしよう。もし無理だったとしても、私という人間そのものが否定されるんじゃなくって、私の持っているものが足りなかった、もしくは私の行動・私と会社(業務)との相性、がかみ合わなかったと考えよう・・・。 

そんな風に、いろんなことを考えながら、あと3日。関連Webや書籍をいろいろと探し、そして新しい生活のものを用意し。足早に過ぎ去る10月をを見送ろうとしている今日この頃。

原村のハハ原村のハハ 2007/10/29 21:05 このコメント欄に投稿しては消えてしまいます。
はてな?
ハハと娘同時に11月1日から新しい仕事に着きます。ハハも99%の不安を抱えての再出発です。

らららららら 2007/10/29 22:19 前に聞いたと思うんですけど、
Oyoさんが使っているカメラニコンでしたっけ?
ちょっと詳しく品番とか教えてほしいんですけどー。
メールしてもいいですか???

oyoblogoyoblog 2007/10/30 14:56 勉強が進まず、結局バンパイア生活〜。

>ハハ
あれ?何か変な設定でもPCにしちゃってるのかな?
ね、面白いね。母娘、離れたところにいても、いつもおんなじことやってて。笑
ほんと、今回は勤まる自信がないんだよね〜。(弟にも「そりゃ、無理だ!」って言われた。やつはよくわかってる〜。)ま、そんな中でも、とって食われるわけじゃなし、やるだけやってみるね〜。 ハハは大丈夫だよー。いい職場だといいね。

>らららさん
私のカメラ?きわめて標準的なものだと思いますが、NikonのCOOL PIXです。使ってるのは、S8http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/compact/coolpix/s8/)ですが、購買基準は、デジカメ初心者(なんてたって初めてのデジカメでした。笑)なので、使いやすいこと。それだけでした・・・。ニコンサイト(http://www.nikon-image.com/jpn/event/special/cplup/index.htm?cid=IJC78LJA002)を見てみたら、もっといいスペックのがでてると思いました。実際に、店舗で手にとってみて、一番相性のいいというか、そういうのを選んでみるのがいいんじゃないでしょうか? いいカメラ見つかるといいですね!

さなえさなえ 2007/10/31 07:54 家が見つかってよかったね。これで毎晩一人で酒が飲めるね。
私達もここウェリントンでの生活もあと2ヶ月を切りました。

無いなら無いなりに生活は出来るのですが何故か物が増えている。
ムービングフェアでもやらないといけないかもしれません。

出て行くときのことを考えて購入はお考え下さいね。

oyoblogoyoblog 2007/10/31 09:13
>さなえさん
ひゃー。なぜお見通しで?ちょうど、ワインを飲みつつ、調べものしていたところです。汗 
昨日はうきうきと買い物に出かけましたが・・・1ドルショップでこまごま買い込み、通勤の靴を買い、かばんを見ていたら・・・なんだかもういっぱいいっぱいで。どうも物を買い込むことには慣れてないようです。
とはいえ、冬のMontreal、しゃれじゃなく寒そうです。あったかいものがないと死んでしまいそう。なので、ものは・・・出て行くときの事を考えて買うことにしますね〜。
それにしても、あと2ヶ月なんですね〜。NZと日本を行き来する生活も、もう少しなんですね。早いー!

awamoriguyawamoriguy 2007/10/31 09:18 Oyoさんの新しいアパートのエリア、行ったことあるかもしれません。とってもフランス語エリアですよね。たぶん、Poutineを食べにそこまで行きました。グレイビーとチーズとフライドポテト、体には悪いけど、大好物です。僕の分までたくさん食べてください!:P

新しいお仕事、不安もあると思いますが、頑張ってください。あのワイナリーでのテキパキさをみてるので、Oyoさんはきっとすぐ慣れて、大活躍だと思います。:-)

らららららら 2007/10/31 19:28 いつもOyoさんの写真きれいだなーって思って、
だから気になったのです。
私のデジカメはもうずっと3、4年使ってて、
AUSでは毎日持ち歩いていろんなところへ行って撮ったから変えるのはちょっとさびしい気もするんだけど、
画質が落ちたなあっていうか、周りの新しいカメラがどんどん画質のよい写真が取れるようになってるからだと思うけど、
新しいものがほしくなってきたのです。
いろいろ調べてみますね。
ありがとうございます〜☆

oyoblogoyoblog 2007/10/31 23:56 きゃいーん。明日から仕事。調べ物はだいたい終わったけど、やっていけるんだろうか〜。どきどき。

>awamoriguyさん
ありがとうございます!不安がまだ96%くらいありますが、まあ、いきなりこなせるはずもなし、できることからこつこつやれればなあと思ってます。前向きに考えれば、これもいい機会になりそうかな、と思ってます。
この辺でプディン?どこだろう??確かにここらへんは、がっちりフレンチエリアなので、ケベコワ系はたくさんありそう。私もあの健康に悪そうな食べ物・・・かなり好きです。今日も散策に出かけようっと♪

>らららさん
きゃー。そういっていただけると、載せがいがあります。ほんと、NZで写真撮らなかったので、ある意味りべんじー!なのです。
さすがに本当に素敵な写真を撮るなら一眼レフみたいですが、十分普通のカメラでもそれなりに撮れるのね、と勝手に思ってます。いいの見つかって、ブログに写真が載るの、楽しみにしてまーす。