ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Yの王宮


写真はクリックすると大きくなります。

2017-02-17 秩父、それは東京に最も近い秘境

秩父、それは東京に最も近い秘境

秩父、埼玉にあるらしい謎に包まれた土地。

今回は恐らく人生で初めて秩父をじっくり回ってきました。


f:id:p0lar-star:20170213065013j:image

秩父の夜明け。関東最西部にして、この盆地感が群馬を越えている気がする。


f:id:p0lar-star:20170213075013j:image

f:id:p0lar-star:20170213075050j:image

天気は最高。お宿も昔バブル期に作ったリゾートマンションをホテルに改装しているタイプでお値段ちょうど良く、もの凄く気に入りました。家族連れには、このくらいで、良いんです。


f:id:p0lar-star:20170213081159j:image

こういうレストランもあります。眺め、最高じゃないですか?こんなところ群馬にはありませんよ。


f:id:p0lar-star:20170213104822j:image

秩父は和同が開珎したところ。栄えるわけです。その和同開珎を神としているであろう神社を発見。



f:id:p0lar-star:20170213104945j:image

ただ、この和同開珎、どこからどう見ても木製です。


f:id:p0lar-star:20170213105414j:image

開祖700年代という超歴史のある神社で御座いました。


f:id:p0lar-star:20170213111907j:image

荒川にかかる鉄橋を渡る秩父鉄道の貨物列車。


f:id:p0lar-star:20170213123444j:image

上長瀞駅。とろ、ってかけますか?私は書けません。


f:id:p0lar-star:20170213130647j:image

上長瀞駅から少し行ったところに宝登山という山がありまして、ロープウェイもあるのです。

凄く昭和っぽいでしょう?


f:id:p0lar-star:20170213131431j:image

車体も昭和モダン。いまなかなかこういうレトロなロープウェイ少なくなっているのでは無いでしょうか。


f:id:p0lar-star:20170213131831j:image

約4分、5分で山頂駅へ。


f:id:p0lar-star:20170213132555j:image

山頂は素晴らしい景色。ちょっとね、秩父を舐めていると痛い目見るよ、というくらい。


f:id:p0lar-star:20170213132937j:image

ちょうど臘梅の時期で沢山の方が臘梅見ていました。ろう、書けますか?私は書けません。

秩父は難しい漢字が多いですね。


f:id:p0lar-star:20170213133612j:image

ロープウェイ山頂駅の裏側の山には小さな動物園が。


f:id:p0lar-star:20170213134435j:image

f:id:p0lar-star:20170213134623j:image

f:id:p0lar-star:20170213134755j:image

f:id:p0lar-star:20170213134948j:image

開放感とBackの景色の良さ。設備は少し草臥れていますが、悪くないんです。


f:id:p0lar-star:20170213135611j:image

動物も人もとってもノンビリしているし、良いところです。


f:id:p0lar-star:20170213143023j:image

動物園から山頂まで歩くと約15分。3歳の息子にとって結構初めてのちゃんとした登山だった瞬間かも知れません。

山頂からの眺めは登山で得られるあの一番楽しい瞬間。1歳と3歳を連れてだとロープウェイを使うのもありだなあと。


f:id:p0lar-star:20170213143832j:image

秩父、この次はもっとディープなところをご紹介します。

2017-02-14 リニア行ってきた

リニア行ってきた

JR東海によるリニア中央新幹線の建設が進んでおり、既に山梨実験線で長い間試験が続いております。

現在は月ー土のスケジュールでリニア実験が見られるということで、行って参りました。


f:id:p0lar-star:20170211141626j:image

場所は山梨県大月近く。実験線は総延長42キロありますが、明かり区間はごくわずか。

その明かり区間で最も長い1.2kmのストレート上に実験見学施設が建てられており、体験乗車などの際はここから実際に乗車することが出来るそうです。


f:id:p0lar-star:20170211124645j:image

建物が既にリニア塗装っぽい色になっており、結構それっぽい感じにさせてくれます。


f:id:p0lar-star:20170211124823j:image

名前はどきどきリニア館。

どきどきリニア館。

まあいいか。


f:id:p0lar-star:20170211130435j:image

f:id:p0lar-star:20170211125351j:image

館内には昔実験に使われていたリニアの先頭車両が置いてあります。


f:id:p0lar-star:20170211125733j:image

みなさん、リニアの走行実験ってどのくらいやっているのか、知ってますか?

1日にせいぜい午前午後1回とかでその時間を狙って行かないと見られない、なーんて思ってますよね?


そしたら、これがね、バンバン!バンバン来るの!


f:id:p0lar-star:20170211133609j:image

もうね、1時間に1回とかいうレベルじゃ無くて、10分に1回くらいのペースでガンガン走ってる。

まあそれは日によるんでしょうけどん、私が行った日には行ったり来たり、すぐ来る。


当然ですが、スーパー速い。試験は全く手加減せず、時速500kmですよ。

時速500kmで動く割とデカいモノを至近距離で何回も見ることって今までほとんど無かったはず。

異次元、とまでは行かないけど明らかに次のレベルの速さを体験出来るのがとっても楽しい。


f:id:p0lar-star:20170211133830j:image

そして最初はリニア来ますよ〜っていわれたら、バシーンと見に行ってたんですけど、最後の方は「また来ましたか、まあ良いっすわ」というくらいになります。

7両編成です。


f:id:p0lar-star:20170211125931j:image

f:id:p0lar-star:20170211125850j:image

リニアのデザイン、今のL0系でもだいたい同じなんですけど、車内が普通。N700系の普通車っていわれても全く疑わないレベル。

この普通感がリニアを現実的な乗り物として認識させることには成功しているとは思います。

ただ、実際に中央新幹線として走る時にはリニアらしい超カッコいい内装にして欲しいものです。

景色はほとんどトンネルなんで、内装が今の新幹線より遙かに重要だと思うんですよね。


f:id:p0lar-star:20170211130953j:image

館内ではリニアが走る仕組みをかなりじっくりと説明してくれます。

こういうのはいい。超伝導磁石で走るっていうのは分かっていても、イメージが付かないですからね。


f:id:p0lar-star:20170211133144j:image

ジオラマもあります。かなり巨大です。リニアはちゃんとリニアだった気がします。とてもスムーーースに走り抜けていきます。



f:id:p0lar-star:20170211135526j:image

こういうミニリニア乗り場もあります。


f:id:p0lar-star:20170211140603j:image

f:id:p0lar-star:20170211140623j:image

リニア軌道もじっくり見ることが出来ます。


f:id:p0lar-star:20170211134025j:image

こちら、2027年には名古屋まで開通予定。

その際はこの実験線も実際の路線として使われる予定。品川ー名古屋40分。これは、完全に未来。

名称は「スーパーのぞみ」とか垢抜けないモノを希望。

2017-02-06 そういえば去年の7月に伊豆に行っていたんです

そういえば去年の7月に伊豆に行っていたんです

タイにいた頃、日本に帰れるのは年に3週間も無いので、基本的に日本にいるときは全力で遊ぶことを半ば強制されているというか、まあその気分が抜けていないのです。そういうわけで去年行っていたのに紹介していなかった伊豆の話を少し。


f:id:p0lar-star:20160829130248j:image

今回は珍しく下田。伊豆というと東伊豆がほとんどだったんですけど、西伊豆の美しさを福山雅治から教えて貰ったので(真夏の方程式ね)、西目な感じでいってみました。ここは三島のうなぎ。意外と三島って鰻が名物なのです。


f:id:p0lar-star:20160829143331j:image

f:id:p0lar-star:20160829143940j:image

f:id:p0lar-star:20160829143949j:image

途中であの【天城隧道】へ。越えられるのか否か、恐怖でしたが、意外と越えられました。

あと寒天で出来た橋はありませんでした。


f:id:p0lar-star:20160829150350j:image

浄蓮の滝。伊豆の良いところはこの滝、タダなんですね。これは行きますよ。とってもいいですよ。


f:id:p0lar-star:20160829184755j:image

下田の宿は企業の保養所を引き継いだ民宿というかホテルというか、こじんまりした宿。

漁師の息子さんがやっているのでその日に採れた魚介類だけで料理が出てきました。


f:id:p0lar-star:20160829190447j:image

どれもとっても美味しい!しかも台風が接近していたので、お客さんはごくわずか。


f:id:p0lar-star:20160829190741j:image

最初は満室と言われていたのですが、直前の予報でも伊豆は直撃になってて、皆さんキャンセルされたようで。

私は基本的に台風に避けられるので大丈夫だろうと思い、行ったら、やっぱり大丈夫でした。


f:id:p0lar-star:20160829191350j:image

ただ、そのおかげで北海道の方まで行ってしまい、大変な被害が。

力の使いすぎにもnoticeしないといけない、そう感じた瞬間です。


f:id:p0lar-star:20160829193902j:image

そんなわけで2日目に続きます。