ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Yの王宮


写真はクリックすると大きくなります。

2017-05-23 川崎市立日本民家園

川崎市立日本民家園

GW最後の日に川崎の向ヶ丘遊園にある日本民家園へ。

東京のたてもの園も有名ですが、ここは主に明治とか大正時代くらいの主に農家を蒐集対象としています。

f:id:p0lar-star:20170506105230j:image

とにかく数が多い。1度に20棟くらい見られるのは、間違いなく日本最大級でしょう。


f:id:p0lar-star:20170506104535j:image

家の整備も半端ない。ここまでするか?!というくらいの整備を行っています。


f:id:p0lar-star:20170506105441j:image

f:id:p0lar-star:20170506105509j:image

ほとんどが茅葺き屋根。


f:id:p0lar-star:20170506111323j:image

f:id:p0lar-star:20170506111447j:image

こういう変化球もあります。


f:id:p0lar-star:20170506112403j:image

f:id:p0lar-star:20170506112943j:image

f:id:p0lar-star:20170506113119j:image

こちら私のルーツである茨城の家。

この家は私のルーツの家のそばから本当に持ってきたそうで、家の作りはほとんど同じだったとのこと。


f:id:p0lar-star:20170506113134j:image

これはニワトコの木。世界のキッチンからで紹介されたエルダーフラワーですね。


f:id:p0lar-star:20170506113641j:image

こんなカッコいい形の屋根。


f:id:p0lar-star:20170506114735j:image

f:id:p0lar-star:20170506121309j:image

f:id:p0lar-star:20170506121452j:image

f:id:p0lar-star:20170506121348j:image

なによりの驚きは民家園の隣にあるメタセコイヤ並木。非常に高く、幻想的。

ここでお昼を食べるのは川崎1のランチだと断言出来ます。是非!

2017-05-12 LSE展望席

LSE展望席堪能ツアー

小田原まで湘南ライナーでいった後は小田急ロマンスカーで新宿に戻ってくる。

無駄の極地だけれど、かかる費用は4000円に届かない。それで3時間の極上の列車旅が楽しめる。そう思えば、居酒屋で2時間制の飲み放題とコース料理を時間に迫られながら流し込むより、ずいぶん楽しいのでは無いでしょうか。これが大人。それを実感するのも悪くありません。


f:id:p0lar-star:20170426201122j:image

小田原に到着するLSE。ほぼ私と同年齢。


f:id:p0lar-star:20170426201205j:image

この時間(小田原上り20時頃)ならばこの展望席の一番前が取れます。2日前くらいでも。


f:id:p0lar-star:20170426201426j:image

前に景色しか広がらない、というのは普段の列車では全く体験できない特別なもので、これを体験するだけで、体験後と前の人生観が変わるかも知れません。いや、そこまでは変わらないかも知れませんが、ホント、楽しいんです。この年になってもね。ここだと運転席の挙動も伝わってきます。


f:id:p0lar-star:20170426213421j:image

f:id:p0lar-star:20170426213457j:image

定刻通り新宿到着。LSEは再びホームウェイとして走ってきた鉄路を帰って行くようです。同年齢の列車、および狭い運転席に階段で上り下りする運転手に敬礼。

2017-05-11 185系湘南ライナーツアー

185系湘南ライナーツアー

通勤ライナー。

子どもの頃からの憧れ。通勤ライナー。

大人になったら通勤ライナーで通勤したい。そう思っていた人です。


でも今の家は東京。通勤ライナー全く必要無い状況です。

乗りたい。けど乗る必要は無い・・・。


しかし子どもの頃から見続けてきた特急踊り子でお馴染みの185系がそろそろ引退の時期を迎えており、これに平日に乗るためには通勤ライナーしか選択肢がない、ということでMr.Oと乗ってきました!

東京から小田原まで大人の終業後の列車旅が始まりです。


f:id:p0lar-star:20170426181725j:image

出発駅は東京。

乗るのは湘南ライナー1号。18:30発です。


f:id:p0lar-star:20170426181658j:image

通常ライナーに乗るには510円のライナー券が必要なのですが、グリーン車はその必要無く、グリーン料金を支払うだけで普通に乗れます。これ意外と知られていないライナー豆知識です。混んでいる東海道線のグリーンに乗るより遙かに快適です。


この普通すぎる、見慣れた顔ともそろそろおさらばかと思うと感慨深いものがあります。

f:id:p0lar-star:20170426194520j:image



f:id:p0lar-star:20170426194340j:image

f:id:p0lar-star:20170426193409j:image

磨りガラスのグリーン車表示がなんとも昭和を感じさせます。


f:id:p0lar-star:20170426194306j:image

2000年頃にアコモデーション改良されているグリーン車。非常にゆったりしています。


f:id:p0lar-star:20170426193318j:image

f:id:p0lar-star:20170426192915j:image

f:id:p0lar-star:20170426192553j:image

新幹線と同じシートピッチで大変快適です。


f:id:p0lar-star:20170426182618j:image

今回のお供。

グランスタで購入して準備万端!!


f:id:p0lar-star:20170426183727j:image

乗ってるぜ!グリーン!


f:id:p0lar-star:20170426192544j:image

東京を出発、品川でほぼ満席になった後は貨物線を経由し横浜をショートカットして藤沢までノンストップ。

これは未知の経験。鶴見を出ると長いトンネル。いつの間にか戸塚あたりに出てきます。

ちなみに大船で止まりたくてもホームが貨物線には無いんですね。だから止まらず。

茅ヶ崎でだいぶ降りて、それ以降人影はまばら。小田原まで行く人は新幹線、乗りますよね。


f:id:p0lar-star:20170426192612j:image

f:id:p0lar-star:20170426192622j:image

車内には昭和を感じさせる設備が所々に残っています。

もうこういうのが見られるのもあとわずかだと思います。


f:id:p0lar-star:20170426194651j:image

グリーンじゃない一般席。実はテーブルがグリーンには無くてこっちの方が便利です。


f:id:p0lar-star:20170426194559j:image

f:id:p0lar-star:20170426194623j:image

定刻に小田原に到着。約1時間の列車の旅。

185系グリーンの前時代的な大らかさを満喫し、かまぼこを購入。


帰りはどうするかって?もちろん小田急ロマンスカー!

しかも引退間近と噂されるLSEの展望席にて新宿へ。次回こうご期待。