ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Yの王宮


写真はクリックすると大きくなります。

2016-06-27 岐阜へ

岐阜へ

梅雨ってタイにいた8年間でどういう存在だったかというと、割とこの頃に日本に帰る時期だったので、なるべく避けたい存在であったことは間違いないです。ただ、タイの乾燥したあとに待っている雨季のありがたさを考えると、この湿った季節の大切さを昔よりは感じています。


さて、もう大分経ってしまいました。G.W.の事ですが、カミサンの親戚の別宅がある岐阜へ。



f:id:p0lar-star:20160429162558j:image

f:id:p0lar-star:20160429163333j:image

家の前は麦畑。何なんでしょうか、この美しさ。米とはまた違った種類の美しさを麦の姿からは感じます。

米は垂れてきた時が一番好きですが、麦のこの青々とピンピンした姿も気持ちが良いものです。


f:id:p0lar-star:20160429174629j:image

f:id:p0lar-star:20160430085844j:image

カミサンの親戚の家は昔ながらの日本家屋、ですが、もの凄く中をリノベーションしてて、ちょっとした感動があったのです。

外側はそのまま、中は現代的なフローリングと畳。以前いった祖谷の古民家の内装にも通じるモノなのですが、今後の方向性はこっちだろうと感じました。

マンションの内装ってもの凄い高いマンションでもほとんどがモダンな洋風ですよね。あれ、そろそろ変わるタイミングなんじゃ無いかなと。


コンビニという非常に現代的な店がハンバーガーでは無く日本的な「おにぎり」を販売したときのフィット感。

あの感覚がマンションにも来るんじゃないかと。


f:id:p0lar-star:20160430052944j:image

まあそれにしても、適度な田舎に家を持つ、ということの楽しさを存分に感じることが出来ました。

AKOGARE、ありますねえ。


f:id:p0lar-star:20160430113841j:image

f:id:p0lar-star:20160430114209j:image

徳山ダム近くの城。この城、かなり城なんですが、観光用に城を新しく建てたタイプの城。

どうなんでしょう。それ。中はプラネタリウムです。

ただ隣の民俗資料館(結構な広さの古民家園)と共通で500円なので、まあイイ感じといえばイイ感じではあります。


f:id:p0lar-star:20160430135118j:image

養老鉄道。ちょっとした事があり、なんともいえない気持ちです。


f:id:p0lar-star:20160430153254j:image

それに引き替えこちらの樽見鉄道の素晴らしさ。

こうした地方では鉄道は運輸業だけでは無く、サービス業の側面も強いと思います。

社風なのか一社員なのかは分かりませんが、残る会社、残れない会社というのは明確に存在しているんだろうと感じます。


f:id:p0lar-star:20160501122608j:image

f:id:p0lar-star:20160501123651j:image

最後は伊吹山ドライブウェイ。

こちら伊吹山山頂までぶち抜く自動車道で、3000円を超える通行料金なのですが、

その価値があるかは別としても楽しい道路でした。単純に山頂まで行けちゃう便利さと驚き、景色の良さ、どれもこれもなかなか無い体験でした。

2016-06-26 4月頃のタイ

4月頃のタイ


もうすぐ日本では梅雨明け?いや、まだまだですか。

あと半月くらいの辛抱かと思っているのですが、なにやら水が全然無いとのこと。

私、自他共に認める晴れ系人間でして、日本に戻ってきて、早速そういうことになってしまったことについて、多少の責任を感じる次第です。


まあ科学的にそんなわけは無い、とは分かっていてもなんとなく本当じゃ無いかと信じてしまう、そんな人生ですね。


さて、今回は4月のタイの写真です。

f:id:p0lar-star:20160423121114j:image

f:id:p0lar-star:20160423121238j:image

f:id:p0lar-star:20160425103415j:image

ゴールデンシャワーの花が綺麗に咲いています。

今年は開花がずいぶん遅れたとのこと。この時は4月の下旬だったので、確かに遅いなあと思っていました。普通は4月中旬のタイ新年、ソンクラーンの時期に咲いてソンクラーンを彩るのがこの花です。


f:id:p0lar-star:20160425140619j:image

クイティアオペット

f:id:p0lar-star:20160425140459j:image

出張で必ず立ち寄る、というほどでは無いのですが、少ない選択肢の中でここなら、というのがこちらのパコ村のクイティアオ屋。クイティアオペットというアヒルのクイティアオが名物ですが、こちらのポピアトート(揚げ春巻き)とネームクルック(米のさくさく料理)が最高に美味しいのです。上空からきちんと写す、ということを今までやっていないのですが、少しずつチャレンジしてみようと思って撮った1枚です。


f:id:p0lar-star:20160428172022j:image

最後はタイ関係なく、ブロンコビリーのハンバーグ。

ブロンコビリー初めて行ってみたのですが、サラダバーの充実さにいたく感心いたしました。

このくらいの価格帯のファミリーレストランとしては相当サラダバー良いなあと思います。この時は特に生八つ橋の切り落としがデザートとして陳列されてて、これが小倉アイスと一緒に食べられるような仕掛けになっていて相当良かったのです。

2016-06-15 いつかの石垣

いつかの石垣

f:id:p0lar-star:20160414073919j:image

那覇空港に787、というのも随分見慣れた光景になったのでしょうか。

私がいた頃はボンボン747が飛んでいたので全くもって時代の流れは早いなあと思います。


f:id:p0lar-star:20160414085400j:image

航空自衛隊、那覇基地のディスプレイ、あれ?4機もあったかなと思ってよく見るとファントムが追加されてますね。


f:id:p0lar-star:20160414141505j:image

沖縄のソウルフードにして私の愛してやまない沖縄そば。こちらは丸めんの八重山そば。

来夏世というお店のそば。


f:id:p0lar-star:20160416105136j:image

ここ(マーペー)に登ってみたのですが、

f:id:p0lar-star:20160416095919j:image

何も見えず・・・。


f:id:p0lar-star:20160416123617j:image

ラッピング塗装としては相当良い部類だと思うジンベイザメジェット。


f:id:p0lar-star:20160416124132j:image

f:id:p0lar-star:20160416124237j:image

羽田直航便の787。直航便は何便かありますが、787は一日一便だけ。さすが新空港ですねえ。


f:id:p0lar-star:20160416175345j:image

そろそろ梅雨も終わりに近づいているはずの石垣。梅雨が明ければそのまま夏です。