Hatena::ブログ(Diary)

p1dlab日記 RSSフィード

2014-02-10 iPhoneアプリ『ぱらぱらぱらら』の韓国語版をリリースしました このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

感覚パラパラマンガアプリ『ぱらぱらぱらら』の韓国語版をリリースしました。また、韓国語版のリリースを記念して、2月14日まで無料配信を行っています。この機会に是非ダウンロードしてみてください。

●『ぱらぱらぱらら』をApp Storeでダウンロード

2014-02-07 iPhoneアプリ『あの日、あの場所』、バレンタインデーまで無料配信中 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

2014-01-23 Kindle書籍『羽生生NEW偉人伝』を作って学んだこと このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

去年の年末Kindle書籍羽生生NEW偉人伝』をリリースしました。その際、いろいろと「思わぬこと」が起こって勉強になったので、反省意味も込めてまとめておきます。

リンクが張れない

まず問題になったのは、『羽生生NEW偉人伝』の「はじめに」にも書いてありますが、Kindle書籍場合リンクが張れないということでした。今回はKindle Comic CreatorというAmazonが用意した「Kindle書籍がカンタンに作れるソフト」を使って作ったのですが、このソフトは各ページをHTMLとして修正することができるので、リンクは張れるとばかり思っていたのです。制作に入る前にテストとしてiPadKindleアプリリンクが張れるかどうかを試したときにうまく行ってしまったのも、この誤解がそのままになる原因になりました。つまり、リンクが張れないというのは、Kindle Paperwhiteではリンクを設定しても動作しない、ということなのでした。『羽生生NEW偉人伝』では各偉人の解説からWikipediaへのリンク用のボタンを用意していて、連載を掲載している『さるやまハゲの助アプリ』では実際にWikipediaリンクを張っているのですが、Kindle版では実現することができませんでした。レビューをしていただいたダ・ヴィンチ電子ナビさんでは、

Kindle仕様上、ホンモノのWikipediaへのリンクは叶わなかった(冒頭にお詫びあり)らしいが、それすらネタに思える圧倒的な"まとまり感"。

と、好意的に取り上げていただいていますが羽生生さんや読者の方には非常に申し訳ないことをしてしまいました。もくじページからもタップで各偉人のページに飛べるようにしようと思っていたのですが、それもできませんでした。

余白が勝手に削除される

次に問題になったのが「ページによってなぜか画像が拡大されて表示される」というものでした。しかもこの現象はKindle Comic Creator付属しているシミュレーターでは発生せず、実機に持っていくと初めて発生します。いろいろ試した結果、まわりが白の画像場合、その白の部分が勝手に削除されて、その結果画像が拡大されて表示される、ということがわかりました。

試行錯誤の末、「四隅に薄いグレーの点を打つ」という、いかにもバッドノウハウな解決策を取りました。手作業でやるのは大変だったのでPerlMagickで作業、色は#e0e0e0であれば実機で「白として認識されない」ことがわかりました。あとで気付いたのですが、全部の画像についてこの処理を行ったせいで、フェルマーのように黒バックの絵の場合Kindle Fire HDなどのページ余白が黒で表示される端末の場合四隅に白い点が表示されてしまっています。今後気を付けたいと思います。

目次メニューがちゃんと表示されない

ところでKindleには各ページへダイレクトジャンプするための目次機能があります。文章の本なら章ごとにジャンプできるようにする感じですね。

Kindle Comic CreatorでKidle書籍を作成する場合ソフト自動的toc.ncxというXMLファイルを出力してくれます。そこでその中身を書き替えたわけですが、Kindle Paperwhite以外の端末で見ると目次メニューがちゃんと表示されませんでした。iPhoneiPadKindleアプリでは目次用のメニューは出るものの肝心の目次の中身が表示されず、AndroidKindleアプリではメニューすら表示されません。これについては解決方法がわからず、結局そのままリリースしてしまいました。ただ、実際にリリースしたあとにKindleストアで配布されているものを見てみると、Kindle Fire HDXではきちんと目次メニューが表示されていました。ですので、これは恐らくアプリ側の問題なんだと思います。

まとめ

というわけで、「リンクが張れない」、「余白が勝手に削除される」、「目次メニューがちゃんと表示されない」ということが今回学んだことでした。ちなみにAmazonへの登録から公開までは、およそ6時間でした。

文章の本を作る場合はまた違う苦労がありそうですが、今回学んだことを活かしてまたコンテンツを作っていきたいと思います。

羽生生NEW偉人伝

羽生生NEW偉人伝

2013-12-26 電子書籍『羽生生NEW偉人伝』をリリースしました このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

羽生生NEW偉人伝

 スマホアプリ『さるやまハゲの助アプリ』に連載中の『羽生生NEW偉人伝』に描き下ろしを加えた電子書籍リリースしましたhttp://www.amazon.co.jp/dp/B00HHVDLU6

 『羽生生NEW偉人伝』は、誰もが知っている偉人羽生生純氏ならではの特濃タッチ悪人顔に描く「ひとコマ漫画」集です。「歴史は苦手」という同氏がWikipedia偉人を調査、勝手妄想を巡らせ、総勢42名の偉人たちにいろいろなひとことを喋らせています。

【掲載偉人

キュリー夫人シュレーディンガーフェルマーザビエルマッカーサージェファーソンエルンスト・エンゲルヴィクトル・ユーゴー/スティーヴンソン/ナイチンゲールヘーゲルチャールズ・シュルツマザーテレサグルジェフバッハミケランジェロカラヴァッジオウァレンティヌスクレオパトラシェイクスピアヴェルディ/カサノヴァジャンヌ・ダルク(描き下ろし)/聖徳太子徳川家康松尾芭蕉小林一茶武田信玄野口英世高村光太郎坂口安吾太宰治江戸川乱歩隠元杉田玄白小野妹子坂本龍馬大久保利通岩倉具視西郷隆盛ジョン万次郎織田信長(描き下ろし)

羽生生純氏のコメント

えーこの度「羽生生NEW偉人伝」をKindle用にフハッとまとめて……本……というかアプリ……というか……何ていうんでしょう、やってもらいました! まとめて見たらなんか圧がすごいです! あと描きおろしネタもあるのでよろしくお願いします!

書籍タイトル羽生生NEW偉人

●著者:羽生生純

価格:299円

書籍URLhttp://www.amazon.co.jp/dp/B00HHVDLU6

2012-10-02

iOS向けアプリ2本をリリース、10月末まで特別価格85円です

iPhoneiPadで楽しめるエンターテイメントアプリを2本リリースしました。2本とも、2012年10月末日までリリース記念価格85円でご提供中ですので、この機会にぜひ楽しんでください!


あの日、あの場所まずは1本目。ダ・ヴィンチ電子書籍アワード2012のコミック絵本部門にノミネートされた『いつも、どこかで』の木川田ともみさんと、デジタルコミック『あの日、あの場所』製作しました。

今回も、単純にマンガ電子書籍化してはいません。マンガを読み進めるためには、GPS機能を使っていろんな場所にあるキーワードを集める必要があります。すべてのキーワードを集めると、隠しストーリーも読めますよ。スマホから少し目を離して、いまいる場所を見渡しながら、ゆったりと眺めてみてください。


●App Storeからダウンロード2012年10月末日までリリース記念価格85円)

●リリース、スクリーンショット

●スケッチとイタズラ部屋(作者・木川田ともみさんのブログ)



ぱらぱらぱらら

2本目は、スマホの画面をタップして楽しむパラパラマンガ『ぱらぱらぱらら』。今年4月から配布中の『さるやまハゲの助アプリ』内の同名企画の作品に、描き下ろし9本を加えています。「これってどんなアプリなの?」と思った方は、こちらの動画をどうぞ。

タップアニメiOSアプリ『ぱらぱらぱらら』CM

あそぶ編:http://youtu.be/-3nGLBgR1Is / つくる編:http://youtu.be/8nfMflR3TyM

紙のパラパラマンガ感覚あなたスマホでも試してみてください。


●App Storeからダウンロード2012年10月末日までリリース記念価格85円)

●リリース、スクリーンショット

●atari.blog(作者・おくやまゆかさんのブログ)