脳内新聞(ソース版) このページをアンテナに追加 RSSフィード

 『脳内新聞(ソース版)』にはブラックジョークが好きな“かぼちゃ魔法師”の性格上、多くの冗談や嘘成分が含まれている可能性があります。記事を読むときは十分ご注意ください。

2008-09-11

発がん性毒カビ米の三笠フーズ社長がお隠れになりました

発がん性毒カビ米の三笠フーズ社長がお隠れになりましたを含むブックマーク 発がん性毒カビ米の三笠フーズ社長がお隠れになりましたのブックマークコメント

被害拡大も…汚染米社長、逆ギレ→従業員解雇→雲隠れ 社会:ZAKZAK

社長は逃げ出した! ダダダダ・・・

 

汚染米を食べても健康被害の心配が無いというなら、農水省や厚生労働省の食堂で、その米を引き取ればいいよね。

追加情報:やっぱり、また謎の死を遂げる人とか出てきちゃうのかなあ

⇒ 毒米の元凶はミニマム・アクセス米 日本アンチキムチ団

備蓄米でしのげたのに緊急輸入という簡単な

手段で対処せず、

わざわざミニマムアクセス米なんて

ワケワカランもんを受け入れたわけですね。

小沢さんが。(w

なんでだろ〜?(爆w

食糧事務所は民主党(旧社会党)の選挙組織の一つ。

事故米転売で国を批判=癒着としか思えない−民主

 政府が工業用に販売した「事故米」が食用に転売されていた問題で、

民主党は11日、農林水産部門会議を開き、国の対応を批判した。

筒井信隆「次の内閣」農水担当は、 「96回も(不正転売の業者に立ち入り)調査をしながら、なぜ見破れなかったのか。 癒着構造があるとしか思えない」と追及した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000084-jij-pol  

⇒ 天漢日乗: 国が業者に売却した農薬・アフラトキシン(猛毒のカビ毒)汚染米が食用米に混入されて流通(その2)汚染米を売りさばくために農水省が業者に圧力? 応じなかった業者には嫌がらせの噂

国は売りさばく為に「今後この業界で商売するなら・・・」とか圧力とも取れる言い方で入札に参加させてたんだよ

それも工業用に有効利用できる業者だけでなく、食品用としてしか販売してない業者にも見境無く声掛けてたんだよ

うちの会社も打診があったけど社長が「うちでは利用方法が無い」といって断ったら省庁関係の嫌がらせがワンサカ。

工業用の施設持ってない会社に入札持ちかけるなんてフグとか青酸をヤフオクに出すようなもんである。

当然、工業用の施設を持ってない業者が汚染米を買い入れると、自分の所では処理しようがないので、ブローカーなどに転売する羽目に陥る。

いま農薬・アフラトキシン汚染米がどこに流通しているか分からないと農水省が言ってるのは、自分たちが「役人としての点数を稼いで、出世するため」に、工業用施設を持ってない業者にも、汚染米買い取りを強制したからだ。

なんだか色々と繋がってきましたね

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/p_wiz/20080911/p4