脳内新聞(ソース版) このページをアンテナに追加 RSSフィード

 『脳内新聞(ソース版)』にはブラックジョークが好きな“かぼちゃ魔法師”の性格上、多くの冗談や嘘成分が含まれている可能性があります。記事を読むときは十分ご注意ください。

2009-04-04

ハーバード大学がゾンビの開発に成功!

ハーバード大学がゾンビの開発に成功!を含むブックマーク ハーバード大学がゾンビの開発に成功!のブックマークコメント

アリはいつ他のアリが死んでいると判断するのか? |デジタルマガジン

死亡したアリはオレイン酸の値が少し下がっていることがついに分かりました。さっそくエドは同じようなエキスを作り、公園に行って1匹のアリにそのエキスを1滴ふりかけました。

 すると、見事に他のアリはそのアリが死亡したと勘違いし、まだ動いているそのアリをつかまえるとゴミの堆積所へと捨てたのです。もちろん、そのアリは死んでいるわけではないのでまた住居へと戻ってくるのですが、戻ってくるたびに捨てられました。

「こいつ・・・死んでいるはずなのに動くぞ!」

 

蟻叫喚の事態。

    

【通常便なら送料無料】ゾンビコスチューム

 

ゾンビ映画大事典

世界最強のゾンビ映画大全集。クラシック・ゾンビからイタリア血しぶきゾンビ傑作集まで、この一冊でゾンビ映画のすべてがわかる。

 

追記:書いてみた

⇒ ハーパート大学がゾンビの開発に成功! 脳内新聞(ブログ版)