ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ernst@hatena このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017年09月05日 (火)

観光船の時期もまもなく終了

[]Ciao!

約2週間のドイツ滞在が終わりました。帰国日のタクシーは霧の中の高速道路を走っており,タクシーの運転手が「もう秋が来た」と言っていたのが印象的でした。秋が来るタイミングは年によって大きく異なりますが,今年はどちらかというと早い方だと思いました。とはいえ,8月下旬の美しい夏のドイツに今年も滞在できたのはよかったです。

移民の増加やテロの危険など,約10年前にドイツに来たときからすれば,コンスタンツと言えども状況は少しずつ変わってきているように思います。オープンで寛容な社会をどのように実現するかという難しい課題にドイツがどう立ち向かうのか,今後も注目したいと思います。

2017年09月01日 (金) 雨のちくもり

図書館はまだ夏休みの雰囲気?

[]夏の終わり

8月最終週に入ってかなり暑さがひどかったドイツでしたが,31日に降った雨で一気に気温が10度も下がり,秋の空気に変わりました。夏は終わった(Der Sommer ist vorbei.)という声が聞こえてきました。日本に比べればまだ日が長いですが,最も明るいときで夜10時過ぎまで明るかった空も,現在では夜8時前後に暗くなってきています。

コンスタンツ大学では,例年と同じく8月・9月に語学の集中講座が開講されており,コンスタンツ大学留学者のみを対象にする9月のコースでは180人の学生が登録しているそうです。今から約10年前に参加したときには100人前後だったので,人数は倍近くまで増えています。ただ,増加したのはそのほとんどがドイツ語の完全な初心者だそうで,理系を中心とする英語での授業が前提の留学生が増えたことが影響しているとのことでした。

2017年08月30日 (水) 晴れ

フンボルト大学の工事状況

[]Baustellen

月曜日からベルリンに来ています。ベルリンも快晴で,コンスタンツほどの暑さではありませんが,夏の気候です。

ベルリンには相変わらず工事現場がたくさんあります。フンボルト大学の本館も法学部の建物も改修工事が行われており,通れなくなっている場所がいくつかあります。法学部の図書館も工事が入っており,いつもよりも階段を多くのぼる必要がありました。

フンボルト大学の近くのベルリン国立歌劇場(Staatsoper)はようやく改修工事が終わって,10月初旬にオープンします。道路の下の地下鉄工事はまだまだ続いています。

いつまでも開港しないことで知られるベルリン・ブランデンブルク空港は,現在のところ来年開港予定で,開港から半年でテーゲル空港が閉鎖される計画です。しかし,次の連邦議会選挙と同日に,ベルリンでは住民投票が行われ,テーゲル存続が争点となっています。現在のところ賛成者がかなり多いようですが,法的拘束力はなく,州政府は今のところ計画を変更するつもりもないようです。本当に新空港が開港し,住民投票を契機とする見直しが行われない場合には,もしかすると今回が最後のテーゲル空港利用になるかもしれません。

2017年08月27日 (日) 晴れ

夏の好天時だけ飛ぶ飛行船

[]Hitze

今月前半は夏とは思えない悪天候だった(らしい)コンスタンツですが,到着後1週間はほとんどが晴天で,気温も20度台後半まで上がってきました。この天気傾向は今週前半までは少なくとも続くようです。

現在のヨーロッパは北部と南部で気温傾向が大きく異なり,南部は猛暑,北部は冷夏になっているようです。今週前半は,現在イタリアあたりまで広がっている暑い空気がアルプスを越えてドイツ南部に流れ込む予報になっています。コンスタンツでも,今週の前半は最高気温が30度を超える日があるとされており,ドイツで一番暑いFreiburgあたりでは最高気温が35度になっています。

ただ,今のところこの猛暑(Hitze)は長続きしない見込みで,9月に入ると暑さが落ち着いてくるようです。

2017年08月26日 (土) 晴れ

左翼党(Linke)のポスター

[]選挙は終わった?

今年の9月24日はドイツの連邦議会選挙の日です。今回の選挙では,今年春ごろに社会民主党(SPD)の首相候補が発表された頃には現職のメルケル首相を上回る人気で,政権交代が実現するかと言われていたところです。しかしこのところの世論調査では,キリスト教民主同盟・社会同盟(CDU・CSU)の支持率が4割前後で安定し,SPDは2割程度にとどまっています。メルケル首相の続投はもはや既定路線で,現在の大連立が続くのか,それとも自由民主党(FDP)と緑の党との三党連立に切り替わるのかが関心事になっています。

ドイツでもこのところ極右政党の力が強まり,AfDは次の選挙で10%程度の得票を集めるのではないかと言われています。しかし今のところ政権運営に影響を及ぼすほどの勝利は予想されていないようです。

ドイツでは選挙の時期になるとポスターがあちこちに貼られますが,選挙カーが回るとか,街頭演説するといった風景はまず見られません。また,ポスターは候補者の写真だけのことが多く,政策などが書かれていることは稀です。