Hatena::ブログ(Diary)

P∀KI BLOG

2010-06-27

[]RPGツクールDS考察116

夢幻邸の攻略記事を近いうちに掲載すると宣言しつつ早1ヶ月が経ってしまいました。

長々とお待たせしてしまい申し訳ないです。


まだ生き残っているようですが、簡易審査のハイペースっぷりを見るにいつ消えてもおかしくないので、消えてしまわないうちに攻略を載せておきます。


「ヒントが少ない!」「何をすればいいのか分からない!」「あ〜もうめんどくせぇ!」「やめる!」

…という方々がおられましたら、ぜひ参考にしていただければと思います。


メモ程度に書き綴ってますので、見にくいのはご了承下さい…







---------------------------------------------------------------------------------






◇夢幻邸 〜攻略〜 ※ネタバレ注意!



最初にキャラ名が書いてあるものはそのキャラクターを操作する必要あり。

逆に書いていないものはどのキャラクターでもOKです。


ツクールDSの仕様により、アイテムを使う場合は対象を調べる前に行う必要があります。

対象を調べた後だとアイテムを使うことができませんのでご注意下さい。

対象を先に調べた場合は、一度その場から離れ、再度対象の前に立つことで使えるようになります。




●探索パート1(最初の探索)

・エイコウ:リビング右上の棚を調べ、悪魔事典を入手する。

・ユイ:リビングの時計を調べ、レッドアイを入手する。

・タルゾウ:廊下にある左から2番目の大きなツボを調べ、冷凍マグロを入手する。

・ダイコ:玄関にある右側の絵画を調べ、トランプを入手する。

・4つのアイテムが揃った状態でリビングと廊下を繋ぐ通路へ。



●探索パート2(屋敷の異変に気づいてから)

・ユイ:左の小部屋にある引き出しを調べ、魔境を入手する。

※2週目以降は、この時にダイコを操作し左の小部屋にあるベッドを調べることで、殺人事件編に分岐。




〜ホラー編〜


●探索パート3(照明が消えてから)

・ユイ:左の小部屋の電気スタンドを調べ、小さなカギを入手する。

・タルゾウ:リビングの引き出しの前で小さなカギを使用し、ゴム手袋を入手する。

・エイコウ:玄関にある左側の観葉植物の前でゴム手袋を使用し、錆びたコインを入手する。

・ユイ:リビングの時計の前で錆びたコインを使用し、時計の針を

「右→左→右→右」の順に回し、ブルーアイを入手する。

(“とうぞくのおはなし”に出てくる12時40分に時計の針を合わせる)


・ユイ:右の小部屋にある右側の本棚の前でトランプを使用する。(なかまはずれのおはなし)

・ユイ:廊下にある大きなツボのスイッチを


左から二番目(○●○ ○○○)

右から三番目(○○○ ●○○)

一番左    (●○○ ○○○)

右から二番目(○○○ ○●○)

左から三番目(○○● ○○○)

一番右    (○○○ ○○●)


の順に押す。

(ペテン師が言っている順番の逆順になります)

・廊下の中央に出現した金色のカギを入手する。


・エイコウ:ピアノのある部屋のクローゼットの前で金色のカギを使用し、長い棒を入手する。

・ユイ:左の小部屋に行き、隠し階段の存在を確認する。

・タルゾウ:ベッドの隣の壁の前で長い棒を使用し、隠し階段を出現させる。


・ダイコ:2階にある左側の女神像の前でブルーアイを使用する。

・ダイコ:2階にある右側の女神像の前でレッドアイを使用する。

・テーブルの上に出現したオーパーツを入手する。

※オーパーツを入手していない状態で進めると、バッドエンド(ゲームオーバー)になります。


・ダイコ:2階のクローゼットを調べ、悪魔の首飾りを入手する。

・ユイ:2階の引き出しを調べ、楽譜を入手する。


・ダイコ:(悪魔の首飾りを入手した状態で)1階のピアノの前で楽譜を使用する。

・ダイコ:出現した4体の幽霊から逃げた後、ユイと会話をする。

・ユイ:1階のピアノの前で楽譜を使用する。


※イベント後は2階のみが舞台になります。

※1階に戻れなくなるのでセーブができなくなります。(詰み対策)




●探索パート4(2階のみが舞台になってから)

・エイコウ:ユイの前で悪魔事典を使用する。

・ダイコ:ユイの前で魔境を使用する。

・タルゾウ:ユイの前で冷凍マグロを使用する。


イベント後、エンディングとなりホラー編クリア。

※オーパーツを入手していない場合、バッドエンド(ゲームオーバー)になります。

再びオープニングへ。(2周目が始まります)





●探索パート2(屋敷の異変に気づいてから)

・ホラー編クリア後(2周目以降)に、ダイコで左の小部屋にあるベッドを調べる。

(ダイコ操作時に屋敷の入り口にスライムが出現しているのが2周目以降の目印です)


※サブシナリオ、殺人事件編に移ります。





〜殺人事件編〜


●調査パート1(最初の調査)

・左上の柱を調べ、ゴム手袋を入手する。

・一番中央の大きなツボを調べ、長い棒を入手する。

・台所の木箱を調べ、魔鏡を入手する。

・エイコウの死体を調べ、悪魔事典を入手する。

・4つのアイテムが揃った状態でダイコに話しかける。


●調査パート2(2回目の調査)

・台所にあるトマトの入った木箱を調べ、レッドアイを入手する。

・右の小部屋にある額縁を調べ、認定証を入手する。

・2つのアイテムが揃った状態でダイコに話しかける。


●推理パート1(ダイイングメッセージの意味)

・リビングにあるノートパソコンの前で悪魔事典を使用する。


●推理パート2(事件発生時にユイがいた場所)

・台所を選択


●推理パート3(真の凶器)

・ユイの前で冷凍マグロを使用する。


●推理パート4(おろし器の正体)

・ユイの前で魔境を使用する。


●推理パート5(凶器が消えた場所)

・ユイの前で長い棒を使用する。


イベント後、エンディングとなり殺人事件編クリア。







---------------------------------------------------------------------------------






…以上が夢幻邸の攻略記事になります。


本作品は“ホラー編”と“殺人事件編”の2つを収録しており、“殺人事件編”クリアで全クリとなります。

3つ目のシナリオはありませんので、殺人事件編クリア後に電源をプチッと切って終了してください。

MsAMsA 2010/06/27 18:25 ぉぉぅ、攻略記事お疲れ様です。

途中で詰まってしまって投げられるのは、作者側からすると辛いですからね…

攻略記事が必要になってしまった、というのも反省材料ではありますが(笑)

pakistapakista 2010/06/28 19:04 どうせもうちょっとで消えると思うので最後の悪あがきです。(笑)

エンディングまで見てもらえず途中で投げられてしまうのはやっぱり作り手として悲しいですよね。
途中で詰まったので低い評価を付けられる…ということが自分の作品も含めたくさんあるだろうなと思います。

市販のゲームならともかくツクール製の作品は攻略記事が必要ないくらいの仕上がりが一番良いのかもしれませんね。

umiumi 2010/07/03 22:16 はじめまして。ツクールDS関連のサイト色々見ている中で立ち寄りました。
結構前ですが、夢幻邸、プレイ&クリアさせて頂きました。
コンテスト作品はいくつか遊びましたが、この作品は自分の中でとても強く印象に残りました。
最初は二週目の別ルートへの行き方が全然わからなくて、一週目を2回繰り返してしまいました(苦笑)
2週目はキャラの性格が壊れていてにやにやしながら進めていました。反応しないはずなのに、ついついタッチペンで魚の凶器の部分をタッチし…(魚の頭の先端でよかったですか?)
ストーリーもゲームの進め方もすごく凝っていて、「ツクールDSでここまでの作品ができるんだ!」と感心&触発されました。
もっとも自分の作品は、投稿したものの、つまらなかったのか地味だったのかいつの間にか消えてしまいましたけれど、それでも創作意欲失わず、今はストーリー重視FULL長編4部作の3作目を黙々と作っています(ほとんど自己満足:汗)
面白い作品に出会えてよかったです。
突然のコメント、失礼いたしました。

pakistapakista 2010/07/04 16:32 はじめまして!
夢幻邸をプレイして下さってありがとうございます!
サブシナリオへの分岐点は確かに分かりにくかったですね。
全体的にヒントが少なく悩ませてしまったようで申し訳ないです。
もっと早くから攻略記事を載せておけば良かったなと反省中…

サブシナリオはメインとの違いをハッキリさせるために、ちょっとふざけながら作ってしまいました。(笑)
魚は私のイメージだと頭の先端なので大正解です。
しかし、物グラフィックの角度を変えると変なゴミ(?)がついてしまうので、実際のゲーム中では尾になってます。
というわけでセリフではあえて正解部分を濁してあったりします。

しかしまさかこれほどまでの感想を頂けるとは…嬉しいことこのうえないです。
ぜひ次回作への励みにしたいと思います。ありがとうございました!

>コンテスト作品
もし作品名を教えて頂ければプレイして感想を差し上げますよ〜。
(ツクールDSのアップローダーにコンテスト作品を全て上げて下さっている方がおられるのでプレイ可能です)
ちなみに私も次にFullで作る作品はほぼ自己満足になると思います。(笑)

umiumi 2010/07/04 17:50 お返事ありがとうございます。
自分は謎解きや脱出ゲームプレイするのは大好きですが、いかんせん、作ろうとすると、全くネタが思い浮かばない人です。ストーリー考えるのは大好きなんですけどね。
2週目のふざけ感、一週目がシリアスな雰囲気なので、そのギャップが余計楽しかったですよ。神父さんなんか、もう、代わりに蹴っ飛ばしてやりたいくらいに(笑)
魚…よかった。ひねって考えて「背びれ」あたりつつかないで…(再笑)
次回作はどんな作品ですか?なんかすごく気になるんですけど。

あ。あと自分の投稿作品は第4期で、「女神に捧ぐヴェスパタイン」と言います。今自分がfullで黙々作っている作品の過去編の話です。ゲームプレイしてもタイトルの意味が「?」だったり、謎が多く残る話ですが、fullでその伏線回収を必死にやってます(爆)
1時間程度で終わる作品なので、お時間があった時でもプレイして頂ければ、たぶん、自分嬉しくて小躍りします(笑)

それでは…長文失礼いたしました。

pakistapakista 2010/07/07 00:52 メインとサブシナリオのギャップを感じて欲しいというのが実は作り手としての最大の願いでもあったので、そこを楽しんでいただけたようで良かったです。
神父さんはまあ性格上あんなことになっても仕方なかったかな、と…(笑)

>次回作
いくつか案は出てきているのですが、どれを作ろうかで悩んでいてまだ実際に制作開始できずにいます。
ですので完成はもう少し後になってしまうかも…
作品の方向性としては、シリアスな話を作るのは疲れるのでおそらくゆるい感じのギャグメインの話に仕上げる予定です。
やっぱりキャラがはっちゃけてくれた方が楽しめながら作れますので。(笑)

>女神に捧ぐヴェスパタイン
4期の公開作品ですね、了解しました。
またクリアしましたら記事の中で感想を書かせていただきますね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pakista/20100627/p1