Hatena::ブログ(Diary)

pal-9999の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

生涯楽天家がモットーの男のネタ的はてなダイアリー。本家はこちら
サッカーネタは、pal-9999のサッカーレポートに移転しました。

2006-05-27 腐女子から聞いた話と801の恐怖

[]腐女子から聞いた話と801の恐怖 腐女子から聞いた話と801の恐怖を含むブックマーク

腐女子思想の根幹にあるもの


上記のエントリ読んで思い出したこと。


大学生の時代の思い出なんだけどね。その頃は、スラムダンクのやおい本なんかが、まだ結構出てた時期。そして、僕がやおいの存在を始めてしった時期でもあった。





腐女子に関しては、まぁ、最初は理解不能だった。今もだが。そもそも、ホモ大好きという時点で穴恐ろしや。



だが、大学時代の漫画サークルには、そっち系の女の子もいて、まぁ、色々とあった。というか、その子を通して、この世のカオス、やおい本の世界を知ったのだが。


そして、忘れられない話がある。


それは、その時の夏コミの事で彼女から聞いた話。


基本的に、コミックマーケットでは、同じジャンルの本を出すサークルは一つの場所に集められている。そのほうが買うほうも便利だしね。


ただ、コミックマーケット運営側には、誤算が一つあった。というか、腐女子道にあまりに疎かったのかもしれない。そもそも、彼女らは理解の及ばぬ場所に生きているんだけども。


事件が起こったのは、こんな経緯だった。(全て、当時聞いた話。)


当時のスラムダンクにおいて、三井と小暮のカップリングが流行っていた。そのため、運営側は、それ系カップリングのサークルを一箇所に集めてコミケを開催していた。


ところが、三井と小暮カップリングのサークル同士で、文字通り、血で血を洗う抗争が起こったのである。一節によると、刃物沙汰にまでなったという。


理由。


それが、笑えるんだか、笑えないんだかよくわからない話なんだが、やおいにはカップリングの他に、「受け」と「攻め」が存在し、「三井×小暮」と「小暮×三井」では、全く異なる存在なんだそうである。


要するに、三井と小暮で、どっちが突っ込み役で、どっちが突っ込まれ役になるかどうかが非常に重要で、カップリングにおいて、それが異なると、我慢ならない存在になる時もあるそうな。


そして、その事が発端となって、「三井×小暮」派と「小暮×三井」派で、大騒乱に発展した云々。


はっきりいって、そんなのどうでもいいだろと思ったが、腐女子にとっては大問題らしい。




このあたりのことを知り、また、女性はエロイ妄想する時に、「突っ込まれる」妄想をするとか云々とかいう話を考慮するとなんだけども、まぁ、こんな風に思っている。



あるジャンルで、女性が感情移入して「突っ込まれたい漫画キャラ」がいたとする。


で、その場合、彼女達の性欲を満たすためには、その男性キャラが女キャラとセックスしている同人誌を買えばいい・・・・という風にはならない。




女性は、その男性キャラに作中で突っ込まれている女性キャラに感情移入してエロを楽しむことになるのだが、その場合、嫉妬が発現してしまうのかもしれない。


男性向け同人誌の場合は、人気のある女性キャラが他の男とセックスしていても、大抵の場合、問題ないのだが(いくつかNGがあるが)・・・・このあたりに男女差があるようにも思う。


あと、男の場合、性欲解消のためだけのセックスというのは、病気にさえ気をつければ、問題ない。


が、女性の場合は、セックスには妊娠問題がつきものだから、病気の他に、妊娠にも気をつけないといけなくなる。


で、ここまでで、いくつか、要素を書き出してみたけど、「やおい」を成立させているのは、「嫉妬と妊娠というリスク無しでセックスを楽しめる」エンタメだからなんじゃないかと思う。


男×男なら、好きなキャラが他の女をセックスするわけじゃないから、それほど嫉妬に襲われずにすむし、さらに、突っ込まれる側の女性に感情移入することで、好きなキャラとの擬似セックスが楽しめ、さらに、妊娠というリスクがない。


そんな感じで、まぁ、みているのだが。



ところで余談になるが、最初のエントリとその部熊コメントとか読んでて思うのだが、「女性による男性へのレイプ」という問題は、女性がバイブ使って男のアナルブレイクしたくらいでは、個人的にレイプとまではいかないと思っている(あくまで男の側からの意見だけど)


本気で、女性が男をレイプしたと言えるケースは、僕がしる限りでは


http://moemoe.homeip.net/view.php/966


これかね。


ここまで来たら、個人的にはレイプと言える。例え、アナルブレイクしてなくても。


昔、深夜映画(イタリア映画だったかなー)で、ある男がどんどん人生転落していって、しまいにはドムタイプの女看守と無理やりセックスさせられ続ける地獄のような日々を描いたのをみた事があって、鑑賞後、死にたくなるような虚無感に襲われつつ、「女性がレイプされる時の気持ってこんな感じなのかなー」と思ったもんなんだが。


単純に女性が男性をレイプするというのは、そういうシチュエーションに落としこまないと、あんまり実感がわかなくもある。

BarBar 2006/05/28 06:23 >ドムタイプの女看守

踏み台にすればいいのに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20060527/p1