Hatena::ブログ(Diary)

pal-9999の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

生涯楽天家がモットーの男のネタ的はてなダイアリー。本家はこちら
サッカーネタは、pal-9999のサッカーレポートに移転しました。

2007-01-17 はてDのアクセス増加効果報告

[]はてDのアクセス増加効果報告 はてDのアクセス増加効果報告を含むブックマーク

なんか、はてなのアクセス増加効果が、最近上がったような気がする。


f:id:pal-9999:20070117010217j:image:w500


これは、今月の記録なんだけど、先日のエントリにやたらとアクセスが集まってしまい、普通の日の十倍ちかいアクセスがあった。


こういうのは一過性のものだから、すぐ元通りになるんだけども、


* 925 http://d.hatena.ne.jp/

* 896 http://b.hatena.ne.jp/hotentry

* 332 http://www.google.co.jp/ig?hl=ja

* 181 http://b.hatena.ne.jp/

* 173 http://b.hatena.ne.jp/entrylist?sort=hot

* 169 http://reader.livedoor.com/reader/


アクセス元上位がこういう内訳になっていて、はてDのトップページやホッテン鳥に入ると、恐ろしい勢いでアクセスが増えるようになった。ホッテン鳥をRSS登録している人も多いから、ホッテン鳥入りすると、RSSから飛んでくる人が物凄い数にもなる。(RSSで全文配信しているんだけど、何故か飛んでくるひとがいるのは謎)


はてDは、ある程度、部熊されると、はてDのトップページに人気記事として来るようになっている。ただ、以前は、ここまでアクセスが来なかったわけで、ちょっと驚いている。(昨日の記事のタイトルにセックスって単語が入っていたせいかもしれないけども)


他のブログサービスだと、人気ブログランキングはあるけれど、人気記事ランキングというのは無くて、記事単位での切り売りサービスはされていない。(勿体無いなーと思うが)


このあたりは、はてなが日本でも最も使われているSBMであるはてBを持っている強みなんだけど、ここは、はてDでブログを書く人にとっての一つの魅力だ。(と、同時に、怖いところでもある。ある日突然、部熊団の襲撃を受けて灰にされてしまうこともあるしね)


本家ブログで、最近、やたらとアクセスを集めてしまった記事があるんだけど、その時は、


ブックマーカーがうちの記事を部熊

注目エントリ

人気エントリ

大手ニュースサイト砲

mixi日記や他ブログから直リン効果

ライブドアのニュースの横に何故か載る


といった連鎖が起こった。


うちのブログだと、とにかく、一時的なアクセス増加効果に、明らかにはてDやらはてBが一役買っていて、最初のティッピングポイントになっているケースが多い。



以上、報告終わり。

TotoroTotoro 2007/01/18 17:36 コメントが増えてきた時点できっちりここまで記事を書いたのは立派。私なぞ、思いつきで記事を書いて、コメント覧が荒れて、あせって裏を取ろうとしたら、証拠も何もなく単なる「思い込み」だったこともあります。

dennoupriondennouprion 2007/01/20 13:02 livedoorには記事ランキングがあります。
http://www.blog.livedoor.com/article_ranking_index.html

男 2007/04/03 03:25 ゴウカンは男のロマンです

TransitionTransition 2007/11/22 13:37 >アメリカでは、性教育においても、「強姦・強姦未遂の多くは、友人・知人などによって、被害者の自宅や加害者の自宅で行なわれている」という事を教えているそうだ。

平成12年頃、北海道の某高校で使われていた家庭科の教科書である『家庭一般 21』(文部省検定済教科書。高等学校家庭科用。平成10年3月15日文部省検定済。平成12年1月20日印刷。平成12年1月25日発行。発行所:実教出版株式会社。7 実教 家庭550)p 41には、強姦のことが載っていました。せっかくだから、下記に、その一部を載せます。
『レイプについては、一般に見知らぬ男性が暗やみで女性を襲うことのように考えられている。しかし実際には、加害者が顔見知りであることが多く、犯行も室内でおこなわれることが最も多いなどその実態は意外と知られていない』

(←『人間の性とは』、『人権を侵す性の行為について』、『性的欲求』、『性行動にともなうトラブル』のあたりに載っていました。したがって、ある意味で、性教育の一環として載っているといってもいいでしょう。ちなみに、具体的な統計やグラフは載っていませんでした)

詳細は、私が送ったトラックバック参照。

きょーすけきょーすけ 2008/05/15 18:53 非常に丁寧で色々と考えることができる内容でした。
同じ題材では あの人種が悪いやこの人種が優秀など、民族や国民性を
なじることに用いられていることが多いです。
しかし 氏の内容は偏りがなく かつ白書などの実際の数字にも疑問を
投げかけ 事実を模索する姿勢に感銘しました。

NN 2013/09/22 13:16 デートレイプされることを期待して家に上げている女性も非常に多いことも問題。
女性がもっと開放的に、言い訳をしなくてもセックスできる状況を作ってあげることで、
男性が、家に二人きりで呼ばれて一緒にベッドに座ってるけど「Hしていいのかどうかわからない」状況を作り出している女性が多いのも責任がある。