Hatena::ブログ(Diary)

pal-9999の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

生涯楽天家がモットーの男のネタ的はてなダイアリー。本家はこちら
サッカーネタは、pal-9999のサッカーレポートに移転しました。

2007-08-02

[]性欲と知性 性欲と知性を含むブックマーク

あー、ちょっと取り上げようと思ってたのに、ギガジンに先越されちゃったよーとか思ってショボーンとしたわけですが、書こうと思ってたことなので、書いちゃいます。




Intercourse and Intelligence


そしてこれは高校時代以降も継続される傾向があり、生物科学や数学の専攻科目を選んだ学生の未経験率はなんと83%、生物学の専攻科目では72%といった感じで、圧倒的に理数系科目を選んだIQの高い学生は未経験率が高くなるようです。

IQが高くなれば高くなるほど、性交渉経験率は下がっていく


これ、今、はてBでも話題になっている記事です。


IQが高い学生ほど、セックスできない傾向があるって記事なんですけどね。


で、なんですが、僕が気になったのは、元記事のもっと最後のほうにあるとこです。稚拙な訳ですいませんが、ちょいと訳しますと、


while 95% of US men and 70% of women masturbate, this number is only 68% of men and 20% of women at MIT!

アメリカの男性の95%、女性の70%が、マスターベーションをしている一方、MITの学生で、マスターベーションをしているのは、男性で68%、女性で20%!


つまり、どーにも、IQの高い人達は、性欲そのものが薄いらしい・・・と。特に女性でこれが顕著っぽいみたいですが。


以前、高学歴の女性が、結婚しない理由について、アレコレ書いてみたわけですが、これを知ってしまうと、そもそも、性欲が少ないから、あまり異性に興味もてないだけ・・・・なのかもしれないとか思ってしまうんです。


それから、その後の記事で、IQ >120以上の男性は、売春婦をより頻繁に利用している・・・というデータが示されます。

Half Sigma also showed that the smartest men in the GSS (approx. IQ >120) were also more likely to visit a prostitute. (Hardly indicative of cautiousness) This may suggest intelligent men are less able to find willing sex partners. Are smart men less attractive to women? Perhaps in some ways. For instance HS found that smart men were less likely to be athletic, and this paper shows, unathletic men and women have fewer sex partners. Athletic men, with more willing sexual partners are also less likely to visit a prostitute. Athletic activity gives men more masculine bodies, which are more attractive to women. A more masculine physique correlates with (PDF) an increased number of sex partners.


Half Sigmaは、IQ120以上の最も頭のよい男性が、風俗をより頻繁に利用する傾向がある事を示した。これは、知性的な男性は、意欲的なセックスパートナーを見つけれる見込みが少ないことを示しているのかもしれない。賢い男性は、女性にとって魅力的ではないのか?おそらく、ある点ではそうだ。たとえば、Half Sigmaは、賢い人々が、あまり運動をしないことを発見した。この論文が示すように、運動をしない男女は、セックスパートナーが少ない。スポーツマンは、意欲的なセックスパートナーを沢山持ち、風俗を利用する傾向が少ない。運動は、男性により筋肉質な肉体を与え、それは、女性をより惹きつける。男性らしい体格とセックスパートナーの数の増加には、相関関係がある。


日本じゃ、そうでもないですが、アメリカってマッチョな男性がもてるらしいです。ぐっちーさんが、言ってましたけど、向こうじゃ、中田とかキムタクとかってゲイ扱いされちゃったりするんですな。男性らしい男性がモテる国なんです。


ちなみに、日本だと、ちと違います。これは後で述べますが。


So intelligent people have lower libidos and less masculine physiques. What hormone is responsible for both sex drive and masculine builds? That's right: testosterone.

つまり、知性的な人々は、より低い性衝動と男性らしくない体格を持っている。性衝動と男性らしさを作るホルモンは何か?そう。テストステロンだ。

And two new papers suggest that testosterone may depress IQ. One team found that salivary testosterone levels were lower for preadolescent boys with IQs above 130 and below 70. (the same two groups most likely to be virgins in adolescence)


そして、二つの研究が、テストステロンは、IQを低下させるのかもしれないと主張している。片方のチームは、唾液に含まれるテストステロンのレベルが、IQ130以上及び、70以下の思春期直前の男の子達の間でずっと低い事を発見した。(その同じ二つのグループが、思春期において、最もバージンである可能性が高い)


Another paper suggests that a gene responsible for androgen sensitivity and higher sperm counts may also create a tradeoff for intelligence.

別の研究は、アンドロゲン(男性ホルモン)感受性及び高品質な精子の数と関係がある遺伝子は、知性とトレードオフの関係を作り出すのかもしれないと示唆している。



まぁ、えええええええええええええええええええええ!という感じなのですが。



しかし、ちょうど、こんな事を最近考えていたので、


男の性欲を抑える魔法の薬


ある意味では、合理的なような、そうでないような。性欲にまわす分のエネルギーを知性に回せる分、頭が良い・・・ということなのか?


男性ホルモンであるテストステロンは、男性に幾つかの影響を及ぼします。


女性の男性ホルモン分泌は副腎からのみで、分泌量は男性の20分の1と言われており、陰毛の発毛に関与する。テストステロンを筋肉増強剤として投与すると、副作用で声が低くなり、毛深くなり、頭髪が抜ける。


テストステロン

wikipediaへのリンク載せておきますが、テストステロンは、男性の特徴を形作るホルモンです。


テストステロンは、男性の胎生期において、男性内生殖器の発達に関係すると言われています。妊娠6週目から24週目にかけて、胎児にテストステロンが多く分泌されます。

精巣は、最初から陰嚢(いんのう)の中になく、この時期に奥まった所から陰嚢へ下りて来るのですが、そのために必要なのがテストステロンです。

これが上手く行かなかった状態が「潜伏睾丸」で、生後、精巣が機能しなくなってしまいますから、適切な処置が必要です。生後、早々に小児科検診などの機会でご確認することをお勧め致します。


テストステロンの作用・はたらき

こちらにもありますが、男性的な性格を形作ったり、あるいはそもそも、精巣の発達に必要な物質です。これが十分に分泌されないと、困った状況にもなります。特に男性。


で、思春期になると、男性は、再び、テストステロンが大量に分泌されるようになります。まぁ、女性と男性の違いが現れる時期です。


テストステロンが、大量に分泌され始めると、顔にまず影響がいくつか出ます。際立った眉の隆起、張り出す頬骨、角張った顎、幅広い首、などなど。ようは、スポーツマンタイプの男性の特徴が生まれます。


また、体つきにも影響が生まれ、V字型の体つきに近くなります。


んでもって、性格的にも、

 テストステロンが精神面に及ぼす影響については様々な文献で解説されていますが、これらをまとめて表現すると、「粗っぽくてデリカシーが無いし、短気で怒りっぽい面もあるけれど、明るく前向きでたくましく、ワイルドでセクシー」な傾向に導くものだそうです。まるで娯楽映画に出て来るヒーローです。これに経験と知性にもとづく忍耐力と包容力、そして身体能力を身につけたら、かなり格好よい人物像かも知れません。


こんな影響が出るとか出ないとか・・・・なんというか、マッチョな世界だと、こういった男性であることが、しばしば賞賛されるわけですが、まぁ、なんというか、マッチョな世界であるということは、テストステロンの分泌量が多いことは間違いないので、それはしょうがないというか・・・・・うーむ。



しかし、この研究からだと、知性に関しては・・・・微妙かも・・・・という。まぁ、IQ100前後くらいなら、そんなテストステロンの影響はないみたいですけども。



ちなみにですが、アメリカのほうで有名な研究に、軍隊に入隊した時の写真で被験者に、それぞれの男性の出世見込みを判定したもらった所、テストステロンが多く分泌されている可能性の高い男性の写真が最も出世の見込みが高いという結果になったものがあります。


んで、実際に、そういった男性が出世したとか。



しかし、テストステロンと知性の影響を考えると、これまた微妙なような、そうでないような・・・・まぁ、軍隊ですから、マッチョな人のほうがいいのかもしれませんけど。


しかし、IBMのエイカーズ元CEOも、誰に写真見せても「こいつは指導者の器」と言わしめるほどでしたな。あれか、テストステロンで、人は指導者を見抜くの・・か?


アメリカ大統領も、身長180cm以上がほぼ全員だし。ぬう。


なんだ、人々は、外見、っつーか、男性らしい男性を指導者に選ぶ傾向があるという事なのか?


だとすると、テストステロンの多い人ばかりで、指導者が占められることにもなるのだが・・・・ああ、そうか、それでか。それでなのか。



戦争がいつになってもなくならないのは。




ちなみにですが、今の日本とかイギリスだと、コレ系の男性がモテなくなってきた傾向があります。どちらかというと、女性的な顔の特徴をもった男性のほうがモテるようにもなってきているようです。


しばらく、これが続くと、何か変わるかもしれません。


もっとも、テストステロンが低いのはIQが低い男性や、女性にも同様の傾向なんで、実際には、他の理由なんでしょうけども。