Hatena::ブログ(Diary)

pal-9999の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

生涯楽天家がモットーの男のネタ的はてなダイアリー。本家はこちら
サッカーネタは、pal-9999のサッカーレポートに移転しました。

2007-12-25

[]rikoさん主催のクリスマスパーティ出席レポート rikoさん主催のクリスマスパーティ出席レポートを含むブックマーク


とりあえず、24日にid:rikoさんが、鶏の丸焼きを作って下さるという約束をして下さったので、今年のクリスマスイブは、りこさん家におしかけて、鶏の丸焼きを頂いて来ました!!



以下、クリスマスパーティーレポート。



  • とりあえず、家を3時辺りに出る。
  • りこさん家は、わりとわかりやすい場所だった。
  • 理由は、マンションの前に404 not found と書いてあるから。
  • マンションの404番号室が自分も欲しくなる。
  • 着いたら、ましまろさんとエレベーターで鉢合わせ。
  • しかし初対面だったので、最初はわからず。
  • マンションでりこさんに迎えられる。
  • りこさん小さい。もうちょっと背が高いイメージがあった。
  • 入るとphaさんとmatakimikaさんと、じゃんくま君とうろくさんと奈々さんともんどさんがいた。
  • 席についたら日ごろのアレを奈々さんに説教される。
  • 反省
  • オーブンの鶏の丸焼きが超うまそうだけど、オーブンの温度のせいか時間かかっているらしい。
  • 酒が飲めないので、ウーロン茶飲みながら、談笑
  • 奈々さんの隣の席だったので、俺様、ちょっとした役得。
  • 遅れてじゃざのばさんが到着
  • うろくさんは昼間の二時からずっと飲みっぱなし
  • phaさんのマックブックがうらやましい。うちの2.5キロのデルノートと交換してくれませんか。
  • じゃんくま君イケメン疑惑は女性陣によって肯定された
  • matakimikaさんとじゃんくま君が音楽談義をずーっと奥の部屋で
  • matakimikaさんが、電気カーペットの誘惑に逆らえない
  • じゃざのばさんと、ましまろさんが延々バトル
  • 犬ビームさんの話題が頻繁に出る。
  • じゃざのばさんが、かずさんを召還。家が超近い
  • じゃざのばさんが、大量にまっこりを差し入れ
  • うろくさんが呑みすぎ
  • うろくさん、携帯片手に椅子で寝てしまう
  • rikoさんのidでみんなが好き勝手に書き込みをする。
  • かずさんの話で、犬ビームさんの事を聞く。子犬ビーム!!!
  • かずさんには、会社の情報が最近入ってこないらしい
  • ハラは触るな
  • うろくさんから、あんきもオフに誘われるが、あんきもには、あんまり興味がないので多分参加しませんです。ごめんなさい。いや誘いは嬉しいのですが、肉じゃないと・・・心が・・・
  • 鶏の丸焼きが出来てみんなで食べる。
  • ウマ-!!!!!!!!!!!!!!!!
  • 気が付いたら、あとで来るはずの、へぼめがねさんと、まさおさんの分が無くなっていた。
  • 俺らは鬼畜
  • 奈々さんが、時間の関係上、先に帰る
  • ぼめさんと、まさおさんが到着
  • イケメンめ
  • まさおさんは面白ファッションをしてくる。いやありがとうございます。
  • はてな界隈の話題で盛り上がる。
  • というか黒くなる。
  • 禁則事項
  • クリスマスについったーに書き込みしない奴はリア充
  • うろくさん帰る
  • 9時ちょいすぎ辺りに、俺とじゃざのばさんも帰る


皆さん、お疲れ様でした。riko様、鶏の丸焼き、大変美味しゅうございました。本当にありがとうございます。


また、機会があったら、是非ともよろしくお願いします。


ではでは。

[]フェミニズムと女の幸せ フェミニズムと女の幸せを含むブックマーク


先日のエントリには部熊やらTBをたくさん頂いたので、もうちょい書き足しておきますが。


まず、最初に、フェミニズムってのは、女性を必ずしも幸福にはしません。というか、社会的に今現在容認されている「女の幸せ」を徹底的に攻撃する思想なんで、そっちの幸せが欲しい人であれば、知らないほうが幸せな思想でもあります。


ヴォ-ボワールは、女性でサルトルという偉大な恋人がいましたが、彼とは結婚しませんでしたし、子供も作りませでした。


彼女自身、自分が幸福になるために、結婚したり、子供を作る必要ないと考えていました。そして、彼女の主張の大きな部分として「女性は結婚する義務もなければ子供を作る義務もない」というのがあります。


それから、しばしば彼女が主張したことですが、現状の結婚や恋愛は女性にとって危険であるという事、それから子供も又、同じような危険性を持っているという点です。


フェミニストの中には、結婚制度を否定して、結婚をしない女性もいます。当然、子供も作らない女性もいるわけです。ヴォ-ボワール自身も、女性には常に自立して職をもて、それから出来れば結婚はしないほうが良い、というような事を述べてします。



ヴォルボワ-ル自身、女性から批判の手紙をもらう事も多かったそうです。愛と結婚は、女性の一大関心事で、これ以上に女性が関心をもつ話題になんて、他には、ほとんどないんです。


それなのに、この二つをこき下ろす事もあったわけですから、一部の女性には非常に受けが悪かったんです。無論、男性からの受けが悪かった事は言うまでもありませんが。


フェミニズムが一定以上の支持を集めれないのは、愛や結婚、子供という価値観を攻撃する思想であるという点が上げられると思います。


子供や結婚、愛を女性を隷属させる可能性をもつものとして扱い、それの危険性を説いた思想でもあるわけです。現状の恋愛観や結婚観、子供観を否定することもある思想なんです。フェミニズムってのはね。それが女性を隷属さえる元凶となっているとしてね。


恋愛とか結婚、子供という価値観に懐疑的になりたいなら、これ以上の教科書は他にそうないと思います。フェミニズムを勉強して、子供作らない結婚しない恋愛しない、なぜなら男女不平等の温床だからとか理論武装すれば、最強です。世間一般の結婚しろ圧力など、取るに足らないものになります。


それがいいかどうかは別として。


ですが、やっぱり、子供は欲しいし、結婚もしたいって女性が、大多数なのが現状でしょう。


そのため、この部分に踏み込んでしまうとフェミニストは、女性から支持を受けれなくなることが多いんです。


フェミニズムは、先のエントリでも述べましたが、いくらかの部分で社会主義的思想の影響を受けています。男女の平等というのを非常に重視し、それを阻む体制の打倒を目指すので、そうなるのですが。


で、男女の不平等の温床になっているものは、何であれ、攻撃の対象になってしまうことが多いんです。それが例え、社会的に崇高なものとされていても。例えば愛だとか家族だとか子供だとか。


んなわけで、「女の幸せ」としての愛情や結婚、子供について、従来と同じような見方をしている人は、あまり近寄らないほうがいいかもしれない思想とは言えます。


水と油のように反発し、相容れないことが多いんです。

まなえまなえ 2007/12/25 06:35 Eee PCでも買え!

requiem7requiem7 2007/12/26 22:01 今度はワシが米仕込みのターキーの丸焼きじゃ、ワシワシ。っていうか、日本で鳥の丸焼き作れる家ってどんなセレ部ー!!!

TutumoererTutumoerer 2008/02/04 13:30 >rikoさんのidでみんなが好き勝手に書き込みをする。
これ、犯罪やで?わかっとるのか?

2007-12-24

[]自分で檻を作って自分で檻に入った奇妙な獣 自分で檻を作って自分で檻に入った奇妙な獣を含むブックマーク


というのは士郎正宗のパクリの題名なわけですが、まぁ、このエントリにつける題名としては悪くないだろうということで。


セキが止まらなくて、眠れないので、エントリでも書いてクリスマスイブの朝を潰してます。おはようございます。


抑圧は絶対悪か?


弾さんにTBも貰ったし、先日書いたエントリについて、もうちょっと補足しておきます。



あのですね。


女性は抑圧されている、と書いたわけですが、弾さんから、ちょっと突っ込みが来たので、もう少し書いておきますけども。



この間、ついったーでも書いたのですが、フェミニズムというのは、男性優位主義や男女間の不平等について、攻撃を行う場合には、女性の多くから、凄い支持をうけることが出来るんです。


政治屋のフェミニストみたいなのもいるわけですが、そういう人は、この部分を徹頭徹尾攻撃します。そうしたほうが一般女性から受けがいいからです。セクハラ、DV、女性に対する不平等な就職条件の是正など、彼女らが攻撃する問題は、社会にいくらでもありますからね。



女性は、こういったマクロな形での抑圧には、物凄い反発を示すんです。だから、フェミニストは、こういうマクロな問題、つまりは社会的な問題では勝利を納めることが多いんです。



んだから、

で、話を「抑圧」に戻す。「女性は社会で抑圧されている」というのは、社会と女性を切り離して見たときのものの見え方で、私はより事実に近いのは「女性が社会に抑圧的であることを望み、男性はそれに呼応している」のではないかと疑っている。男は外で失敗してたまたま成功したらそれを女に持ち帰るのが仕事。成功するより失敗しないのが女の仕事、というわけだ。


「女性が社会に抑圧的であることを望み、男性はそれに呼応している」ってのは、まずありえないって結論になるんですよ。


女性は、社会が女性に抑圧的であることは、望んでないんです。じゃなきゃ、上述したようなフェミニストによる、男性優位の社会規範への攻撃が、これほどまでに女性の広範な支持を受けるはずがない。



んじゃあ、僕の結論は、どうなるかっていうとですけどね。



「女性が恋人に抑圧的であることを望み、男性の恋人はそれに呼応している」



ってのが実情だと思っているんですよ。


これは、もうヴォーボワール以降、いや以前からかな、延々と問題にされてきた問題でもあるんですけどね。そして、フェミニストが、ここに踏み込むと女性からフルボッコにされるので、よほど根性の据わったフェミニストしか指摘できない事でもあるんですけどね。


女性は、自分より優れた男性を好みます。


そして、女性に内在する問題点、依存性の強さ、そして自信のなさ、ストレスから逃避しようとする姿勢、万が一の為に誰かにすがりついていたいという欲求。


これを満たしてくれる男性を女性は、しばしば求めてしまうんです。


自分を守り、不安を和らげ、必要な時には援助し、必要な時に側にいてくれて、そして自分より優れた男性。


デビット・M・バスが調査してましたが、女性の多くが、結婚の前に、恋人の男性が、自分に対して特別な優しさを見せてくれたことが、結婚の決めてとなったと述べたそうです。


これらは、一見、何の問題もないように見えるかもしれません。


しかし、実際には、根深い問題があるんです。


女性が、こういった条件で、男性の中から恋人を選んだ場合、何が起こるでしょうか?


こういった条件で恋人を選ぶとですね。


家庭内や、恋人同士の力関係では、容易に男性>女性という力関係が築かれてしまうんです。言い換えれば、保護者と被保護者の関係と言ってもいい。



だって、そうでしょう?上記の条件を満たせるのは、女性に対して十分な保護能力がある男性のみなんだから。



そして、この事が酷く厄介な問題を生み出すんです。情けない男、くだらない男を弾き、強い男性、自分のことを保護してくれそうな男性を受け入れることで、家庭内や恋人間では、基本的に、女性は、夫>妻となる土台を作ってしまうってことになるんです。従属してしまうんですよ。何故って、自分より強い相手しか選ばないんだから。恋人として。少なくとも、自分より優れた男性だと思える相手としかつきあわないわけですからね。


そして、自分より相手が優れていると考えている人間には、必然的に、人間ってのは相手に対する服従心が育ってしまう。


自分の保護者となるような男性を探しているわけですから、必然的にそうなってしまうんです。力関係で、最初から自分が弱い関係の中に入っていってしまうんですからね。



この結果、何が起こるかと言うと、自分を男に従属させて、男に依存し、世界に存在する恐怖から自分を守ってくれるような愛を求めて全精力を傾けるような女性が次々と生み出されることになる。



これが、延々と女性が続けてきたことなんです。タイトルで「自分で檻を作って自分で檻に入った奇妙な獣」なんてつけたのは、このせいです。


女性は、マクロなレベル、社会的な問題では、女性が男性に従属させられるような風習だとかには、酷い拒否反応を起こします。


ところが、ミクロなレベル、つまり恋人間だとか夫婦間とかでは、自分を従属させることができるような男性、もうちょっとマシな言い方をすれば保護者となってくれるような男性を好んでいるんです。



そして、後者が酷いゆがみをマクロなレベルで引き起こすんです。つまり、男性優位主義を助長しちゃうんですよ。ミクロなレベル、つまり、夫が保護者で、妻が被保護者となっているような家庭で育った子供が、家庭内におけるパワーバランスをどういう風な形で当然と捕らえるかは、火を見るより明らかです。


つまり、夫は保護者で、妻は被保護者。夫のほうが妻より偉い。夫のほうが妻より優れている。男は女より優れている。


なんてアレな刷り込みがされかねない。いや、現実レベルで起こっているのはコレなんです。



ちょっと前、「総論賛成各論反対だから埒があかない」なんて言葉を小泉元総理が使いましたよね。これ、アレと同じ構図なんですよ。



例えとして、自由貿易と保護貿易の話を出しますが、官僚と政治家なら、みんな経済学の基礎くらいはかじっているから、自由貿易は国を富ませ、保護貿易は国を貧乏にするなんて事はわかっているんです。


だから、総論では、自由貿易賛成とみんながいう。



ところが、農業に関係する官僚や政治家は、農業は例外で保護するべきだと言い出す。


そして、製造業に関係する官僚や政治家は、製造業は例外で保護するべきだと言い出す。


さらに、サービス業に関係する官僚や政治家は、サービス業は例外で保護するべきだと言い出す。


各論反対。


結果として、全ての産業で、規制だらけになるんです。総論賛成各論反対ってジレンマなんですけどね。利権が絡み合って正しい選択ができないっていう。





女性が陥っている罠もこれと基本的には同じなんです。女性はみんな、抑圧がろくでもない事を知っていて、それに対しては全員ほぼ一致して反対する。


そして、そういう抑圧の背後には、男性優位主義的な思想があって、それにも女性は大抵反発を示すんです。


男性優位主義は糞だという意見には女性は総論賛成。



ところが、自分の恋人とか夫とかの話になると、女性は一斉に、自分より優れた男性に飛びつくんです。依存心とか保護への渇望とか、自信のなさとか金銭上の問題とかからね。


そんな事をすれば、結果的に、男性優位主義を助長しかねません。だって、そうでしょう?そういう男性を選ぶってことは、身も蓋も無く、男性に保護者として役割を期待しているって事にもなるんですから。


これは、男性が保護者であり、女性は被保護者であるという男性優位主義の基本部分を上書き強化してしまうんです。



しかし、それでも女性は、ミクロなレベル(恋人とか夫婦間)では、これを決してやめない。


つまり、結果的にですけど、各論反対になるんですよ。


「女性は男性より劣ってなんかいないが、うちの恋人は私より優れている。」


っていう歪みが生まれるんです。



これを一人の女性だけが求めているならいいですよ。ただ、これまた救いようがない話になるんですけど、ほぼ全員の女性がこういう関係を求めて行動しようしているって点です。



要するに、自分で自分の首をしめているんですよ。



「自分で檻を作って自分で檻に入った奇妙な獣」ってのは、悪いですが女性のことです。大嫌いな思想を自分で作って自分で強化してしまっているようなものなんです、これ。恋愛と結婚という制度が、さらにこれを助長します。



「ひとは女性を搾取する。そして女性は愛の名において搾取されるがままになる」


シモ-ヌ・ド・ヴォ-ボワール



ヴォ-ボワールの名言の一つですが、彼女が言いたかったのはそういう事なんです。


ヴォ-ボワールが愛だとか結婚だとかいう価値観を激しく攻撃したのは、そういう事なんです。この歪みを彼女が知っていたからに他ならんのです。


男性を愛し、それに依存してしまう事が、マクロなレベルでの男性優位女性蔑視に結びついている、とね。

BLACKBIRDBLACKBIRD 2007/12/24 10:21 1981年に松任谷由実氏が「守ってあげたい」を発表してから26年。
男女の関係は果たして変わったのかな?変わらないのかな?
取り敢えず徐々に変わってるに一票。

sarasatesarasate 2007/12/25 00:14 でも岸田秀は、男は自分より少しだけ馬鹿な女を好む、と書いてますね。女性が自分より優れた男性を好むのだとしても、それは女性が抑圧された結果である、と主張された場合、それに反論するのは難しくないですかね。

kurohitujikurohituji 2007/12/25 09:31 >sarasateさんへ
確かにsarasateさんの論理は成立すると思います。
でもその場合、再反論として「女性が求めた抑圧を与えただけである。その証拠に、女性はマクロレベルで男性に依存している」という意見もあると思います。
もちろん、その再再反論はsarasateさんのご意見になると思います。

そうなると、鶏と卵の関係になってしまうのかと思います。

rhyerhye 2007/12/26 20:49 多分的外れと言われるんだろうと思いながらコメントします。
何が高くて何が低いかの価値基準は「男性」と「女性」で共通しないと思います。従って、女性が自分より高位の男性を選ぶという判断は男性と同一の基準においてなされているか疑ってもよいと思います。とりあえず、フェミニズムの間で、この世の中の支配的な価値観(金とか権力)は中性のものではなくて、「男性」性が刻印されているということは認められると思います。そのとき、女性が自分より高いとして男性を選んだ場合も、その判断を直接「男性」にとっても同様の意味をなすと考えるのは、既に女性が「男性」的価値判断しかできなくなっていることを認めることであると思います。
女性は自分より高位の男性を選ぶことによって、社会的な(男性にも理解可能な、普遍的な)抑圧を選び取っていると言うのは難しくないでしょうか。恋愛はパワーポリティクスではないと思いますけれど。

natamaru123natamaru123 2007/12/27 17:58 男はじぶんよりちょっとだけバカな女を求める・・・

なんと、相手より劣っていても婿がもらえるとは・女というものは、異性を得るために経営を成功させたり勉強する必要も無いのですな・・楽な商売ですな・・・男は、少なくとも、異性を得るために男がIT企業を上場させたり、年収一千万以上稼いだりする苦労(っていうか、女がそういっった相手としか結婚しないっていってるんだから)にくらべたら屁みたいな努力や才能で、配偶者を持てるのですね・・・

mayumayu 2009/03/14 06:11 こういう話って、男性の方がよくする割に男性側の目線でしか書かれていない気がするな。女は努力無しにいい相手が得られるとか言い出す人までいる。前頭葉の関係かもしれないけど、あまりに配慮が無さ過ぎるよ。
まず、男女それぞれ異性に求める自分より優れた点がある。
女性なら、体力や理性を男性に求める。男性なら、若さや生活力を女性に求めるでしょう。ひ弱でキレやすい男を好きになる女や、オバンでガサツな女を好きになる男が少ないわけね。
子供を産んだり育てるには若さと生活力がいるし、その間、食料の調達をし家族を守るには体力と知性が必要。互いの能力のバランスがとれていなければ、どちらかに大きな負担がかかるはずよ。相手に求める能力が少なくとも自分と同レベルでない限り魅力を感じることはない。だから、互いにこれっぽっちの努力なく自分が魅力的だと感じる相手と結ばれることは少ないの。男も女も大変なの。
あと、女性が自分に対して特別な優しさを示す相手と結婚したいと思うのは確か。でもそれは、女が弱いからじゃない。本来、生きるだけなら男女とも1人で十分だもの。女性が男性を必要とするのは、あくまでも子をもつ上での話。
子孫繁栄の為に、次の女性に向かいやすい男性が自分をどれだけ特別に思っているかを判断しているだけよ。
自分を特別(=遺伝子的に優れた女)だと思うなら当然、その間に生まれた子を大事にするはず。事実、赤ん坊を見た男の男性ホルモンは減少するの。だから、少なくとも妊娠時や幼子を育てる間、男に守ってもらう必要があるわけ。それ以外は特に必要とするようにできてないわ。
まぁ、両親が長いこと仲良くする家ほど子の成長に良いというけど、長いこと今の妻より良質の女性が見つからないってことはそれほど希少な女性を手に入れたってことだから、その間兄弟も増えるでしょうし子供ができなくなる頃には、男も年取って次の女性にはいけなくなるんでしょうけど。
まぁ、そんなこんなで、1人で一人前に生きて行ければあっぱれの人生なのに、何か勘違いした一部のアホ男が、本来女性を守る為に備わっている能力を、さもスゴい事のようにひけらかしたのが女性卑下の現実でしょうなぁ。
これじゃ、男女で声の低さや胸の大きさを競うようなもの。
まぁ、本来同性同士で競うべき点を異性に対して向けたということは、それだけお粗末な能力しか持ち合わせていないと公言しているようなものですが。ぺちゃぱいが男性と競ってもね。

cbcb 2015/11/23 22:35 >mayuさんへ
あなたは相手に自分より優れた点を求めているわけですが
これは強い独裁者を求める民衆の姿と酷似していますね
強い人と結婚したら、自分が殴られるでしょう
あなたの考えはイスラム教徒が迫害を逃れて自由な国に移民したとしても
移民先で自分たちの価値観(抑圧・差別)を押し付けてしまうのと同じです
強い者がクズばかりなのは歴史が証明しています

2007-12-22

[]依存心と自由と保護のトレードオフ 依存心と自由と保護のトレードオフを含むブックマーク


まぁ、ここ数日、アレな流れだけど、もうちょい書いておこう。


こないだ、ついったーで深夜色々と話をした時に、大体、言いたいことは書いてしまったのだけれど。



フェミニズムという思想の潮流がある。



僕がこれを知ったのは、大学の頃で、法学で美人の教授(関係ない)にジェンダー関連の講義を受けた時のことだ。なんで法学?って話になるのだけれど、この教授、セクハラとかDV関連の裁判とかの話をよく扱ったからだ。当然だけど、これらに関する書籍とかを調べると、どうしてもフェミニズムに行き当たってしまうわけだ。



で、なんだけど、歴史的の分野でも、フェミニズム史観なんてものがあって、フェミニズムの思想から再構成された歴史の分野というのもあるわけだ。これがなかなか面白い。


僕が好きなフェミニストは、シモ-ヌ・ド・ヴォ-ボワールなんだが、まぁ、彼女の思想自体は、今じゃフェミニズムの古典に属するが、彼女と哲学者サルトルの関係は、今でも面白いし、思想自体は、マルクスエンゲルスの影響が強すぎるという面もあるが、今でも役に立つ面も多い。



サルトルは、ヴォ-ボワールとの関係の中で、はっきりと、「女性は抑圧されている」ということを認めていた。


そして、僕自身も、それは全くその通りだという結論に達してる。女性は抑圧されている。これについては、ほとんど疑いようが無い事実だ。歴史的にも、社会的にも。ほとんど、全ての文化で女性が不利な制度というのが存在する。無論、いくらかの例外はあるけれども。


問題なのは、何故、彼女達が、そんな不利なシステムの中で、不満の声をあげないのか、という点だった。ヴォルボワ-ルは、有名な「人は女に生まれるのではない。女になるのだ」という言葉にあるように、社会制度や文化によって「女性」という概念が人に刷り込まれた結果だという論をぶちまけた。


以前、ちょいと話題にした進化心理学者のデビット・M・バスは、フェミニストと進化心理学者の間で、合意に至っている点として、男性による女性への「性のコントロール」が、社会制度における女性への抑圧に結びついていると述べている。


これは、どういう事かというと、男性は、子供を産めない。子供を産めない以上は、女性に産んでもらうしかないわけだが、受精は女性の体内で行われるわけだ。



そのため、確実に自分の子供を残そうとした場合には、一定期間、女性が自分以外の男性と性交しないことが、非常に重要になってくる。もし、女性が、他人の子供を産んで、その子供を育てさせられたら、男性側は損害をこうむることになるからだ。


そのため、男性には、女性の性をある程度の部分でコントロールしようとするインセンティブが働く。その女性を性の面でコントロールしようとする欲望が制度化したものが、女性にとって抑圧的になる文化や社会制度、場合によっては宗教の教義となっているという考え方だ。


このコントロールしようとする欲望は、場合によっては、行き過ぎた慣習を作ることもある。女性器切除だとかは、その典型で、男性側からみても、行き過ぎた例だ。


他にもインドのマヌ法典だとかは、しばしば女性のフェミニストが攻撃するほど女性蔑視的なアレだし、インドには最悪といってもいい慣習、サティがあった。


今ではなくなったが、「寡婦殉死」とも言われる風習で、夫が火葬にされる際に、その火に飛び込んで、あとを負うという風習だ。


僕にとって、不思議だったのは、いくらなんでも、絶対に自分が女性だったら、我慢できないような風習が、いくつかの地域でまかり通っている現実だった。


男女平等が、社会的に賞賛され推進されたソビエト時代のロシアでは、働いていない女性は軽蔑されるようになった。が、ソビエトでも、女性の指導者というのはほとんど誕生せず、また社会的に高い地位に上るのも男性だった。また、家事育児について、かなりの部分で分業されず、女性がほとんどの家事育児などを働きながら行っていたという現実もある。



これは、今、世界に最後に残る社会主義国であるキューバにも当てはまる。あそこは、女性も働くのが普通だし、キューバ革命以後、キューバ政府は、女性の社会進出を奨励し、男性優位主義的な思想や性差別思想を、基本的には、追放しようとした。


だが、現実的には、女性のほうが高い地位に上るのは少ないのだ。



ヴォ-ボワ-ルは、自身が若い頃に、社会主義的な政体が築かれれば、男女は平等になるとする考え方をしていたが、ソビエトを旅行した時に、それが間違いであった事を知った。


明確に男女間の格差が、そこには存在したからだ。



そして、ここからが、本題なんだけど、ヴォ-ボワールが問題視し、そしてフェミニズムでもずっと問題とされてきたけど、未だに解決されていない問題があって。



それが、女性の依存心と自信の無さになるわけだ。


これは、フェミニズムの運動家が大抵、ぶち当たる壁で、これに阻まれて運動が、そこで止まってしまうことがある。



しばしば問題にされるが、女性器切除は、ほとんどの場合、女性の手で行われるし、サティに関しても、女性が進んで行うことがあったそうだ。


それから、これが問題なのだが、男性に依存することについて、女性の側が、「そんなに悪い事ではない」って考えていることがあるって事だ。無論、これには、男性側が作った社会制度などが悪い、それで洗脳されているって考え方もあるんだけど、それを女性側があまりに依存的すぎるんで、それを助長してしまうことがある。


僕が問題にしているのは、そこなわけ。



ヴォ-ボワールですら、一時期、のんびりして「サルトルの愛情と幸福に浸りたいな・・・」と考えて、彼に依存してしまいそうになったことがあった。サルトルが「カストール、何故もう考えようとしないの?なぜもう勉強しないの?あなたは書きたかったのに!主婦になりたくないんでしょう?」と言われ、我に返ったそうだけど。


依存心、それから自信の無さは、基本的に、「私は誰かに支えてもらわないと生きていけない」という弱者の論理を助長する。



誰か、自分の苦境を理解して同情してくれる人を求めるようになる。そして、ある種の強者を、つまりは、自分に対して同情と理解と、そして援助をくれる誰かを探し、求めるようになる。


そこで、歪みが生まれる。



つまり、自分は弱者であり、強者は自分のことを助ける「べき」だという考え方だ。


弱者利権というのは、コレで、自分達に自信がない人は、しばしばこういった歪んだ考え方に至ってしまうことがあるのだ。



自分達は、弱く、一人では生きていけないから、誰か強い人が我々を助け、それを援助し、ひっぱっていくべきだという考え方。


これは、保護と自由のトレードオフをもたらす。


保護される見返りに、自由を手放すのだ。


女性の厄介な心理のひとつに「おとなしくしていれば可愛がってもらえる」というアレがあるが、これは、保護と自由のトレードオフを女性にもたらす。つまり、おとなしくしている見返りに、男性から愛という名の援助を引き出すという形だ。



あーあ・・・・


こないだ、ぐっちーさんが、このエントリで、規制と自由はトレードオフだと言ってたけど、規制とは基本的に、ある種の産業の保護になる。だれかを保護する見返りに、他の大多数の自由をちょこっと犠牲にするというわけだ。


そして厄介なことに、保護された人々の利益を上回る損失が、他の大多数の人にかぶせられるのだ。



 しかし1990年代の経済危機により、家庭では、稼ぎ手としての男性と家事や育児の担い手としての女性という従来の男性支配のモデルが強化された。


キューバ:異論あれども根強く残るマチスモ(男性優位主義)



これは、その典型パターンだと思っている。つまり、稼ぎの良い男性の保護を受ける代わりに、キューバの女性は再び自由を犠牲にしてしまった。



無論、女性だけでは食っていけないという現実があるのも確かだろうが、女性に内在する恐怖、つまり、一人では生きていけないという恐怖、自活する恐怖、自信の無さ、依存への渇望が、自由と保護のトレードオフに簡単に飛びついてしまう原因の一つなのも、僕は確かだと思っているわけだ。



そしてなんだけど、この保護と自由のトレードオフは、基本的に有害なことが多いのだ。全部が全部とは言わないけれど。



この点について、女性の側は、ここ半世紀ぐらい進歩がない。そこが俺が問題だと思っている場所なわけ。


もっとも、この保護と自由のトレードオフは、日本社会そのものが抱える問題でもあって、


「自由」への想い



こちらの雪斎先生の記事にもあるけど、日本の規制過剰ぶりは、保護と自由のトレードオフを日本人があまりにしすぎているって現状を映し出している例だとも思う。


少善は国を滅ぼすってアレがあるけれど、保護と自由のトレードオフは、部分では有益になるけれど、全体ではマイナスになる。


弱者の保護救済は、聞こえはいいけれど、実質的には大抵無意味になってしまう。それどころか、彼らを駄目にしてしまうことすらある。


「福祉ってのは最悪だな。クラックより酷い中毒になっちまう。頼っちまうんだ。ただで何かを貰うのがどれだけ楽か、分かるか?何もせずにただベッドに寝て、色んな男とヤりまくって、子供をゴロゴロ作ってればそれだけで福祉の金が入ってくるんだ。そんなことをしてれば、すぐにモラルも倫理も仕事に対する価値観もなくしちまう。福祉ってのはそういうもんだよ。」


マイク・タイソンが、福祉について正直に、こんなことを述べていたけれど、これは僕も同感だった。



長い目でみると、残念ながら、弱者を救済する銀の弾丸はないのだ。社会主義は労働者を救ってくれなかった。そして女性もだ。結局、ソ連やキューバがそうであるように、個人の保護は、全体の損失をもたらし、国全体を貧乏にする結果となった。



ただ、一つだけいえるのは、残酷な現実だ。



政府は経済全体を豊かにして全体のパイを増やす。そして、人々は努力して自分の生活水準をあげようとする。保護は役に立たない。


それ以外に、貧乏人が救われる方法はないのだ。保護は、彼らが貧乏から脱出するのを助ける銀の弾丸にはならない。池田勇人や、アラン・グリーンスパンは、両方とも同じ考え方をしていた。そして、両方とも、その旨の発言をして、袋叩きにされたことがある。池田は、日本を経済成長させ、日本人を豊かにした。グリーンスパンは、アメリカに活力を蘇えらせた功績があるのだが。


なかなか、これを理解されないのかもしれない。弱者切り捨てという言葉で、簡単に悪役にされてしまうからだ。現実的には、弱者を救う銀の弾丸はないというのにだ。



同じように、女性が抑圧されているのは現実だが、この境遇から脱出するには、男性からの保護は役に立たない。それは、問題をひどくする結果になる。長期的にみれば、だが。



近道じゃなくて、遠回りするしかないのだ。



こういう現実があるから、まぁ、ヴォ-ボワールは、結婚しなかったし、サルトルとは別居していた。依存してはいけないという事を理解していたのだろう。



結局、自分で努力して、自分の生活水準を上げていくしかない。社会全体をより豊かにして、自分は努力するしかない。


そして、彼女は、少なくともそれをした。それだけだったが、少なくとも、彼女は自由を得た。



それがいい事なのか、悪い事だったのかは、判断は各人に任せる。中には、どうしたって依存したい、保護されたいって人もいるだろう。たた、それが弊害をもたらすって事は頭にとめておくべきだとは思う。

通りすがった人通りすがった人 2007/12/24 19:58 「ヴォーボワール」ってのは、少々恥ずかしいかと思われます。

山下山下 2007/12/25 10:17 綴りは「Beauvoir」でBから始まりますからね。よく知らないならボーボワールって書けばいいのに

名無し名無し 2010/10/04 17:47 書くところがそこなのが笑える
ボーヴォワールの言っている事は、当たっているような気がする。
周りの人でもそういった方が多いなと。(いいか悪いじゃなくて。)
理論を語った点ですごいと思う。

2007-12-21

[]昔話 昔話を含むブックマーク


昔話で悪いけど、ちょっと思ったことがあるんで書かせてもらうけど。


時々、話をしているけど、俺が最初に付き合った女の子は、とても服が好きだった。異常なほど好きだった。この話は、今まで何度かしたけど、彼女については、もう一つ、アレなアレがあった。


このあたりの秘め事をいうのはアレかもしれないけれど、彼女、やたらセックスしたがった。


ただ、セックスが好きというほどではなく(まぁ、俺が下手なだけかもしれんけど)、なんかしらんけど、したがるんである。


彼女と電話とかで話しこむことがあったが、彼女は、よく「自分に自信がない」って話をした。まぁ、なんだな。ウンザリするほど。しまいにゃ、こっちがイライラしてくるほどだ。


当時は、なんでそんなことを彼女がしたがったのか、よくわからなかったが、最近、ちょっと女性の依存心について考えているので、そっち方面から推測してみたんだけども。



つまり、彼女が服が好きな理由だとか、セックスしたがる理由だとかな。


彼女は、自分の能力に、ひどい不信感を持っていて、その不信感は、自分の性的魅力にまで及んでいたんじゃねーかと。


つまり、自分の容姿に自信がない。(これは時々彼女がそう感じているんじゃないかと思ううことはあった)


彼女が服が異常に好きだったり、セックスしたがりだった理由は、そっちのせいだったのかなーと今となっては思うこともある。



つまり、自分の性的魅力について、酷い不信感をもっているので、着飾って褒められたり、あるいは恋人とセックスすることで自分の魅力について絶えず、誰かの保証をもらってないと安心できなかったのかもしれん。


まぁ、そんなことをふと思った夜。


付き合っていた当時は、そんなことまで考えていなかったけど、今日ちょっとふとそんな事を思った。まぁ、自意識過剰かね。

nanashinanashi 2007/12/22 00:55 自分に自信がないと、確かに、(例えば)昔ほめられたこととかを一つの指針にして、すがるかもしれない
けど、これってとりあえずセックスしとけば、男は他にいかないっていう発言を鵜呑みにしちゃった行動か、本当にセックスが好きか、とりあえず子供とか作っちゃおっかなーって発想かと思っちゃいますよね?

aa 2007/12/22 01:19 何書いてるんだかよくわかりませんけど、またコメント。
たぶん、服にこだわんなかったりセックスしようとしない(できてもしない)人
はその逆で。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20071221

2007-12-18

[]女性の自己評価に及ぼす家庭の状況の話とか 女性の自己評価に及ぼす家庭の状況の話とかを含むブックマーク

先日のエントリに、ついた部熊にいくつかレス的に。


まず、女性の自己評価の話だけど、知的レベルの話は、確かにぶっ飛びすぎていたことは認めます。


利発な女性ほど、自己の能力に否定的な傾向があるってのは幾つかの調査結果で出ているのもあるんですけど、それは間違いをすることを極度に恐れるために、自己の評価をあらかじめ押し下げておいて、間違いをしたときに、他者から叱られるのを防ごうとするという防衛機能を強く持っている、という風にいったほうが良かったとは思います。


間違えて叱られるのが凄く嫌だから、あらかじめ、馬鹿だと相手に思わせておく、という心理的な防衛機能、とでも、いうべきでしょう。



次に、自己評価に及ぼす状況の話なんですけど、これは、特に父母との関係が強いのではないかという説があります。


「父親の裏切り」と「苛立つ母親」です。


「父親の裏切り」については、ある段階まで女の子は、父親から全面的な援助を受けますが、女性が思春期を迎えて、娘が父親より優れた資質を持ち始めたり、あるいは性的魅力を持ち始めた段階で起こると言われる状況です。


思春期まで、優しくて全面的な援助をしてくれた父親が、娘に対して敵意、もしくはライバル心のようなものを持ちはじめ、「娘のため」と言っては、娘の行動に批判などを加え始める段階です。


それまでは、着たいものを着させて、食べたいものを食べさせてくれて、何でも自分のいうことを聞いてくれた父親が、ここで急に娘に対して敵対的になります。


つまり、門限守れだとか、スカートの丈が短すぎるだとか、あーしろこーしろと。


これが、娘の人格形成に対してもつ意味としては、娘は、これを父親の裏切りとして捉え、ショックを受ける事が多いわけです。


そのため、父親の裏切りと言われます。


これが、何で女性の中に依存心を育てると言われるかっていうと、父親の意図に無理やり従わされるからですね。そして、それから脱却するのが非常に困難なケースになることがある。


何事も男性のいうままに動いたほうが衝突を避け、ストレスを少なくして生きていけるという形で刷り込まれてしまうんじゃないかという説です。






で、次が「苛立つ母親」です。


娘が思春期を迎え、娘の知性が発達し、性的魅力を備えた頃から、母親の一部は、娘のそういった部分を妬むようになることがあります。


その上で、性的魅力や知性などで娘に徐々に引き離されていく事に苛立ち、嫉妬するようになるケースがあります。


場合によって、娘に大きく依存していることもあります。それゆえ、娘が外で職を得るよりも、家庭で母という役を演じるべきだという形で娘の生きかたを制限することもあります。


これが、苛立つ母親と言われる母親像です。


夫の注意を娘が引くようになるにつれて、場合によっては、娘と母親の間で三角関係が起こります。


特に問題となるのが、いわゆる専業主婦の母親の場合で、その娘が、良い教育を受けて自由な職業選択をする場合に起こります。


この場合、娘に対して母親は、場合によっては全面的な否定を行います。女は家庭にいるべきだ、というアレな主張が母親がし始めるわけです。



こういった家庭が、女性の依存心を強くしてしまう傾向がある云々。身も蓋もなく、女性に受動的な役割を母親が押し付けようとするわけで。





あと、女性の皆さんがみんな知っているという話であれば、男性向けの記事として書いたもの、とでも思っていただくと、当方としては助かるかなっと。

nanashinanashi 2007/12/19 12:30 なっとくしました
まぁちょっと反発したいとこはありましたがw
私事ですが、多分当時『苛立つ母親』だった彼女と今だに和解ができてません
表面上はとても穏やかですが…
自分がそうならないとも限らないので、結婚がしたいけどできません

まなえまなえ 2007/12/21 10:16 1対1の話で1対多ではない話。なんだろうな。
ところでいったい何の話?

2007-12-17

[]シンデレラの悩み シンデレラの悩みを含むブックマーク

私はいつもビクビクしてる。

彼氏が優しくしてくれるたび、ごめんなさいって思う。

エビちゃんみたいにかわいくなくてごめんなさい。

自分に自信がないから、かわいらしい反応ができなくてごめんなさい。

本当にごめんね。

それなのに好きでいてくれてありがとう。

嬉しいのとか、好きなのとか、上手に伝えられないのもごめんなさい。


スイーツ(笑)

まぁ、なんというか、読んだ瞬間に、「うわあ、依存症だろこいつ」とか思ったのは内緒な増田文学。


且つ、こうやって彼氏等に対して優しくしてくれるたびごめんなさいとか感じるのは、彼氏に対して滅茶苦茶失礼だろうが。ビクビクしてりゃいいってもんじゃねえぞ。あんまりに自己評価低い奴ってもう一種の悪だね。大体自信ない割りに「エビちゃんみたいに可愛くなくてごめんなさい」って比較対象いきなりエビちゃんかよ。超自信満々じゃねえか。エビちゃんみたいに可愛くないのは普通っつーかほとんどの女性がそうだろうがよ。この手の奴は本当ムカつく。結局同情誘ってんじゃねえのか?なよなよビクビクしてんじゃねえよマジで。本当イライラする。大体そんなにごめんなさいって思うなら努力しろよ。「嬉しいとか上手に伝えられなくてごめんなさい」ってビクビクして謝るより嬉しいとか上手に伝える努力してくれた方がよっぽどいいだろうが相手にとっちゃ。「かわいらしい反応できなくてごめんなさい」ってそれが重要だと思うんなら努力しろよ、ちゃっかり「自信がないから」とかいいわけこいてんじゃねえよ本当に自信ないのかこいつ?


http://anond.hatelabo.jp/20071211215408

個人的には、こっちの奴の増田文学が言いたいことは大体いってくれたのだが、ちょっと補足しておく。



この手の女性の話は、よくある話で、まぁ、アメリカじゃ「シンデレラ・シンドローム」とか「シンデレラ・コンプレックス」とか呼ばれる奴である。


まぁ、この間、「孔明の罠」なんてエントリで、この手の女性心理を斜め読みしてみたが、真面目にエントリ立てるなら、シンデレラコンプレックスのほうが、おそらく実態には近いと思われる。そもそも、この言葉作ったのが女性だからな。


シンデレラ・コンプレックスの原点は、ジェンダー論の基礎を作ったシモーヌ・ド・ヴォーボワールが指摘したように、女性が


「真正の存在を引き受けることにつきまとう緊張を回避しようとして」


従属的な役割を受け入れるために起こる。


つまり、ストレスからの逃避こそが彼女らの求める最終目的なんである。同情だったり、相手を油断させるためでなく、ストレスからの逃避こそが彼女達の真の目的なのだというのが、シモーヌ・ド・ボーヴォワールが鋭く指摘した点だ。


よくある「女性の間にいると疲れる」とか、「自分に自信がない」という定番の女性の悩みは、シモーヌが半世紀近く前に指摘した、この一言で説明がつく。シモーヌ自身も悩んだアレでもある。



つまり、救われたいという願望、守られたいという願望、面倒を見て欲しいという願望。その全ては、この緊張とストレスからの逃避行動とも言える。


自己評価の低さは、こうした逃避行動を助ける目的で機能する。すなわち他者への依存だ。特に、自身より優れた男性への依存として結実する。大抵の女性は、自身より優れた男性を好むが、その背後にこういう感情があることを看破したシモ−ヌは偉大だった。まぁ、彼女自身もサルトルという偉大な男の傘の下に入った後、自分の中に潜む、おぞましい依存心に気づいた口なのだが。



女性の平均的な依存心の高さが、男性の平均的な依存心のそれよりも高いことは心理学で知られている。


まぁ、この間のエントリは一条さんとbさんには悪かったと思っているのだが、真面目な話をすると、心理学の研究で、頭の良い女性が自身の能力を極めて過小評価しているという調査結果を発表している。


ある課題を与えられたとして、知的な課題においては、利発な女の子ほど、自分が上手く出来そうに無いと予想し、頭のよくない女の子のほうが、利発な女の子よりも高い予想をたてるそうだ。


ブログ界隈とかで、まんま、この調査結果と同じ状況がしょっちゅうある。


こういっちゃなんだが、知的レベルが高い女性のほうが自分に自信がなく、知的レベルの低い女性のほうが自信たっぷりなのだ。


ストレスを避けようとする欲求、そして、ストレスを避ける為に従属的な役割を受け入れる、それこそが彼女らの抱える根本的な問題なのだと言える。


女性も自立すべき、という社会的な風潮があるが、一方で、女性のかなりの部分が、ストレスを避けようとする強い衝動を持っている。自立とは、すなわち社会の中にある緊張とストレスの中に入っていくことを意味するのだが、そこで、彼女らは、ストレスを避けるために、しばしば従属的な役割を受け入れてしまう。


自分に自信が無い、というのは、ストレスと緊張を避けるために彼女らが作り出した便利なゴールデンパラシュートとも言える。


もともと頭の悪い女性は、周囲に警戒されて、圧力をかけられることは少ない。馬鹿はどこでも可愛がってもらえるからだ。だから自信たっぷりだ。周囲からの圧力が少ないからだ。



だが、頭の良い女性というのは、男性からも女性からもやっかみを受ける。そうしたストレスと緊張を避けるために、最も良い口実が、結婚か、あるいは「自分に自信が無い」という理由で自身を従属的な役割におとしめる方法となる。



以前、本家で書いたけど、

・シンデレラ・シンドローム

心理学者などが指摘する

「女性が男性よりも従属意識が強い」という事に

起因する現象。

幼児期から自分の能力に根強い疑いをもち

生きるためには自分達は保護してもらわねばならないと

思う女性群を指す。

彼女らは、しばしば、シンデレラのように、いつか

白馬の王子様が現れて、自分が責任を取らないでいい

保護された場所につれていってくれると思い込む節がある事から、

「シンデレラ・シンドローム」と名づけられた。

一般に、女性は、小さい頃から

危険を避けることを教えられ、

不安を切り抜ける方法を学ぶ機会を

取り上げられているという。

男は、恐怖を克服し、それと戦うことを義務付けられ、

結果、恐怖に立ち向かう事こそが「男らしい」とされる。

一方で、女性は、恐怖を避けるのが、主な動機となるので

自信というものをなくしていく。

こういった傾向から、男に生まれるのは

なんと幸運で、女に生まれるのはなんと不運なのかという

安易な結論に達する。

また、結婚に対して、彼女らのような女性が抱く幻想は

昔から変わっていない。

結婚を一種の安全地帯と見なし、彼女らは自分を守る王子様を

自分で責任をとらず、保護してくれる男性を探し、求めている。

「おとなしくしていれば可愛がってもらえる」

という典型的な「否定の方程式」が彼女らの根本である。


という奴な。



「自分に自信が無い」女マジウゼーシモーヌは、最終的に「わたしは今や自分に頼れることを知った」という段階に至ったが、そこまで行ってくれたほうが男のほうも楽でいいのだが。

nanashinanashi 2007/12/17 23:23 でもたいていの男性は『私ってなんにもできないんだ』ってコを選びませんか?
だいたい、守ってあげたい本能があるから、女子は空気をよんでそう演出してるんだと思うんですけど
私は、かわいこぶる女の子は好きだけだし、こういうエントリには反発心がでちゃうけど、心の中では『こいつ裏あるよなーきっと』って思ってます
私がきっと一番腹黒いです
うまくやってるけど

aa 2007/12/22 01:48 『何もできない』ってのは健常者であれば謙遜で。
できないのに『結婚できる』ってあえて言うのも馬鹿らしいと思うけど、
私は『できるのかと思って乗った』くちなので何とも。

aa 2007/12/22 01:48 『何もできない』ってのは健常者であれば謙遜で。
できないのに『結婚できる』ってあえて言うのも馬鹿らしいと思うけど、
私は『できるのかと思って乗った』くちなので何とも。

2007-12-14

[]純真一途 純真一途を含むブックマーク


 でもだけど私なら彼氏としかしないし(←そこはかとなく一途な私アピール)、彼が病気じゃなければ(避妊のためにピルを飲んでいれば)ゴムなんていらないよ。それとも恋人に性病かどうかなんて訊けない>< ってことなのかなあ。っつかそもそも性病かどうか疑ってしまえるような彼氏なのか。そんな疑いがあるなら余計素直に確認したほうがいいと思うけど。彼が性病だったらゴムしててもちょっとヤダなあ……。いやそれで別れたりはしない、と思う、けど。ゴムしてする、と思う、けど。うーん。


最近の色々に反応してお


又、我が心の恋人一条あや乃大先生がTBが来たんで、ちょっと書いておくけども。まぁ、本人曰くネタで書いたそうですが、せっかくだしネタにレスでもさせて頂きますが。


まぁ、「一途な私アピール」は、アレですけど、こういうのにゃ、僕は女性の一途さは感じないのですよ。「彼氏としかしない」とかね。どっちかっつーと、自分はいい子よ的アピールが感じられてウンザリさせられることのほうが多いんです。



まぁ、そんなわけで、一途な女性アピールとか、私はいい人アピールは、まるっきり信じない人間となってしまっているんですけども、それでも、一途な女性だなぁと感じる人はやっぱりいるわけです。


で、なんですけど、僕が一途だと思うことがある女性ってのはですな。


基本的に、僕はそういうのは行動とかで見分けるんです。


一途なところのある人ってのは、僕が知っている限りだと、悪くいえば単純、よく言えば純粋なので、怒りっぽいです。すぐカッとなるし、ムキになるんです。


で、大抵の場合、カッとなって、いっちゃいけない事まで言ってしまう。支離滅裂になったり、自分が今までいっていた事とは違うことまで平気でいってしまう事まであります。


で、その後で、そこを突っ込まれて自滅したり、言った後で他人を傷つけてしまって後悔して落ち込むってのをパターンとして繰り返すような人です。


こういう人は、根がわりと良い人なことが多く、個人的には好きな部類の人なんです。



正直な話、一条さんとかbさんとかのアレは計算だと思っていて、まーるで信用してないんですけども、じゃあ、一条さんとかbさんを悪い人間だと思っているかというとそうでもない。


二人とも、すぐムキになるし、怒りっぽいし、まぁ、その後で言っちゃいけないような事も時々いいますけどね。でも、そういうのは、まぁ、根が一途な人の特徴でもあるんで、僕は、そのあたりについては、非常に好感を抱いているわけですわ。


単純に計算高い女だなぁとだけ思ってたら、二人とはこんな仲良くしてないです。なんだかんだで、二人と仲良くしているのはそういう部分を僕が感じているからなんす。無論、計算高い部分も感じてるので、そっちのツラは信用してないですけどね。


ただ、性根は悪い人じゃないなってのも正直なところなんですわ。

nanashinanashi 2007/12/16 01:50 どうしても斜めにみてるしか思えないんですけど
一途じゃないですか、彼女
でも男性って、逆にピルのんでしてるし、そんなにみんな性病もってないし?誰とでもしてるんじゃん?
って不安になりません?そんなことも視野にいれず、ピル飲んでるし中だししてもいいよーって言えるコは単純ですよね?
まぁでも、好きな男を手に入れることができるなら、必死に計算くらいしないとダメだよ

その後も自分に気をもたせたいなら、計算は常考
男子はそうゆうの読んで下さい
そうしてかわいいと思って下さい

2007-12-12

[]id:hebomeganeさんの彼女を募集しております id:hebomeganeさんの彼女を募集しておりますを含むブックマーク



終了しました。

2007-12-11

[]WoWのギルド「Far East」のオフ会いってきますた! WoWのギルド「Far East」のオフ会いってきますた!を含むブックマーク


Far East

先日から、こちらの小野さんid:lalha)が作ったギルドに参加させて頂いて、そちらで、時々あそばせて頂いているのですが、そちらで主催されたオフ会に参加してきました。小野さんとか、他の方のオフレポは以下。


ちと、出遅れ気味のオフレポですが。よろしければどうぞ。


Far East オフ会開催!

Far Eastのオフに行ってきた。



以下、記憶に残った内容

  • 乾杯が「For the Horde」
  • みんなレベル上げ早いよ!
  • もッちーネタでみんな盛り上がりすぎ
  • 某ソフト会社の社長は社長室でUOやってた
  • naoyaさんと小野さんは、UO時代から知合い
  • naoyaさんは、真面目らしい
  • インスタンス攻略したい!
  • 高レベルレイドは、もう部活
  • 小野さんが3月ごろにはみんなレベル70になっているじゃない?と言ってみんなを急かす
  • ギルドでBG行きませんか
  • みんな全然普通の人だった
  • 小野さんは写真のとおりにかっこいい。http://twitter.com/lalha/statuses/489032622
  • 最年長の方は高校生のお子さんがおられた
  • 就職活動とかの話になる
  • 外人と日本人のパーティプレイの違いについて
  • 外人は効率的。いきなり無言でPTに誘って終わったらすぐおしまいとか。
  • みんなの顔合わせ終わったしボイスチャット取り入れてもいいかな的流れ
  • ギルドでBRD行く頃には、みんなのLVがあってるといいねぇ

個人的感想

大変楽しかったのです。ビールも結構飲んでしまいました(800m?くらい)。又、機会があったらよろしくお願いします。


あと、ドルイドをレベル70にするのは、相当大変で、来年の三月までに70ってのは結構きついっす・・・・


いや、毎日ログインしてれば、そりゃあ、来年3月までにはいけるかもしれませんが・・・・


そこまでパワーが・・・・もう・・・・

2007-12-10

[][]ってか、前のエントリの男が伊藤誠だったら ってか、前のエントリの男が伊藤誠だったらを含むブックマーク


ryo_zin 2007/12/08 01:50 つまりは誠死ねということで、おk?

APIAPI 2007/12/08 05:54 誠死ねw


http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20071207#c1197060869

ってコメント貰ったんだけど、なんというか、現在史上最悪クラスの鬱ゲーと名高いスクールデイズの主人公、鬼畜性獣・伊藤誠だったら、元カノに子供が出来て復縁を迫られた時に、



言葉「今だけ・・・西園寺さんのことを嫌いになった誠さんでいて下さい」

誠「俺世界のこと嫌いになった訳じゃないから、 うまく言えないかもしれないけど・・・



最高だ、言葉、世界よりずっと良い

言葉のこの大きくて柔らかい胸に比べたら

世界のなんて物足りないよ、言葉の胸は最高だ

ここも、締まりもすごくて、世界のじゃ全然いけないけど

言葉には入れるだけでもうすぐにもいっちゃいそうだ

世界のあんな体に溺れていたなんて自分で情けないよ

この吸い付くような肌に触れたら

もう世界のブヨブヨとした体なんて触る気もしない

世界なんて中出しさせてくれるくらいしか価値のない屑女だよ

言葉さえ居れば俺は・・・ 言葉ぁ、言葉ぁぁ」


をちょろりと変えて言いかねない。



さすがに、そこまで脳みそがイッているとは思えない。多分、比率に直すと、誠成分は、70%くらいだと思う。



個人的には、伊藤誠と同じように、この後、元カノに刺されて氏ねとか思うが、なんだかんだで、うまくだまくらかして生きていくんだろうなぁとちょっと切なく思う。



現実はあまりに厳しすぎる。



誠死ね

[]俺の恋愛観が殺伐としているのはお前みたいなのとばっかり仲良くしているからだよ!ハニー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 俺の恋愛観が殺伐としているのはお前みたいなのとばっかり仲良くしているからだよ!ハニー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!を含むブックマーク


一条マイラブから、

 前回、引用したエントリもそうだけど、palさんはちょっと恋愛観が殺伐としすぎてると思うんだ! 何か暗い過去でもあるんじゃなかろうか。女でひどい目に遭ったとか。知らんけど。今度飲む時にでも聞かせてください。


オマエ恋愛観が殺伐としすぎてるぞ!



という果たし状同然のTBが来た訳ですが。いきなり暗い過去持ち扱いですかそうですか。別にいいけど。


で、まぁ、我が愛する一条あや乃大先生からのTBですから、謹んで拝読させて頂いた後、盛大に噴飯させていただきました。



 明日の天気は本気時々リップサービス。騙されてた時の傷も引き受ける覚悟であなたを信じてる(←こんなこと言うヤツは物凄い“いいカモ”タイプである)(ということに気付いてしまったが気にしない)(な、泣いてなんかないやいやー)。


( ゚д゚)ポカーン



ホント、オンナは地獄だぜ。二枚舌のハニー、そんなことを俺が信じるとでも?あンたのブログを真面目に几帳面に嘗めるように読んでいる俺に?


ちょっと前に、こんな事書いてましたよね、確か。(ぼうよみ)


私はそこらのお嬢さん方よりも陰湿でありますゆえ、最初はピル飲んでるってことは言わないで彼氏とセックスして、ゴムしてよとは言わずにするかどうかを見ています。しない男の評価はがっつりと下がります。当然です。


ゴム大嫌い☆キャピ





全然信じてないじゃん!!!!!!!!!!!!!



ホント、オンナは地獄だぜ。


ま、こんな女でしたら、男にだまされたりはしませんね。


一条さんはむしろ騙す側です。というか雌虎です。


(続く)(かもしれない)

[]孔明の罠 孔明の罠を含むブックマーク

いい加減、そろそろ突っ込んでおこうと思ったので、そろそろ書いておこうと思ったのだが。


妹ばかりかわいいかわいい言われているものだから私は容姿に関しては多少ひねくれてる。かわいいって言われたことないしね、妹がいるとそっちが言われるから。やつらのほうがかわいいし小さいから。特に妹大とは年子で高校も同じだったからずーっとずーっと18年間ずーっと言われ続けた。私は生まれたときから男の子に間違われるわ、親戚の叔母さん連中には全然人気がないわ、小さい頃の写真見てもむすっとしてるのが多いわ全然かわいくないのは本当に残ってる写真の少なさからしてもわかる気はする。まぁそれはいい。前にも書いた気はする。


生まれつきの顔の造作について


bさんの、このエントリを読んでいて思うのだが、はっきりいって、彼女の、これ系の愚痴については孔明の罠にしか思えないのである。


まず最初に、「まぁそれはいい」って、お前、ちっともいいと思ってないだろとか。


まぁそれはいい(反語)



で、なんだけど、このエントリ、部熊しようかと思ったのだが止めた経緯がある。


なんでかというと、bさん、容姿については、可愛い部類に入るほうだからである。ブクマコメントでも言われているが、オフ会であった男連中からウケは明らかにいいほうだ。性格のきつさは、ひとまずおいておくとして。(ちなみに性格がきついということを言うと怒り出す傾向がある)


妹さんのが、もっと可愛いので、妹と比べられてひねくれた、というのは、まぁ理解できないでもないが、しかしながら、結構可愛い部類に入る女性が「顔は変えられないんだよ」とか愚痴っているとか、お前、どんだけ向上心に溢れる自己利益の求道者なんだyp


まぁそれはいい(反語)


それはいいとしても、bさんの発言を聞いていると、


「可愛くない」「頭がよくない」「非コミュ」という単語が頻出するのだが、お前、それ、孔明の罠だろ?とかしばしば思うのはマジである。


さっきも言ったが、彼女は容姿については割と恵まれているほうであるし、頭については、この国でもトップクラスである。非コミュ?あれだけ、人気のある女性ブロガーでオフ会でも、よろしくやっているのに?


まぁそれはいい(繰り返すが反語)


女性が、顔だけで判断されることに愚痴るのはよくあることだし、頭のいいやつが「頭よくない」とかいって愚痴るのもよくある光景だし、非コミュって言葉が開発されて以来、「あ、わたし非コミュかもー♪」なんて勢いで自己アピールしてるんだか、非コミュと宣言するとアクセス稼ぎになるんだかは知らないが、非コミュも最近大増殖中なので、まぁそれはいい。



それはいいのだが(ようするによくない)



一つ前のエントリで、一条大先生のエントリに噛み付いたわけだけど、彼女達の振る舞いについては、ある特徴がある。


本人達は自覚しているかどうは知らないが、「人前で非力をアピール」するという点である。


この戦術については、僕もよく使うのだが、「非力を装って相手を油断させておいて、相手が気をぬいた瞬間に後ろから全力で襲い掛かる」というのが主な手である。


例えば、一条先生は、「騙されてた時の傷も引き受ける覚悟であなたを信じてる」といいつつも、セックスの際に、あらかじめピルを飲んでおき、それを彼氏には告げずに、彼氏が自主的にゴムつけるかどうかで、男の質を見極めると言う見も蓋もない腐れ男判別リトマス紙を使う。


油断して、相手が心の中で「あー、コイツ馬鹿だから中だししても平気だなー」なんて思っていると、思いっきり罠にはまるのである。


bさんについては、「可愛くない」「頭がよくない」「非コミュ」といった単語で、相手を油断させておいて、相手を返り討ちにするわけである。それから言葉使い。あほの子的な言葉使いをついったー上ですることがあるわけだけど。


まぁ、bさんについては、それについて「狙ってるんでしょ?」とか、この間のオフで、突っ込まれてはいたが。正直、そうとしか見えないわな。


本人に聞いたら「へんかんするのが面倒なだけ」なんだそうだが、bさんは、ついったーなどで怒らせると、あほのこ言葉がいきなり消えて、言葉遣いが丁寧になり、冷たい皮肉がカウンターで飛んでくるので、正直、言葉通りに取ってはいないのだが。というか、信用できるはずもない。


あほの子を装って相手を油断させ、超慎重に相手を観察してるよ、この子。絶対に。


このあたりについては、彼女達の頭のよさや、如際無さ、世渡りの上手さの証明なのでもあり、素晴らしいことばかりだと思うが。



ただし、信用はしない。表の顔を信用すると、油断した瞬間に後ろから思いっきり全力で撲殺されかねない。



え、なに?殺伐としすぎ?



そういう連中とばっかり仲良くしているので、そうなるのです。




あしからず。

b_say_sob_say_so 2007/12/10 23:28 ところで質問なんですが、ぱるさんわたしのこえきいたことあります?

nanashinanashi 2007/12/11 15:53 ひねくれすぎですね(笑)
同じ性を持つ私は彼女たちを分かるような気がします
つまり昔はこんなんで根本もこうだけど、今はオトナになって処世術をみにつけて、今の彼女たちがいるワケで、それを斜めよみしちゃダメだと思うんですよねー
女嫌いでしょ?(笑)

aa 2007/12/22 02:15 仲良くする気は、なかったと思う。
『餌のようなもの』でしかないし。
残念ながら、つられたけど。

aa 2007/12/22 02:17 つられてますけど。

2007-12-07

[]男の性欲と愛情についてちょっと 男の性欲と愛情についてちょっとを含むブックマーク


誰か助けてください・・・


なんか、救いようのねぇ話だなぁと思いつつ読んだのだけど。


ってかさあ、これ、どう見ても男が二股してただけじゃん。しかも親切で紳士の振りして女だましたって典型ケースにしか見えないんだけど。いや、もういい加減、使い古されたやり方っつーかさ。


「ブルースの女王」なんて言われた淡谷 のり子(1907年8月12日 - 1999年9月22日)が、若い頃、同じような手口で、男にだまされた事があるんだけどさ。


まぁ、紳士的で、女に優しく、親切で、金払いもいいような男と出会って婚約し、それで、結婚式の前になったら、他の女が彼女の前に現れて、「彼が愛しているのは私です」なんて言われて、修羅場になった話とかさ。なんせ、モテる女性だから、男絡みのアレな話を沢山残しているけど、関わっちゃ駄目な男のタイプの話は酷く面白い。今も昔も、男のやるこたかわんねーなって思う。彼女の残した話を聞いているとね。



「女を次から次へと食い散らすような男は、三つの悪を持っているもののようでございます。つまり浮気でケチで嫉妬深い、という例の三拍子です。また、こういう男は、例外なく結婚前の女あつかいにかけては、すばらしい技術を有しております


まぁ、そういう教訓から彼女は、このタイプの男性、つまり、紳士的で女には優しいタイプの男性には裏がある事がある、一番性質が悪いタイプの男の場合があるって言っているわけだけどさ。そうでもない場合も、無論あるだろうが。



それまで彼は私がいつ、何時でもあなたが僕の中で一番だ、と言ってくれました。

それがたった2日前に生まれた子と天秤にかけられに私は捨てられました。


しかしまぁ、よくもまぁ、こんな言葉だけで男信じられるもんだと思うよ。これだけ愛情餌にされて男にだまされた女が後を絶たない世界でねぇ。言葉と親切は男が女に贈るギフトの中じゃ、ぶっちぎりでコストがかからないんだから。女食い散らすような男なら、この二つは大判振る舞いするよ。普通はね。だって、そうしたほうがモテるし、財布から金が出て行くわけでもない。


まぁ、逆にいえば、親切で優しくて女性をたててくれて愛しているフリが上手いから女食い散らせるわけだけどさ。


不親切で愛しているなんて一言も言わないし、女性には心を閉ざしいて、女性を見下しているような男性が割といる世の中で、そういう男性は、乾いた砂漠の中のオアシスのように映るのかもしれん。しかも、そういう奴に限って女の扱いが上手かったりする。


で、なんだけど、今日の朝に、ちょいと考えていたことなんだけどさ。


男ってのは、女性に対しては性欲と愛情の二つを持ってる。


まぁ、この場合、性欲ってのは、「沢山の女とセックスしたい」って欲望であり、愛情ってのは「たった一人の女性と結婚して子供を作りたい」って欲望とする。



女性にとって厄介なのは、どちらのケースでも、男は女性に対して「愛している」って言葉を使うことだ。だから、見分けがとても難しい。


ただ、ある程度までは、体をはればわかる方法が幾つかあってね。



まずは、「妊娠したの」ってぶっちゃける方法ね。まぁ、「子供できたらどうする?」系の質問が時々、使われるけど、もうちょっとストレートに追い込んだほうがわかりやすい。


上記の記事にあるけど、「中絶してくれ」系の言葉を使われたら、性欲の対象としてしか見られてないって思ったほうが賢明。


残念ですけど、あンたは、彼にとってのワン オブ ゼムです。それを理解して股開いているならいいけど、勘違いして股開いているなら、とっとと次探したほうがマシ。



もう一つは、まぁ、セックスを何度かしてみるって方法ね。


なんで、これで、ある程度見分けがつくかっていうとね、


男って、性欲対象としてしか見てないような女性には、飽きが来るのが早いのよ。そうじゃないのもいるけどさ。


AV業界とかでは、基本的に、どんな美人の女優でも、リリース本数が増えてくるにつれて売れ行きが減る。でもって、やっぱり新人のうちのほうがよく売れたりもするわけ。


これね、男の性欲処理には、「性欲処理に同じ女性ばっか使っていると飽きてくる」ってのが背景にあるの。


極端な奴になると、「同じ女優では二度は抜かない」なんて奴もいる。自分に関して言えば、同じ女優じゃ、5回も抜くと興味が失せてくる。どんな美人で巨乳でもね。興奮しにくくなってくる。もっとも、俺は二次元主体の性生活なんだけど、二次元でも同じキャラばっかだと、恐ろしい速さで飽きがくるの。


性欲のほうは、「沢山の女とセックスしたい」っていう男性の欲望が、根っこにある奴だから、そのせいだろうとは思うんだがね。一人の女にあまり長く関わってないで、他の女とヤってこいってアレなんだとは思うがね。


だから、男性が、どのくらいの速さで、女性に興味を無くすかで、どういう風に見られているかってのがわかることもあるわけ。性欲の対象としてみてるか、愛情の対象としてみてるかのね。


まぁ、10回もセックスしてみて、男が急速に興味を失ったようなら、残念でしたハズレですとしかいえない。一回やったら、興味なくされたとかだったら、まぁ、モノ、便利な性欲処理道具と見られているとしか言えんよ。それは女性が一番わかっているだろうけどね。


上記の二つは、極端な方法で、他にも色んな方法があるけどね。それに、ケースバイケースで、必ずしも、これで見分けれるというわけでもない。浮気不倫のほうが燃えるって奴もいるしね。こっちは女性の経験のある人に聞いたほうがいいとは思う。


俺が言いたいのは、男と付合うなら、親切だとか紳士的だとか、愛情を表現してくれるとかで判断すると痛い目にあることが多いんで気をつけなって話なんだけどさ。それを餌にして女騙すのは男の常道なんでね。


ちなみに愛情のほうは、性欲よりずっと長く持続する。こっちは、男性も女性も大体3〜4年程度は持続する。だから、3〜4年くらいたって、男のほうが、興味を失ったようですってんなら、まぁ、普通じゃねぇかとは思う。残念だけど、そんなもんです。


3〜4年付合って、男のほうが女性に興味を失わず、子供作る気満々だったら、まぁ、結婚してもいいんじゃないですかってことで。


あとはお好みでどうぞ。

nanashinanashi 2007/12/07 02:08 なるほど
でも私は好きって言われると好きになっちゃう
言葉にしないと分からないじゃないですか
分かるかもしれないけど、やっぱりちゃんと言ってほしい
コストかからなくていいならたくさん言ってよ!って思うけど
多分だけど、だまされてたり、あんまり愛されてないなって、会ってるとわかると思うよ?
ただ自分で相手を好きだから、みないふりしてると思うんです
どうしても確かめてみたいなら、上記の妊娠…のくだりを使ってもいいかもですが、そんなの言われた後に実はウソでしたーあなたの気持ちが知りたかったの!なんて言ったらドン引き確定じゃないですか

ryo_zinryo_zin 2007/12/08 01:50 つまりは誠死ねということで、おk?

APIAPI 2007/12/08 05:54 誠死ねw

aa 2007/12/09 04:12 はじめまして。
以前にも読んでしまって、かなり不快でした。
いまでも、やっぱりpalさんの書く文章が好きになれないというか。
自分にとっての、事実でもあるから癪にさわるんでしょうね。

ちなみにpalさんの年齢て、20代後半くらいですかね? 

あと、書いてて思ったのですが
どんな場合でも、互いを愛する比率みたいなものは同レベルかもしれません。

互いに時間を割いてしまう何かがそれぞれあって、その根本の動機が間違っていると関係は、時間と共によじれざるを得ない だけかと。
で、逆の場合だと両者の動機が良い方向に一致している為、関係の改善が見られると いう気がします。よくわかんないですけど。

niyata2807niyata2807 2007/12/10 11:15 上記の妊娠…のくだりを使ってもいいかもですが、そんなの言われた後に実はウソでしたーあなたの気持ちが知りたかったの!なんて言ったらドン引き確定じゃないですか

別に正直に言う必要ないじゃない。
医者に行ったら、赤ちゃんが欲しいって思うからの
想像妊娠ですって、言われたとか(笑

nanashinanashi 2007/12/11 15:33 なるほど(笑)
でも悩ませちゃったりするかなぁって思うと心が痛いです

2007-12-06

[]オフレポ・イラスト編 オフレポ・イラスト編を含むブックマーク


渋谷焼肉会のイラスト版簡易ダイジェスト

関連エントリ

渋谷で焼肉食ってきたよオフ

はてなーのファッションチェック


櫛ヶ浜さんとbさんが微笑みながらガン飛ばしあい

f:id:pal-9999:20071206010600j:image


櫛ヶ浜さんとbさんが微笑みつつガン飛ばし合ってて大変に怖い


渋谷で焼肉食ってきました。

けなく、一条の犬になりpalが嫉妬する

f:id:pal-9999:20071206010559j:image

さらにカバンが重くなる(犬の散歩みたいな状態になってますが?)(僕そんなに気急いてましたか)(どうどうみたいな)

トラジ@渋谷

ふじっこさんが油断して奈々さんに耳をかじられる。

f:id:pal-9999:20071206010558j:image


油断すると耳や指をかじられます(おしりかじり虫より手ごわいゾ!


渋谷で焼肉食ってきました。


palの肉奉行に女性陣が顰蹙影口祭り

f:id:pal-9999:20071206010551j:image


  • 関係ないけどpalさんの肉奉行っぷりに女性陣が
    • palさんて細かいよね
    • 小姑みたい
    • だからハゲるんですよね(小声

渋谷で焼肉食ってきました。


百合展開

f:id:pal-9999:20071206010738j:image

奈々子さんがびーさんを襲い始める(もっとやれ)(なんか笑われてる気がするんですが)(微笑んでるだけでs)


トラジ@渋谷

一条の嘘は何故ばれたのか

f:id:pal-9999:20071206010557j:image

  • 一条はなぜそんなにpalを虐めるのか問題
    • 虐めてないよ、週に3回ハゲって言ってるだけだよ?
    • って言ったら多い!と責められました
    • いや好きだから虐めちゃうんだよ?
    • って言ったら速攻絶対嘘だとつっこまれました
    • なんでバレたんだろうちっ(と心で舌を打つ私(そういえば気付くと牛タンがない

渋谷で焼肉食ってきました。

アライさんとへぼめがねさんはぁャしい

f:id:pal-9999:20071206010736j:image

  • アライくんは変な服を着ているか問題
    • アライさんはいつも不思議な服を着てるよね?
    • アライくんは黒装束にラメが入って時々輝いてる
    • 違いますよ!アライさんはバーバリーのブラックレーベルのコート着ててかっこいいんですよ!(※ヘボメガネの発言
    • なぜそんなに必死にフォローするのか
    • バーバリーブラックレーベルホモ

渋谷で焼肉食ってきました。

らぢおさんがもし、このオフ会をスネークしてたら

f:id:pal-9999:20071206010737j:image

  • らぢおさんの決め台詞は何かな問題
    • モテたよ!しか聞いたことない
    • 非モテっていうと「非モテと申したか!!」って言われますよ

渋谷で焼肉食ってきました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20071206

2007-12-05

[]今年のクリスマスの予定 今年のクリスマスの予定を含むブックマーク

逃げられても困るので、ブログでエントリのせて追い込むことにしたった!!!



きっかけは、ついったーでのやりとり。

一昨日

pal9999: 一度でいいから、鶏の丸焼きが食ってみたいねん

pal9999: 鶏の丸焼きができる人と結婚したい!

hisamura75: おなかにつめものをした七面鳥を食べてみたいです

pal9999: あれ、超美味そうだよね

pal9999: 鶏の丸焼きも中に詰め物するんだぜ。

riko: 今年はクリスマスに鶏の丸焼き作ってお正月はおせち作る。

hisamura75: ぱるさんは、りこさんと結婚すればいいじゃない

pal9999: りこさんと結婚するには、旦那さん殺さないといけないんだよ

pal9999: それは非常に不味いやり方だと思うんだが。

riko: @pal9999 クリスマスはうちにきたらいいよ!

pal9999: @riko 鳥の丸焼き食わせてもらえるなら、マジで逝きますよ!?

hisamura75: わたしもいこうかな。ゆすとで中継するんでしょ??

pal9999: ワクワクテカテカ

riko: @pal9999 殺す必要は…以下略


昨日

pal9999: 今年のクリスマスは、riko家のクリスマスパーティにお呼ばれして鶏の丸焼きをご馳走してもらう予定!

pal9999: というエントリを書いて、rikoさんを逃げれなくしたほうがいいだろうか



今日


pal9999: [todo]今年のクリスマスはrikoさん宅を襲撃して鳥の丸焼きを食ってくる

pal9999: 鶏の丸焼きと七面鳥の丸焼きは男のロマン

pal9999: でも、オヤジに言わせると、七面鳥はあまり美味くはないらしい。

crowdeer: @pal9999 あー行くの?私も行こうかなーなんて思ってるけど Tw

pal9999: @crowdeer おや、あれはパーティかなんかなのかい?

crowdeer: @pal9999 いや、勝手にいって勝手に呑んで勝手に帰るという趣向の飲み会? w Tw

pal9999: @crowdeer なんだって!?rikoさんが鶏の丸焼きを作るというから、俺はノリノリなのに、普通の飲み会なのか!

crowdeer: @pal9999 だんさんの家でやった TBC のノリだと感じてたんだけど Tw

pal9999: @crowdeer そーなんだ。しらなかった。ただ、rikoさんがクリスマスに鶏の丸焼きを作るというので、襲撃計画をたてていただけなので、詳しい事はしらなんだ。

riko: @pal9999 24 日は適当に家で飲みながら鶏焼いたりする予定なのでみんなできたらいいと思うのです。定員は 10 人ぐらいかなあ。

pal9999: @riko とりあえず、僕は人数に入れといて下さい。

pal9999: 鶏の丸焼きゲットだぜ!

riko: 詳しいことはなにも決めてないです

riko: というかすくなくともプライベートにおいて私に計画性というものはないです。

pal9999: rikoさん手製の鶏の丸焼きが食えれば僕は満足です。

crowdeer: @riko なんか持ち込んだほうがいいかい?<主に飲み物 Tw

pal9999: というわけで、24日はrikoさんのホームパーティを襲撃して鶏の丸焼き食ってきます。


というわけで、今年のクリスマスは、人生で初めて鶏の丸焼きを食べる予定です。id:rikoさんによると、10人くらいまでオッケーらしいので、他にも鶏の丸焼きを食べたい人は、参加希望を出してみるといいかもしれません。



ネタでしたというのは無しでお願いします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20071205

2007-12-04

[]はてなーのファッションチェック はてなーのファッションチェックを含むブックマーク

先日、はてなの知合いで焼きにくオフしたわけですが、そん時の模様をイラストにして伝えようとおもったところ、挫折したんで、面倒になって、今日は、オフ会であった皆さんのファッションの紹介でもしてみようかと思います。


まぁ、はてなーが普段どんな格好しているのかという一つのサンプルとして提供という形で。


f:id:pal-9999:20071204000909j:image

これは、まぁ、僕とけなくさんの服装です。僕はいつもどおりの黒尽くめでした。ただ、タートルネックのセーター+Gパン着てたんで、きのこ帽子かぶってたら通報されていたと思います。実際にはかぶっていきませんでした。


だれか、突っ込んでくれるかと思ったのですが、誰も突っ込んでくれませんでした。残念です。


右はけなくさんです。男性陣がほとんど代わり映えしない服装でしたが、一人だけお洒落です。Vネックのセーターから、セクシーな鎖骨を見せてました。そのせいか、一条先生に延々バックをひっぱられていました。犬ですな。


f:id:pal-9999:20071204000944j:image


こっちは櫛ヶ浜さんとふじっこさんの服装です。櫛ヶ浜さんはパーカーにGパン。ふじっこさんは、ニットにGパンでした。まぁ、男性のほうのファッションは、あんまし変わらないようなのばかりなんですね。メンナク系の奴でも紛れ込まない限り、服装での差別化は不可能です。だから顔を動物にしたりしているわけですが。

f:id:pal-9999:20071204000921j:image

さて、こちらは、みんな大好きへぼめがねさんと、今回、初めてお会いしたhisamura75さんの奴です。へぼめがねさんは、黒いシャツにGパンでした。まぁ、無難な格好としかいいようがないアレです。奈々さんの方は、背が高い(172センチ)なので、黒のロングコートが非常に似合っていました。背が高い人が着るとカッコいいんですよね、ロングコート。


f:id:pal-9999:20071204000924j:image


さて、最後がb_say_soさんと、一条あや乃さんです。bさんの方は、普通にYシャツとGパンで髪を後ろにまとめた健康的な奴です。一条さんは、いつものダークな服装(太もも丸出しの奴とか)をしてくるかと思ったのですが、わりとおとなしめの奴でした。


ちと、絵だとわかりにくいのですが、白のニットコートの上に、ちょとした黒の網目のはいった奴を羽織っていて、これがなかなか可愛い。


まぁ、女性陣のほうは、やはりお洒落で、男性のほうは、服装はみんな似たりよったりだった・・・というオフ会でした。


オフ会の模様のイラストは、また明日。


ではでは。

2007-12-02

[]てらじのツンデレぶりが酷い件について てらじのツンデレぶりが酷い件についてを含むブックマーク


というか、今日の深夜帯あたりに、ついったー見てて思ったんだが、ありゃ酷い男版ツンデレである。



ここ数日の流れを見ていると、てらじの奴、性根が酷く優しい。



なのだが、どうにも偽善というのを許せん性質のようだ。そのせいで、自分から積極的な親切な行いというのをできないらしい。


まぁ、頭が切れて物事の裏まで見てしまうような人間には、ありがちな事なのだが、全ての親切な行為の裏には、酷く利己的な動機があるのがわかってしまうので、そういうのを許せない性質になる。


んなわけで、偽善が許せない性質だと、時々、自分自身の利己性を全然隠そうともしなくなる人格ってのが出来上がるわけだ。普通は隠すんだがね。トラブル呼ぶし、そのほうが受けがいいからね。


そんなわけで、性根が優しかったとしても、偽善嫌いな人間は、他人に親切には簡単にはできなくなるってケースが時々ある。


とはいえ、性根が優しいものだから、他人に毒を吐いて偽善を攻撃して、自身の利己性を嘲笑しながらも、やっぱり、親切にしてしまう。というか、まぁ、やっていることは割と親切で優しかったりする行動が多いわけだ。



ようするに、やっていることはツンデレ。



まぁ、俺はツンデレ好きなので、男女を問わず、こういうのには好感を抱いてしまうわけだが、女性からみると、あまり面白くないタイプかもしれんな、とは思う。



今日の深夜の流れとかでもそうだったが、人を怒らせることが多いからな。そりゃな。自分の利己性を隠そうともしないし、極端なこともでも平気でいうようになるからな。


まぁ、心理学者ごっこはこの辺りにして寝る。


昨日の焼肉はたのしかったです。参加者の皆様、お疲れ様でした。

[]渋谷で焼肉食ってきたよオフ 渋谷で焼肉食ってきたよオフを含むブックマーク


昨日、きのこ、一条先生、めがね、奈々、けなく、b、ふじっこ、やぎの8匹で焼肉してきたので、その報告です。


ただの焼肉ですけどネ!!


まぁ、幹事は僕だったのですが、遅刻する気満々で、開始八時なのに7:30集合とかにしたら、時間より前についてしまい、どうしようかと思ったわけですけどね。


しかし、問題は、到着したら携帯の電源がなくなりやがったことでした。これには参りました。


というわけで、集合時間の前に、携帯の充電用パックを買うことに。〆て880円でしたけど。


焼肉屋にいったら、なぜか知らないけど予約が上手く入ってなかったり、料理が来るのが遅かったり、みんな飲まないといいつつ、結構飲んだので、飲み放題とかのが良かったかもとか思ったりと、色々でした。


言った店は、パルコのトラジって焼肉屋です。肉的には、ホルモンが美味しかったかな。あとサラダが上手かった。


以下、会話の内容。


  • けなくさんが無口だった
  • ふじっこさんも無口だった
  • 一条さんは相変わらずよく喋る
  • 奈々さんもよく喋る。
  • ぼめさんが時折黒い
  • 俺様総受け
  • ホルモンうめえ
  • 奈々さんが耳を食う
  • 店員がおっぱい(豚の)ありませんといった時には、個人的に軽い緊張が・・・!
  • セックスの時に耳を嘗めるのはデフォらしい。知らなかった。あれはマニアなプレイだと思っていた。
  • 膝の裏を嘗めるのもポピュラーらしい。そこもマニアだと思っていたのだが・・・
  • bさんにホットケーキを貰う代わりに羊羹あげたら、ホットケーキもってこなかった。詐欺だ。
  • 奈々さんに写真がオヤジとか言われた。嬉しい事言ってくれるじゃないの・・・!
  • 櫛ヶ浜さんの落ち着きは同年代とは思えない
  • 約二名けまらしいのがいた。
  • 腹を切って詫びるべきである
  • らじおさんの話題でわりと盛り上がる
  • 突然、テントの話をぼめときのこで始めて、奈々さんが引く
  • 人生横丁でホルモン焼き食いに逝こうとぼめときのこで話す
  • 料理来るのおせえ
  • 奈々さんときのこは酔うのが早い
  • ビール100ミリくらいで酔う
  • おつかれさまでした


以上!


楽しかったです。又機会があったらよろしくお願いします。


でも、焼肉は女性と一緒より男性オンリーでがっつり食える場所のがいいかな、と思ったのは内緒です。


女性と一緒なら、普通の飲み屋のが楽しいですな。


肉食うなら、やっぱ無心になってガツガツ食うのが楽しいや。楽しく会話して飲むのが楽しいのは、やっぱ居酒屋ですな。

AyanoIchijoAyanoIchijo 2007/12/03 11:01 おつかれさまでした。膝の裏は別にポピュラーじゃないかもしれません。と後で思った。あと飲み放題にすると時間制限入っただろうから2次会行って……と考えると結局かかるお金は同じだったかもなあとおもいました。