Hatena::ブログ(Diary)

pal-9999の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

生涯楽天家がモットーの男のネタ的はてなダイアリー。本家はこちら
サッカーネタは、pal-9999のサッカーレポートに移転しました。

2011-01-24

[]アジアカップカタール戦の感想と日本の中央突破サカー アジアカップカタール戦の感想と日本の中央突破サカーを含むブックマーク

なんか、また喉が痛いわけですが、今日もサカーの亜細亜割賦のお話。ちなみに、試合は、皆さんご存じかと思うんだけど、3−2で日本がカタールに逆転勝利。凄い試合だった。よく頑張った!!一人少ない状況から逆転勝利!!しかも、得点が全部中央突破!!中央突破といえばバルサ。中央突破で3点とかメツ監督の「日本はアジアのバルサ」発言が現実に。なんということでしょう。



個人的には、左サイドの攻防がカギになるかと思っていた。理由は、日本の4231で、右サイドのオカザーギとイノーハがゲーム作れるタイプじゃないからである。中央の本田は起点になりきれてないので、日本は香川の左サイドでゲーム作ってくるだろうし、カタールは左サイドでボール奪ってカウンターという展開でくるだろうと思ってたんである。そんな訳で、組み立てに参加しなきゃいけない香川はあまり点には絡めないだろうと思っていたのだが、まぁ、蓋を開けてみたら、日本の得点が全部中央突破で香川が全得点に絡んでたり、前田が空気だったり、クロスだ!クロスもってこーいアパーム!!


とにかく、今回のゲームで印象的だったのは、長谷部、香川、岡崎あたりが、ポゼッション中に頻繁に相手の守備の裏を取る動きを繰り返してて、背後を取る動きが活発だった事。なんだよ、やれば出来るんじゃないか・・・・。


でなんだけど、ちょーど発売されたばっかりの「ワールドサッカーダイジェスト」で、中央突破の特集やってて、バルセロナのシャビのインタビューや、毎回楽しみにしてるマウリツィオ・ヴィシディのコラムが楽しかったんで、中央突破の話をしながらカタール戦の感想でも書いていこうかと。


カタール戦の感想の前に、モダンなサッカーで中央突破が重要になってきた理由

とりあえず、カタール戦で、日本は中央突破で3点いれたんだけど、なんでモダンなサッカーで中央突破が重要になってきたかって話。こいつは、今回のワールドサッカーダイジェスト(以下WSD)のマウリツィオ・ヴィシディのコラムで説明されてて、守備のスタンダートがマンツーマンディフェンスからゾーンディフェンスに切り替わったせい。今週号のヴィシディのコラムから引用するけど、


『中央突破かサイドからの崩しを問わず、ゴールを奪うためのもっとも重要な戦術コンセプトは常に変わらない。「ボールを敵DFラインの裏側に入れる」こと。今回のテーマである中央突破に話を限れば、そこに「ペナルティエリアの中で」という条件がつけられる。中央突破でゴールを奪うには、チーム全体がこれらの戦術コンセプトを共有し、その実現を目指さなければならない。』


『一対一の突破の有効性が高いのは、守備のスタンダートが変わったためでもある。現在のスタンダートでは、最終ラインを一本のフラットなラインと捉え、それを保とうとしながら振る舞う傾向がある。それが特に顕著になるのはボールが中央にある場合。ボールがサイドにあればカバーリングのラインを斜めに形成するが、中央にあるときはフラットなラインを保って守ろうとするチームが少なくない。そのため目の前のDFをひとりかわせば、敵最終ラインを一挙にかわしたも同然という状況が容易に生まれるようになっている。かつて、リベロを置いたマンツーマンディフェンスの時代は四人対一人という守備側が圧倒的に有利な数的関係からゴールを奪われるなど、ありえなかった。しかし、現代のゾーンディフェンスでは、そういうことも起こりうる。』


『攻撃編で述べた通り、中央から攻められた場合の守りで、多くのチームは最終ラインをフラットに保ちながら対応しようとする。DFとDFの間の距離を狭め、スペースを消し、最終ライン裏へのスルーパスやミドルシュートのコースを消そうとするわけだ。ところがこの守りには、一対一の突破に脆いという問題がある。一対一の突破を許せば、横並びの最終ライン全体が一挙に置き去りにされてしまいかねない。

 そうした自体を避ける上で重要なのが、ピラミッド型のカバーリングラインを敷く事だ。


ちょっと長めの引用になったが、中央突破には「2ライン間(DFラインとMFラインの間)で前を向いてボールをもつプレーヤー」がいることが前提となる。日本の4231の場合、前田がポストプレーで本田にボールを落とすか、香川本田岡崎前田のいずれかが、2ライン間で、中盤やサイドからボールを引き出さないことには中央突破は始まらない。まぁ、2ライン間にどうやって人を送り込むかは、今回は関係ないので、省略。


で、上記の引用部分で、強調したピラミッド型のカバーリングラインなんだが、これも、現在の守備におけるひとつのセオリーで、2ライン間に入られてしまった場合、フラットなラインを維持したままだと、一人かわされただけで失点しかねない。


そのため、最終ラインの一人がボールホルダーに当たりに行き、横の二人が内側に絞って背後をカバーするチームも多いのである。これがピラミッド型のカバーリングライン。ピラミッド型のカバーリングラインを形成すれば、とりあえず、サイドへ展開される位で済むという守備方法。



ちょっと図でしめすと

DF岡崎DF  DF  DF

     球

香川   本田

MF  MF  MF  MF


という状態の時、本田は、ミドルシュート、岡崎へのスルーパス、ワンツーなどの選択肢を持っているわけなんだけど

 DF岡崎DF DF

    DF

    球

香川  本田

MF  MF  MF MF


最終ラインがこういう形に変形することで、本田からスルーパス、ワンツーなんかの選択肢を奪うことが出来るわけだ。DFがフラットからピラミッド型に変形するのでピラミッド型とか言われる。勿論、サイドには出されやすいが、中央ぶち抜かれるよりはマシなわけだ。中央突破を食らったとき、相手の最終ラインがピラミッド型に変形するタイプなのか、フラットのままで守備を行うかは、攻撃方法にも影響を与える。


なんだけど、モダンなサッカーというのは、究極のメタゲーム化してきていて、ひとつの守備戦術が生み出されると、それに対応した攻撃戦術、その守備戦術に対して破壊的な能力をもつプレーヤーが現れてくるもんなんである。例えば、今年のバルサに対して引いて守っていると、ズタズタにされてしまう。このピラミッド型のカバーリングラインに対する破壊者が、バルサのペドロ。地味なんだけど、彼の能力は非常に危険。今週のWSDで、シャビがペドロの能力について、こう述べているので引用。


シャビ『ペドロの存在はバルサにとってとてつもなく大きい。彼はボールの流れを読むのが凄く巧くて、狭いスペースにもタイミングよく入り込んでくれるから、俺のようなパサーにとってはかなりありがたい存在なんだ。そういう動きがあるとないとでは、攻撃の幅や奥行きがまるで違ってくるからね。どちらの足も遜色なく使えて、サイドだけでなく中央に切れ込むプレーも出来るから、ダニ・アウベスのような攻撃的サイドバックの持ち味も引き出せる。レオやビジャと同様、バルサ攻撃陣にとっては、なくてはならない存在さ。』


こないだのエントリでも話した事だけど、最近、日本でも、この手の「ボールの流れを読むのが凄く巧くて、狭いスペースにもタイミングよく入り込んでくれるから、俺のようなパサーにとってはかなりありがたい存在」的な選手が増えてきた。特に若い世代で、セレッソ大阪のスリーシャドーやレッズの山田直輝なんかは、この能力を持っている。


だが、なんといっても、この能力については、香川真司の名前をあげずにすませるわけにはいかない。彼の能力は、現代の守備戦術にとって、もっとも厄介な存在なんである。なぜなら、フラットな最終ラインの前で前を向けば、ミドルシュート、スルーパス、一対一での突破、コンビネーション、その全てに秀でているからだ。


だが、彼の美点はそこで終わらない。彼がブンデスにおいてもあまり危険な存在であり続けられるのは、彼がピラミッド型のカバーリングラインをも破壊できる能力を持っている事である。バルサのペドロのように。信じられないほど、ボールの流れを読むのが巧いし、そしてなによりも、相手の守備ラインが、どう動くのかを先読みして裏を取っていく。これは天性としかいいようがない。


ちょっと、ドルトムント対シュトッツガルト戦での彼の動きで解説するけど、


f:id:pal-9999:20110123223308j:image

この場面で、右上でパスを受けたのが香川である。これは、ドルトムントが自陣深くから、右ウィングのゲッツェが一気に前線にボールを持って運んだシーンで、香川はゲッツェからパスを受ける。後ろからはドルトムントのゲームメーカー、サヒンが走ってきている。で、ここでは、香川が次に選択したプレーが問題。貴方なら、ここでどういうプレーで「ボールを敵DFラインの裏側に入れる」のを目指しますか?



f:id:pal-9999:20110123223309j:image

香川の選択は、いったん後ろのサヒンにパス。しかし、単純なパスではない。サヒンにパスをすると同時に香川は走り出してマークを外す。狙いは・・・・


f:id:pal-9999:20110123223311j:image

ここがキモのシーン。現在のサッカーのゾーンディフェンスというのは、ボールホルダーにプレスがかかっていることが前提であり、フリーのボールホルダーには誰かが当たりに行こうとする傾向がある。こういった「ボールホルダーに当たりに行こうとするDFの習性」を利用して、最終ラインにいたMFの一人を前に釣り出す。これが彼の狙い。そして、狙い通り、サヒンに当たりにDFが前に出た事でゾーンの間にわずかなスペースが生じているのがわかると思う。ここでボールを受けることができれば、敵DFラインの裏に抜け出せる。香川はこの判断がもの凄く速い。


f:id:pal-9999:20110123223312j:image

そして、サヒンを信じて走った香川のプレーは報われた。釣り出したDFの裏のスペースへパスがでる。


f:id:pal-9999:20110123223313j:image

だが、残念だが、このプレーでは香川のゴールは生まれなかった。理由は、敵のSBが香川の動きについてきたからである。このSBの動きによって、もう最終ラインはぐちゃぐちゃになってしまったのだが、彼は、ゾーンのカバーや最終ラインをフラットに保つ事より、「マークする相手とゴールの間にポジションを取る」という守備の大原則を優先したのである。そして、それは報われた。彼が体をいれていたおかげで、決定機を乗り切ったのである。


最終ラインの選手は、このように、クレーバーな判断を求められている。つまり、「ゾーンをカバーする」か「人をマークするか」の判断である。ここでは、相手SBが自分のゾーンを捨て、フラットなラインも諦めて、「人をマークする」事を優先したことで、香川を止めた。この判断力は、SBやCBにとって、非常に重要である。ゾーンやフラットな最終ラインを諦めてマークを優先しなければならないときもある。このクレーバーな判断が重要なんである。


ちなみに、このシーンを紹介したのは、今回のカタール戦での香川の得点シーンなどは、基本的に、こういう動きで裏をとる動きだからである。


カタール戦での一点目のシーン。

ちょっと異様に前フリが多くなったけど、では、カタール戦、一点目のシーンから。実は、このシーン、カタールの左SBが信じられないようなポジショニングをしてて、見返して確認してたら驚いてしまった。香川→本田→岡崎→香川→ゴールと繋がったシーンなんだけど、注目は「なんであの位置で本田がフリーでボール持てたの?」という事と「なんで岡崎ドフリーなの?」という事。



f:id:pal-9999:20110123231107j:image

このキャプからわかると思うんだけど、まず、香川にDFが三人引きつけられてしまい、ゴール前の本田がドフリーになってしまった。そこにパスがでちゃったんである。この場面での左サイドの攻防は結構たいしたもんで、あの位置でよく反転できるなぁ香川とか、なんで反転させてんだよ、体よせて反転潰せよカタールとか色々思うけど、本田があの位置でフリーでボール受けられたのは、香川にDFが三人引きつけられてしまったからである。


だが、ここでの最大の問題はそこではなくて、手前のSBの謎のポジショニングである。イノーハの謎ポジショニング決勝ゴールに匹敵する謎さである。あそこで、あいつは何を守っているんだという話である。ひょっとして落ちてる財布でも発見したんだろうか。財布が落ちてたならしょうがないけど。


本来、このSBは、最終ラインにいて、岡崎の横にいなきゃいけないんである。岡崎の横に、このSBがいれば、岡崎にボールがでた瞬間にゴールと岡崎の間に体を入れられたかもしれないんだけど。多分、地面に財布が落ちてたんだろう。本田あたりが財布落としといたんだよ。多分ね。そうでもないと、あそこで何してんだからわからない。


で、もう自棄になってるのが、岡崎をマークしてたCBである。前門の本田、後門の岡崎。俺ならしんでもこんなシチュエーションお断りだ。究極の選択である。本田に当たりにいかないと何されるかわからんし、岡崎のマーク外したら裏に飛び出されてジエンド。終わってる。ああ、すごい終わってるシチュエーション。これ全部、左SBのせいである。左SBがいりゃ、左SBに岡崎まかせれるのだが、この場合は終わってる。


f:id:pal-9999:20110123232216j:image

で、もちろん、本田は相手のCBを釣り出してから、岡崎へとループでパス。冷静に冷静に。フリーだしね。ここでは、香川も同じ事考えてて、相手のCBが空けたスペースに向かってスプリントしてたりするんだけど。でだけど、岡崎がループシュートうって、香川がごっつぁんゴール。香川初ゴールおめでとう。


で、なんだが、この左SBに関しては、南米あたりだったら、帰国時に射殺されかねない酷さである。ほんとーに何かんがえてたんだろう。



カタール戦二点目のシーン。

で二点目のシーンなんですが、イワマサさん、足下ぐずぐずとかいってすいません。


f:id:pal-9999:20110123215747j:image

これは、日本の二点目のシーンの最初のほうのキャプ。マーヤが退場くらって10人になった上にFK決められて、一点ビハインド。すいません、半分あきらめてました。で、なんだけど、このシーン、個人的には何も期待してなかったんである。というのも、最終ラインのボール回しから、イワマサがフリーで前むいてボールもてたわけだが、イワマサって、足下が下手くそって印象しかったし、なにより、日本の右サイドには攻撃組み立てれる奴がいないんである。岡崎あたりに下手なロングボール入れて相手ボールになるものとばかり思っていた。すいません。


f:id:pal-9999:20110123215748j:image

で、中央ちょい右あたりにボールが入るんだが、ここで奇跡的にも日本がマイボールに出来たんである。正直、拾えるとは思わなかった。


f:id:pal-9999:20110123215749j:image

そして次のシーン。香川が拾って日本のゲームメーカー遠藤へパス。そして、この瞬間に、まさに香川の特殊能力が発動するんである。ちょっと上で、同じ展開あったよね?後ろのサヒンにパスして、サヒンがDFを釣りだし、その後ろを狙って走り込んだ香川。


f:id:pal-9999:20110123215750j:image

ちょっとわかりにくいかもしれないので、動画でも確認して欲しいのだけれど、遠藤にボールを預けた瞬間に動き出す香川。そして、遠藤は、本田にボールを預ける。本田が前をむいてボールをもった瞬間に、本田に寄せてくるDF。

f:id:pal-9999:20110123220420j:image

こっちは上空図なんだけど、ポイントは、本田が前を向いてボールを持った事で、最終ラインのうち、一枚が前目にポジショニングを移動させた事である。最終ラインのDF一枚が釣り出された事によって、香川が狙い続けたスペースが生まれたんである。何度もいうけど、ゾーンディフェンスは、ボールホルダーにプレスがかかっていることが前提であり、DFは、ボールホルダーに当たりに行く性癖をもっている。この性癖を利用して釣り出せば、その後ろにスペースが生まれるのだ。一瞬だが。


これは、相手のDFラインが、ピラミッド型に変形しようとする、その一瞬の隙をついたスプリントで、ピラミッド型に変形しようとすれば、一瞬だが、△の中心から底辺にかけてスペースが生じてしまうのは避けられない。その一瞬を逃さず、走り込んでボールを受けることができれば、フリーで裏に抜け出すことができるのだ。香川がJ2で、そしてブンデスで散々繰り返している動きである。彼は、本当によくサッカーを知っている選手だと思う。この一瞬を逃さない。


f:id:pal-9999:20110123215751j:image

でもって、運も日本に味方した。本田のループパスを岡崎が受け取るんだけど、ファーストトラップで反転はできず、こぼれてしまう!だが、幸運にも走り込んできた香川の足下にボールが入るである。相手のDFは混乱していて、香川のマークが外れてしまった。

f:id:pal-9999:20110123215753j:image

そして、抜け出した香川。こうなっちまえばこっちのモンである。角度もないし、逆足だけど、香川は逆足のシュートが超上手い。バシッと決めて、日本は劇的な同点ゴールをあげた。運もあったけど、香川の動きは、やっぱり非凡。相手の最終ラインが変形した、その一瞬を逃さず、スペースに飛び出す。この感覚は非凡としかいいようがない。岡崎と香川は、この一瞬を逃さなかった。


日本の決勝ゴールのシーン

そして、最後の日本の決勝ゴールのシーンである。左サイドに流れた本田が長友のロングボールを無理矢理収めて中央へドリブル。しかし、この時、彼がボールをもっているのは右足。でもって、逆足でもってる本田にタックルかまして転ばすカタールDF。ファウルだろ?とか思ってたら流される。岡崎が次にシュートを打とうとするが、跳ね返される。香川が裏に走り込んでたんだが・・・。で、次に遠藤が拾って、中へのパスを狙うんだけど、体寄せられて潰される。これもファウルだろ?で、遠藤から長谷部にパスが入る。ところが、ここで主審が流しまくったせいで、香川が最高に得意な状況になっちゃったんである。


f:id:pal-9999:20110124001603j:image

何度でも繰り返すが、現在主流のゾーンディフェンスは、常にボールホルダーにプレスがかかっていることが前提であり、ボールに対してポジショニングを行う。ここで、長谷部にボールが入った事で、中央のDFのうち、一人が長谷部に当たりに行かざるをえなくなった。そのせいで、中央にどでかいスペースが生じてしまったんである。このスペースは埋めなければならない。というわけで、CBは前へ動く。


f:id:pal-9999:20110124001528j:image

そして、やっぱり、これは香川の得意のパターンなんである。ボールホルダーに対してポジショニングしようとするDF達。その瞬間に生じるわずかなスペースと時間。この瞬間をついて香川は相手のDFラインの裏へと飛び出すのが得意なんである。しかし、ここでは、長谷部のパスを褒めなければならない。あの弾丸みたいなパスのせいで、香川の後ろにいるSBは、香川の前に体を入れる事ができなかったのだ。パススピードが速すぎ、そして香川はあまりに、そのパスを上手にトラップしてしまった!とはいえ、このSBについては、「なんであそこで香川の前に体をいれてなかったんだ!香川をフリーにするなといっただろう!!」とかロッカールームで言われてるかもしんないけど。言われてたら可哀想。無理だって。


f:id:pal-9999:20110124001529j:image

神トラップから裏へ抜け出す香川。前にいこうとしてたCB二人の裏へのコースを取ったので、香川をマークしていたはずのSBはもうゴールと香川の間に体を入れられず、後ろからのタックルを試みるしかなかった。それもかわしちゃうんだから香川凄い。しかし、皆さんご存じの通り、GK交わした後に、どう考えてもPK即レッドなバックアタックをくらってこかされる香川。


f:id:pal-9999:20110124001530j:image

なんだけど、なんでそこにいる素人伊野波。アマチュアレベルのポジショニングでゴール前に飛び出してくる伊野波。まさか、日本でしばしば大問題化する異常に前目にポジショニングしがたるSBという謎種族が役に立つ日がくるとは。もう訳わかんねーよ。カードも出ないし。とにかく、何がなんだかよくわからないけれど、日本はこの決勝ゴールでカタールを下し、準決勝に進んだ訳である。


でもやっぱりウッチーは前目にポジショングしすぎると思う。


ついでに、キャプにつかった動画の紹介。


D


D



でなんだけど、日本代表はホントに攻撃面で成長してますよって話

今回の試合を見返してチェックしてみて気づいたんだけど、香川は、今日説明した動きを、前半2分ちょいあたりのシーンと、後半12分あたりのシーンでも行っていて、それ以前の試合よりも、ずっとスムーズに、こいつが行えるようになってきた。ザックが「このチームは成長している」って言ってるけど、これは本当だと思う。サウジ戦からカタール戦にかけて、ポゼッションしながら相手のDFラインの選手を釣り出して、その背後にすーっと香川や長谷部、長友、岡崎なんかが入っていく動きが出来るようになってきてて、明らかに成長している。数試合前に足下サッカーをしていたのが嘘のようである。もっとも前田だけ蚊帳の外なんだけど・・・・


ブルーノ・メツ監督コメント

「今日の試合は日本もカタールも非常によかった。優勝候補の日本に対して、我々は戦術的にも肉体的にもよく戦ったと思う。それなのに勝てなかったのはミスがあったからだ。日本のチームは攻撃面で非常によいものを持っている。ゴール前のラスト20メートルの場所ではベストチームだ。我々はフィジカルなプレーだったから、最後は疲れてしまった。日本の人に聞いたら分かると思うが、今日は日本にとって非常に難しい試合だったはずだ」


カタール代表のメツ監督「日本はゴール前ラスト20mではベストチーム」



まぁ、カタールの監督がこんな嬉しいコメントを残してくれたけど、ほんとに動きがよくなってきた。香川もドルトムントの時みたいなプレーができるようになってきたし、長谷部と岡崎も驚くようなパフォーマンスを見せていて、本当に頼もしい。というか、日本代表が、こんなに中央突破で点とれるチームになるとは思わなかった。ホントに進歩してるんである。中央突破が多いのは、バルサとかアーセナルだが、ポゼッションから中央突破ができるようになったのは本当に収穫だと思う。もっとも、ザックはサイドアタックが好きそうだし、あまり面白く無いかもしれないけれどw



課題は守備だけど

ところで、今回は、もうわかりやすいくらい日本の弱点をカタールがついてきていて、ボール取ったら、速攻で高さの足りない最終ラインにほうり込んでセバスチャンに競らせて、こぼれたボールをフィジカルごり押しで取りに行くというサッカーでした。高さとフィジカルコンタクトに不安がある日本はあいかーらず。カタールさん本当にありがとうございます。


つーかさ、韓国とオーストラリアは絶対この戦術で日本を潰しにくると思うんだけど、大丈夫な訳ないよね。あいつらロングボールサッカーはカタールより強いもんね。


というわけで、今のままの守備だと一点は絶対取られると思うんで、ザックなんとかしてください。といっても、もうどうしようもないんだけど。イワマサ先生に全部弾きかえしてもらうしかないのか。それとも攻撃陣が頑張って点をとるしかないのか。馬鹿ゲーになるけど。


そもそも4試合で11得点4失点とかイタリア人監督のチームじゃないやい。

rr 2011/01/24 06:44 >現在主流のゾーンディフェンスは、常にボールホルダーにプレスがかかっていることが
>前提であり、ボールに対してポジショニングを行う。

これしらない人って結構いるなってのはよく思います。

環 2011/01/24 12:02 ぬはー、勉強になります。めっちゃ嬉しー!

平ちゃん平ちゃん 2011/01/24 12:02 いわゆる「にわか」のサッカー“ファン”ですがw、香川の2点目のゴールのとき、香川から遠藤→本田にボールが回ったあと、香川が、どうして、岡崎とポジションが被る方向に走り出したのかが、疑問だったのですが、こちらの解説を拝見して、よく納得ができました。

ただ、理想的には、本田が遠藤からパスを受けた瞬間は、岡崎は本田からのパスを受けるふりをして左外側にポジションを開いていった方がよかったんでしょうか?

そして、岡崎が外側に開いたとき、岡崎のマーカーが岡崎をフリーにして開いたスペースを埋める方向に走れば、フリーの岡崎に本田からのパス。一方、岡崎にマーカーがついていっしょに外側に走れば、開いたままのスペースに香川が飛び込み、そこに本田からの香川へのパス。

(実際には、岡崎は逆にせっかくあいたスペースをマーカーを引き連れて埋めてしまうことになってしまったようですけど、、、岡崎が開いたスペースに入るのならダッシュでマーカーを振り切ってないといけなかったか?)

いずれせよ、「にわか」の自分にも分かりやすく興味深い解説、ありがとうございました。

kokorokokoro 2011/01/24 17:00 団体のサッカーでサイドバックやってるけど、あのカタールの左サイドバックはありえない、失点直前にすこし前に上がってる動きとか死に値する。

chighugchighug 2011/01/24 19:02 すばらしいー。コーフンしました。
好きです!ありがとうございました!

h 2011/01/24 19:33 性癖ワロタw
しかし大変わかりやすい。

h 2011/01/24 19:33 性癖ワロタw
しかし大変わかりやすい。

grmongrmon 2011/01/24 21:47 確かに守備は課題ですね。今野のカバーリングとかすばらしいんですが、ロングボール放り込まれるときびしい。ここは岩政に頑張ってもらうしかないですね。でも背の低いSBを狙ってくるから厳しいだろうな…韓国の攻撃が余り怖くないのが救いでしょうか。ただ今の代表には可能性が感じられるので頑張って欲しいです!

abab 2011/01/24 22:02 >ボールがサイドにあればカバーリングのラインを斜めに形成する
そんなわけなくね?

kanihachi_Dkanihachi_D 2011/01/24 23:12 ブログに初めてコメント書きます。
最高です。こんなにわかりやすい解説ないです。
感動です。

ケロロケロロ 2011/01/25 02:56 面白い記事でした。
でも1点だけ。日本の1点目のときに誰もケアせず財布を捜している16番はSBでは
なく、左SHです。SBと見てしまうと、どんだけ前目に位置取りしてんだよ!って
ことになってしまいますが、SHなので本田側に絞って来ていないのが問題ですね。
日本の左サイドから攻撃が展開されたので、DF全体が日本から見て左側にスライド
しています。岡崎を捨てて本田にアタックした19番が本当のSBです。
もちろん、あのシーンの16番は本当に意味不明な動きをしています。落ちていたのは
財布どころじゃないかもしれません。

tarashitarashi 2011/01/25 05:36 大変、わかりやすい解説、ありがとうございます。

yosyos 2011/01/25 12:21 1点目の指摘にある左SBですが、あれは左MFじゃないでしょうか。
メンバーの確認まではしてませんので確証はありませんが、
香川に引きずられてDFライン4枚とボランチ2枚は右に寄り、
右SBはラインより前に出て香川に当たろうとしており、
残る3枚(CB×2と左SB)で最終ラインを形成していて、
そこにのこのこと遅れて戻って来た左MFが
「あっやべっ」って思ってる場面ではないかと。

間違ってたら済みませんm(_ _)m

yos@連投失敬yos@連投失敬 2011/01/25 12:26 すみませんケロロさんが同内容の指摘されてましたね。
16番並みに見えてなかったようです(謝

springletspringlet 2011/01/25 13:07 確かにカガーが良い選手ですが、いかんせんミスが多いしスタミナがない。
ブンデスでも後半変えられる事が多いのはその為。
確かにそれを補ってあまりある才能は認めるけど、
加えて今後は10番を背負ったことによるプレッシャーが心配。
過去何人もの10番がそうだったように、広告塔に掲げられて、
ア○ィダスとマスゴミによる無意味な圧力で潰されてしまわないか。
敵は外にいない、日本の中にいる。

ohManKoohManKo 2011/01/25 14:29 香川がスタミナないとかイメージで語ってると思う
スポンサーが付くのは代表選手にとって当然のこと
それくらいの圧力で潰されるようじゃ海外でやってないよ

MMMMMM 2011/01/25 21:02 大変わかりやすい解説ありがとうございます。
なかなか戦術面できちんと解説したものはウェブ上に見当たらないので。

おはぎおはぎ 2011/01/26 02:18 とてもわかりやすく面白い記事だったので、
参照させていただきました。
ご指摘があれば削除するのでよろしくおねがいします。

雅 2011/01/26 05:46 すこい面白くて分かりやすい記事でした!

buu*buu* 2011/01/27 13:17 ほぼ全面的に「そうだよなー」と思うのですが、2点目については「角度もないし、逆足だけど、香川は逆足のシュートが超上手い。」で済ませず、もっと褒めてあげてください(笑)。あの状況から決められる選手って、今までの日本にはほとんどいなかったと思います。

LeftyLefty 2011/03/05 06:25 遅ればせながら、記事を読ませていただきました。

カタール戦の決勝点に繋がった、長谷部→香川のパス。
あのパススピード・正確なトラップが、
欧州一流リーグのレギュラーレベルなんだろなと
ふと思ったシーンでした。

akanpooiakanpooi 2014/01/09 15:40 淫インモラル:http://www.allkanpou.com/product/immoral.html
妖姫:http://www.allkanpou.com/product/youhi.html
威哥王:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A8%81%E5%93%A5%E7%8E%8B.html
紅蜘蛛:http://www.allkanpou.com/product/%E7%B4%85%E8%9C%98%E8%9B%9B.html
インモラル:http://www.allkanpou.com/product/immoral.html
花痴:http://www.allkanpou.com/product/%E8%8A%B1%E7%97%B4.html
巨人倍増:http://www.allkanpou.com/product/%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E5%80%8D%E5%A2%97.html
D10催情剤:http://www.allkanpou.com/product/D10.html
RU486:http://www.allkanpou.com/product/RU486.html
VigRx:http://www.allkanpou.com/product/VigRx.html
中絶薬:http://www.allkanpou.com/pills/%E9%81%BF%E5%A6%8A%E4%B8%AD%E7%B5%B6.html
D8 催情剤:http://www.allkanpou.com/product/SpanishFliegeD8.html
FLY D5:http://www.allkanpou.com/product/%E8%92%BC%E8%9D%BF%E6%B0%B4.html
D5原液:http://www.allkanpou.com/product/%E8%92%BC%E8%9D%BF%E6%B0%B45.html
リドスプレー:http://www.allkanpou.com/product/LIDOSPRAY.html
悦可亭:http://www.allkanpou.com/product/%E6%82%A6%E5%8F%AF%E4%BA%AD.html
中華牛鞭:http://www.allkanpou.com/product/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E7%89%9B%E9%9E%AD.html
夜狼神:http://www.allkanpou.com/product/yelangshen.html
蔵秘男宝:http://www.allkanpou.com/product/%E8%97%8F%E7%A7%98%E7%94%B7%E5%AE%9D.html
アフリカ超人:http://www.allkanpou.com/product/chaoren.html
性霸2000:http://www.allkanpou.com/product/Xing%E9%9C%B8.html
止血薬 カルバゾクロム錠:http://www.allkanpou.com/product/zhixueyao.html
セフラジン:http://www.allkanpou.com/product/kangshengwuzhi.html
蔵秘雄精:http://www.allkanpou.com/product/%E8%94%B5%E7%A7%98%E9%9B%84%E7%B2%BE.html
徳国黒金:http://www.allkanpou.com/product/%E5%BE%B3%E5%9B%BD%E9%BB%92%E9%87%91BLACKGOLD.html
女性用バイアグラ:http://www.allkanpou.com/product/nvweige.html
蒼蝿水:http://www.allkanpou.com/product/%E8%92%BC%E8%9D%BF%E6%B0%B4.html
花之欲:http://www.allkanpou.com/product/%E8%8A%B1%E4%B9%8B%E6%AC%B2.html
美人豹:http://www.allkanpou.com/product/%E7%BE%8E%E4%BA%BA%E8%B1%B9.html
妻之友:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A6%BB%E4%B9%8B%E5%8F%8B.html
催情丹:http://www.allkanpou.com/product/cuiqingj.html
VVK:http://www.allkanpou.com/product/Wenickman.html
Wenickman:http://www.allkanpou.com/product/Wenickman.html
絶對高潮:http://www.allkanpou.com/product/%E7%B5%B6%E5%B0%8D%E9%AB%98%E6%BD%AE.html
蟻王:http://www.allkanpou.com/product/%E3%82%A2%E3%83%AA%E7%8E%8B%E8%9F%BB%E7%8E%8B,ANTKING.html
アリ王:http://www.allkanpou.com/product/%E3%82%A2%E3%83%AA%E7%8E%8B%E8%9F%BB%E7%8E%8B,ANTKING.html
牛黄清心丸:http://www.allkanpou.com/product/%E7%89%9B%E9%BB%84%E6%B8%85%E5%BF%83%E4%B8%B8.html
999 神油:http://www.allkanpou.com/product/99%E7%A5%9E%E6%B2%B9.html
好漢哥:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A5%BD%E6%BC%A2%E5%93%A5.html
力多精:http://www.allkanpou.com/product/%E5%8A%9B%E5%A4%9A%E7%B2%BE.html
奇果:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A5%87%E6%9E%9C.html
夜夜堅:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A4%9C%E5%A4%9C%E5%A0%85.html
MaxMan:http://www.allkanpou.com/product/MaxMan.html
Xing霸:http://www.allkanpou.com/product/Xing%E9%9C%B8.html
鄢色風暴:http://www.allkanpou.com/product/%E9%BB%91%E8%89%B2%E9%A2%A8%E6%9A%B4.html
中華牛鞭:http://www.allkanpou.com/product/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E7%89%9B%E9%9E%AD.html
消渇丸:http://www.allkanpou.com/product/%E6%B6%88%E6%B8%87%E4%B8%B8.html
男根増長素:http://www.allkanpou.com/product/ngzzw.html
男露888:http://www.allkanpou.com/product/%E7%94%B7%E9%9C%B2888.html
黒倍王:http://www.allkanpou.com/product/%E9%BB%92%E5%80%8D%E7%8E%8B.html
蔵八宝:http://www.allkanpou.com/product/%E8%94%B5%E5%85%AB%E5%AE%9D.html
魔根:http://www.allkanpou.com/product/%E9%AD%94%E6%A0%B9%E9%87%91%E4%B8%AD%E8%8D%89.html
頂点3000:http://www.allkanpou.com/product/CROWN3000.html
鹿茸腎宝:http://www.allkanpou.com/product/%E9%B9%BF%E8%8C%B8%E8%85%8E%E5%AE%9D.html
モチベーター:http://www.allkanpou.com/product/Motivat.html
勃動力三體牛鞭:http://www.allkanpou.com/product/%E4%B8%89%E4%BD%93%E7%89%9B%E9%9E%AD.html
日本秀身堂:http://www.allkanpou.com/product/%E7%A7%80%E8%BA%AB%E5%A0%82%E6%95%91%E6%80%A5%E7%AE%B1.html
韓国痩身一号:http://www.allkanpou.com/product/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%97%A9%E8%BA%AB%E4%B8%80%E5%8F%B75.html
御秀堂:http://www.allkanpou.com/product/%E5%BE%A1%E7%A7%80%E5%A0%82%E9%A4%8A%E9%A1%94%E7%97%A9%E8%BA%AB48.html
終極痩身:http://www.allkanpou.com/product/zhongjishoushen.html
中絶 薬:http://www.allkanpou.com/pills/%E9%81%BF%E5%A6%8A%E4%B8%AD%E7%B5%B6.html
D10媚薬:http://www.allkanpou.com/product/D10.html
D10:http://www.allkanpou.com/product/D10.html
立挺90度:http://www.allkanpou.com/product/%E7%AB%8B%E6%8C%BA90%E5%BA%A6.html
藏秘男宝:http://www.allkanpou.com/product/%E8%97%8F%E7%A7%98%E7%94%B7%E5%AE%9D.html
金動力:http://www.allkanpou.com/product/jingdong.html
蟻力神:http://www.allkanpou.com/product/%E8%9F%BB%E5%8A%9B%E7%A5%9E.html
三便宝:http://www.allkanpou.com/product/%E4%B8%89%E4%BE%BF%E5%AE%9D.html
狼1号:http://www.allkanpou.com/product/%E7%8B%BC1%E5%8F%B7.html
狼一号:http://www.allkanpou.com/product/%E7%8B%BC1%E5%8F%B7.html
金博郎:http://www.allkanpou.com/product/JinBoLang.html
五便宝:http://www.allkanpou.com/product/%E4%BA%94%E4%BE%BF%E5%AE%9D.html
男宝:http://www.allkanpou.com/product/%E7%94%B7%E5%AE%9D.html
九鞭粒:http://www.allkanpou.com/product/jiubianli.html
法国性奴:http://www.allkanpou.com/product/fagou.html
西班牙蒼蝿水:http://www.allkanpou.com/product/%E8%92%BC%E8%9D%BF%E6%B0%B42.html
三鞭粒:http://www.allkanpou.com/product/weige.html
新一粒神:http://www.allkanpou.com/product/%E6%96%B0%E4%B8%80%E7%B2%92%E7%A5%9E.html
福源春:http://www.allkanpou.com/product/%E7%A6%8F%E6%BA%90%E6%98%A5.html
魔鬼天使性欲粉:http://www.allkanpou.com/product/%E9%AD%94%E9%AC%BC%E5%A4%A9%E4%BD%BF.html
VOV催情液:http://www.allkanpou.com/product/VOV%E5%82%AC%E6%83%85%E6%B6%B2.html
VOV催情粉:http://www.allkanpou.com/product/VOV.html
壮天根:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A3%AE%E5%A4%A9%E6%A0%B9.html
三體牛鞭:http://www.allkanpou.com/product/%E4%B8%89%E4%BD%93%E7%89%9B%E9%9E%AD.html
レディーチャイナ:http://www.allkanpou.com/product/%E8%92%BC%E8%9D%BF%E6%B0%B45.html
ハナチ:http://www.allkanpou.com/product/%E8%8A%B1%E7%97%B4.html
vigrxプラス:http://www.allkanpou.com/product/VigRx.html
SEX DROPS:http://www.allkanpou.com/product/SpanishFliegeD8.html
小情人:http://www.allkanpou.com/product/sex-drops.html
潤滑剤:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E6%BD%A4%E6%BB%91%E5%89%A4.html
大印象ダイエット茶:http://www.allkanpou.com/product/dayinxiang.html
超級脂肪燃焼弾:http://www.allkanpou.com/product/NEWSUPERFATBURNIN.html
天天素:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A4%A9%E5%A4%A9%E7%B4%A0.html
韓国痩身1号:http://www.allkanpou.com/product/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%97%A9%E8%BA%AB%E4%B8%80%E5%8F%B710.html
痩身一号:http://www.allkanpou.com/product/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%97%A9%E8%BA%AB%E4%B8%80%E5%8F%B7.html
痩身1号:http://www.allkanpou.com/product/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%97%A9%E8%BA%AB%E4%B8%80%E5%8F%B72.html
V26:http://www.allkanpou.com/product/verl.html
即効ダイエット薬:http://www.allkanpou.com/daietto/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88.html
ダイエット:http://www.allkanpou.com/daietto/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88.html
片仔廣:http://www.allkanpou.com/product/%E7%89%87%E4%BB%94%E5%BB%A3.html
安宮牛黄丸:http://www.allkanpou.com/product/%E5%AE%89%E5%AE%AE%E7%89%9B%E9%BB%84%E4%B8%B8.html
碧生源減肥:http://www.allkanpou.com/product/bishengyuan.html
同仁堂牛黄清心丸:http://www.allkanpou.com/product/%E7%89%9B%E9%BB%84%E6%B8%85%E5%BF%83%E4%B8%B82.html
999皮炎平軟膏:http://www.allkanpou.com/product/999%E7%9A%AE%E7%82%8E%E5%B9%B3.html
同仁烏鶏白鳳丸:http://www.allkanpou.com/product/%E7%83%8F%E9%B6%8F%E7%99%BD%E9%B3%B3%E4%B8%B8.html
婦科千金片:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A9%A6%E7%A7%91%E5%8D%83%E9%87%91%E7%89%87.html
悦可亭:http://www.allkanpou.com/product/%E6%82%A6%E5%8F%AF%E4%BA%AD.html
維尼好(WeiNiHao)泡沫消毒液(摩絲型):http://www.allkanpou.com/product/%E7%B6%AD%E5%B0%BC%E5%A5%BD%E6%B6%88%E6%AF%92%E6%B6%B2.html
司米安(事後緊急避妊薬):http://www.allkanpou.com/product/%E5%8F%B8%E7%B1%B3%E5%AE%89.html
達克寧:http://www.allkanpou.com/product/%E9%81%94%E5%85%8B%E5%AF%A7.html
毓亭緊急避妊薬:http://www.allkanpou.com/product/%E6%AF%93%E4%BA%AD%E7%B7%8A%E6%80%A5%E9%81%BF%E5%A6%8A%E8%96%AC.html
縮陰膏(超級潤滑剤):http://www.allkanpou.com/product/%E7%B8%AE%E9%99%B0%E8%86%8F.html
新顕臣粉刺浄:http://www.allkanpou.com/product/%E6%96%B0%E9%A1%95%E8%87%A3%E7%B2%89%E5%88%BA%E6%B5%84.html
精力剤:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E7%B2%BE%E5%8A%9B%E5%89%A4.html
へんしこう:http://www.allkanpou.com/product/%E7%89%87%E4%BB%94%E5%BB%A3.html
漢方薬:http://www.allkanpou.com/kanpouyaku/%E6%BC%A2%E6%96%B9%E8%96%AC.html
ed治療薬:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/ED%E6%B2%BB%E7%99%82.html
勃起不全:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E5%8B%83%E8%B5%B7%E4%B8%8D%E5%85%A8%E8%96%AC.html
勃起障害:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E5%8B%83%E8%B5%B7%E4%B8%8D%E5%85%A8%E8%96%AC.html
勃起改善:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E5%8B%83%E8%B5%B7%E4%B8%8D%E5%85%A8%E8%96%AC.html
ペニス増大:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E6%80%A7%E5%99%A8%E5%A2%97%E5%A4%A7.html
早漏防止薬:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E6%97%A9%E6%BC%8F%E9%98%B2%E6%AD%A2.html
ED治療:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E6%97%A9%E6%BC%8F%E9%98%B2%E6%AD%A2.html
ED改善:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E6%97%A9%E6%BC%8F%E9%98%B2%E6%AD%A2.html
媚薬:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%AA%9A%E8%96%AC.html
リキッド媚薬:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%94%B9%E5%96%84.html
粉劑媚薬:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%94%B9%E5%96%84.html
催情粉:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%94%B9%E5%96%84.html
催淫剤:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
催情剤:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%82%AC%E6%B7%AB.html

淫インモラル:http://www.allkanpou.com/product/immoral.html
インモラル:http://www.allkanpou.com/product/immoral.html
妖姫:http://www.allkanpou.com/product/youhi.html
巨人倍増:http://www.allkanpou.com/product/%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E5%80%8D%E5%A2%97.html
威哥王:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A8%81%E5%93%A5%E7%8E%8B.html
紅蜘蛛:http://www.allkanpou.com/product/%E7%B4%85%E8%9C%98%E8%9B%9B.html
D10媚薬:http://www.allkanpou.com/product/D10.html
D10催情剤:http://www.allkanpou.com/product/D10.html
花痴:http://www.allkanpou.com/product/%E8%8A%B1%E7%97%B4.html
妖姫 効果:http://www.allkanpou.com/product/youhi.html
妖姫 販売:http://www.allkanpou.com/product/youhi.html
媚薬 妖姫:http://www.allkanpou.com/product/youhi.html
淫インモラル 販売:http://www.allkanpou.com/product/immoral.html
インモラル 販売:http://www.allkanpou.com/product/immoral.html
媚薬 淫イン モラル:http://www.allkanpou.com/product/immoral.html
媚薬 イン モラル:http://www.allkanpou.com/product/immoral.html
紅蜘蛛:http://www.allkanpou.com/product/%E7%B4%85%E8%9C%98%E8%9B%9B.html
ベニクモ:http://www.allkanpou.com/product/%E7%B4%85%E8%9C%98%E8%9B%9B.html
紅蜘蛛液体:http://www.allkanpou.com/product/%E7%B4%85%E8%9C%98%E8%9B%9B.html
紅蜘蛛 通販:http://www.allkanpou.com/product/%E7%B4%85%E8%9C%98%E8%9B%9B.html
紅蜘蛛 激安:http://www.allkanpou.com/product/%E7%B4%85%E8%9C%98%E8%9B%9B.html
紅蜘蛛 媚薬:http://www.allkanpou.com/product/%E7%B4%85%E8%9C%98%E8%9B%9B30.html
紅蜘蛛 販売店:http://www.allkanpou.com/product/%E7%B4%85%E8%9C%98%E8%9B%9B30.html
vigrx 効果:http://www.allkanpou.com/product/VigRx.html
vigrxプラス:http://www.allkanpou.com/product/VigRx.html
ru486 通販:http://www.allkanpou.com/product/RU486.html
RU486中絶薬:http://www.allkanpou.com/pills/%E9%81%BF%E5%A6%8A%E4%B8%AD%E7%B5%B6.html
ru486 販売:http://www.allkanpou.com/product/RU486.html
ru486 個人輸入:http://www.allkanpou.com/product/RU486.html
中絶薬 通販:http://www.allkanpou.com/pills/%E9%81%BF%E5%A6%8A%E4%B8%AD%E7%B5%B6.html
中絶薬激安:http://www.allkanpou.com/pills/%E9%81%BF%E5%A6%8A%E4%B8%AD%E7%B5%B6.html
威哥王 正規品:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A8%81%E5%93%A5%E7%8E%8B.html
威哥王販売:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A8%81%E5%93%A5%E7%8E%8B.html
イカオウ:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A8%81%E5%93%A5%E7%8E%8B.html
ウェイカワ:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A8%81%E5%93%A5%E7%8E%8B.html
キョジンバイゾウ:http://www.allkanpou.com/product/%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E5%80%8D%E5%A2%97%E6%9E%B8.html
巨人倍増 正規品:http://www.allkanpou.com/product/%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E5%80%8D%E5%A2%97%E6%9E%B8.html
巨人倍増 効果:http://www.allkanpou.com/product/%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E5%80%8D%E5%A2%97%E6%9E%B8.html
巨人倍増カプセル:http://www.allkanpou.com/product/%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E5%80%8D%E5%A2%97.html
巨人倍増 販売:http://www.allkanpou.com/product/%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E5%80%8D%E5%A2%97.html
巨人倍増 通販:http://www.allkanpou.com/product/%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E5%80%8D%E5%A2%97.html
巨人倍増 激安:http://www.allkanpou.com/product/%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E5%80%8D%E5%A2%97.html
三便宝カプセル:http://www.allkanpou.com/product/%E4%B8%89%E4%BE%BF%E5%AE%9D.html
三便宝販売:http://www.allkanpou.com/product/%E4%B8%89%E4%BE%BF%E5%AE%9D8.html
三便宝 激安:http://www.allkanpou.com/product/%E4%B8%89%E4%BE%BF%E5%AE%9D8.html
さんべんぼう:http://www.allkanpou.com/product/%E4%B8%89%E4%BE%BF%E5%AE%9D8.html
五便宝カプセル:http://www.allkanpou.com/product/%E4%BA%94%E4%BE%BF%E5%AE%9D.html
五便宝 通販:http://www.allkanpou.com/product/%E4%BA%94%E4%BE%BF%E5%AE%9D.html
ナンパオ:http://www.allkanpou.com/product/%E7%94%B7%E5%AE%9D.html
しんいちつぶしん:http://www.allkanpou.com/product/%E6%96%B0%E4%B8%80%E7%B2%92%E7%A5%9E.html
美人豹:http://www.allkanpou.com/product/%E7%BE%8E%E4%BA%BA%E8%B1%B95.html
花之欲:http://www.allkanpou.com/product/%E8%8A%B1%E4%B9%8B%E6%AC%B25.html
蟻力神:http://www.allkanpou.com/product/%E8%9F%BB%E5%8A%9B%E7%A5%9E1.html
イーリーシン:http://www.allkanpou.com/product/%E8%9F%BB%E5%8A%9B%E7%A5%9E1.html
媚薬カプセル:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%AA%9A%E8%96%AC%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
絶對高潮カプセル:http://www.allkanpou.com/product/%E7%B5%B6%E5%B0%8D%E9%AB%98%E6%BD%AE6.html
中絶薬 通販:http://www.allkanpou.com/pills/%E9%81%BF%E5%A6%8A%E4%B8%AD%E7%B5%B6.html
中絶薬激安:http://www.allkanpou.com/pills/%E9%81%BF%E5%A6%8A%E4%B8%AD%E7%B5%B6.html
勃動力三體牛鞭:http://www.allkanpou.com/product/%E4%B8%89%E4%BD%93%E7%89%9B%E9%9E%AD.html
勃動力三体牛鞭:http://www.allkanpou.com/product/%E4%B8%89%E4%BD%93%E7%89%9B%E9%9E%AD.html
消渇丸 輸入:http://www.allkanpou.com/product/%E6%B6%88%E6%B8%87%E4%B8%B8.html
巨根カプセル:http://www.allkanpou.com/product/%E5%B7%A8%E6%A0%B9.html
福源春カプセル:http://www.allkanpou.com/product/%E7%A6%8F%E6%BA%90%E6%98%A52.html
プロコミルスプレー:http://www.allkanpou.com/product/procomilspray.html
ペニス増大:http://www.allkanpou.com/product/Wenickman.html
ペニス増大カプセル:http://www.allkanpou.com/product/Wenickman.html
日本秀身堂:http://www.allkanpou.com/product/%E7%A7%80%E8%BA%AB%E5%A0%82%E6%95%91%E6%80%A5%E7%AE%B1.html
日本秀身堂救急箱:http://www.allkanpou.com/product/%E7%A7%80%E8%BA%AB%E5%A0%82%E6%95%91%E6%80%A5%E7%AE%B1.html
大印象ダイエット茶:http://www.allkanpou.com/product/dayinxiang.html
御秀堂:http://www.allkanpou.com/product/%E5%BE%A1%E7%A7%80%E5%A0%82%E9%A4%8A%E9%A1%94%E7%97%A9%E8%BA%AB48.html
ダイエット薬:http://www.allkanpou.com/daietto/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88.html
即効ダイエット薬:http://www.allkanpou.com/daietto/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88.html
ダイエット:http://www.allkanpou.com/daietto/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88.html
天天素:http://www.allkanpou.com/product/%E5%A4%A9%E5%A4%A9%E7%B4%A0.html
v26 効果:http://www.allkanpou.com/product/verl.html
V26:http://www.allkanpou.com/product/verl.html
v26 カプセル:http://www.allkanpou.com/product/verl.html
v26 薬:http://www.allkanpou.com/product/verl.html
v26 ダイエット:http://www.allkanpou.com/product/verl.html
終極痩身:http://www.allkanpou.com/product/zhongjishoushen.html
終極痩身カプセル:http://www.allkanpou.com/product/zhongjishoushen.html
超級脂肪燃焼弾:http://www.allkanpou.com/product/NEWSUPERFATBURNIN.html
SUPER FAT BURNING:http://www.allkanpou.com/product/NEWSUPERFATBURNIN.html
NEWFATBURNERS:http://www.allkanpou.com/product/NEWSUPERFATBURNIN.html
FAT BURNING:http://www.allkanpou.com/product/FATBURNING.html
韓国痩身一号:http://www.allkanpou.com/product/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%97%A9%E8%BA%AB%E4%B8%80%E5%8F%B75.html
韓国痩身1号:http://www.allkanpou.com/product/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%97%A9%E8%BA%AB%E4%B8%80%E5%8F%B710.html
痩身一号:http://www.allkanpou.com/product/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%97%A9%E8%BA%AB%E4%B8%80%E5%8F%B7.html
痩身1号:http://www.allkanpou.com/product/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%97%A9%E8%BA%AB%E4%B8%80%E5%8F%B72.html
D10媚薬 催情剤:http://www.allkanpou.com/product/D10.html
D8 媚薬:http://www.allkanpou.com/product/YohimbinumD8II.html
SPANISCHE FLIEGE:http://www.allkanpou.com/product/%E8%92%BC%E8%9D%BF%E6%B0%B4.html
D5原液:http://www.allkanpou.com/product/%E8%92%BC%E8%9D%BF%E6%B0%B45.html
d6 催情剤:http://www.allkanpou.com/product/SPANISCHEFLIEGED6.html
d9催情:http://www.allkanpou.com/product/SPANISCHEFLIEGED9.html
d9催情剤:http://www.allkanpou.com/product/SPANISCHEFLIEGED9.html
蟻王 効果:http://www.allkanpou.com/product/%E3%82%A2%E3%83%AA%E7%8E%8B%E8%9F%BB%E7%8E%8B,ANTKING.html
ANT KING:http://www.allkanpou.com/product/%E3%82%A2%E3%83%AA%E7%8E%8B%E8%9F%BB%E7%8E%8B,ANTKING.html
媚薬蟻王:http://www.allkanpou.com/product/%E3%82%A2%E3%83%AA%E7%8E%8B%E8%9F%BB%E7%8E%8B,ANTKING.html
西班牙昆虫粉:http://www.allkanpou.com/product/%E6%98%86%E8%99%AB%E7%B2%89.html
美人豹女性用口服液:http://www.allkanpou.com/product/%E7%BE%8E%E4%BA%BA%E8%B1%B95.html
セックス ドロップ:http://www.allkanpou.com/product/SEXDROPS5.html
潤滑ゼリー:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E6%BD%A4%E6%BB%91%E5%89%A4.html
女性用潤滑ゼリー:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E6%BD%A4%E6%BB%91%E5%89%A4.html
コンドーム販売:http://www.allkanpou.com/pills/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0.html
コンドーム激安:http://www.allkanpou.com/pills/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0.html
Deluxeコンドーム:http://www.allkanpou.com/pills/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0.html
避妊薬 ピル:http://www.allkanpou.com/pills/%E9%81%BF%E5%A6%8A%E8%96%AC.html
経口避妊薬:http://www.allkanpou.com/pills/%E7%B5%8C%E5%8F%A3%E9%81%BF%E5%A6%8A%E8%96%AC.html
避妊薬:http://www.allkanpou.com/pills/%E9%81%BF%E5%A6%8A%E8%96%AC.html
緊急避妊薬:http://www.allkanpou.com/pills/%E7%B7%8A%E6%80%A5%E9%81%BF%E5%A6%8A.html
事後避妊薬:http://www.allkanpou.com/pills/%E4%BA%8B%E5%BE%8C%E9%81%BF%E5%A6%8A%E8%96%AC.html
長効避妊:http://www.allkanpou.com/pills/%E9%95%B7%E5%8A%B9%E9%81%BF%E5%A6%8A.html
男性用避妊薬:http://www.allkanpou.com/pills/%E9%81%BF%E5%A6%8A%E8%96%AC.html
漢方精力剤:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E7%B2%BE%E5%8A%9B%E5%89%A4.html
ed治療薬 通販:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/ED%E6%B2%BB%E7%99%82.html
ed治療薬比較:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/ED%E6%B2%BB%E7%99%82.html
ed治療薬 効果:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/ED%E6%B2%BB%E7%99%82.html
勃起改善:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E5%8B%83%E8%B5%B7%E4%B8%8D%E5%85%A8%E8%96%AC.html
精力剤ランキング:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E7%B2%BE%E5%8A%9B%E5%89%A4.html
中国精力剤:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E7%B2%BE%E5%8A%9B%E5%89%A4.html
精力剤 漢方:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E7%B2%BE%E5%8A%9B%E5%89%A4.html
即効精力剤:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E7%B2%BE%E5%8A%9B%E5%89%A4.html
滋養強壮剤:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E6%BB%8B%E9%A4%8A%E5%BC%B7%E7%B2%BE.html
強精剤:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E5%A2%97%E5%BC%B7%E7%B2%BE%E5%8A%9B.html
即効性強精剤:http://www.allkanpou.com/seiryokuzai/%E5%A2%97%E5%BC%B7%E7%B2%BE%E5%8A%9B.html
漢方薬 通販:http://www.allkanpou.com/kanpouyaku/%E6%BC%A2%E6%96%B9%E8%96%AC.html
漢方薬:http://www.allkanpou.com/kanpouyaku/%E6%BC%A2%E6%96%B9%E8%96%AC.html
媚薬 激安:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%AA%9A%E8%96%AC.html
女性用媚薬:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%AA%9A%E8%96%AC.html
媚薬カプセル:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%AA%9A%E8%96%AC%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
媚薬 通販:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%AA%9A%E8%96%AC.html
媚薬 販売:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%AA%9A%E8%96%AC.html
女性用媚薬 ランキング:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%AA%9A%E8%96%AC.html
女性用精力剤:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%AA%9A%E8%96%AC.html
催情コーヒー:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
催情水:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
催淫剤:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
媚薬 効果:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
催淫通販:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%AA%9A%E8%96%AC%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
女性催情剤:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
催情粉:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%94%B9%E5%96%84.html
催情:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%94%B9%E5%96%84.html
催情丹:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%AA%9A%E8%96%AC%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
催淫:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%AA%9A%E8%96%AC%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
催淫薬:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%AA%9A%E8%96%AC%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
催淫カプセル:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%AA%9A%E8%96%AC%E5%82%AC%E6%B7%AB.html
催情剤:http://www.allkanpou.com/biyaku/%E5%82%AC%E6%B7%AB.html

akanpooiakanpooi 2014/01/09 15:42 紅蜘蛛:http://紅蜘蛛.akanpo.net/
紅蜘蛛:http://www.akanpo.net/product/111.html
D10催情剤:http://www.akanpo.net/product/315.html
威哥王:http://www.akanpo.net/product/299.html
淫インモラル:http://www.akanpo.net/product/477.html
インモラル:http://www.akanpo.net/product/477.html
妖姫:http://www.akanpo.net/product/476.html
巨人倍増:http://www.akanpo.net/product/36.html
花痴:http://www.akanpo.net/product/325.html
RU486:http://www.akanpo.net/product/232.html
VigRx:http://www.akanpo.net/product/451.html
D10媚薬:http://www.akanpo.net/product/315.html
D10:http://www.akanpo.net/product/315.html
D8 催情剤:http://www.akanpo.net/product/81.html
FLY D5:http://www.akanpo.net/product/102.html
D5原液:http://www.akanpo.net/product/102.html
セフラジン:http://www.akanpo.net/product/576.html
女性用バイアグラ:http://www.akanpo.net/product/579.html
蔵秘雄精:http://www.akanpo.net/product/571.html
徳国黒金:http://www.akanpo.net/product/577.html
アフリカ超人:http://www.akanpo.net/product/569.html
止血薬 カルバゾクロム錠:http://www.akanpo.net/product/575.html
夜狼神:http://www.akanpo.net/product/570.html
中華牛鞭:http://www.akanpo.net/product/134.html
悦可亭:http://www.akanpo.net/product/307.html
Xing霸:http://www.akanpo.net/product/309.html
鄢色風暴:http://www.akanpo.net/product/385.html
蒼蝿水:http://www.akanpo.net/product/103.html
美人豹:http://www.akanpo.net/product/223.html
花之欲:http://www.akanpo.net/product/128.html
催情丹:http://www.akanpo.net/product/443.html
中絶薬:http://www.akanpo.net/catalog/3.html
中絶 薬:http://www.akanpo.net/catalog/3.html
夜夜堅:http://www.akanpo.net/product/160.html
MaxMan:http://www.akanpo.net/product/459.html
リドスプレー:http://www.akanpo.net/product/53.html
黒倍王:http://www.akanpo.net/product/85.html
性霸2000:http://www.akanpo.net/product/309.html
男根増長素:http://www.akanpo.net/product/446.html
消渇丸:http://www.akanpo.net/product/169.html
VVK:http://www.akanpo.net/product/97.html
Wenickman:http://www.akanpo.net/product/284.html
モチベーター:http://www.akanpo.net/product/95.html
レディーチャイナ:http://www.akanpo.net/product/100.html
勃動力三體牛鞭:http://www.akanpo.net/product/413.html
蟻王:http://www.akanpo.net/product/59.html
アリ王:http://www.akanpo.net/product/59.html
中華牛鞭:http://www.akanpo.net/product/134.html
蔵秘男宝:http://www.akanpo.net/product/182.html
魔根:http://www.akanpo.net/product/87.html
男露888:http://www.akanpo.net/product/335.html
蔵八宝:http://www.akanpo.net/product/449.html
奇果:http://www.akanpo.net/product/401.html
力多精:http://www.akanpo.net/product/304.html
好漢哥:http://www.akanpo.net/product/463.html
頂点3000:http://www.akanpo.net/product/462.html
絶對高潮:http://www.akanpo.net/product/340.html
妻之友:http://www.akanpo.net/product/390.html
終極痩身:http://www.akanpo.net/product/434.html
日本秀身堂:http://www.akanpo.net/product/249.html
御秀堂:http://www.akanpo.net/product/150.html
韓国痩身一号:http://www.akanpo.net/product/208.html
壮三天:http://www.akanpo.net/product/458.html
壮天根:http://www.akanpo.net/product/93.html
狼1号:http://www.akanpo.net/product/92.html
狼一号:http://www.akanpo.net/product/92.html
五便宝:http://www.akanpo.net/product/381.html
三便宝:http://www.akanpo.net/product/233.html
男宝:http://www.akanpo.net/product/52.html
ビグレックス:http://www.akanpo.net/product/238.html
魔鬼天使性欲粉:http://www.akanpo.net/product/112.html
三鞭粒:http://www.akanpo.net/product/440.html
九鞭粒:http://www.akanpo.net/product/440.html
法国性奴:http://www.akanpo.net/product/438.html
鹿茸腎宝:http://www.akanpo.net/product/195.html
蟻力神:http://www.akanpo.net/product/154.html
vigrxプラス:http://www.akanpo.net/product/238.html
LIDO SPRAY:http://www.akanpo.net/product/53.html
金博郎:http://www.akanpo.net/product/418.html
立挺90度:http://www.akanpo.net/product/384.html
新一粒神:http://www.akanpo.net/product/448.html
金動力:http://www.akanpo.net/product/442.html
安宮牛黄丸:http://www.akanpo.net/product/235.html
碧生源減肥:http://www.akanpo.net/product/574.html
藏秘男宝:http://www.akanpo.net/product/182.html
強効痩:http://www.akanpo.net/product/174.html
天天素:http://www.akanpo.net/product/251.html
三體牛鞭:http://www.akanpo.net/product/91.html
三体牛鞭:http://www.akanpo.net/product/91.html
VOV催情液:http://www.akanpo.net/product/44.html
VOV催情粉:http://www.akanpo.net/product/46.html
福源春:http://www.akanpo.net/product/55.html
超級脂肪燃焼弾:http://www.akanpo.net/product/406.html
韓国痩身1号:http://www.akanpo.net/product/208.html
痩身一号:http://www.akanpo.net/product/210.html
痩身1号:http://www.akanpo.net/product/210.html
西班牙蒼蝿水:http://www.akanpo.net/product/314.html
SEX DROPS:http://www.akanpo.net/product/99.html
小情人:http://www.akanpo.net/product/81.html
潤滑剤:http://www.akanpo.net/product/328.html
コンドーム:http://www.akanpo.net/product/140.html
避妊薬:http://www.akanpo.net/product/282.html
スペイン セックス ドロップ:http://www.akanpo.net/product/100.html
V26:http://www.akanpo.net/product/445.html
唯美OB:http://www.akanpo.net/product/258.html
片仔廣:http://www.akanpo.net/product/190.html
へんしこう:http://www.akanpo.net/product/190.html
同仁堂牛黄清心丸:http://www.akanpo.net/product/336.html
牛黄清心丸:http://www.akanpo.net/product/286.html
999皮炎平軟膏:http://www.akanpo.net/product/345.html
婦科千金片:http://www.akanpo.net/product/175.html
悦可亭:http://www.akanpo.net/product/307.html
維尼好(WeiNiHao)泡沫消毒液(摩絲型):http://www.akanpo.net/product/217.html
司米安(事後緊急避妊薬):http://www.akanpo.net/product/391.html
達克寧:http://www.akanpo.net/product/177.html
毓亭緊急避妊薬:http://www.akanpo.net/product/147.html
縮陰膏(超級潤滑剤):http://www.akanpo.net/product/116.html
新顕臣粉刺浄:http://www.akanpo.net/product/39.html
漢方薬:http://www.akanpo.net/catalog/2.html
精力剤:http://www.akanpo.net/product/57.html
精力剤:http://www.akanpo.net
ED治療薬:http://www.akanpo.net/catalog/12.html
ペニス増大:http://www.akanpo.net/catalog/13.html
早漏防止薬:http://www.akanpo.net/catalog/14.html
勃起促進:http://www.akanpo.net/catalog/16.html
勃起不全:http://www.akanpo.net/catalog/16.html
勃起障害:http://www.akanpo.net/catalog/16.html
媚薬:http://www.akanpo.net/catalog/60.html
リキッド媚薬:http://www.akanpo.net/product/475.html
催情剤:http://www.akanpo.net/product/443.html
催情:http://www.akanpo.net/product/485.html
催情粉:http://www.akanpo.net/product/490.html
催淫剤:http://www.akanpo.net/catalog/63.html
ペニス増大:http://www.akanpo.net/catalog/13.html
巨人倍増 正規品:http://www.akanpo.net/product/36.html
巨人倍増 効果:http://www.akanpo.net/product/36.html
巨人倍増カプセル:http://www.akanpo.net/product/36.html
キョジンバイゾウ:http://www.akanpo.net/product/303.html
巨人倍増 販売:http://www.akanpo.net/product/36.html
巨人倍増 激安:http://www.akanpo.net/keyword/m08/20088501455.html
巨人倍増 通販:http://www.akanpo.net/product/36.html
イカオウ:http://www.akanpo.net/product/299.html
ウェイカワ:http://www.akanpo.net/product/299.html
威哥王 正規品:http://www.akanpo.net/product/299.html
威哥王販売:http://www.akanpo.net/product/299.html
ベニクモ:http://www.akanpo.net/product/111.html
紅蜘蛛 通販:http://www.akanpo.net/product/111.html
紅蜘蛛液体:http://www.akanpo.net/product/110.html
紅蜘蛛 激安:http://www.akanpo.net/product/110.html
紅蜘蛛 媚薬:http://紅蜘蛛.akanpo.net/
紅蜘蛛 販売店:http://www.akanpo.net/keyword/m08/20088501504.html
妖姫 効果:http://www.akanpo.net/product/476.html
妖姫 販売:http://www.akanpo.net/product/476.html
媚薬 妖姫:http://www.akanpo.net/product/476.html
妖姫 通販:http://www.akanpo.net/product/476.html
淫インモラル 販売:http://www.akanpo.net/product/477.html
インモラル 販売:http://www.akanpo.net/product/477.html
媚薬 淫イン モラル:http://www.akanpo.net/product/477.html
媚薬 インモラル:http://www.akanpo.net/product/477.html
三便宝カプセル:http://www.akanpo.net/product/383.html
三便宝販売:http://www.akanpo.net/product/383.html
三便宝 激安:http://www.akanpo.net/product/233.html
さんべんぼう:http://www.akanpo.net/product/383.html
五便宝カプセル:http://www.akanpo.net/product/381.html
五便宝 通販:http://www.akanpo.net/product/381.html
ナンパオ:http://www.akanpo.net/product/52.html
しんいちつぶしん:http://www.akanpo.net/product/448.html
蟻力神:http://www.akanpo.net/product/153.html
イーリーシン:http://www.akanpo.net/product/154.html
消渇丸 輸入:http://www.akanpo.net/tags/tag_172.html
巨根カプセル:http://www.akanpo.net/product/50.html
ペニス増大カプセル:http://www.akanpo.net/product/246.html
ハナチ:http://www.akanpo.net/product/109.html
SPANISCHE FLIEGE:http://www.akanpo.net/product/125.html
絶對高潮カプセル:http://www.akanpo.net/product/339.html
蒼蝿粉:http://www.akanpo.net/product/360.html
d6 催情剤:http://www.akanpo.net/product/114.html
d9催情:http://www.akanpo.net/product/124.html
d9催情剤:http://www.akanpo.net/product/124.html
D5 催情剤:http://www.akanpo.net/product/103.html
ダイエット薬:http://www.akanpo.net/product/14.html
即効ダイエット薬:http://www.akanpo.net/product/14.html
漢方ダイエット:http://www.akanpo.net/catalog/4.html
ダイエット:http://www.akanpo.net/catalog/4.html
v26 効果:http://www.akanpo.net/product/445.html
v26 カプセル:http://www.akanpo.net/product/445.html
v26 薬:http://www.akanpo.net/product/445.html
v26 ダイエット:http://www.akanpo.net/product/445.html
SPANISCHE FLIEGE:http://www.akanpo.net/product/125.html
SUPER FAT BURNING:http://www.akanpo.net/product/406.html
FAT BURNING:http://www.akanpo.net/product/407.html
終極痩身カプセル:http://www.akanpo.net/product/434.html
魔根金虫草カプセル:http://www.akanpo.net/product/66.html
蟻王 効果:http://www.akanpo.net/product/59.html
ANT KING:http://www.akanpo.net/product/156.html
媚薬蟻王:http://www.akanpo.net/product/59.html
西班牙昆虫粉:http://www.akanpo.net/product/351.html
セックス ドロップ:http://www.akanpo.net/product/100.html
福源春カプセル:http://www.akanpo.net/product/55.html
vigrx 効果:http://www.akanpo.net/product/451.html
コウカンカ:http://www.akanpo.net/product/299.html
プロコミルスプレー:http://www.akanpo.net/product/382.html
勃動力三體牛鞭:http://www.akanpo.net/product/91.html
勃動力三体牛鞭:http://www.akanpo.net/product/91.html
潤滑ゼリー:http://www.akanpo.net/product/356.html
女性用潤滑ゼリー:http://www.akanpo.net/product/356.html
Deluxeコンドーム:http://www.akanpo.net/product/140.html
コンドーム販売:http://www.akanpo.net/product/140.html
コンドーム激安:http://www.akanpo.net/product/140.html
RU486中絶薬:http://www.akanpo.net/product/232.html
中絶薬 通販:http://www.akanpo.net/catalog/3.html
中絶薬激安:http://www.akanpo.net/catalog/3.html
ru486 販売:http://www.akanpo.net/product/232.html
ru486 通販:http://www.akanpo.net/product/232.html
ru486 個人輸入:http://www.akanpo.net/product/232.html
避妊薬 ピル:http://www.akanpo.net/product/147.html
経口避妊薬:http://www.akanpo.net/product/282.html
緊急避妊薬:http://www.akanpo.net/product/305.html
事後避妊薬:http://www.akanpo.net/product/388.html
男性用避妊薬:http://www.akanpo.net/product/147.html
漢方精力剤:http://www.akanpo.net/
ed治療薬 通販:http://www.akanpo.net/catalog/12.html
ed治療薬比較:http://www.akanpo.net/catalog/12.html
ed治療薬 効果:http://www.akanpo.net/catalog/12.html
勃起改善:http://www.akanpo.net/catalog/16.html
精力剤ランキング:http://www.akanpo.net/catalog/1.html
中国精力剤:http://www.akanpo.net/
精力剤 漢方:http://www.akanpo.net/product/57.html
即効精力剤:http://www.akanpo.net/catalog/1.html
滋養強壮剤:http://www.akanpo.net/catalog/1.html
強精剤:http://www.akanpo.net/catalog/1.html
即効性強精剤:http://www.akanpo.net/catalog/1.html
漢方薬 通販:http://www.akanpo.net/catalog/2.html
漢方薬:http://www.akanpo.net/catalog/2.html
媚薬 激安:http://www.akanpo.net/catalog/60.html
女性用媚薬:http://www.akanpo.net/catalog/60.html
媚薬カプセル:http://www.akanpo.net/product/108.html
媚薬 通販:http://www.akanpo.net/catalog/60.html
媚薬 販売:http://www.akanpo.net/catalog/60.html
催情水:http://www.akanpo.net/product/162.html
女性催情剤:http://www.akanpo.net/product/362.html
催情薬:http://www.akanpo.net/catalog/63.html
催淫:http://www.akanpo.net/product/443.html
催淫通販:http://www.akanpo.net/product/339.html
催淫薬:http://www.akanpo.net/catalog/63.html
催淫カプセル:http://www.akanpo.net/product/339.html
媚薬 効果:http://www.akanpo.net/catalog/60.html
女性用媚薬 ランキング:http://www.akanpo.net/catalog/60.html
女性用精力剤:http://www.akanpo.net/catalog/60.html

2011-01-19

[]アジアカップ・グループステージの感想 アジアカップ・グループステージの感想を含むブックマーク

本日もサッカーの話。ちょっと時期を逸したかもしれないけれど、日本代表のアジアカップグループステージの感想である。実は、一試合ごとにやろうかと思ったけれど、サボっていてやらんかったので、一度に全部まとめて。


アジアの守備ブロック蟻地獄と日本

とりあえず、最初の試合についてはヨルダンの守備が良かった。アジアのレベルが上がってきてるなーと思った試合だった。どういう守備してたかというと、フォーメーションは4141。最近の流行のフォメで、日本代表がW杯でもやったアレである。


ちょっと寄り道するが、4141が流行りだした背景には、


 2ライン間で攻撃的プレーヤーが動きやすい4−2−3−1の有効性が認識されてくると、それを阻止するための策が本格的に検討されるようになる。すなわち、2センターハーフと2CBの間のバイタルエリアをいかにカバーするか。「ストップ・ザ・ファンタジスタ」の成否は、まさしくそこにかかっていた。

4−4−2から4−2−3−1へ。2センターから3センターへ

というattacking phaseさんの所の記事に詳しい。自陣で44の八枚で守備ブロックを作る守備方法は、現在、実力差があると厳しくなってきている。ぶっちゃけ、ダブルボランチだと中央を割られる可能性が高い。こいつは、2ライン間(センターバックとボランチの間のスペース)を使って相手を崩す戦術が高度化したのと、サッカー選手の質の変化によるもの。つまり、狭いスペースでパスを引き出して反転して前を向いてボールをさばける選手が増えてきたんである。こういう選手がトップ下として、44の守備ブロックを混乱に陥れた。中央のボランチ二人は、相手のボランチ二人を見ると同時に、トップ下のケアをするというのは結構難しい課題なんである。トップ下の選手がマークを外すのが上手い選手であったらなおさら困難になる。


こういったトップ下の戦術的有効性が明らかになるにつれて、メタゲームも進んだ。トップ下潰しの戦術である。この戦術は、2ライン間をコンパクトに保とうとするケースと、2ライン間にアンカーと呼ばれるプレーヤーを置いて、2ライン間のスペースそのものを潰させるケースが多い。4141とは、後者であり、アンカーを置くことで、2ライン間のスペースを消すことを狙っている。日本代表もW杯で、それを阿部にやらせたんだが。


で、ヨルダン戦の話にもどるけど、今回は、それを相手にやられた格好である。ヨルダンの守備方法について、ちょっと詳細に述べるけれど、まず中央にはボランチ三枚がいて、アンカーがトップ下のゾーンを消していた。


f:id:pal-9999:20110113215118j:image


図にも書き込んだけれど、ヨルダン戦序盤、長谷部と遠藤は、中央で数的不利に陥っていた。相手はアンカー入りのボランチ三人に対して、日本は遠藤と長谷部の二人。本来は、中央には本田もいるので、数的同数のはずなんだが、なぜか本田は妙に高い位置を取っていて、長谷部や遠藤と上手く絡めていなかった。というわけで、数的不利に陥り、中央で起点が全く作れない前半最初の日本であった。じゃあ、サイドはどうよ?って話になるんだけど、これも上手くいってなかった。


f:id:pal-9999:20110113215116j:image


これは日本のサイドの状況なんだけど、ヨルダンは、日本が左サイドにボールを入れると、即座に中央のボランチ一枚がサイドにスライドしてくる守備方法だったので、左サイドも数的不利な状況に陥っていた。


f:id:pal-9999:20110113215117j:image


こっちは右サイドの状況。とにかく、ヨルダンは、サイドにボールが入ると、ボランチが即スライドしてきて、サイドで数的優位を作っていた。このあたりは、非常によく組織されていた。ヨルダンは、「ボールは日本に持たせてやるけれど、守備の局面ではどこのゾーンでも数的優位を確保させてもらうよ」という守備だった。序盤は、ヨルダンのそういう守備に苦しめられて、日本はなかなか前で起点を作れなかった。4141でがっつり守ってくる相手は、そう簡単には崩せないので、これはしょうがない。


ちなみに、ヨルダンと日本との力量の違いは明白である。なんでかっていうと、ヨルダンは数的優位を確保しないと、守りきれないんである。前田がサイドに流れたり、本田が下がってきたりして、中央やサイドで数的同数を作られてしまうと、大概、日本が突破してしまう流れだった。数的同数だと絶対負けちゃうから、ポゼッションを放棄して数的優位を確保して戦うという戦術は、合理性があるのである。特に相手との力量の違いがはっきりしているケースでは。


そんなわけで、アジアでは、飛び抜けた実力をもっている日本に対して、日本がW杯でやったようなガチ守備戦術をやられるという展開にイライラがつのる初戦であった。


前線の並びの謎

とまあ、そういう流れで、前田がサイドに流れてサイドを助けたり、本田が下がってきて中盤を助けたりしながら攻撃のリズムを作り始める日本であったが、前四人がまるで機能していなかった。ここはザックを激しく問い詰めたい部分である。FWとトップ下の組み合わせがまずおかしい。というか、韓国戦で前田と本田の組み合わせは機能しなかったのにアジアカップでも固執する必要あるんだろうか。


4231で重要なのは、センターフォワードとトップ下の関係であり、FWがDFを背負ってプレー出来、ポストプレーに優れ、動き回ってスペースを作れるタイプならば、トップ下はスピードのあるシャドーストライカーとしての能力を求められる(ドルトムントの香川とバリオスの関係が典型)。トップ下が、ジダンやエジルのようにキープ力に優れ、チャンスメイク能力の高いタイプであれば、センターフォワードはスピードのある裏取りストライカー(アンリやロナウド、イグアインのような)が好ましい。


前田と本田を並べる事に疑問があるのは、基本的に二人とも裏への飛び出しが下手くそだからである。前線に近い二人が裏を取れないようだと、2ライン間にスペースがつくれず、中央で大渋滞が起こるのは目に見えているのだ。ザックは、守備の人選はオーソドックスだけど、攻撃の人選は謎のままである。というより、本田と前田の並びはマジやめてほしい。森本か岡崎なら本田のトップ下でおkだが、前田をCFで使うなら、香川か柏木のほうが良い。CFとトップ下が足を踏み合って、お互いの良さを殺しかねない。原監督代行の時は、FWに岡崎と森本で本田にあったオーソドックスなチョイスだったんだけど・・・・どうしてこうなった。


こういうお互いの足を踏み合ってしまうコンビとしては、イングランドのジェラードとランパードがあって、二人とも世界最高のセンターハーフで攻撃も守備も一級品なんだが中央に並べるとまるで機能しないんである。イングランドの監督にとって、ジェラードとランパードをどう共存させるか、それは頭の痛い問題で、解決策はみえたとは言えないまま、二人の時代は終わろうとしている。悲しいモンである。(本田と香川がそういう関係にならんと良いのだが・・・・)


ザックは、守備に関しては文句をつけたいとは思わないのだけれど、攻撃のほうは、相当に文句を言いたい部分がある。つーか、森本が手術なのがねぇ。まぁ、あれか。ザックとしては、4年後のW杯には、森本のワントップに本田のトップ下で行くつもりなのかね。だったら、ある意味しょうがないが。でも、本田のトップ下なら、ワントップは岡崎にしてお願いだから。中央に鈍足二人裏取り下手とかありえナス。


引いた相手から点を取る方法について

そこいらでネタにされている事ではあるが、この話題もここで。4141でガチ引きの相手から効率よく点を取る方法、それは簡単に言えば一つしかない。


セットプレーである。


はい、そこ、つまんねとかいわないように。でも、セットプレーが一番期待値高いんである。俊輔がアジアカップのたびに輝いた理由がここに。スペシャルなプレースキッカー+ヘディンガー+セットプレーの組み合わせが一番引いた相手から点を取るのに有効なんだから。


引いた相手は、ゴールに近い位置で激しい守備をしてくる。当然、ゴールに近い位置でFKもらえることは多くなるし、コーナーも取りやすい。そこで、精度の高いキックとヘディンガーがモノを言うんである。はっきりいって、4141で引いてきっちり守ってくる相手に流れの中から点を取るのは難しい。理想は、セットプレーから得点して、相手を穴から引きずり出した後に、カウンターで追加点を奪う方法である。


シリア戦、監督力の差

で、シリア戦の話にうつるけど、この試合は、相手の監督の力量の差が出たなという試合だった。選手の能力的には、シリアとヨルダンには、そんな差がないという感じだったけど、監督の力には明快な差があった。それは、シリアの守備方法がおかしかった事による。


具体的には、守備ブロックにおいて、ボランチの位置が低すぎるんである。中央に三枚置いてるのはヨルダンと同じだが、シリアのそれは、△でなく、フラットに並べていた。で、ボランチの3枚と最終ラインの間をおっそろしく狭くしていた。で、最終ラインの位置は低め。つまり狙いは、裏へのスペースと2ライン間のスペースを無くす事。その結果、何が起こったか?


ボランチが下がりすぎている為に遠藤にプレスをかけられず、遠藤がドフリーでボールをさばける状況が出現したんである


ちなみに、こいつで前田と香川は窒息死。2ライン間にスペースがないので、このスペースを上手く使いたい二人はしんでた。ただ、本田はサイドに流れたり、遠藤長谷部の位置まで下がって来る事で自由を謳歌していた。本田と遠藤、長谷部が目立つわけである。で、この三人に良いようにやられてシリアの前半は終了。相手の監督は遠藤舐めすぎである。あのポジションじゃ、遠藤はアジア最高の選手で、遠藤に自由にボールをさばかせたら、守備ブロック固めててもずったずったにされてしまう。そのくらいのゲームメイク能力がある選手である。長谷部のゴールでリードして前半を折り返す。


で、相手の監督も馬鹿じゃないから、後半から遠藤のケアを開始。新しく入った10番が遠藤に激しくプレッシャーをかけるように。遠藤が自由にパスを回せないと、守備ブロックを上手く崩せない日本。で、gdgdになってたら、意味不明のPKで追いつかれた上に川島退場で、最悪の状態に。


だったんだが、ここで、相手の監督が再び采配ミス。MFを一枚減らしてFWを増やしてきたんである。アホだ。おかげで、中盤で遠藤と長谷部が数的不利に陥ることなくプレー可能に。シリアの監督は数的同数なら中盤は問題ないとでも思ったんだろうか。日本の中盤力を舐めすぎである。悪いが、日本の中盤とシリアの中盤の差は明らかだ。案の定、遠藤と長谷部がむしろボールをさばきやすい状況になり、前線で良い動きをする本田と岡崎にボールがポンポン通ってしまう。本田と岡崎は、こういう状況で体張らせるとストロングポイントでまくりである。W杯思い出した。で、帳尻的に岡崎がPKをもらい、本田が決めてシリアを突き放した。この試合は、ヨルダンの監督とシリアの監督の能力の差がでた試合だと思う。ヨルダンの監督がシリアの指揮をとっていたら、日本は勝てなかったかもしれない。采配の差がでた。そんな試合だった。ちなみにザックの采配はフツー。本当にフツー。まぁ、自力で上回っているから、あんま特殊なことする必要もないんだけどね。


どうしてこうなったサウジアラビア

そして、最後に日本が大勝したサウジ戦。5−0という夢のスコアである。あまりの弱さにびっくりした。カウンター主体のチームの癖に、開始20分で3失点とかどうかしてる。日本は三点とった時点でペースダウン。怪我してもバカバカしいしね。


つーか、本当にサウジの守備は酷い。何が酷いって、形だけ44のブロックを作ってはいるんだが、二列目が飛び込んでいくと、誰もついていかない事があるという初期岡田Japanみたいな病状。ようするに、守備するフリだけしている。岡崎は確かに良かったが、あまりにサウジの守備が酷すぎて喜び半減という感じ。ボランチもサイドえぐらているのにサイド助けにいかない事があったし、どうなってるのアレ。酷い。ホントに酷い。


良かった点は、この試合、松井と本田という、足下ボールホルダーがいなかったので、パスがポンポン回った事。なんだやればできるじゃないかという感じである。柏木は、ブロックの中で受けてさばいて走り出すを繰り返してたが、こいつが良いリズムを生んでいた。本田も、もうちょいああいうプレー増やしてくれると助かるんだけどな。あんな感じでパス回されたら、サウジはプレスやる気も無くす罠。最初からやる気なかったのかもしれないけれど。


ただ、攻撃面では、序盤の二点がどっちも左サイド経由で、左サイドで組み立てて、中央や逆サイドに展開というパターンばっか。左サイドは香川がいるので、香川でタメを作って岡崎を裏に走らせたり、クロスあげたりばっかだったが、ああいう使い方されると、香川は点とれんだろうな。つか、岡崎は組み立てに参加するってタイプじゃないんで、右サイド起点がほとんどなくなっちまった。このあたりは、トップ下の選手が今後、ヘルプしていかないと駄目っぽい。ってか、中央と右サイドに起点をどうやって作るのか、現在、非常に心細い。左サイドは香川で作ってる状態だけど、右は松井がいなくなったしね・・・松井は得点能力はないが、サイドで起点にはなれる選手である。



日本の守備について

で、なんだが、サウジ、シリア、ヨルダンとやってきたわけだけど、最後まで、よくわかんなかったのは守備の出来である。なんせ、相手にボール持たせる事がなく、ほとんど日本がボール持ってる試合ばっかだったし。



日本の守備の問題点としては、


  • 4231の恒常的弱点であるボランチとCBの間に生じやすいスペースをどうするか
  • サイドバックの内田と長友に高さがないのでサイドにロングボールを入れられて起点を作られた場合にはどうするか
  • 左サイドを中心に流動化が進んでいるが、代償として守備力が低下している
  • CBに絶対的に高さがない。吉田は背は高いが空中戦の強さでは、中の上くらいである。

という感じなんだけど、さて、決勝トーナメントでどうなるかという感じ。カタールは引いて守ってくるだろうから、問題ないだろうが、韓国かオーストラリアとやるとこの欠点が大問題になる。まあ、楽しみにしてまってましょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20110119

2011-01-07

[]日本代表が目指すべきサッカーの話 日本代表が目指すべきサッカーの話を含むブックマーク

最初にあらかじめ言っときますが、うちらの代表は、こないだ、アルゼンチン代表に勝ったばっかりです。


 Jリーグにアジリティ(素早さ)に優れた選手が多いというのは、今に始まった評価ではないだろう。5メートル、15メートルの距離のスピードに関して、Jリーグは世界屈指のレベルにあるはずだ。高さが重視されるセンターバックは少々事情が異なるが、その他のポジションにおいては、少しばかり足が速いだけでは評価されないほど、スピードに恵まれた選手がごろごろいる。だが、一歩踏み込んで考えると、もしかしたらそういう選手たちの能力を生かしきれていないのではないかという疑問が湧いてくる。


Jの「スピード」は既に世界レベル!? 欧州組が教えてくれた日本人の長所。


で、色々思うところもあり、本日もサッカーの話を。


上記の奴は、サッカーライターの木崎さんの記事なんだけど、中身は、Jリーグのスピードとか、日本人サッカー選手のスピードの話なんだけど、「日本人がスピードがある」という評価については、これはマジの話。まぁ、他の本やら雑誌の特集なんかでも取り上げられる事があるけれども、サッカーにおいて重要なのは、0〜25メートルくらいまでの距離のスピードで、この距離では、日本人の肉体というのは、意外と有利だったりする。つまり、日本人は欧米系やアフリカ系と比較して背が低く胴長で短足なんだけど、こういう体というのは、短距離での加速が速いんである。30メートル以上のスピードになると、トップスピードの速さが重要なんで、日本人の体というのは逆に不利になるけど。


サッカーというのは、68m×105mのフィールド内部で行われる競技であり、アフリカ系が圧倒的に有利な100メートル以上の距離を全力で走る機会なんてまずない。それどころか50メートルの距離を全力で走る機会もそんなに無いんである。実際のところ、頻繁にスプリントするのは5〜30mまでの距離であって、この距離内であれば、日本人は加速力に優れているので、スピードで負けるってことはまずないんである。


ただ、スピードがあるだけで勝てるなら、それこそ陸上選手を連れて来てサッカー選手に改造すればいい。けど、それは上手くいった試しがない。


現実的な話をすると現在のサッカーでは、オフサイドトラップ、ゾーンディフェンス、プレッシングを組み合わせた守備方法が主流であり、守備においては、いかにこれを組織するか、攻撃においては、この三つをいかに打破するかが重要になる。そこで問題なのが、日本人のフィジカル(スピードを含む)で、これを打破するためには、どういう形が最も効率が良いかッて話になるんだけどね。


オフサイドトラップを破るのには、勿論、スピードが役に立つ。裏抜けが得意な選手は、日本人FWでも沢山おり、森本(カターニャ)、岡崎(清水)、平井(ガンバ大阪)、佐藤寿人サンフレッチェ広島)、香川(ドルトムント)、興梠(鹿島)と結構な逸材がいる。興梠なんかは、ものすっごい速くて、裏取りのスピードだけならワールドクラスである。彼は30M走で4秒切れる。こんな奴は世界でも滅多にいない。もっともシュート入らないけどね。


残念なのは、黄金世代の代表的なMF達、中田、中村俊輔、小野なんかは、裏に飛び出したり、最終ラインを突破しようとするプレースタイルの持ち主ではなかった事である。日本人の長所は超短距離でのスピードなのだから、そういうスタイルを磨いていれば、もっと良い選手になれたはずなのだが・・・彼らは、残念なことに、そういうプレースタイルの持ち主ではなかった。


日本人は超短距離のスプリントはとても速い。「よーいドン!」で勝負すれば、欧米系なんかの鈍重長身DFを簡単にぶっちぎれる。ただ、問題は、守備側はボールの受け手でなく、ボールの出し手を封殺してくるって事である。つまり、中盤で激しいプレッシングをかけることで、裏へのパスを出させない。また、コンパクトなゾーンディフェンスを敷く事で、スピードで一人かわされても、すぐに他のDFがカバーできるようにポジショニングしてくる。


そのため、モダンなサッカーでは、プレッシング回避のための戦術、コンパクトな守備ブロックを破壊するための戦術が重要になった。実は、岡田JapanがW杯前まで上手くいかなかったのは、この二つなんである。岡田前監督は、プレッシング回避のための数的優位を作り、コンパクトな守備ブロックを破壊するために、相手のブロックの中に入っていってボールを受けてさばいて走り出せる選手を求めていた。この二つが出来れば、スピード勝負に持ち込めるので、日本人に有利なのだ。

しかし、残念な事に、最後の最後で破綻してしまい、W杯では本田への放り込みサッカーになってしまったんである。


どんなに裏取りの上手いFWがいても、相手のプレス網をかいくぐってパスを出せないとチャンス自体が作れない。また、相手が陣地奥深く撤退して裏のスペースを消してきたら裏への飛び出しはたいした武器にはならない。


オフサイドトラップは、裏取りが上手な日本人FWなら、破ることはさほど難しくない。問題は、プレッシングをどうかいくぐるか、コンパクトな守備ブロックをどう崩すかなんである。この二つの課題をクリヤーしない限り、そう簡単には裏はとれないし、スピードも生きてこないのである。



オシムが語る日本人サッカー選手の特徴について


日本人のフィジカルの長所をサッカーに組み込もうとしたのは、やっぱりオシムの頃からで、こないだのnumber768号のオシムのインタビューから引用するけども、


―――あなたがジェフで実現し、また日本代表で実現しようとしたスタイルは、日本人の特徴に根ざすと言いながら、それまでのどの監督が実践したサッカーとも異なる独自のものでした。

「君がそう思うのは、それまでは日本人が自分たちの特徴を生かし切ってはいなかったからだ。俊敏さと機動力で日本人は優れている。細かい動き、狭いスペースでの曲線的な動きは、ヨーロッパやアフリカの選手にはない日本人独自のものだ。また、ヨーロッパ人に比べ、小さな体格がハンディキャップのように言われていたが、それも問題にはならない。たしかにフィジカルは、中長期的にレベルを上げていく必要はあるが」


―――大型ディフェンダーは、素早いスピードについていけないということですね。

「そうだ。狭いスペースでは、体の大きさが逆にハンディキャップになる。屈強なディフェンダーが、小柄な選手の動きを捕まえきれない。ゴール前では小さい事の優位が生きる」


―――そういう発想は、あなた以前にはなかたように思います。

「もともと日本人は、パスの能力やボールコントロールの技術は申し分ない。プレッシャーのかからない状況では、ヨーロッパのトップクラスと同等かそれ以上の技術を発揮する」


―――技術を実際の試合で、実践的なスキルにどう昇華していくか。そのための方法が、考えることであり、走ることであったわけですね

「他方で日本人は、自分たちにディシプリン(規律)があると思い込んでいたし、今も思っているが、私にはそこが大きな疑問だった。たしかに君たちは、礼儀正しいし目上の者の言葉に従順だ。だがそれは、サッカーで求められる戦術的ディシプリンとはまったく別の物だ。状況に応じて瞬時に判断し、的確に動く。それも労をおしむことなく。それが戦術的ディシプリンであり、ビッグクラブとごく平均的なクラブ、トップレベルとそうでない選手との違いを作り出しているのは、戦術的ディシプリンのみと言ってもいい」


―――それが日本人には欠いていると

「そうだ。日本人は走らないだろう」


―――走りの質が問題なのでしょうか。量的には十分に走っていると思いますが

「スプリントの回数が決して多くはない。相手のボールを後ろから追いかけるのは無駄走りであって、走ったうちには入らない。(中村)俊輔がいくら守備で相手を追いかけても、彼にもとめられているのはそんな事ではないだろう。彼や遠藤に求められているのは、パスを出した後に相手のバイタルエリアへと走っていくことだ。」


―――それがスプリントなのですね

「俊輔には優れた技術があって、違いを生み出せる。ただしフィジカル面で十分とは言えず、トップレベルではプレーの流れについていけないところがある。本人もそこはよくわかっているのだろう。だから、あまり危険に立ち向かおうとはしない。自分で立ち向かう代わりに、味方にパスを供給する。それが彼のやり方で、監督はその部分には介入できない。彼が自分自身で決めることだからだ。」


ってのがあるんだけど、オシムって人は、日本のサッカーに、「数的優位」という概念を持ち込んで、それと日本人のフィジカル的特徴などをベースにしてジェフのサッカーを作り上げた。オシムは、日本人の長所としてパスやボールコントロール、それからスピードを上げる事が多い。で、実際なんだが、海外にいった日本人選手も、テクニックに関しては、日本人のが優れているっていう人がおおい訳だ。香川なんかも、ドイツにいってから「スピードとテクニックでは日本のほうが上」的発言を繰り返しているし。


ブンデスの試合をみてると、確かに、テクニックは酷いのがいて、下位のチームだと、ゲームメークすら満足に出来てないチームまである。どことはいわんけど、ブンデスについては、上位チーム以外は、ゲームメーカーにロクなのがいないという感じだった。あんなレベルの選手しかいないなら、ケンゴと遠藤なら問題なくブンデスでやれるだろーと思うことがしばしばだった。まぁ、ドイツのゲームメーカー不在問題は別の話なので、それはいいとして。


サンフレッチェのサッカーと数的優位の話

数的優位のサッカーは、オシムの教え子でもあるペトロビッチ監督にも受け継がれているので、以下では、サンフレッチェ広島のサッカーのシステムの話をしながら解説していく。サンフレッチェのサッカーは、

1 最終ラインでのボール回しや個人技、CBの攻撃参加によって、中盤で数的優位、もしくは同数の形をつくる。

2 中盤での数的同数もしくは数的優位を築いた時点で、中盤にパスを送り、短時間でシュートまで持ち込む。

3 1の状況が生まれるまでは無理はしない


これは、非常に理詰めのサッカーで、中盤で数的優位を作れれば、中盤のどこかでフリーの選手が生まれているって事である。そのフリーの選手にボールが入った時、相手の最終ラインは下がるしかない。なぜなら、広島のエース、裏取りストライカー佐藤寿人が最前線にいて、裏を狙っているからだ。下がらないで対応しようとすると、裏へのパス一本で、寿人に得点されかねない。

しかし、最終ラインが下がってしまうと、ボランチとセンターバックの間にスペースが生まれてしまい、広島の2シャドーがボールを扱うスペースが生まれてしまう。

また、中盤のどこかの選手が、自分のマークを捨てて、フリーのボールホルダーに当たりにくるなら、そこでフリーになった選手にパスを通せばよい。


こういう形になっている。これは、中盤での数的優位を作る事で、相手の中盤のプレッシングをかいくぐろうとする戦略であり、これはサンフレッチェのサッカーや、オシムのサッカーの土台でもあった。こういったサッカーは、優れたテクニックと、スピード、走力、戦術理解力を必要としているんだけど、日本人のフィジカル特性を考えれば、妥当なサッカーである。


日本人の特徴にあったサッカーの話

で、なんだが、岡田Japanも、それをやろうとしていたのだが、Wカップ本番前に破綻してしまった。ただし、方向性は間違っていない。日本人のフィジカルの特徴を考えれば、中盤で数的優位を作ることによって、相手のプレス網をかいくぐる戦略のほうがマッチしているんである。


逆に、中盤を省略して、FWに向かってロングボールを蹴り込むことで、相手のプレス網をかいくぐろうとするサッカーは日本には向いていない。そういうサッカーは、FWの高さと強さ、中盤のルーズボールの競り合いの強さに依存するサッカーだからである。こいつは、スピードやテクニックより、パワーと高さが重要なサッカーなんで、パワーと高さで欧米やアフリカに劣る日本向けとは言えないんである。


皮肉な話だが、岡田Japanは、W杯前に、「中盤で数的優位をつくることによってプレス網を突破する」という理想を捨てざるを得なかった。で、採用したのが本田へのロングボール戦術である。まぁ、それで結果を残したんだから、それはそれでいいのだが、なんかあべこべな話にはなってしまった。


ちなみに、今年のJで躍進したセレッソは、ちょっとイレギュラーな守備方法を使う事で、中盤での数的優位を確保したサッカーをしている。簡単にいうと、CB二人がFWにマンマークで対応している。サッカーの守備のセオリーは最終ラインで一人余らせる方法で、1トップ相手には二人残り、2トップには3人が残る。ところが、セレッソは、2トップの相手には、CB二人がマンマークでつくだけ。そのため、相手がセオリー通りの守備をしていれば、中盤で数的優位が生じる。そこを起点にして攻めにでるのである。非常にリスキーだが、セレッソが守備崩壊しなかったのは、茂庭と上本のCB二人が、糞対人に強いからである。数的同数だと、彼らはJのFWには負けないのだ。


そしてザックのサッカーは、明らかにサイド重視。ザックの343は、サイドでの数的優位を作って起点とするサッカーで、ストッパー、サイドハーフ、ウィングの三人がサイドで数的優位を作る。また、守備においても、サイドに追い込んでボールを奪い、そこから素早くカウンターというサッカーで、とにかく、守備も攻撃もサイドからである。4231をどう組織するかは、まだわからないけれど、FWに前田、岡崎、李と横からのボールに強い選手が選ばれているので、サイドで数的優位を作り、サイドでボールを奪い、サイドから速いクロスを上げるのが、主な攻撃手段となるのは間違いないと思う。横からのボールに強いセンターフォワード、攻守の能力の高いSBとサイドハーフが求められることになるだろう。


日本代表紅白戦と数的優位の作り方

で、なんだけど、現実はどーなっているかというと。

http://tv.samuraiblue.jp/


こちらで、こないだの日本代表合宿での、紅白戦のビデオが公開されてるんだけど、なかなか面白かったので、その得点シーンの分析を。

709 名前: 代表 投稿日: 2010/12/30(木) 20:30:38 ID:0U+UIlKmO

ゲキサカより

日本代表午後の紅白戦35分×2 (結果は白組2-1赤組 得点者:李、香川、原口)

【白組 前半】4-2-3-1    【白組 後半】3-4-3

      李                 李

   香川 西 松井        香川    松井

    柏木 藤田       槙野 柏木 藤田  西

酒井 学生 濱田 森脇     学生 濱田 森脇

      守田               西川

【赤組 前半】3-4-3      【赤組 後半】4-2-3-1

      前田                前田

   原口   本田         原口 本田 高橋 

長友 高橋  細貝 内田         細貝 学生

  槙野 永田 吉田      長友 永田 吉田 内田

      西川                守田

フォーメーションはこんな感じだった模様。

白組一点目のシーン

f:id:pal-9999:20110106014509j:image

まず、一点目のシーン。上記の写真は18秒あたりのシーンからなんだけど、ちょっとありえない守備。というのも、キャプチャーの中にも書き入れたけど、FW二人が、中央へのパスコースを切ってない。その前のシーンが入ってないので、どういう駆け引きがあったのかはわからないけれど、中央へのパスコースを切るというのは、代表の守備において、まず最初に徹底しないと不味い事である。なんで、こんな事になってるのか、理解に苦しむ。


それに、ボランチのポジショニングも理解に苦しむ。なんで、あんな中央に広大なスペースを与えており、香川がドフリーで中央にいるのか。サイドの香川が中央に入っていって中央で数的優位を作り、香川のポジションに長友が上がってくるのはパラグアイ戦やグアテマラ戦で非常に有効な攻撃方法だったが、この紅白戦でも、まったく同じ形を許してしまっている。あのボランチは細貝高橋みたいだけど、いくらなんでも、このポジショニングは酷い。


f:id:pal-9999:20110106014510j:image


結果として、悲惨な結果が待っていた。香川は中央でボールを受けると簡単に反転して前を向く。しかも、中央で香川の前にいるプレーヤーは三人。香川サイドも3人だから、数的同数である。この状況で、守備側にできるのは、数的優位を確保できるまで時間稼いで後退する事だけ。最悪なのは、香川からのスルーパスが通ってFWの李がGKとの一対一の状況を作ってしまう事。守備側はまず、それを防がないといけない。


f:id:pal-9999:20110106014511j:image

ここは、CBが非常に上手く守っている。とにかく、裏に飛び出せないように李を綺麗にブロック。しかし、おかげでサイドをドフリーで駆け上がれる槇野。



f:id:pal-9999:20110106014512j:image

香川は、裏を狙うのは無理と判断してサイドの槇野にパスを送る。中央の李に二人のCBが引きつけられた為、槇野にサイドを見事にえぐられてしまう。


f:id:pal-9999:20110106014514j:image

サイドをえぐってPA内に進入してくる槇野。ゴールのニアサイドとファーサイドにスペースが生じているのがキャプからもわかる。香川はニアポスト狙い、李はファーポスト狙い。DFの視界から消えている李のポジショニングはお見事。スペースにパスが出たら、走り込んで押し込める状態。


f:id:pal-9999:20110106014515j:image

そして、クロスがファーサイドにでる。走り込む李。

f:id:pal-9999:20110106014516j:image

シュート!みごとな先制点。相手の守備のミスから始まった先制点だが、香川→槇野→李の流れは攻撃側の見事な連携であり、3人で見事に崩しきっている。


赤組一点目のシーン

f:id:pal-9999:20110106014517j:image

これは赤組の先制点の最初。左サイドで前田がボールを受けると、前田の前のスペースに全力で走り込む本田。


f:id:pal-9999:20110106014518j:image

しっかり本田の動きをみていた前田は、本田にパスを送る。ここまでは非常に良い攻撃。守備側の問題は、青で囲んだボランチのその後のプレー。


f:id:pal-9999:20110106014520j:image

本田にボールが入ると同時に、全力でゴールに向かって駆け上がる前田、原口、ウッチーの三人。ここでの問題は、何故か、飛び出しについていかないボランチ二人のプレー。これは、正真正銘の怠慢プレーである。それとも、飛び出しに誰がついていくか、分担されてないんだろうか?とにかく、飛び出しについていかないもんだから、最終ラインのところで、攻撃側が数的優位という最悪の状況が生まれてしまった。


この後、本田がPA内にドリブルではいって右足でシュート。GKが弾いたところを原口が押し込んだわけだが、その前のシーン、守備の最終ラインが3人、攻撃側が4人という時点で、ほぼ勝負はついていた。正直、A代表の紅白戦で、こんな怠慢プレーが見れるとはおもわんかった。まぁ、急造チーム同士だししょうがないのかな・・・・


しかし、日本代表は、岡田監督の頃から、二列目の飛び出しに誰がついていくのか不徹底な所があったので、ここはきっちり煮詰めておいてもわらんと困る。


白組の2点目

f:id:pal-9999:20110106014522j:image

で、これが白組のほうの二点目のシーンの最初。理解不能なのは、手前のウッチー?のポジショニングである。ボールより前にいるのは理解できない。彼は一体、あそこで何を守っているんだろう?一番注意すべき香川は中央に入っていっており、中央で2:1の数的不利の状況が生じている。この状況で中央にボールが入ったらどうなるか、押して知るべしである。ポジションは、もっと下がり目にとっておくべきだったケースだ。まぁ、ウッチーが守備時に無駄に前目にポジショニングするのは、もう直らない癖みたいなモンだと俺は諦めてるんだけど・・・・


f:id:pal-9999:20110106014523j:image

そして、次のシーン。ここでの李と香川の動きの連動は見事である。ボールがでるその瞬間に、互いに逆方向にスプリントする事で、中央のCBのマークを混乱させている。このスプリントで、香川はマークを外してボールを収める時間を稼ぐことができた。


f:id:pal-9999:20110106014524j:image

決定的な状況が生じている。李がゴール前でドフリーになっており、香川がスルーパスを出せれば、それで一点という場面だ。しかし、CBが最後の踏ん張りをここで魅せる。


f:id:pal-9999:20110106014525j:image

驚くべきスピードで、ボールに寄せてパスコースを切るCB二人。この寄せのスピードはたいしたもんである。一瞬でも遅ければ、李にスルーパスが通っていただろう。

f:id:pal-9999:20110106014526j:image

しかし、ここからが香川のターン。パスコースを切られたと見るや・・・・

f:id:pal-9999:20110106014527j:image

見事なターンで、シュートコースを作る香川。CB二人は、パスコースを切るのに全力だった事もあり、香川の反転を防げなかった。


f:id:pal-9999:20110106230508j:image

シュートモーションにはいる香川。それにしても、ウッチーは何を守っているんだろう。


f:id:pal-9999:20110106014529j:image

そして決まった見事なループシュート。本当に見事なシュートである。李は、香川のシュートの後、速攻で詰めていた。このあたりは大変評価できる。紅白戦の得点シーンを見る限りでは、李と香川は非常に相性が良いらしく、よい連携を魅せている。両方の得点のどちらにも、香川と李が上手に絡んでいる。


で、なんだが、得点シーンしか映像がないんだが、これを見てわかるのは、


1 李と香川、槇野は割と相性が良いらしく、最初にしては息があっている

2 ウッチーは相変わらず守備時のポジショニングが恐い

3 両チームともボランチが変な守備をしたことから失点している

4 前田と本田は、せめて中央へのパスコースを切るのだけは完璧にやって欲しい。

5 4231は、もともと、ボランチとセンターバックの間にスペースが生じやすいという弱点を抱えているが

  左サイドから中央に入ってくる香川にそこで数的優位を作られすぎ


って事である。


また攻撃の形で


1 サイドの香川が中央に絞り、香川が空けたスペースに槇野があがってくる。

2 中央で数的優位、あるいは同数を作ったら柏木が中央にパスを送る

3 中央にはいったら、短時間でシュートまで持って行く。


という形で、白組が二点とっているんだが、343って、中央でなくサイドの数的優位を作って攻めるのが定石のはずだが、白組のは中央で数的優位を作って点とるサッカーになってしまった。343の場合、ウイングとストッパー、サイドハーフがサイドで数的優位を作るのだが、香川は中央で数的優位をつくってしまう。香川はこれが上手い。というか、セレッソとサンフレッチェは、3バックで中央で数的優位作るサッカーやってた事があるから、そういう動きしちゃうんだろうが。あの動きは3421っぽい動きである。


まぁ、ザックはどーするんだろうという感じ。選手の適正を見る限り、そっちのが上手くいくとは思うんだが。



香川真司と新世代のサッカー選手達

――本田、香川をはじめ、中盤の人材は豊富。それに比べて、前田、森本の後に続く名前が出てこないのは、心配になります。

名波 中盤はほんと、30年先まで人材不足にならないと思うよ。

森島 本当だよね、アジアカップの予備登録メンバーを見ても、すごい顔触れがそろっている。

名波 これからさらに「この選手でも入れないの?」っていう時代が来るだろうね。そう思うと、いいときに生まれたな、俺たち。今だったら、俺ら代表に入ってねぇよ。

森島 入ってるよ! やれる、十分やれるよ、ナナは。俺は……。


【名波浩の視点】2014年W杯メンバーを考えてみる


で、なんだけど、今日、こんな記事を読んだ。正直、「いいときに生まれたな、俺たち。今だったら、俺ら代表に入ってねぇよ。」には苦笑してしまった。


個人的にだが、若い世代のMFのプレーで衝撃を受けたのは、香川真司と山田直輝宇佐美貴史の三人。三人とも、恐ろしい才能の持ち主だが、特に香川と山田のプレーには驚いた。というのも、黄金世代の代表的プレーヤー、中田、中村俊輔、小野なんかが持っていた欠点をまるで持っていないのだ。宇佐美は、またちょっとプレースタイルの違う選手なんだが、ここでは割愛。


D

D


これらは、香川や山田のプレー動画だけど、こういうプレーヤーが日本でも出てきたんだなぁと、感心してしまう。


中田英寿のポジション適性とイタリアでの苦闘


こちらのattacking phaseさんの記事で、中田が、イタリアで、トップ下からボランチへとコンバートされていった理由が述べられているんだけど、中田は、トップ下としては、裏のスペースにボールを呼び込むフリーの動きがあまりに少なく、スペースの無い中に飛び込んでドリブル突破やDFラインの裏にパスを通す動きが少ない選手だった。技術的にもフィジカル的にも、それをこなす土台はあった。だが、彼は、それをしなかった。その結果として、トップ下でなく、ボランチへとコンバートされる結果になったんだけど。


中田、小野、そして俊輔は、オシムの言葉を借りれば、「自分で立ち向かう代わりに、味方にパスを供給する。」タイプのプレースタイルの持ち主だった。これは悪いとは言わない。それが彼らの選択であり、そうやってプロの世界で一流になった選手達だからだ。いわゆるパサーだ。彼らは、多くの場合、バイタルエリアの手前でプレーする選手で、最終ラインを突破して裏でボールを受ける動きを決定的に欠いていた。なにより、ゴール前の密集地帯に入っていくことをためらっているようにも見えた。


香川や山田直輝のプレーを見た時、驚いたのは、頻繁にゴール前の密集地帯に飛び込んでいく事だった。そして、狭いスペースの中で、ボールを受け、はたくこと出来る。二列目から積極的に裏に飛び出して行く。テクニックは勿論高い。こういった選手がいて、始めて、オシムやフィンケ、それから岡田前監督が目指したようなサッカーが出来るようになる。というより、こういう特徴をもった選手がいないと、そういうサッカーは出来ないんである。数的優位を生かしてプレス網を突破し、守備ブロックの中に入ってボールを受けて相手を崩すサッカーは。


僕は割と、日本のサッカーの未来は明るいと思っている。というのも、非常に良い形で、育成が機能しているのだ。香川や山田直輝を見ているとそう思う。彼らは、モダンな攻撃的MFの特徴を備えており、明らかに、以前のMF達とは違う。


ただし、バルセロナカンテラが優れたセンターフォワードを滅多に生み出さないように、パワーや高さがある選手が有利なセンターフォワードやセンターバックについては、やっぱり良い選手が極端に少ないのが泣き所なんだけど・・・・

tomotomo 2011/01/08 09:12 観戦素人なんですが凄い面白かったです またこういう分析があればお願いします

dogadoga 2011/01/08 11:05 何てわかりやすくて面白い分析 凄いな

MMMMMM 2011/01/08 11:45 攻守における広い意味でのフォーメーションの意義、香川選手の卓越した才能について初めてわかりました。ありがとうございました。

weawea 2011/01/08 12:02 大変面白かったです。アジア杯での日本代表の考察とかもやって欲しいです。

高沢高沢 2011/01/08 12:35 全くの素人ですが大変分かりやすかったです。
とてもいいものを読めました。ありがとうございます。

potepote 2011/01/08 13:31 サッカーって面白いスポーツだったんですね

takitaki 2011/01/08 14:29 この日の代表の紅白戦は現地で見てました。
得点シーンに限らず、全体的に連携やプレッシングは十分ではありませんでした。
練習ということもあってか消極的なプレッシングは意図的だったのかもしれません。攻撃の形の確認(模索?)と中央を固めてボールをサイドに寄せる守り方に重点が置かれていたのかな?、と後で思いました。
ボランチのプレスがないと最終ラインだけでは守れないですね。
でも、そんな守備陣から合計3点しか取れないのは練習とはいえ頭が痛いです。

niranira 2011/01/08 20:22 守備王国イタリアでは、数的同数あるいは数的不利な状況での守備練習をしっかりやるそうです。きっと、ボランチはそのように指示されていたのでしょう。

まぁ、希望的観測ですが・・・。

kagekage 2011/01/09 01:19 とても面白い分析でした

これ見てて白組の点の取り方が懐かしく感じる一広島サポ・・・
特に1点目ですね・・・

mun30mun30 2011/01/09 04:24 ウイイレ厨なのですが、こういう視点を得て再度プレーしたくなりました。これを知った上でゲームするのとしないのとでは、違うゲームですねぇ。

hirohiro 2012/02/10 03:31 ド素人の自分でも十分に理解できる内容でした。
とても勉強になります!試合の観方が変わりました。

2011-01-01

[]アジアカップ日本代表メンバー紹介 アジアカップ日本代表メンバー紹介を含むブックマーク

本当に久しぶりの更新になったけど、サッカー熱に浮かれているので、本日はアジアカップの日本代表メンバー紹介。天皇杯も終わったし、三日からは代表がカタール行くし、アジアカップは本当に楽しみ。代表も世代交代が進んでるしね。


f:id:pal-9999:20101231003549j:image

日本代表監督 アルベルト・ザッケローニ

岡田前監督の後を継いで誰が監督になるのか、すったもんだしたあげく決定したのは、カルチョの国のアルベルト・ザッケローニ。


これまでの経歴では輝くのは、セリエAのウディネーゼにおいて、弱小チームでありながらパスを細かく繋ぐスタイルの343で旋風を巻き起こした時期。ザッケローニはセリエAの戦術史で欠かす事のできない位置を占めており、サッキのミランの442の後に流行することになる3412のひな形となる343をイタリアに持ち込んだ事で戦術家としての名声を確立している。


ウディネーゼとミラン監督時代には、3人のアタッカーのうち、両サイドの二人にはボールを奪われても守備に戻るなと指示していた事などから、サイドアタックにはこだわりがある模様。


一方で、ミラン監督時代には、343をミランに持ち込むものの、イマイチフィットせず、最終的に選手と話し合いをして、3412に変更してスクデットを獲得など、トップ下を使っての中央突破の指導にはあまり長けていない印象がある。


イタリアサッカーで監督をしてきた監督なので、守備構築に関しては、これ以上は望めないほど良い監督だが、攻撃ではサイドアタックが多く、中央突破は少なかった岡田前監督時代と同じ感じかもしれない。そのあたりが、今後の日本代表のサッカーにどう影響するか、このあたりは、選手との兼ね合いになると思うのだが。


彼の指揮した試合はまだ少ないが、原監督代行だった時のそれと比較すると、同じ4231フォーメーションでも、3のところの両サイドをタッチライン際に固定するのを好む模様。原さんは、3のところをもっと流動的にしていた。


4231で、3の所を流動化しているのが、レアルやドルトムント、日本ではセレッソ。ポジション流動化アタックみていて面白いが、守備時にポジションバランスが崩れやすく、攻→守の切り替えが遅くなる欠点がある。3を固定して、両サイドをタッチライン際に張らせるタイプの4231は、ポジション固定なので攻守の切り替えが早く出来、その分守備が堅い。守備重視はイタリアサッカーのDNAなので、後者をザックが採用しても、あまり攻めないように。だって、イタリア人だもの。


f:id:pal-9999:20101231003544j:image

川島永嗣(リールス/ベルギー)

いつも怒っている印象がある日本代表の正GK。反応の良さはピカイチ。GK楢崎が引退したので、GKとしては間違いなくファーストチョイス。でもW杯でブレイクしたのがゲイ人気というのはどうなのという可愛そうなGK。


f:id:pal-9999:20101231003553j:image

伊野波雅彦鹿島アントラーズ)。

トゥーリオと中澤という不動のCBコンビが怪我、ついでにマリノスの栗原まで怪我なんで、この鹿島のセンターバックが最終ラインを守ることになるかもしれない。対人とカバーリング、足下の技術に大変優れているのだが、絶望的なまでに空中戦に弱い。びっくりするほど弱い。とはいえ、センターバックの癖に両足でフィードできる彼の才能は貴重。3バックを敷くなら、彼が使われるだろう。4バックの場合は今野がいるので、おそらく出番無し。


f:id:pal-9999:20101231003554j:image

岩政大樹(鹿島アントラーズ)

トゥーリオ、中澤、栗原が怪我で不在なので、急遽呼ばれた鹿島のセンターバック。とにかく空中戦に強い。反面、足下の技術がアレだったりと、ストロングポイントとウィークポイントがはっきりしている。あと、顔が恐い。丸刈りにしていた時期は、「絶対に何人かヤっている」って感じの顔。


一方、顔が恐いものの、ジェットコースターや犬を怖がったり、カズにユニフォームをもらって子供みたいにはしゃいで、チームメイトに見せびらかしたりと、母親に「大ちゃん」と呼ばれていたりと、顔と性格のギャップが激しいセンターバック。使う時は、足下が上手くて対人能力の高くてスピードのあるCBとご一緒にどうぞ。


f:id:pal-9999:20101231003551j:image

今野泰幸(FC東京)

所属チームのFC東京は、上位を狙えるメンバーであるにも関わらず、何故かJ2降格となってしまったが、彼の能力は非常に高い。若い頃には、セリエAからの獲得のオファーを受けたこともあるのだが、結局、断ってしまった。DFで、セリエからオファーがくる選手はJでは本当に稀である。


運動量があって、カヴァーリングの能力が非常に高く、戦術理解度も高い。イタリア人の監督であれば、思わず使ってしまいたくなるのも頷ける選手。ついでに、後ろなら、ほとんどどこでも守れる選手なので、次のW杯まで代表には常に呼ばれ続ける選手になると思われる。あと、背がセンターバックとしては高くないのだが、空中戦の勝率は、CBとしては十分なレベル。


f:id:pal-9999:20101231003541j:image

長友佑都チェゼーナ/イタリア)

脅威の運動量とスピードを合わせ持つ日本代表の左サイドバック。高さこそないものの、運動量とスピードというモダンなサイドバックに必須の能力は間違いなくワールドクラス。ただし、攻撃ではクロスがイマイチだったり、中へ切れ込んでのシュートもイマイチだったりと、サッカーセンス自体はゴニョゴニョという、日本では珍しいフィジカルで勝負するタイプのフットボーラー。


f:id:pal-9999:20101231003545j:image

内田篤人(シャルケ04/ドイツ)

50メートルで6秒を切る俊足サイドバック。攻撃のセンスは非凡なものがあり、ゲームの組み立てにも参加できる貴重な才能の持ち主。甘いマスクで女性に人気はバツグン。長谷部、細貝らと共に日本代表のイケメン枠。ただし、守備がアレでクロスもワロスになりがちという欠点があり、現在、マガト軍曹の元で猛特訓中。あと2年もすれば顔は子供で体はガチムチという感じになってるかもしれない。


f:id:pal-9999:20101231003542j:image

遠藤保仁ガンバ大阪

愛称はヤット。ザックはやたらとガンバの試合を見に来ていたが、あれは、誰を見に来ていたんだろう。まぁ、それはどうでもよい話。


顔がガチャピンに似ているせいか、ネットで「ガチャ」と呼ばれていたり、ガチャピンAAと組み合わせて、


      , -‐'''''  ̄⌒ ⌒''''ー-、
    /            \
.   /      // ./ヾ、   ゙i
.   i'      ノ=========ヾ、   |
   |    /,゙>、 '"  , <`ヽ`ーi- ゙i
.   |   /レ'●,!   i ●ヾi  | ,!
    | レ'  `ー‐'    ` ー‐'´  ,! ,!
   .レヽ、_   _,ノiヽ、_  u_ノ,ノ   やったー
     /`  ̄ ̄└┴┘ ̄ ̄\"   
    / .l  7   japanヽ ___ 〉、    
    | l          /】【 \〉
    ヒト- _      l 】【 】【 l
.     !__   ̄, ̄ ̄ ̄\】【 /
     L  ̄7┘l-─┬┘
      ノ  ̄/  .! ̄ ヽ
    └‐ '´   ` -┘

こんなAAを作られたりしている日本代表不動のゲームメーカー。


顔がガチャピンに似ていたり、体型がフットボーラーなのにビール腹だったりと、思わず本当にサッカー選手なのかと思ってしまう風貌なのだが、攻撃面でのゲームメーカーとしての実力はぬきんでている。それは、数字にも出ていて、ここ数年10ゴール前後10アシスト前後をコンスタントに記録しているボランチは日本人では彼だけ。日本代表の司令塔は間違いなく彼。


ちなみに、司令塔というと、一昔前だと、ジダンだとか中田みたいなトップ下を指して使われていたが、最近では、司令塔の仕事は、中盤の底のボランチが担うことが多くなってきている。このあたりは、サッカーの戦術の変遷とも関係があるのだが、それは違う話なので省略。


現状、彼と中村憲剛が日本代表の司令塔、あるいはゲームメーカーとして、頭一つ抜けており、厄介な事に後を継げる若い選手がいない。実は、次のW杯で、最大の問題になってきそうなポジションだったりする。遠藤も流石に次は34才だしねぇ。


f:id:pal-9999:20101231003550j:image

松井大輔トム・トムスク/ロシア)。 

W杯では中村俊介からポジションを奪い、カメルーン戦では値千金のクロスで決勝点をアシストしたドリブラー。ドリブルからキープ、ワンタッチ、ツータッチでのパスをこなしつつ、守備もよく出来る。基礎技術の高さは特筆に値するプレーヤー。ただ、技術は高いのに、最終ラインを突破して裏に抜けようとするプレイがあまり多くないのが勿体ないなぁと個人的に思う。あと、最近、なんだか風貌が仙人じみてきた。


f:id:pal-9999:20101231003548j:image

岡崎慎司シュツットガルト?/ドイツ)

スピードがさほど無いにも関わらず、裏に抜けるのが得意な珍しいタイプのFW。とにかく、反応速度は速い。こぼれたボールにも恐ろしい早さで反応する。なんせ、あまり基礎技術が高くない選手なので、見くびってしまいガチではあるが、前線から守備を献身的に行い、豊富な運動量を誇り、さらに得点力もあるので、やっぱり評価は高くなる。守備はできるが得点力がないFW、得点力はあるが守備ができないFWは日本人でもいるが、両方もってる彼は貴重である。あと、動き回ってスペースを作れるのも、彼の才能の一つ。こういうFWがいると、二列目は飛び出すスペースが出来るので、とてもプレーが楽になる。ボール持ってない時でも良いプレーができるFW。


彼のゴール集はニコニコ動画にあるが


D

D

D


背が低い癖にヘディングが強く、スピードがない癖に裏を取れるという意味のわからない能力をもつFW。それが岡崎。


背が低くく、スピードがなく、テクニックもたいしたことが無いので、「ごっつぁんゴーラー」とも揶揄されたりするが、重要なのは、そのFWが毎年のように二桁ゴールを決め続けている事である。二年続いた二桁ゴールはまぐれとは呼ばない。実力というのである。


f:id:pal-9999:20101231003539j:image

香川真司(ドルトムント/ドイツ)

フィジカルコンタクトに弱い以外は、これといった穴がないスーパーなMF。W杯では落選したものの、ただ今ドイツで大ブレイク中。アジアカップでは10番を背負う事になった。ただし、フィジカルコンタクトに弱いので、ガチムチサッカーやるなら彼を使う意味はほとんどない。具体的にいえば、前線のターゲットマンに向かってボールを放り込み、中盤ではルーズボールを競り合うサッカーやるなら香川は外して他の選手いれたほうがいい。そのくらいフィジカルコンタクトは基本的に駄目。あと、攻撃の際に中央突破を得意とするタイプなんで、守備重視の監督からすると、カウンター食らいやすい彼の中央突破は嫌われる原因にもなる。


で、どんなプレースタイルなのかは、下記の動画をみてもらうのがてっとり早い。


D

↑1:20!。

D

↑4:04!。


特筆に値するのは、フィジカルではスピードと運動量の両方を合わせ持っている事。テクニックでは、サイドでダブルマークを受けても、するっと抜け出してみたり、右でも左でもボールをもてて、両足のどちらでもシュートを決められて決定力が糞高い。MFだが裏に飛び出すプレーが非常に上手く、GKを交わしてシュートするのが非常に上手い。裏を狙ったパスも得意で、意表を突いたプレーができる。そして、これら全てをスピードに乗って行える。


日本代表というか世界を見渡しても、こういうMFは稀。いわゆる黄金世代のMF達は、テクニックでは秀でていたものの、香川のように二列目から飛び出してゴールを狙ったり、最終ラインの裏に飛び出してシュートを打つプレーをあまりしないプレースタイルの持ち主が多かったし。


とにかく彼のプレースタイルには驚かされる。ただ、問題は、彼の得意な4231というのは、3の所で、両サイドハーフをライン際に固定気味にしたタイプでなくて、3の所を流動化してやるタイプなんで、代表でそれがどこまで出来るかって話になる。前者の3固定気味の4231は、両サイドハーフに我慢が求められるフォメで、自分のサイドにボールが来なくても、両サイドハーフはワイドにポジションを取って我慢する必要がある。そして、香川は、そーゆー我慢が必要なスタイルを好まない感じ。内に入ってきたがるし。


一方、流動タイプは、ドルトムント、レアル、セレッソ、スペイン代表なんかが採用しているが、3の所の選手が流動化して、ボール回りに数的優位を作り出すことによって相手の守備を破壊することを目指している。岡田前監督もそれをやろうとしたんだが、W杯直前に破綻してしまった。香川が入った事で、今度こそ、それが出来るかどうか。欲をいえば、香川ともう一人、相手の隙間でボール受けたり、ボール回りに数的優位を作り出せる選手が欲しい。というか、そういう選手が二人くらいいないと、そーゆーサッカーはできないと思う。


f:id:pal-9999:20101231003546j:image

前田遼一ジュビロ磐田

スピードがない以外は完璧な万能FW。

ただし、本人もスピードがない事は気にしているので、あまり、そのことで文句をいってはいけない。前田を使うなら、スピードがない事は覚悟して使うべき。あと、万能というのはよく言えばの話で、悪くいうと器用貧乏なFWでもある。パスが上手い上に右でも左でも頭でもゴールを決められるが、絶対的な武器はもっていないのである。個人的に好きな選手なのだが・・・・

前田のゴールはyoutubeでも見れるけど

D

D

左右頭のどれでも決めれるし、ミドルシュートも良い。ただ、先の香川の動画によくあった裏に抜けてGK交わしてゴールなんてシーンがほとんど無いのもすぐわかると思う。スピードがない選手のため、裏に抜けるプレー「だけ」苦手なんである。本人もインタビューで、裏に抜けるプレーが好きじゃないとか言ってるしなあ。


―最後に、もし願いを3つ、かなえてもらえるとすれば何を願うか教えてください。

前田 ジダンみたいになりたい。

―次は?

前田 俊足になりたい。

―本当に遅い?

前田 かなり。初めて代表に呼ばれたときの体力測定で、20メートルダッシュ、垂直跳び、1位を獲得しました。

―後ろから。

前田 はい。鈍足、瞬発力なしのFWってあり得ないと思います


前田遼一インタビュー(3)


とにかく、スピードがない以外は完璧なFW。問題は、本人もいってるように、鈍足で瞬発力がないFWというのはあり得ない・・・・・・というか、まぁ、あれで得点を量産しているのだから凄いのだが、前田は裏に抜けるスピードを持った選手と組ませないと攻撃が機能しなくなったりするのも確かである。そのくらい裏に抜けるプレーが下手・・・一番、得点期待値が高い攻撃が苦手な得点王。それが前田遼一。


f:id:pal-9999:20101231003556j:image

酒井高徳アルビレックス新潟

サプライズ招集といっていいアルビレックスのサイドバック。非常に器用なプレーヤーで、後ろはセンターバック以外はどこでも守れる。どこかにけが人が出たら、ゴートクがいれば、ひとまず安心。けが人が多い日も今野とゴートクがいれば安心。今野と並んで代表のユーティリティプレーヤー。


f:id:pal-9999:20101231003547j:image

細貝萌(レーバークーゼン/ドイツ)。

日本代表イケメン枠の守備MF。萌と書いてはじめと読む。でも「もえたん」と呼ばれる。甘いマスクはウッチーと並んで女性に人気がでそう。イケメンだが、守備力が高くてプレーが泥臭い。あと、足下は結構テクニックがあって、パスが上手い。なんだが、いかんせん、視野が狭いらしく、ボランチの位置からサイドに展開するプレーは上手く無い。ここが非常に惜しいところである。攻撃参加もさほどしないので、長谷部の二番手という位置からは抜け出せない気はする。


f:id:pal-9999:20101231003558j:image

藤本淳吾清水エスパルス

今回のサプライズ招集その二かな?的MF。ただし、貴重なレフティの右ウィングプレーヤー。左足でのFKも上手く、右で逆足のウィングを使うなら、是非試して欲しいプレーヤー。逆足のウィングは、メッシとかロッペンが有名だが、フジモンが代表でチームにフィットすると、逆足の右ウィングを持つことでチームの戦術の幅がぐっと広がる。これで、もうちょっとスピードさえあれば完璧なんだが・・・フジモン、本タク、オカザーギとエスパルスのキープレーヤー3人が呼ばれているので、ひょっとしたら、ザックはエスパルスと同じ433をアジアカップ前に合宿で試す気なのかもしれない。


f:id:pal-9999:20101231003559j:image

本田拓也(清水エスパルス)

433でトリプルボランチやってるエスパルスで、アンカーを任されている日本人ボランチ。同じく433のトリプルボランチでもアンカーがダニルソンな名古屋との違いがここにある。トリプルボランチを使うなら、彼が筆頭候補になると思われる。なんせ、日本人プロフットボーラーで、まともにアンカーやってるのは彼だけさ。


f:id:pal-9999:20101231003600j:image

柏木陽介浦和レッズ

とってもおんにゃのこが好きな走れるファンタジスタが日本代表に選出。最近は髪の毛さらさらだったり、ちょっと太ったんじゃないかと思ったりと、個人的に気にくわない進化を遂げていることが多いんだけど、才能はホントに素晴らしい。ただ、才能があるだけで終わっちゃわないかと心配な選手。次のW杯までに、ケンゴや遠藤のレベルに達してくれないと困る。じゃないと日本代表のゲームメーカーが・・・・


f:id:pal-9999:20101231003543j:image

長谷部誠ボルフスブルク/ドイツ)

このあたりになると、もう説明がいらないかもしれない日本代表のキャプテン、ベーハセ。ともこはんと別れてから、所属チームはgdgdになり、レギュラーを失ったりと踏んだり蹴ったり。ただ、前線のプレスが効かなくなったりした時に火消しに走り回れる長谷部の能力は日本代表の生命線。ザックは、岡田Japanの恒常的な弱点だった「トップ下のゾーンにスペースが生まれやすい」という欠点を長谷部や遠藤と、どうやって克服していくのかは、これからの課題。


f:id:pal-9999:20101231003540j:image

本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)

W杯で、日本の救世主となったレフティ。彼の無回転FKはあまりに有名。プレーでは、左足のシュートが持ち味で、強烈。多少、距離があっても助走無しでぶち込める。フィジカルコンタクトに強く、パスも上手い。


と、まぁ、前田遼一と能力がかぶっている所がある。フィジカルコンタクトが強くてテクニックがあるが鈍足なのが欠点ってのが一緒。前田との違いは、逆足が使えないということか。このあたりは、典型的なレフティのプレーヤーで、利き足の技術水準が異様に高い割に、逆足はおもちゃ程度にしか使えない。レフティといえば、マラドーナや、最近ではエジルもそうだが、ほとんど左足一本で何とかなってしまうので、逆足の技術を磨こうと思わないのかもしれない。右利きだと、そうもいかんのだが。

プレー集はyoutubeのこれなんか有名だと思うけど、

D

動画みればわかるけど、本田は左に流れて中央へのクロスが上手く、右サイドに流れた時には、そこから中央への切り込むドリブルもグッド。この両方はレフティのプレーヤーの特に得意なプレー。ヘディングも強い。ただ、前田と同じで、裏に抜けるプレーはあんまりない。結局、ここが本田の泣き所というか、スピードの無いプレーヤー全般の泣き所なんだけど。


(豆知識的なものだが、サッカーでは、レフティのプレーヤーが明らかに有利になるポジションとして、左サイドバックと右ウィングがある。レフティのプレーヤーは、左サイドを縦に突破する時と、右サイドから中央にドリブルで切れ込む時に、左足でボールを持ってドリブルしてパスだせてシュートできる。ゴールから遠い方の足でボールをもたれている為、DFはボールを奪いにくい。)


スピードがないので、周囲にスピードがあって裏へ飛び出せる選手を配置しないと攻撃が糞詰まりになってしまうことがある。前田と一緒で、裏に飛び出すプレーが少ないのがトップ下として攻撃面では最大の欠点。このあたりが改善されれば、もっとずっと良い選手になって点も沢山取れるのだが。


フィジカルコンタクトは強いが、スピードがなく最終ラインの裏に飛び出すプレーが少ないというのは、トップ下ではジダンも持っていた欠点である。こういうトップ下は、裏を取るのが上手いFWとバツグンに相性が良かったりする。ジダンは、代表ではアンリ、レアルではロナウドと組んでいた。レアルでトップ下のエジルもスピードはあるものの、裏への飛び出しが少ないという欠点をもっており、レアルでは裏取りが得意なイグアインと良いコンビを組んでいる。


おそらく、本田も同じで、FWと本田トップ下の相性的に、一番合うのは森本、岡崎、今回は落選してるが平井あたりの「特殊能力:裏への飛び出し」的なFWだと思われる。


f:id:pal-9999:20101231003557j:image

李忠成サンフレッチェ広島

現在、確変中のレフティFW。サンフレッチェ不動のエース、佐藤寿人が怪我の間にワントップで起用されてから、今年、得点を量産。前線からの守備を献身的にやるし、裏に抜けるスピードがあるし、横から入ってくるボールには滅法強いので、現在のパフォーマンスであれば、ワントップには前田より良いかもしれない。なんせ、裏に抜けるスピードをもち、ワンタッチプレーができて、PA内で、体を張れるのは彼くらいしかいないから。もっとも、そうなると、某匿名掲示板が荒れそうだけど。


f:id:pal-9999:20101231003552j:image

槙野智章(ケルン/ドイツ)

サンフレッチェ広島の宴会部長。プレー云々じゃなくて、そのゴール後のパフォーマンスのほうが有名なんじゃないでしょうか。とにかく、良く喋るのでも有名。槇野の隣に座ったり、合宿で相部屋になったメンバーは地獄を見る。まぁ、プレースタイルの話をすると、空中戦は強いほうだし、スピードもあるし、身体能力は高いし、得点感覚もある愛すべき宴会部長。つか、全体的に能力が高い。が、やっぱり、馬○だから、ザックに使ってもらえないかもしれない。


f:id:pal-9999:20101231003602j:image

西川周作(サンフレッチェ広島)

日本代表GKの二番手。GKだが足下の技術が高い。非常に有望なGKなのだが、いかんせんスペランカーな所があり、怪我に泣かされる事が多い。


f:id:pal-9999:20101231003555j:image

吉田麻也(VVV/オランダ)

足下がべらぼうに上手いセンターバック。ザックはCBに足下の技術を求めているらしく、足下が上手なセンターバックが優先して選ばれている模様。CBのくせにフィードの精度が異様に高い。


f:id:pal-9999:20101231003603j:image

権田修一(FC東京)

日本代表GK三番手。西川と同じく、足下の技術が高い。FC東京の降格は彼のせいじゃないです。いやマジで。

aaaa 2011/01/21 19:01 「イノハ」と「コンノ」。たったこれだけのせいでニワカ臭が、、
中身が面白いだけに勿体なさすぎ。

ああああ 2011/01/22 16:06 「コンノ」と「イノハ」はてっきり冗談かと。爆。

りんりんりんりん 2011/01/22 18:18 どう考えてもネタでしょ。
イノナミ、笑いました。

dd 2011/01/22 23:14 簡単に釣られちゃう人がいるからおもろいね

ee 2011/01/29 18:28 釣られるとかあほだろw

いい記事だった

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20110101