civ4な日記

2013-10-19 TOP

 civ4日記的な感じのブログ。ちびちび更新予定。
 普段は東方の二次創作SSなど書いてたり。

2013-08-20

[][][]OACの文明ちょっとした紹介(ver0.29e/ラーナ) 07:21


rk3.jp - 

 大器晩成型だと勘違いしていた。
 死んだユニットが一定確率で転生する文明。固有の大儀式が三つあり、これらを経ることで新たな志向を獲得したり蛮族と和平したりしていき、最終的にはすべてのユニットに不死身の昇進がつく。
 ここまでたどり着いてから勝負と思っていたが、この不死身の昇進、一度死ぬとなくなっちゃうんですね。つまり一回限定の復活。
 この一回限定の復活があるといっても、実はラーナという文明は軍事力では質的にも量的にも突出するものは無いんですね。
 まずラーナ自体はこれと言って強力な固有ユニットを持たない文明なので、ユニットの質はそれほどでもない。三つ目の大儀式の後は一度なら死んでも復活できるのでレベルは高まりやすいっちゃやすいけど、そもそも強力なユニットは死なないように運用するものです。
 一回限定の復活が兵の量に寄与するように見えるかもしれませんが、復活場所が首都だから基本的に前線からは距離があるし、一度に運用できる兵の数は変わらないのでさほど有難みは無い。

 というわけで、一見ロマンあるこの大儀式、実は戦力的にはさほどうまみは無い。
 そうして考えるとこの文明の本質は、アルマゲドンカウンタへの対処力にあると思われます。

 大儀式によって休耕志向を得たり、蛮族と和平したり。また大儀式によって得られる不死人街で、幸福なんかもゼロになる。領内の地獄の侵蝕を浄化する能力もあるし、ユニットが発狂して事故死しても即死させられても、一度なら復活できる。
 プレイ時にはアルマゲドンカウンタが95くらいまで上がったのですが、特に問題なく都市運営も戦争もできちゃいました。

 大儀式を三つ作ってから戦争ーって感じでプレイしてたんだけど、転生という有利な要素を活かして序盤からガンガン戦争してしまうくらいでいいのかもしれない。

2013-08-10

[][][]OACの文明ちょっとした紹介(ver0.29e/残り火一族) 00:08


 というわけでプレイしたのでメモ。

rk3.jp - 

rk3.jp - 

 文明の強さはだいたい以下に注ぎ込まれている。
繁殖
奴隷制の不満期間マイナス建造物
オーガ(勇士の代替ユニット、戦闘力8)

 逆に弱みは以下のような感じ。
・研究が遅い
・兵の量に関して優れるが、質に関してはオーガを除いてそれほどでもない


 繁殖巣のユニット二倍生産が最大の特徴。だが反面、兵の質や特殊能力に関してはそれほど秀でていない。
 要するに質ではなく量で軍事力をカバーする文明なのだけど、これはユニット維持費となって足を引っ張ってくる。研究系施設を殆ど作れないのに加えて、他文明に比べてユニット維持費が大きいということにより、軍拡を始めると研究がすごく遅くなる。

 勝利条件で考えると、祭壇、儀式、飛翔勝利あたりは技術が重く感じられるし、あえて狙いに行くほど文明としてのメリットは無い。そのためやはり軍事的勝利か、せいぜい文化、宗教勝利あたりか。ただし指導者が蛮族志向持ちのため文化勝利もあえて狙いに行くものでは無いかもしれない。
 wikiにもあるとおり、布教ユニット二倍により、宗教勝利はたぶん悪くない。自分のプレイ時には制覇勝利に行ったため、実際どのくらい良いのかはよくわからないが。

 おそらく序盤から中盤に賭けての制覇勝利がもっとも安定する。
 が、先述したとおり研究が遅れ気味になる。一世代上の軍くらいなら余裕で踏み潰せるが、二世代世代上になってくるとかなり厳しい。スタックに対してダメージを与えてくる敵や、遠くから精霊を飛ばしてくる大魔道なんかはかなり相性が悪い。

 というか正確には研究が遅れるというよりも単純に金欠になるので、ユニットのアップグレード(術使い系統)に頼った戦略はやや相性が悪いか。(斧兵なんかは元々アップグレードできないが)
 英雄ランタインは戦闘力的にはあまり使えない。国家ユニットも数に制限があるため文明の長所とかち合ってる。文明の長所を一番活かせるのは、斧かオーガと大量の弓兵あるいは長弓兵、それにコブラ(と術使い及び宗教ユニット)で肉体1の呪文や呪符1の呪文かけながら都市を落としてゆく感じか。

 宗教は素直にキルモフかヴェール、内政は農場張りまくりの貴族制でよいのではないでしょうか(適当)。
 あと、巨大コブラは都市防御崩しとしては優秀だけど、副次ダメージ源としてははっきり言って使えない感じ。ハンマーも惜しいので敵にはぶつけないようにしましょう。

2013-08-05

[][][]OACの文明ちょっとしたメモ(ver0.29e/アルタイル01:04


 実際にプレイしたのでメモ。
 ってかメモっておかないと他の文明がどんな特長持ってるのか覚えられない()

rk3.jp - 

rk3.jp - 

 おおよそリンク先にある通り。文明としてのポテンシャルはほとんど世界呪文とそれ以降の展開にかかっている気配。要するに上級ドラゴンの特殊攻撃ありき。この特殊攻撃ははっきり言って核レベルかそれ以上の戦略兵器。これさえあればわりとどうにでもなる。敵の土地をなくして制覇勝利とかも出来てしまう。
 とにかくお金を優先すべき。ドラゴンは中級、上級ともに、お金さえあればわりといくらでも湧いてくる。逆に中級、上級ともに、戦闘能力のみでは必殺の一体とかそういう感じにはなりえないので注意。

 バハムート以外の特殊攻撃は99%上限、バハムートのみ100%なので、やはりバハムートは欲しい(非カリスマで経験値50必要)。サンダードラゴンがもっとも経験値を溜めやすい。
 中級ドラゴンの優先度は、レッド>ブラック>サンダー>>>>アース。

 ドラゴンは頭数をそろえるのに時間がかかるので、侵略戦争にはやや不向きか。そのあたりは火球魔術師なんかで援護してあげたい。
 ただ、魔法の優先度としては、領土がなぜか砂漠化してゆくので水2の湧き水が欲しい。いずれ攻める際には肉体1、2なんかもやはり欲しい。

 固有の社会制度が強力なのでとりあえずこれを目指したい。文化マイナスというデメリットもあるので、諦めるか文化系技術、遺産を優先するかは考えるべき。


 敵に回してるなら、上級ドラゴンが出てこないうちにさっさとやっつけたほうがいい。
 むしろ中級ドラゴンも出てこない内の方がいいかもしれない。

2013-07-09

[][][]ラグナルさんで大きい世界を戦う(9) 00:18


AD1894:メフメフがギルに宣戦
 ちょっと面倒な気がする事態。メフメフがハンパに都市を落として(文化勝利都市を落とさないで)ギルを属国化すると、
 プレイヤー&先生&シャルル VS メフメフ&ギル&モンテ&オラニエ&ダレイオス
 となり一見不利なように見えてしまう。
 実際はわりとどうにでもなる。

AD1898:核拡散防止条約通過
 マンハッタン完成から多少時間が経っているため、核を持っている国ももしかしたらあるかもしれない。
 だがこちらは既に戦略防衛構想を完成済み、そして戦術核はシャルルと先生が盾になってくれる。今回のプレイでは自分で核を使う気もないし、まあいいんじゃないかな。ICBMくらったら泣く。

f:id:paletteparrot:20130709001701j:image

AD1900:そしてギルに宣戦
 貴様は勝利を目指したのだぞ!(-10)
AD1901:ニブル占領
AD1903:キシュ占領(文化勝利二番目の都市)
 文化勝利までだいぶ遠ざかり、ギルの降伏もテーブルに乗ったので受諾。
 この戦争はメフメフと一緒にギルをフルボッコにしている。これ以上攻めてるうちにメフメフに降伏されると面倒なため。
 ついでにダレイオスも降伏受諾。
 最後はメフメフ&モンちゃん&オラニエとの殴り合いになる。

AD1906:エコロジーがネットから落ちてくる
AD1908:メフメフに宣戦、エディルネ占領
AD1910:イスタンブール占領
AD1911:テノチティトラン占領、アンカラ占領
 モンちゃんいつのまにか独立してるんだが降伏してくれない。

AD1913:テオティワカン占領、モンちゃん降伏
 コニア占領、サムスン占領。
 ギルの都市にあった原発が爆発する。civ4で原発が爆発するのたぶん初めて見た(普段原発なんて自分では建てない)。周りのタイルがいくつか吹っ飛ぶようだが実際そこまでではないかな?
AD1915:イズミル占領
 首都含め六都市落としたが降伏してくれない。
 というかそもそもメフメフは20都市近く持ってたのである。そのわりになぜか研究が遅かったので助かっている。

AD1916:めんどくさくなって外交勝利案を提出してしまった
 票を数えても勝ちが決まったので技術交換及び和平でスコア伸ばし
AD1917:というわけで外交勝利


f:id:paletteparrot:20130709001702j:image
f:id:paletteparrot:20130709001703j:image
f:id:paletteparrot:20130709001704j:image
f:id:paletteparrot:20130709001705j:image
f:id:paletteparrot:20130709001706j:image
f:id:paletteparrot:20130709001707j:image
f:id:paletteparrot:20130709001708j:image


 オラニエは東の陸路とメフメフ北西の土地が繋がっていたらワンチャンあったのかもしれないが、実際そんなことはなく、オラニエが進出するためには北東を回り道する必要があった。
 だが無常にも北東の細い道には蛮族都市が湧いたもよう。(そしてそれはギルが取ったもよう)
 しっかり見てないけどオラニエには金属資源も馬も無かったようだし、どうにもならなかったのだろう。そしてメフメフ北東の土地はやはりメフメフが美味しく頂いたらしい。土地のポテンシャルはメフメフがナンバーワンだった。

 あとなんだろ今回の教訓。爆撃機を先生に落とされまくったのはわりと効いたので、そのへん?
 たぶん戦闘機相手ならそこまででもなさそう? しかしジェット戦闘機が相手だと容赦なく落とされる。そして忘れがちなアルミですが、現代戦においては絶対必要。爆撃機の旬はジェット戦闘機が出てくるまでなのですね。移動式SAMでもヤバいのかな?

 現代戦とはいっても今回はこっちのステルス爆撃機と現代で敵戦車や歩兵を殴りまくる程度だったのでそれほどでもなかったりする。現代ユニット同士の物量的ぶつかりあいならもうちょっと怖いことになってたかもしれないが。
 そんなかんじ。