Hatena::ブログ(Diary)

おや友練馬支部・分室211B

2016-12-03

[][]練馬で営業72年! 老舗・一信堂書店は2016年12月15日で閉店、現在セール開催中

f:id:paluko:20161203173813j:image:w200

ひじょうに守備範囲が広く、質・量ともに充実した古書店だったので寂しいですが…たまたま所用で通りかかって名残を惜しむことができたのは幸いでした。さんざん迷いましたが、最後の一冊はこれに決定。

ご近所の「一信堂書店」さん(インテリアショップ halnobi のパーソナルブログ )

2008/7/8東京・練馬 一信堂書店(古本屋ツアー・イン・ジャパン)

2016-12-02

[]Fabricとしてオープン予定のil tessuto@東池袋の現状

f:id:paluko:20161202193657j:image

鋭意、内装工事を進めているもよう。ご覧の通り夜ですがまだ中に工事の人がいて作業していたので最後の仕上げに大わらわといったところでしょうか? 看板はまだ元のil tessutoのままになっています。

2016-12-01

[]テルモ活動量計MT-KT01ZZX(レッド)を買ってみた。電池切れには注意!

テルモ(TERUMO) 活動量計 レッド MT-KT01ZZXRD

テルモ(TERUMO) 活動量計 レッド MT-KT01ZZXRD

万歩計は毎日ポケットに入れて持ち歩いていましたが、活動量計というのはさらに進んだ運動(カロリー消費)量の管理ができるらしいと聞いて。万歩計+αと思いきや結構「いい」お値段です(Amazonで送料込み約4500円)。機種の選定についてははこちらのブログ↓

【レコダイ通算109日目】はじめての活動量計【巡航期19日目】

を参考にさせていただきました。書くのが少々はばかられる強烈なブログタイトルですが、怪力乱神を語らぬ科学的なアプローチのダイエットでいろいろと参考になります!

Amazonの商品レビューで歩数計と比べると歩数の数値が多くカウントされるとあったので、一日左右のポケットに入れて比べてみた結果↓

f:id:paluko:20161130224803j:image:w200

3日間調べた範囲では 1) 活動量計の歩数が10〜30%上回る 2)多く歩いた日ほど歩数の差が小さくなる 傾向が認められました。毎日ふたつ持ち歩くのもめんどうなので、今後は活動量計の歩数を採用することにします。歩数そのものというより「最近歩かなくなってる…?」のような変化を把握するために携行しているので。

屋外でふつうに歩くとだいたい「速歩き」、約束に遅れそうとかで急ぎ足になると(決して走ってはいない)「ジョギング」認定されるんですが…自分ふだんそんなにせかせか歩いてるんでしょうか。Google Mapの恐ろしい機能と併用すると自分の日頃の行動がわかって面白いと思います。速歩時間の目標値を設定してループ習慣トラッカーと連動するのも良いかも。

あと、内蔵されていたテスト用電池ですが想定外に早く、一日使ったあたりで電池交換マークが出ました。予備の電池(リチウム電池CR2032)と、電池カバーを外すのに必要な精密ドライバー(もし手元になければ)も一緒に買っておくのをオススメします!

まあ百均でも手に入ると思いますが…

2016-11-25

[]Ingressのポータル「ポポー広場」の名前の由来はエキゾチックな果樹「ポポーノキ」

f:id:paluko:20161120140240j:image:w200

利用メモ

ポポーの木

ポポーは北米産で、バンレイシ科の温帯果実です。耐寒及び病害虫に強いことから比較的に栽培が可能な果樹です。

6月頃には暗紫色の花が咲き、アケビに似た実がなります。また、秋の紅葉も美しいので1年を通して楽しむことができます。

文京区 ポポー広場より

f:id:paluko:20161120140202j:image:w200

↑これがそのシンボルツリー、一本だけのポポーの木。実がなっているのを見たかったのに残念! というか、葉もほとんど落ちてしまっているし。

ポポー(ポーポー)の実、別名をcustard appleとか「木になるカスタードクリーム」とか、ものすごく好奇心をそそられますが傷みやすくなかなか流通には乗せられないらしい。しかし予約購入できるショップがいくつか見つかりました。

ポポーのご注文(ファーム池の沢)

(暮坪農場)

2016-11-24

[]新大塚の住宅街にルート・デュ・ショコラ?? 謎の写真

f:id:paluko:20161123162245j:image:w200

散歩中に住宅街のど真ん中で発見…もしや隠れ家系名店? と帰宅後wktkして検索するも、99 ROUTE DU CHOCOLATというお店は目白と本郷にしかないらしい。

お店のウェブサイトを見てもGRIMMという店名で江古田でスタート(1977年!)、トリュフチョコをあんこ玉と誤認されるなど幾多の困難を乗り越え目白に移転、その後1999年本郷店をオープン、とあるのみで新大塚にはまったく言及されてないんですが。事務所、それとも気の迷いで幻覚を見るにとどまらず写真にも撮ってしまったとか? 謎です…