Hatena::ブログ(Diary)

パメラのパラメ(配分)とか書くとこ

2099-03-03

とっぷ

好き

ポケモン(見た目)
 可愛い系全般(超霊・ケモノ系が特に) エムリット マニューラ グライオン ラティオス コジョンド
ポケモン(対戦)
 5世代 カポエラー トゲキッス ヒードラン バンギラス ラティオス 霊獣ランドロス 鉢巻ハッサム
 6世代 サンダー ギルガルド ヒードラン 霊獣ランドロス サザンドラ メガリザードンY 鉢巻ファイアロー
・対戦ルール
 トリプルバトル ダブルバトル
・アイテム
 こだわりメガネ こだわりハチマキ
・その他
 威嚇 役割理論 役割論理 魔女っ娘 チョコレート 紅茶

好きじゃない

ポケモン(見た目)
 フレフワン
ポケモン(対戦)
 高速低耐久だったりタイプ耐性なさすぎなやつ(交代出し出来ない系)全般 テラキオン
・対戦ルール
 なし
・アイテム
 じゃくてんほけん いのちのたま
・その他
 対面系 ギャル ゴーヤ


主な実績

5世代 厳選産アンノーン限定1vs1大会(7人総当り) 全勝優勝

2016-10-27

ありがとうポケモントリプルバトル

本当にありがとうございました(^∀゜) ありがとう…!

2016-03-13

S14スペシャルレート ガルゼルネオーガ

今回のルールは伝説のポケモンが2体までPTに採用できるダブルバトル
伝説枠の中でも1手で取れるアドバンテージ(ジオコン/しおふき)の面から特に強力と考えたゼルネアス+ゲンシカイオーガを選択し
相方に彼らの行動回数を確保する為のサポーター(兼伝説枠並みのアタッカー)である猫騙メガガルーラの組み合わせ

f:id:pamela_emuritto:20160313231022p:image カイオーガ、でかすぎる。


ポケモン技1技2技3技4持ち物特性
ゲンガーシャドーボールヘドロばくだんおにびちょうはつきあいのタスキふゆう
ガルーラすてみタックルけたぐりふいうちねこだましガルーラナイトせいしんりょく
カイオーガしおふきねっとうれいとうビームまもるあいいろのたまあめふらし
ランドロスじしんはたきおとすばかぢからとんぼがえりとつげきチョッキいかく
ファイアローブレイブバードおいかぜファストガードまもるいのちのたまはやてのつばさ
ゼルネアスムーンフォースマジカルシャインジオコントロールまもるパワフルハーブフェアリーオーラ

ゲンガー 135-×-81(4)-182(252)-95-178(252) おくびょう
216ランドロスのダブルダメ岩雪崩確定3発

ガルーラ 181(4)-147(252)-100-×-100-156(252) ようき
進化後f:id:pamela_emuritto:20140603024140p:image181-177-120-×-120-167

カイオーガ 205(236)-×-118(64)-231(76)-184(28)-122(92) ひかえめ ※非理想値
ダブルダメ雨しおふきで181-120メガガルーラ確定1発
232メガレックウザの珠ガリョウテンセイ確定耐え
183ゼルネアスのC+2ダブルダメオーラマジカルシャインほぼ2耐え(98%

霊獣ランドロス 167(20)-194(228)-111(4)-×-99-157(252) ようき ※非理想値
ダブルダメじしんで175-181ゲンシグラードン確定2発
232メガレックウザのA-1鉢巻ガリョウテンセイ確定耐え
222ゲンシグラードンのダブルダメ晴れふんか最高乱数以外耐え

ファイアロー 185(252)-146(252)-91-×-89-147(4) いじっぱり
珠ブレバで232メガレックの珠ガリョウ確定耐えラインのポケモンを確定2発
183ゼルネアスのC+2オーラムーンフォース確定耐え

ゼルネアス 223(172)-×-118(28)-157(52)-119(4)-166(252) おくびょう ※非理想値
C+2オーラムーンフォースで181-120メガガルーラ確定1発 207-111ゲンシグラードン大体2発(92%)     
177メガガルの親子愛捨て身不意打ち確定耐え
222メガゲンガーヘドロばくだん最高乱数以外耐え


構築の流れ

冒頭の通り ゼルネアス/ゲンシカイオーガ/メガガルーラ からのスタート
採用理由(ジオコン/しおふき+猫騙しメガガル展開)から3匹揃って持ち物もすぐに確定

この3匹では自分で強力と考えたゼルネアスへの対抗策が不安なのでまず妖精半減の駒としてファイアローを選択
ジオコン後のゼルネアスにも先行できる点は非常に安心感があり、本線であるしおふき展開においても追い風が光る

ここまで4匹 強力な物理アタッカーである相手のメガガルーラメガマンダ、晴れゲンシグラあたりが不安
まとめていくらかケアできる威嚇ポケモンとして一番強そうだった霊獣ランドロスをチョイス
コイツと上記のポケモンタイマンは勝てるか怪しいところもあるので正直綺麗な採用とはいえないが
物理にケアが入ったジオコンゼルネアスは多少の汚さを余裕で回収可能である強力な勝ち筋と考えた

最後にスカスカな状態異常耐性を気持ちばかり埋めることができ
4・5匹目と似たような役割を担え相手にあわせて選出幅を広げれそうな鬼火挑発型のゲンガーを採用
伝説伝説メガの強力なパワーは幅広い相手に通用するため一般枠は別の勝ち筋よりも穴埋めに徹するスタイル


このルールは本当に受けを成立させるのが難しい(主にグラカイゼルネのせい)為
可能な限り絶望的な出し負けが少なくなるように素早さを筆頭とした数値の高さと攻撃性能(技範囲)を意識
似たような考えで以前組んだ全国ダブルの構築(http://d.hatena.ne.jp/pamela_emuritto/20140724/1406210081)を参考に
メンバーが似すぎているのは気のせい(そのおかげで回しやすかった気はまぁまぁした)


以下個別補足

ゲンガー
守るを切ってシャドボヘド爆挑発鬼火の4つを選択
遂行技としてヘド爆鬼火が確定、PTの兼ね合いでシャドボ(対ガルドゲンガーゲンシグラ意識)と挑発(状態異常意識)
優秀な素早さと技範囲のおかげで一般枠ながら仕事が無い対面がまずなく場で腐る心配をせずにタスキをもたせられる

ガルーラ
ガルーラ。 ゼルネアスに抜かれるわけにはいかないので最速
最強のサポーター兼アタッカーとしての仕事をする為に猫騙しとすてみタックルが確定
可能な限り対面解決性能を上げる方針のもとふいうちを採用 穴埋めとしてナットレイディアルガ意識のけたぐり

カイオーガ
伝説枠1 圧倒的攻撃性能はもちろん、ゲンシグラードンのふんかを無効化しつつ水技を押しにいける点を評価
ゼルネアス+全体技エースという伝説枠の考え方なら噴火ゲンシグラでも良かった訳だが
相手のゲンシグラにこちらもゲンシグラを当てる形になることが多そうなのを嫌ってゲンシオーガ
結局オーガでも断崖に後出しは許されていないのだが対面で瞬殺がありうるグラミラーよりかは平和と判断
技はしおふき守るが確定 対グラ戦での選出が想定される為終わりの大地下で無力化されないようれいビを採用
最後の枠には命中安定をかってねっとうを採用 この技本当に強いです、オススメ!(当社調べ)(根源当たらない党)

霊獣ランドロス
威嚇するポケモンの中で数値が高くつよそうだった為採用した
ジオコンゼルネと威嚇の組み合わせは小学生並の発想ながらシンプルに超強力
遂行技として地震、穴埋めとして対ガルーラナットレイの馬鹿力、対(ワイガ)ガルドのはたきおとす
蜻蛉返りはゼルネランドで蜻蛉守るからガルーラ出し→猫ジオコンやグラに威嚇入れてからオーガ出しなどが便利
そんなこと言ってたら岩技のスペースがなくなったのだが回していて問題だと思うほどの不便はなかった
ガルドがかなり重いのではたきを入れ続けているが現状あまり当たらない為岩技でもいいかも(飛行半減無しPTだし)
持ち物は威嚇役としていろんなところに出ていける様になる事を大きく評価してとつげきチョッキ

ファイアロー
フィニッシャー兼ジオコンゼルネアスへの保険 ついでに追い風からしおふきルートも作る一石三鳥の鳥
GSにおいても高火力先制技による勝ち筋の力強さは健在だった
鉢巻でもいい感じはしたがカイオーガを追い風から振り回す線は鉢巻ブレバ展開以上に強いと判断し珠に
残りの二つの技は飛行耐性0なので相手のアローを止めないといけない場面、また猫の手ダクホに抵抗するファスガ
他にほしい技もなかったため大切に扱えば勝てる試合の為に無難なまもるを選択
しばしばゼルネやグラの攻撃に耐性を発揮して微妙に残ることがあるのでHA配分が気に入っている

ゼルネアス
伝説枠2 圧倒的エース 控えめに言ってとてもつよい
Cぶっぱでもそこまで確定数が変わる気配を感じなかったためHS基調の配分
火力と素早さが上がるだけでもうずるいのだが何故か耐久も上がるおかげで
この手のガンガン縛っていく素早いPTの弱点である追い風、トリックルームに対して
ジオコンとS操作を交換する形になると後は適当に威嚇やら猫騙しを回してゼルネを延命すれば勝ちになるのがGood
技は完成された4つで決まり


戦績
S14スペレ レート1900↑ 勝率8割程度

今期スペレで使ったPTの中では一番勝てましたがもう少しで良いので諸々に対してゆとりのあるPTを考えたいものです…

2015-11-11

S13スペシャルレート 予想

今回のスペレも楽しそうなルール(メガ進化禁止ダブル)だった為事前考察
あってるかはしらないけどやってみるまでの構築の指標に(^∀゜)

とりあえずのイメージはBW2ダブルにニンフガルドアローゲッコウガとタイプ周りの調整(+はたき落とす)をプラスした形
このルールはもちろんやったこと無い上にBW2ダブルは沢山やったのでBW2ダブルの感覚重視で判断してるところが大きいです

f:id:pamela_emuritto:20151111123604p:image

いつも通り同じランク内でも左側にいる駒の方が評価が高い


S

化身ボルトロス
耐久振り型の圧倒的行動保証からの電磁波、挑発による他に比べ圧倒的なボードコントロール性能
縛って行動保証をかける構築はもちろん、受け主体の構築も不利な確率ゲーにならない様対策が欲しい
当然アタッカー型の事も考えて立ち回らないといけない つらい

ニンフィア
ルール内で屈指のわかりやすさをもつ強力な勝ち筋
メガ進化が消えていよいよ妖精耐性持ち以外では後出しはもちろん対面の殴り合いも厳しく見える
BW2からきました亡霊構築をワンマンライブで半壊させる姿には5世代プレイヤーとして涙が流れる

霊獣ランドロス
数値耐性特性技の全てが強い とつげきチョッキの登場、はたきおとすの強化はこのルールでもかなりイケてそう
BW2と比べニンフィアの登場で当時より炎(と毒?)ポケモンが出てくるケースが増えると思われる為更に強くなりそう
自分の苦手なポケモンニンフィアが有利な事が多い上ニンフィアの苦手に威嚇つきの手厚いケアをする相性の良さ
                                          (そんな事言っといて実戦では巻き込み地震をする)
ギルガルド
雨珠ハイドロ耐え化石グロス以上に流星ハイボが受かってラティオスのサイキネ以上のシャドボを放つ6世代の神器
メガ進化が消えて苦手が減った感じはあまりしないがまだまだ得意な相手が山のようにいるのでどうということはなさ気
ニンフィアが耐性なしで戦うのがかなり辛く、コイツの存在も考えるとやはり炎枠の需要は5世代より高まるかなぁと思う 
鋼が優秀で選出されるケースが多そうなこのルールにおいて鋼との撃ち合いが強い鋼という点は他の同タイプに比べて光る


A+

ドリュウズ
圧倒的ボルトロス耐性を誇りニンフィアに耐性を持ちつつワンパンする超絶イケメン
ボルトロスを抜ききるには砂かスカーフをまく必要がある点、ニンフ後出しすると怪しい耐久値な為Aランクにした が
砂下でしっかりと対面を作った時の性能は素晴らしくSランクに勝るとも劣らない

バンギラス
数値おばけ 単体でも十分だが上記のドリュウズの性能を引き出す役割も ボルトロスに耐性込高打点は強力
その他のランク上位には不利だがこの数値で食える下位が沢山いるしなんなら上位の攻撃も普通に耐えたりする
ニンフガルドで龍が5世代より抑えられ気味なので雨パと勝負する際に天候書き換えから動かせる駒の幅が広がるのもありがたい

マリルリ
5世代では本気を出してなかったぞうきんウサギ
覚醒して得た良耐性をもってはらだいこを積みアクアジェットで敵をお掃除する姿は新時代の幕開けを感じる
太鼓型は勝ち筋としてわかりやすく強力な上、ハチマキやチョッキによる交換戦もしっかりこなせる偉いウサギ
何より評価したいのは上位で既に3匹も高速岩雪崩を打ってきそうな奴がいてそれらに対して怯むことなく遂行出来る点

キリキザン
圧倒的一貫性のはたきおとすがとにかく強力 メガストーン禁止にすると地味にはたきおとすが強くなるんですね( 
威嚇で腐る心配も無いためタスキで行動保証をつけて技を振り回せばアドバンテージが取れるイメージ
ランドロスの繰り出しを牽制できる、対面ならニンフィアにも隙を見せない為シンプルな強さがあると感じた
ただ鋼枠を使って妖精耐性が取れないので構築を受けには回らない形で組まないといけないケースが多いのはネックか


A こっから気になる奴だけ

ヒードラン/エンテイ/キュウコン
鋼に続く妖精受け2枚目筆頭候補 キザンガルドとも戦って欲しいためウインディはワンランク下に置いた
汎用的数値耐性のヒードラン 
物理でありながらガルドにもキッチリ戦えるエンテイ
他天候に切り返しが効いて火力アイテムからの削り性能が中々強力そうなキュウコン

サザンドラ
他の特殊龍はニンフガルドの両方に躓くがサザンドラニンフだけで済む点を評価
弱いものいじめが得意なこの子にとって強いものであるメガ進化が消えるのはかなりおいしいと思われる

メタグロス
5世代に比べて不利になった点は主にギルガルドと悪タイプあたり
ここをケア出来ればニンフの確定数やいちいちフォルムを整えなくて良い点などはガルドに勝っているため十分いけそう
まぁ霊と悪の一貫性ヤバいからケアが難しいんですけどね((

ファイアロー
鋼や威嚇、電気に岩雪崩が選出に絡むケースがほとんどと予想されるため流石に少し厳しい
とはいえ妖精炎格闘耐性+地面無効は妖精耐性を2つ取るために鋼と組む上でとても都合がいい
上記の障害に対して有効そうな何かしらで電気をケアした雨と組むあたりが一番性能を発揮できるだろうか
スカーフ雪崩はもちろん悪戯心にも先行できる詰め筋があるのはやはり強力だろう

クレセリア
グロスのとこにも書いたけどエスパーの苦手に対するケアが難しいのでちょっと評価(BW2の頃に比べたらめちゃくちゃ)低め
いうてクレセリアさんだし実際にやってみたら元気にボルトランドなんちゃら詰めてくれるって信じてるから

ミロカロス
このルールにおいて今までで一番コイツに可能性を感じた あってるかは知りません(勘)

ローブシン
追記 画像にいなかった つよそうです(申し訳ない!)

B

ラティオス
f:id:pamela_emuritto:20150723141832p:imageなんでまたココなの

頑張れ俺達のラティオス 5世代最強ポケモンの誇りを取り戻せ

2015-10-24

トリック・オア・トリート!?  マニューラと2ひきのコウモリ

タイトルが児童向け作品のなんかみたいになってしまった

いつかのホウエンカップ以来の参加となる制限ダブル大会
「使える駒が少なくなればなるほど使用率上位になると予想される駒、並びをメタる形が普段以上に有効に働く」
この考えで成功したホウエンカップ以上に(実質的に)使える駒が少ないルールだと感じた為懲りずに同じ方向性で構築する事にした。
おそらくこのルールにおけるスタンダードになると考え最も意識したのはロトム水/サザンドラ/クロバット/ウルガモス/ギルガルドの5匹 
残りの1枠にはマニューラ/グランブル/ヤミラミ/ペンドラーあたりを想定しこれらの組み合わせからなるPTに基本有利であり、
それでいて他にもしっかりと戦える数値や耐性を持った地力の高い(←重要)PTを目指した。

f:id:pamela_emuritto:20151024175749j:imagePGLの画像楽だし見栄えいいしすき


マニューラ 145-172(252)-86(4)-×-105-194(252)
はたきおとすで167-171ギルガルドに最低6.5割/157-128FCロトムに最低4.7割
つららおとしで161-100クロバット確定1発/167-111サザンドラ乱数1発(37%)
こおりのつぶてで160-100クロバット確定2発

オンバーン 165(36)-67-104(32)-161(236)-100-168(200) ※V0UVUUめざ岩個体
りゅうのはどうで182-111までのサザンドラ確定1発/157-128FCロトム確定2発(+一致172はたきでもほぼ倒せる)
珠めざ岩で161-125ウルガモス乱数1発(87%)
142クロバットのハチマキブレバ最高乱数以外耐え
みがわりがタイプ一致イカサマを受けて確定で残る
最速100族+1

ロトム水  157(252)-×-131(28)-145(52)-143(124)-113(52)
10まんボルトで167-171ギルガルドに最低2.5割(みがわりを確定で破壊)
ダブルダメエレキネット+シグビ2回で167-111サザンドラを確定
ハイドロポンプで167-101ガラガラ確定1発
142クロバットのハチマキブレバ2回のうち1回急所でもほぼ耐え(98%)
194サザンのメガネ龍波/珠流星+C-2珠流星 チョッキ込で確定2耐え
187ウルガのC+1さざめきをチョッキ込でほぼ2耐え(99%)
準速60族+1/エレキネット1回で最速100族を抜ける

ギルガルド 157(172)-63-171(4)-99(156)-171(4)-102(172)
おふだシャドボで197-112グランブル確定2発
おふだシャドボ+おふだかげうちで167-171-171ギルガルド確定
194サザンドラの珠あくのはどう最高乱数以外耐え
S-1段階の準速100族+1

クロバット 179(148)-126(124)-101(4)-×-102(12)-195(220)
ハチマキブレバで192-128ウルガモス確定1発
ハチマキとんぼがえりで145-86マニューラに最低ダメ8割↑(+172不一致ねこだまし/珠ダメ2回で確定)
142クロバットのハチマキブレバ確定耐え
205ウルガモスのC+1かえんほうしゃ最高乱数以外耐え
最速125族+1

ウルガモス 161(4)-×-85-205(252)-125-152(252)
むしのさざめきで188-111までのサザンドラを確定1発/157-128ロトム水を確定2発
かえんほうしゃで157-128ヤミラミ確定2発
オーバーヒートで167-171ギルガルド確定1発
ダブルダメねっぷうで161-100クロバット確定2発



構築の流れ

このルール内で最速であるクロバット、それに続くマニューラオンバーンは使用ポケモン一覧とにらめっこしてみると攻撃性能の面でも優れています
なのでこいつらを並べてガンガン縛っていく動きがシンプルに強いと判断 繰り出し性能はほぼない為これらを先発に置く前提で構築をスタート。
クロバとオンバーンの攻撃性能はさして変わらない為縛り意識だけならクロバで十分なのですがオンバーン最大の評価点はおみとおしによる情報アド
両者が同じ駒を使うケースが多いルールにおいて差をつける点がポケモンの構成、立ち回り以外にも生まれるのは非常に強力だと思いました。

先発は非常にシンプルかつ強力な形な為、後はそれにぴったりあう後発を考えればそれだけで多くの試合を戦えそうです。
前2匹でパッと思いつく苦手は最上位と仮定した5匹の中だと最高でも同速にしかならない上ブレバで高打点を取られるクロバット
次点でマニューラで弱点こそつけるものの縛りきれない上にクロバオンバーン両方に耐性を持つギルガルド
これらに対抗するべく裏に控えるポケモンとしてとつげきチョッキ持ちのロトム水を採用。
そもそもこのルールに参加できるポケモンロトム水にしっかり強いポケモンサザンドラと草ポケモン程度であり
とつげきチョッキシグナルビームを所持するとあらゆる相手に対して仕事ができそうな形 補完はもちろん単体としても優秀と考えた。

先発マニューラ+クロバットorオンバーン、後発ロトムで広く戦えそうな為残りはロトム一任を避ける為クロバガルドへの意識中心に補完
先発で荒らした後に更に高速を繰り出し最後まで縛りきる動きを意識、対クロバの面でもスカーフ持ちが良いということでガルドも殴れるウルガモス、 
最後に使い手が少ないとはいえ出てきた時に受け先がないとまずいので主に妖精と岩を意識しクロバガルドに勝負できるギルガルドで完成。


個別解説

f:id:pamela_emuritto:20151024204541p:imageマニューラ
いたって普通な構成 縛りへの意識を最大限優先した技4つ

f:id:pamela_emuritto:20151024204728p:imageオンバーン
自分よりも早い相手にはクロバを選出する方針の為気兼ねなく控えめで採用できる それでも暴風打たない以上珠かメガネはほぼ必須な悲しい火力
エアスラは外れる上にウルガがもっと倒せない為めざめるパワー岩 クロバと違いガモスにタイプ耐性はある
自分より足が遅い相手にばかり出す上持ち物を割る、更にマニュと並ぶ為縛りをチラつかせながらとりあえずのみがわりが面白いように決まった

f:id:pamela_emuritto:20151024204727p:imageロトム
今回のMVP。上にも書いた通りあらゆる相手に対して仕事をしてくれた最高のポケモン
採用理由から10万とシグビがまず確定で(シグビが確定とかいう謎すぎる現象)地面勢への余裕はそこまでないということでハイドロポンプ
最後の枠が余った形だがここでも縛り関係を強く意識してエレキネットを仕込んだ
元から足が速い駒が多い上に守れない駒が多いため机上でしっかりとした見立てがつく訳ではないが実戦においてこの選択肢が強力だった事が度々
100族より上の高速に対しては取り巻きでかなり勝負出来る為エレキネット後クロバマニュ抜きにはせず火力耐久を優先した

f:id:pamela_emuritto:20151024204726p:imageギルガルド
縛りの動きにおいては構築内で一番遅れをとるがその展開において躓くであろうグランブルペンドラートリックルームなどに対抗できる補完の駒
上記の通り取り巻きの関係上ミラーで勝ちたかった為ものすごいS振り+みがわり所持 実戦において一度もミラーで負けなかった為大成功
ペンドラーカブトプスバリヤードを見ての選出がメインの為タスキ個体までしっかり葬れるようみがわり型ながらかげうちも採用
役割対象内だと対グランブルに関してだけはラスターが欲しかったが影打ちを打つ相手の方が厄介&シャドボ+みがキンでも十分勝負は可能と判断

f:id:pamela_emuritto:20151024204725p:imageクロバット
このルール内最速の縛りエース 怯みを受けつけない為コイツがいるだけでねこだまし展開(特に蝶舞ウルガ)の重さが格段に変わってくる
持ち物は縛れる範囲を極力伸ばすこだわりハチマキで確定 必要最低限の耐久(オバヒ耐えまででもよかったか)と素早さを確保して残りA 
かみつくを奇跡的に(?)4試合ぐらいで選択した(しかもギルガルドを3体ごちそうさました)
ブレバとんぼ以外はハロウィンっぽい技にしない?wって言ってた一昨日の僕は許されない
からげんきは1度も押さなかった でんこうせっかがあれば確実に勝ちになった試合が1つだけあった為これが一応のオススメって事で

f:id:pamela_emuritto:20151024204724p:imageウルガモス
マニュコウモリで削った後に裏から出てくるお掃除役 クロバガルドに打点以外だとD方面の数値、妖精氷鬼火耐性あたりが取り巻き的に嬉しい
これも縛りを意識して倒せる範囲が広いようにと控えめで採用したがその考え方だと
他に縛りに行ける駒がいない点から相手のスカーフサザンワルビをしっかり縛るという意味合いで臆病の方がよかったかもしれない
ひかえめの火力でよかったという試合とスカーフワルビサザンが抜けてるかどうかで怪しかった試合が半々ぐらいだったので結論は出ない(



選出はよっぽどの奇形相手で無い限りパターン化してあらかじめ決めてあります

基本選出  先発 マニューラ/オンバーン 後発 ロトム水/ウルガモス

相手のPTにマニューラ/マニューラはいないがクロバットオンバーン + フェアリーゲンガーオンバーンクロバット
相手のPTにグランブル/ペンドラー/カブトプス/サメハダーウルガモスギルガルド
相手のPTが低速に固まった露骨なトリパオンバーンギルガルドに ウルガ枠は相手の6匹と相談して変えてもいい
ねこだまし、上からいわなだれの怯みをケアしてれば大体勝てそうなとき(パターン化??) → オンバーンクロバット



使用率上位をメタるといった割にはそれとかぶる駒を採用しまくっている為、いくら同族に差を付ける構成が多いとはいえ
全く同じ、ないし似た考えからなる構築の人とマッチした場合が不安である 
しかし上位以外にもしっかり戦う為に必要な数値耐性の地力を確保しようとすると強い駒が少ないルールな為うまくいかなかった(

戦績
f:id:pamela_emuritto:20151024190843j:image
相手の技外しで拾った試合が2試合あった為実際はもうちょい弱い それでもこれには十分満足

追記
もう一つ参加登録していたROMがあった為同じ構築で参加してみたところ34勝11敗
負けの半数程度がでんじは展開によるもので耐性数値より縛る事で行動保証をかける形の弱い部分が出てしまったと反省
終わってみればオンバーンの選出回数が他に比べ一回りは少なかったのでこの枠に高速展開以外も望める駒を入れるのがよかったかも